Top > Roland's Shield Bash
HTML convert time to 0.015 sec.


Roland's Shield Bash

Last-modified: 2017-09-28 (木) 22:14:38

コンセプト Edit

2.4.3〜2.5.0にて連続的に強化されたRoland's Legacy使用ビルドの一派。
Flail of the AscendedThe Final Witnessのコンボで360度攻撃化したShield Bashが主砲。
同じSetを使用するSweeperとはSet以外の防具・Legendary Gemの構成を変更し、
異なるアプローチで高GRに耐える堅牢さを実現する。

長所 Edit

T13 Normal RiftのMob程度は割りと現実的な範囲で即死させる水準のパワーがある。
ほぼ攻撃面を殺さずに、防御面を高水準にまとめることが可能。
メインスキルの関連LegendaryであるPiro MarellaがCraft Itemのため、良品を狙って粘れる。

短所 Edit

セット効果でAttack Speedは大幅に上がるものの、初期速度が物凄く低い。
対集団攻撃が数手に1回しか放てないため、殲滅速度は若干遅め。
無条件でShield Bashのダメージを向上させる効果のLegendary Itemが存在しない。

戦い方 Edit

2.5.0現在、盾とKanai's Cube武器枠のパターンはいくらかあるものの、基本的には武器にFlail of the Ascendedを起用する。
これによりShield Bash最大5回分のダメージが次のShield Glareに蓄積され、Glareの発射時に対集団攻撃が可能。
この際、GlareのルーンをZealous GlareにしておけばWrathコストも一気に回収できる。
このShield Bash5回→Shield Glareを繰り返しつつ、各種Buffスキルの再起動や、Followerに発生させたOculus RingのPower Crcleへの移動などを行っていく。

 

非常に一発の重いビルドなので、ゲーム難易度の低いうちはゴリ押しでどうとでもなってしまう。
高難易度に差し掛かり、回転の遅い主砲で長時間接敵することになった際、防御面を高める必要性が出てくる。
それまで火力一辺倒で良かったアイテムのLegendary PowerやGemを防御寄りにすることで、十分なタフネスを確保しよう。
当然ながら、Shield Glareは単なる蓄積ダメージのトリガー扱いではなく、従来のCC要員として敵の危険な挙動を阻害するのに使うことも忘れずに。

 

Roland's Legacyの効果でサイクル中に頻繁にIron SkinといずれかのLawスキルのCooldownが終わるので、随時再使用する。
勿論、出来るだけ常時に近い時間Akarat's Championも維持したい。この際、Obsidian Ring of the Zodiacを使うのであれば、最速でLawとIron Skinを再使用するとAkarat's ChampionのCooldownを回収できない場合があるので要注意。

アクティブスキル Edit

Shield GlareShield Glare / Zealous Glare(Wrath回収)
DebuffとダメージとWrath回収を兼ねた、当ビルドの超重要スキル。
Shield BashShield Bash / Pound(威力強化)
メイン攻撃。範囲攻撃化する手段を得たため、範囲が減退する代わりにダメージが上がるこのルーンのメリットだけを活かせる。むしろヒットした対象の数が少ない方がDrakon's Lessonの効果を起動しやすいというメリットもある。
Akarat's ChampionAkarat's Champion / Prophet(防御up+即死回避)
Crusader定番の変身スキル。Wrathの回転に余裕が無い場合はEmbodyment of Powerルーンでも可能だが、他の部位・Gemで生存性を高めてPassiveからIndestructibleを外している場合は、こちらは流石に保険のためProphetを推奨。
Iron SkinIron Skin / Steel Skin(効果7秒)
当ビルドではSteel SkinかFlashが有用。
Steed ChargeSteed Charge / Endurance(効果3秒)
機動力スキル。MobをスルーしてEliteを探す際に。

Lawsは1種しか選べないのでお好みで。

Laws of JusticeLaws of Justice / Decaying Strength(ダメージ15%カット)
Low自体のPassive効果と合わせて防御面の優秀なスキル。
Laws of ValorLaws of Valor / Unstoppable Force(Wrathコスト半減)
昨今のSpender-Onlyビルド入門時に必ず選択肢に入るLaw。特にRoland系ビルドではLawの回転率が非常に高いため、Active効果を連続的に維持することも不可能ではない。

パッシブスキル Edit

 
Heavenly StrengthHeavenly Strength
ビルドに関連のあるFlailが2-Handedだったらイヤでも使わなければならない系のPassive。
Towering ShieldTowering Shield
当ビルドのメインスキルが2種入っているので有用。
FineryFinery
Crusaderはとりあえず入れといていいPassive。
IndestructibleIndestructible
定番の保険スキルだが、元々硬めのCrusaderが更に防御に注力して死亡率を下げ、このPassiveは切るという選択もある。(勿論Hardcoreなどではそうはいかないが。)

