Top > 秋刀魚の缶詰

秋刀魚の缶詰

Last-modified: 2017-06-06 (火) 23:00:42
No.150
weapon150.png秋刀魚の缶詰戦闘糧食
装備ステータス
火力雷装
爆装対空
対潜索敵
命中回避
射程
装備可能艦種
駆逐艦軽巡洋艦重巡洋艦戦艦
軽空母正規空母水上機母艦航空戦艦
備考
開発不可能
アイテム「秋刀魚」の交換で入手可能
旬の水揚げされたばかりの新鮮な秋刀魚を使った蒲焼の缶詰です。
脂が乗った秋刀魚を炭火焼で丁寧に仕上げたその味は、そのままでも美味しいですが、
おにぎりと一緒に食すれば美味しさ倍増です。
(戦闘糧食と一緒に発動すると効果倍増です。発動すると消滅します)

ゲームにおいて Edit

  • 2015年10月09日のアップデートで実装。
    • 同日開始された期間限定ドロップイベント「秋の秋刀魚祭り」にて収集できる「秋刀魚」を7尾集めることで1個交換できる。
    • 実装当初はアイテムから交換しても装備図鑑に載らない不具合があったが、2015/10/11のオンメンテで修正された。
    • 同アップデートで更新された任務画面の大淀のグラフィックが、この缶詰とおぼしき物を2つ持っている。
  • 戦闘糧食と同じく補強増設で追加した補強装備スロットにも装備可能。
  • 発動した場合、本人はcond値+12で仲間はcond値+8〜+10。戦闘糧食に比べておすそ分けの効果が大きいのが特徴。
    • 戦闘糧食と一緒に使う(同じ艦に装備する必要あり)ことで本人はcond値+21、仲間はcond値+17〜+20と効果がおよそ2倍になる。
      とはいえスロット2つを使う必要があることや、この装備自体の入手可能数に限りがあることを考えると、雰囲気重視の仕様であろうか。

  • 今後の実装可否次第では二度と入手できなくなる可能性はややありえるため、秋刀魚7尾で図鑑埋めで最低1個入手しておくのもいいかもしれない。
    • 2016/10/21に鎮守府秋刀魚祭り2016開始され今回も秋刀魚7尾と交換に入手可能となった。

