Top > ImageMagick
HTML convert time to 0.018 sec.


ImageMagick

Last-modified: 2016-02-23 (火) 13:14:22

ImageMagickを使った画像処理MSBuildのトピックも参照。

MSLの要素・属性一覧

ImageMagickconjureで使われるMSL(Magick Scripting Language)の要素・属性を独自に調査したもの。調査したのはImageMagick 6.7.9-0ソース。

  • 要素名、属性名の大文字小文字は区別されない
  • プロパティ(変数)名の大文字小文字は区別される*1
  • プロパティの値は属性値中で %[プロパティ名] と記述すれば参照できる
  • ユーザー定義プロパティはコマンドラインオプションで conjure -プロパティ名1 値1 [-プロパティ名2 値2 ...] ... という形で指定できる
  • 属性値中に \ を記述する場合は、 \\ とエスケープする必要がある

ほとんどの要素・属性は動作するか確認していない(加えて筆者が間違っている可能性も大いにある)。*2まだ進化中らしく仕様が良く変わっているようなので注意。

add-noise要素

概要
ノイズを加える
属性
channel, noise

annotate要素

概要
テキストを描画する
属性
affine, align, antialias, density, encoding, fill, family, font, geometry, gravity, pointsize, rotate, scale, skewX, skewY, stretch, stroke, strokewidth, style, text, translate, undercolor, weight, x, y

append要素

概要
(未記入)
属性
stack

blur要素

概要
ぼかす
属性
channel, geometry, radius, sigma

border要素

概要
縁をつける
属性
compose, fill, geometry, height, width

colorize要素

概要
カラー処理
属性
fill, opacity

charcoal要素

概要
木炭画風にする
属性
radius, sigma

chop要素

概要
イメージの一部を切り落とす
属性
geometry, height, width, x, y

color-floodfill要素

概要
(未記入)
属性
bordercolor, fill, fuzz, geometry, x, y

comment要素

概要
(未記入)
備考
現在は機能していない

composite要素

概要
イメージを合成
属性
blend, channel, color, compose, geometry, gravity, image, mask, opacity, rotate, tile, x, y

contrast要素

概要
コントラスト処理
属性
sharpen

crop要素

概要
イメージの一部を切り抜く
属性
geometry, height, width, x, y

cycle-colormap要素

概要
(未記入)
属性
display

despeckle要素

概要
スペックルノイズ低減

display要素

概要
イメージを表示
備考
X Serverが動作していないと機能しない

draw要素

概要
テキストや図形を描画
属性
affine, align, antialias, density, encoding, fill, family, font, geometry, gravity, primitive, rotate, scale, skewX, skewY, stretch, stroke, strokewidth, style, text, translate, undercolor, weight, x, y

edge要素

概要
エッジング処理
属性
geometry, radius

emboss要素

概要
エンボス処理
属性
geometry, radius, sigma

enhance要素

概要
(未記入)

equalize要素

概要
均等化

flatten要素

概要
(未記入)

flip要素

概要
上下反転

flop要素

概要
左右反転

frame要素

概要
フレームをつける
属性
compose, fill, geometry, height, inner, outer, width

gamma要素

概要
ガンマ補正
属性
blue, channel, gamma, green, red

get要素

概要
カレントのイメージオブジェクトの幅・高さを取得する
属性
height, width

group要素

概要
新規グループオブジェクトを作る
備考
省略可能

image要素

概要
新規イメージオブジェクトを作る
属性
共通属性, color

implode要素

概要
中央に集中点を作る
属性
amount, geometry

label要素

概要
(未記入)

level要素

概要
(未記入)
属性
black, gamma, white

magnify要素

概要
(未記入)

map要素

概要
(未記入)
属性
dither, image

matte-floodfill要素

概要
(未記入)
属性
bordercolor, fuzz, geometry, opacity, x, y

median-filter要素

概要
(未記入)
属性
geometry, radius

minify要素

概要
(未記入)