Indestructibleを切る場合の4枠目はお好みで。

装備 Edit

2.4.3〜2.5.0にてようやくRoland's Legacyに強化が入り、Crusader専用セットの中でも高水準の防御力を示すようになった。
同じSetを使うビルドSweeperと異なり、主砲のコスト回収の仕組み的にこちらではAquila CuirassのLegendary Powerを常時起動させるのは若干難しいため、別のアプローチでタフネスを確保する。
一発が重いビルドのため、T13あたりまでは特に防御面に注力しなくてもパワーで何とかなることが多いが、この火力を以ってしても1Packとの戦闘が長引いてくる高難易度に至ったとき、接敵状態で長時間居られるだけのタフネスが必要になる。

  • Roland's Legacyセット
    フルセットを装備。
    主砲のShield Bashは無条件にダメージを向上させるLegendary Powerに恵まれていないため、BootsとHelmに付与され得るShield Bash +15%は是非とも確保しておきたい。
    通常HelmのAffixとして推奨されるStr・Vit・Crit Chanceから比べるとVitが大きく落ちるため、他の部位かParagonである程度Vitを補っておこう。
     
  • Endless Walkセット
    昨今の高GRでは使用率の高いRing+Amuletのセット。
    Generatorを切ったSpender-Onlyビルドでは最早定番になっている。
     
  • Flail of the Ascended
    Shield Glareに、直前5回分のShield Bashのダメージが付加される2-Handed Flail。
    常に過去5回分のダメージを保持している訳ではなく、最大5回分蓄積可能でShield Glare使用時にリセットされるカウンターがつくものと考えて良い。
    専用装備であるFlailとCusader ShieldにはWrath Regenerationが出得るため、Rift Guardian戦をはじめとしたWrath枯渇問題に悩んでいるならRerollで採用を狙う手もある。
     
  • Piro Marella
    Shield Bashのコストを半減するCraft ItemのCrusader Shield。
    Shield GlareのルーンをZealous GlareにしておけばMob〜Elite戦のWrath問題は解決するが、完全に1対1になるRift Guardian戦ではまだコスト問題が残るため、この盾はあった方が良い。
    The Final Witness使用型の場合、これとどちらか良品を所持している方を装備し、他方をCubeで。
    2.5.0以降、Craft Itemであることの利点は「Primal Ancientが出るまで粘れる」という形で、より強いメリットになった。
    更にBonus Act廃止によって任意のタイミングで素材を効率的に集められる。
    とは言え、Crusader Shieldの出得るModsの多さから「枠が赤いだけの駄作」という非常にガッカリする物件の出現率もまた高いのが難点。
    一応列挙すると、Str・Crit Chance・Shield Bash +15%を確保したいところ。Primalになりさえすればコスト減はMAXの50%が保証されるのが嬉しい。
     
  • Drakon's Lesson
    Shield Bashが3体以下の敵にhitした時に威力上昇&Wrathコスト25%還元。
    ほぼ名指しでRift Guardian戦を意識した内容で、RG戦ではこれを加味してもなおWrathは枯渇し得るため、当然あった方が良い。
    また、条件付きとは言えShield Bashのダメージが向上する貴重なLegendary Itemのため、CubeでのPrimal Ancient化を狙う候補に入る。
     
  • String of Ears
    高GRに差し掛かり、攻撃の回転が重めな当ビルドの接敵中に殴り返される問題点に対するピンポイントな回答。
    勿論カット率は飽くまで最大30%、対象も近接攻撃限定だが、高GRの攻撃力に対して30%カットという値は非常に大きい。
     
  • Unity
    ソロ時の定番。若干のコスト問題を抱えるビルドなのでFollowerはTemplerの採用率が高い。
     

Legendary Gems Edit

  • Bane of the Trapped
    2.5.0現在でもいまだに適合しないビルドがほぼ存在しないと言える定番ジェム。
     
  • Bane of the Stricken
    Rift Guardian戦でのWrath枯渇がやや課題となるビルドなので、RG戦短縮に繋がるジェムは鉄板。
     
  • Esoteric Alteration
    防御枠の定番Gem。
    通例としては脆い職・脆いビルドが補強のために使うことが多いが、硬めのCrusader・硬めのRolandが敢えてこれを使うことで非常に高い生存能力を確保することが可能。
    このGemの穴であるPhysicalダメージをString of Earsや各装備のSecondary AffixのPhysical Resistance・Reduce Damage From xxで補えば、遅めの主砲で長時間接敵するのに十分なタフネスが身に付く。
     
  • Bane of the Powerful
    主戦場をNormal Riftに定めるなら、Strickenよりこちらの方が恩恵を受けやすい。
     
  • Gogok of Swiftness
    ビルドに関連したFlailが2-Handedの場合、FervorのCDR分を埋め合わせるため非常に有用。
    Attack Speedに関してはRoland's Legacyのセット効果自体で相当高速化するため、主に後者のために使うことになる。
     