小ネタ Edit

いで大船を乗り出して われは拾わん海の富

いで軍艦に乗り組みて われは護らん海の国    文部省唱歌『われは海の子』

  • イラストのレッテルの文字は以下の通り。
    品名:秋刀魚蒲焼
    内容量:四三二瓦(432g)
    納入年月:昭和一六年一二月(1941年12月)
    製造者:鎮守府間宮 明石工廠
    納入者:鎮守府罐詰株式会社
    • 実際に、間宮は缶詰製造設備も持っていたらしい。
  • 缶詰とは金属缶に食材と水や調味液を詰め、密封して加圧加熱殺菌したもの。*1
    • 日本において初めて缶詰が作られたのは明治4年(1871年)であり、フランス人指導のもと長崎県でオイルサーディン*2の缶詰が試作された。
      本格的な生産としては明治10年(1877年)にアメリカ人指導のもと製造されたサケの缶詰が初めてである。
      このサケ缶が製造された10月10日を日本缶詰協会は「缶詰の日」として制定している。丁度秋刀魚イベント開始の次の日である。
      • 中身って「蒲焼き」だけど、そもそも何?
  • 長期保存がきき、調理の手間がいらない缶詰は、帝国陸海軍も大いに活用していた。
    • どのぐらい長持ちするかというと、2015年7月に香川県で発見された昭和19年製造の赤飯の缶詰17個が、中身に全く異常がなかったほど。(検査の結果、若干変質はしていたものの、細菌などは検出されず。)
      缶が錆びなければ非常に長い間保存できる。勿論風味は劣化するが
      ちなみにこの赤飯の缶詰は、海軍所属だった水兵が両親への手土産として故郷の小豆島にこっそり持ち帰っていたものらしい。
  • その種類は多岐にわたる。赤飯、五目飯、いなり寿司、餅などの主食系や、牛缶、コンビーフ、鯨缶、鮭缶、鯖缶、ウナギやイワシや秋刀魚の味付け缶などの副食物系、ミカン缶、桃缶、パイン缶、みつ豆缶などの甘味嗜好品系、タケノコや松茸など*4の各種野菜の水煮缶など、あらゆる種類の缶詰が海軍で用いられていた。
    • と言っても、水上艦艇では中々お目にかかれない種類のものもある。乗員たちがよく目にするのは、酒保で販売されているフルーツ缶各種や、戦闘糧食で配られる牛缶や鯨缶などである。の松茸カレーのように調理材料として使用されることは多いが、そういう缶詰は口に入れどあまり表に出てこない。
      • 海軍生活と缶詰のよもやま話はこちらをクリック
  • ところで、秋刀魚にかぎらず、漁と海軍、そして釣りと海軍は切っても切れない縁がある。
    • 北方の洋上、採れたての鮭やマス、カニなどを現地で缶詰に加工する海上缶詰工場ともいうべきなのが漁業工船。いわゆる「蟹工船」もその一種。
      「敵艦見ユ」の信濃丸*6や第一回ブラジル移民船笠戸丸*7、旧病院船博愛丸*8など、錚々たる面々がボロ船と成り下がって余生を過ごす職場であった。
      ところが彼女たちは漁獲のために相当きわどい行動をするため、よく領海侵犯の疑いでソビエトの監視艇に捕まったりしていた。
      そんな彼女たちを守るために警備の任に就いていたのが第1駆逐隊*9などの海軍駆逐隊だった。
      ソ連警備艇へ睨みをきかせるばかりでなく、「何某丸が捕まった」と聞くや駆けつけてソ連当局と交渉、乃至場合によっては隙を見てかっさらってくるのが仕事である。
      小林多喜二の『蟹工船』での警備駆逐艦はぼろくそな書かれようだが、漁業の保護もまた、当時の海軍の大事な仕事だったのである。
      • しかしながら、漁業保護に駆逐艦を使うのは燃費上いかにも不経済であり、駆逐艦自体の構造も北方警備向きにはなっていないので乗員の苦労も並大抵ではなかった。
        そこで後年、漁業警備向きの軍艦として専用の「海防艦」が設計建造された。占守型及び択捉海防艦がそれである。
        低速小型ながら暖房・解氷設備は充実、耐氷・復元性に優れ、さらに艦首に菊の御紋章をいただく「軍艦」としソ連艦威圧の効果も充分と、行き届いた設計だった。*10
        のちに船団護衛用として大量に建造された海防艦群の設計母体となったのも彼女たちであった。
        ところが占守型や択捉型も太平洋戦争開戦後船団護衛に南方へ放り込まれるようになると、北方用の彼女たちはその構造が仇となって大変暑苦しく、乗員を悩ませたという。
    • また、爆雷戦訓練で魚群がいそうなところを見計らって爆雷を投下、気絶して浮いてきた魚を拾うという「爆雷漁」も海軍ならではだった。
      これに関しては中でも特に、近場に良質な漁場の多い呉鎮守府所属の駆逐艦の得意技だったという。*11
      爆雷が魚群に近すぎると身が崩れて味が落ち、かといって遠いと気絶しただけですぐ逃げてしまうので、結構難しかったらしい。案外実戦的な訓練と言えるかもしれない。
      • もちろんこれは…
  • 当時、明治5年の太政官布告を踏まえ、軍服を着て傘をさすことと並んで、軍艦の艦上での釣りは禁止という建前だったが、実際は黙認の形、それどころか従軍記者に艦の上級士官が釣りで一杯引っかけている姿を描写されているような本を大本営が検閲を通して市井に流通させる有様。
    それはそうだろう、司令官や艦長たちだって、規則に忠実に禁止禁止と取り締まるよりは、釣果のおすそ分けで一杯やるほうが好きに決まっているからである。
    しかも軍艦の周囲は艦から出る残飯が一種の撒き餌のような効果を発揮し、自然に魚が集まる。これを活用しない手はなかった。
    • しかして各艦におけるその実態は?
  • こういった伝統は現代の海上自衛隊にも受け継がれている。「F作業」がそれである。
    作業とはいっても何の事はない、航海中の無聊を慰めるための釣りの許可である。
    この時ばかりは護衛艦変じて「漁船さみだれ丸」や「イカ釣り船さざなみ丸」と化す(今は無き編成である「地方隊」所属艦がイカ釣り船とか揶揄されていたのも推して知るべし。大湊港とかな!)。
    領海内でやると密漁行為になってしまうため、領海外でしかやらない、ということになっている。それが守られているかどうかは神のみぞ知る(因みに領海線は陸岸から12マイル*21。艦にもよるが護衛艦の見張り台から水平線までの距離がおおよそ6〜7マイルなので、その約2倍の距離である。近いと思うか遠いと思うかは人によるが)。
    そのほか真偽のほどは不明だが、「航海長か艦長が釣竿持ち込んでたら(艦が)漁場を通過ないし漂泊すると思え」という暗黙の了解めいた言い伝えがあるトカないトカ。
    いつぞやのミサイル発射事件では日本海に展開したBMD即時待機中のイージス艦の乗員が陸揚げし忘れた釣竿を活用したという噂まで・・・・・・。
  • 他方、帝国海軍では徴用された本職の漁船たちも働いていた。黒潮部隊こと「特設監視艇」がそれである。
    外海航行可能な大型漁船を乗員もろとも徴用し、機銃や無線や電探若干と艇長以下海軍軍人数名を乗せて出来上がり。
    彼女たちは太平洋上に展開して敵艦隊や敵編隊への警戒の任にあたっていた。
    中でもドーリットル空襲部隊を発見した第23日東丸などが有名である。無論第23日東丸も乗員全員が戦死した。
    • そんな彼女たちの運命は涙なしには語れない
  • 余談ではあるが艦これの運営メンバーは缶詰の同人誌を3冊出版している。
    • 内容は缶詰の擬人化レビューや缶詰料理のレシピ、製造会社へのインタビューがフルカラーで掲載されており相当気合が入っている。
      ちなみに秋刀魚の蒲焼き缶は3冊目に掲載されている。
      2冊目には某正規空母によく似た「大和煮さん」も登場している。運営が缶詰好きなのは確定的に明らか。