msl要素

概要
MSLファイルのルート要素
備考
省略可能

modulate要素

概要
(未記入)
属性
blackness, brightness, factor, hue, lightness, saturation, whiteness

negate要素

概要
補色に変換
属性
channel, gray

normalize要素

概要
(未記入)
属性
channel

oil-paint要素

概要
油彩画風にする
属性
geometry, radius

opaque要素

概要
色を変える
属性
channel, fill, fuzz

print要素

概要
コンソールにメッセージを出力する
属性
output
備考
Windowsのコマンドプロンプトの場合、日本語(マルチバイト文字)は文字化けする

profile要素

概要
(未記入)

quantize要素

概要
(未記入)
属性
colors, colorspace, dither, measure, treedepth

query-font-metrics要素

概要
(未記入)
属性
affine, align, antialias, density, encoding, fill, family, font, geometry, gravity, pointsize, rotate, scale, skewX, skewY, stretch, stroke, strokewidth, style, text, translate, undercolor, weight, x, y

raise要素

概要
縁の立体化
属性
geometry, height, raise, width

read要素

概要
イメージファイルを読み込む
属性
共通属性, filename
備考
Windowsのフォルダ区切り文字は \\ とエスケープする必要がある。filenameの値はURLでも良い

reduce-noise要素

概要
ノイズ低減
属性
geometry, radius

repage要素

概要
(未記入)
属性
geometry, height, width, x, y

resample要素

概要
(未記入)
属性
blur, geometry, x-resolution, y-resolution

resize要素

概要
(未記入)
属性
filter, geometry, height, support, width

roll要素

概要
イメージを縦横にずらす
属性
geometry, x, y

rotate要素

概要
回転させる
属性
degrees, geometry

sample要素

概要
(未記入)
属性
geometry, height, width

scale要素

概要
(未記入)
属性
geometry, height, width

segment要素

概要
セグメント
属性
cluster-threshold, geometry, smoothing-threshold,

set要素

概要
(未記入)
属性
共通属性, clip-mask, clip-path, colorspace, density, opacity, page

shade要素

概要
影をつける
属性
azimuth, elevation, geometry, gray

shadow要素

概要
(未記入)
属性
geometry, opacity, sigma, x, y

sharpen要素

概要
(未記入)
属性
radius, sigma

shave要素

概要
(未記入)
属性
geometry, height, width

shear要素

概要
(未記入)
属性
fill, geometry, x, y

signature要素

概要
(未記入)

solarize要素

概要
(未記入)
属性
geometry, threshold

spread要素

概要
拡散化
属性
geometry, radius

stegano要素

概要
(未記入)
属性
image

stereo要素

概要
(未記入)
属性
image

strip要素

概要
(未記入)

swap要素

概要
(未記入)
属性
indexes
備考
現在は直前の2つのイメージを入れ替えるのみ。indexes属性は現在使えない

swirl要素

概要
渦状にする
属性
degrees, geometry

sync要素

概要
(未記入)

threshold要素

概要
閾値(二値化の際の境界値)を指定
属性
threshold

transparent要素

概要
指定した色を透過
属性
color

trim要素

概要
(未記入)

write要素

概要
イメージファイルに書き込む
属性
共通属性, filename
備考
フォルダ区切り文字は \\ とエスケープする必要がある

共通属性

adjoin, alpha, antialias, area-limit, attenuate, authenticate, background, bias, blue-primary, bordercolor, density, fill, filename, gravity, id, magick, mattecolor, pointsize, quality, size, stroke

定義済みプロパティ

意味についてはPerlMagickのGet an Image Attributeを参照。

base, basename, channels, colorspace, copyright, depth, directory, extension, gamma, group, height, input, kurtosis, magick, max, maxima, mean, min, minima, opaque, orientation, output, page, resolution.x, resolution.y, scene, scenes, size, skewness, standard-deviation, type, unique, version, width, xresolution, x-resolution, yresolution, y-resolution