Kanai's Cube Edit

  • The Final Witness
    Shield Glareが全周囲に向けて発射されるようになるShield。
    これかPiro Marellaのうち、良品を所持している方を装備し、他方をCubeで使う。
    先述の通り、Piro MarellaにはPrimalが出るまで粘れるという無二のメリットがあり、こちらをCubeに当てる方が近道である側面がより強くなった。
     
  • Blood Brother
    HC等で使用実績のあるチョイス。Shield Bashの火力でも短時間で戦闘が終わらない難易度においては、Mobに包囲されて必然的にこのLegendary Powerが起動しまくる。
    こちらを使用する場合は本体装備のRingにJustice Lantern、Passive SkillにBlockに関係するものを起用して、Block Chance重視にコーディネイトする。
    ただし、6手に1回の範囲攻撃の射角がShield Glareのデフォルトに留まる。その辺はプレイヤーのお好みで。
     
  • Leoric's Crown
    Esoteric Alteration採用時(Attack SpeedをRoland's LegacyのSet効果のみに任せてGogok of Swiftnessを切る場合)、Cooldown Reductionを補う大本命。
     
  • Cindercoat
    Wrath枯渇問題は最後のRG戦のみの問題ではあるが、〆の問題が最重要だと考えるユーザは主砲のルーンをFire属性に変更した上でこれを防具枠に選ぶ。
     
  • Obsidian Ring of the Zodiac
    準必須。Armor of Akkhan以外のセットの課題となるAkarat's Champion維持のお供。

その他 Edit

SweeperのSweep Attack関連LegendaryをShield Bash関連に差し替えただけのビルドだと高GRの安定性に行き詰るのだが、HCのプレイヤーがよく行っている生存率最重要視仕様を参考に、Legendary GemにEsoteric Alteration、BeltにString of Ears、Cube防具枠にLeoric's Crown、各防具のSecondaryがフリーの部位でPhysical Resistanceを狙う…と言った方向性で、ほぼ強みを殺さずに高い堅牢さを得ることが出来た。

 

ソロGR90台以降のプレイ感が大きく改善されるため、接敵中の被ダメージが大きすぎることに悩んでいる場合は思い切った換装をオススメ。
勿論、Esoteric Alteration前提ビルドだけに限らず、Tier100前後の高GRで意外なほどサクっと死ねるのは高火力Mobの通常攻撃。どんなにタフネスを伸ばしても、Akarat's Champion/ProphetやIndestructibleによる保険は偉大なままだ。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 先日のPTR更新でRolandにBuff来ましたね。4セットのBuffが1250%、6セットのBuffが15%。元が弱すぎるんでこれでViableかどうかは未知数ですが、放置よりはずっといい。 -- 2016-12-13 (火) 22:58:26
  • Flail of the AscendedのダメージがShield Glareの当たった最初の1体のみにしか乗らないんだけど効果変わったのかな? -- 2017-01-18 (水) 04:19:18
  • 2.4.3導入当初バグってましたね。今は治ってるし、2.5.0でまたRolandにBuffが来るらしいんで相当ageられてますね。 -- 2017-02-14 (火) 00:31:52
  • 2.5.0でhammerほどじゃないけどソロGR大分イケるセットになりましたね…使われてるのほぼSweep Attackの方なんで記事をどうするか考えてますが、ページ名のことはおいといてページ内でSweep Attack関係の情報充実させますかねえ。 -- 2017-03-24 (金) 01:21:24
  • Sweeperの独立に伴ってオマケだった該当部分を削除。2.5.0現在のプレイ感に更新しました。 -- 2017-04-16 (日) 15:55:26
  • 1記事の中で一体何度Sweeperと比較して貶めてるの? そちらさんが現環境で活躍してるのはわかるけど、やりすぎに感じる -- 2017-04-16 (日) 16:09:28
  • 横からだけど、同系ビルドとして要所要所で比較しとるだけとしか思えんのだが。↑は他コメでも質問者罵倒しとるし狂犬すぎ。 -- 2017-04-16 (日) 17:20:25
  • 筆者もビルド間の比較は好きではありませんが、Rolandの場合は記事に基づいてどちらかに資産を投入するケースが有り得ますから、その辺は実際強調気味にしてますね。それと明示的に比較表現してるの3か所なんですが、多いですか?多いと感じられたら編集いただければと思います。 -- 2017-04-16 (日) 17:26:01
  • HCプレイヤーの話を参考に防禦重視仕様にしてGR90〜安定出来たので、前更新時に安定感が厳しいと記述した箇所をその対策に差し替えました。なお属性レジ重視とブロック率重視を同時に積み込むとやや火力に響くため記事では両立させていません。 -- 2017-06-10 (土) 23:42:51
  • シールドバッシュを使用した際に障害物(穴、壁等)に引っ掛かるとバッシュの当たり判定だけが障害物を越えているんですが、これは仕様でしょうか? -- 2017-07-03 (月) 12:36:46
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White