以下の様なMSLファイル(properties.msl)を作成し、

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<msl>
  <print output="base = %[base]\n" />
  <print output="basename = %[basename]\n" />
  <print output="channels = %[channels]\n" />
  <print output="colorspace = %[colorspace]\n" />
  <print output="copyright = %[copyright]\n" />
  <print output="depth = %[depth]\n" />
  <print output="directory = %[directory]\n" />
  <print output="extension = %[extension]\n" />
  <print output="gamma = %[gamma]\n" />
  <print output="group = %[group]\n" />
  <print output="height = %[height]\n" />
  <print output="input = %[input]\n" />
  <print output="kurtosis = %[kurtosis]\n" />
  <print output="magick = %[magick]\n" />
  <print output="max = %[max]\n" />
  <print output="maxima = %[maxima]\n" />
  <print output="mean = %[mean]\n" />
  <print output="min = %[min]\n" />
  <print output="minima = %[minima]\n" />
  <print output="opaque = %[opaque]\n" />
  <print output="orientation = %[orientation]\n" />
  <print output="output = %[output]\n" />
  <print output="page = %[page]\n" />
  <print output="resolution.x = %[resolution.x]\n" />
  <print output="resolution.y = %[resolution.y]\n" />
  <print output="scene = %[scene]\n" />
  <print output="scenes = %[scenes]\n" />
  <print output="size = %[size]\n" />
  <print output="skewness = %[skewness]\n" />
  <print output="standard-deviation = %[standard-deviation]\n" />
  <print output="type = %[type]\n" />
  <print output="unique = %[unique]\n" />
  <print output="version = %[version]\n" />
  <print output="width = %[width]\n" />
  <print output="xresolution = %[xresolution]\n" />
  <print output="x-resolution = %[x-resolution]\n" />
  <print output="yresolution = %[yresolution]\n" />
  <print output="y-resolution = %[y-resolution]\n" />
</msl>

コマンドプロンプトで以下のコマンドラインを入力すれば各プロパティのデフォルト値を確認できる。

conjure properties.msl

TIPS

新規画像データを指定の色で塗るには

read要素を使う(凄い違和感だがユーザーコミュニティではこう書かれている…)。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<msl>
  <image size="640x480">
    <read filename="xc:none" />
    <write filename="transparent.png" />
  </image>
</msl>

画像ファイルにコメントを埋め込むには

  • commentオプションで埋め込むことが可能。
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<!--
  comment.msl:
    JPEG/PNG画像ファイルに同じコメントを埋め込む
    conjure -comment コメント -SOURCE 画像ファイルパス comment.msl
-->
<msl>
  <print output="comment = %[comment]\n" />
  <image>
    <read filename="%[SOURCE]" />
    <write filename="comment.jpg" />
  </image>
  <image>
    <read filename="%[SOURCE]" />
    <write filename="comment.png" />
  </image>
</msl>

小ネタ

画像ファイルを縮小してアプリケーションアイコンファイルを作成

input.pngからマルチアイコンoutput.ico(64x64, 48x48, 32x32, 16x16ピクセル)を作成するコマンドライン。要ImageMagick 6.8.8-3以降。

convert.exe input.png -colors 256 -define icon:auto-resize=64,48,32,16 output.ico
  • input.pngは256x256ピクセル以上のサイズであること
  • 吉里吉里設定でアプリケーションアイコンを設定することを想定している(256x256ピクセルのアイコンには対応していない模様)
  • 「-colors 256」は256色に減色するという意味で省略しても他の値にしても良い

参考






*1 定義済みプロパティは全て英小文字なので、ユーザー定義プロパティ名は英大文字にするかキャメルケースにすると見分けやすい。
*2 これ明らかにおかしなコードじゃ?てのも結構あってビビる…。