この装備についてのコメント Edit

過去ログ

最新の30件を表示しています。 コメントページを参照

  • 缶詰といえばカレーもあるんだよなぁ。横須賀のお土産で海上自衛隊カレー -- 2016-10-26 (水) 22:07:01
  • 昨年の時点で嫁装備用の5個を確保しておいたから、今回の秋刀魚は基本全てネジに回せる。やったぜ -- 2016-10-27 (木) 13:09:05
  • バケツのためにいくつか交換した・・・おにぎりと合わせて保存用食材が鎮守府に溜まる溜まる・・・ -- 2016-10-28 (金) 04:07:53
  • 秋刀魚祭り初めてなんだけどこれとネジどっちに換えるのが良いんだろう -- 2016-10-29 (土) 21:51:19
    • ネジとバケツ、不足しているほうをどうぞ。缶詰は記念に1つあればいいと思います(使いたいなら複数持ってもいいですが) -- 2016-10-30 (日) 17:40:27
    • どっちもそんなに不自由してないならネジをオススメする。バケツは意識して集めれば週に70個前後は貯まってくし -- 2016-10-30 (日) 17:48:04
    • ネジの方がいい…けど、せっかくなら1個くらい缶詰で持っておくと良い思い出になるかも。 -- 2016-10-31 (月) 17:07:40
    • あと、缶詰は図鑑登録のためには一度は貰う必要があるからその辺気になるなら1回くらいはやってもいいかと -- 2016-10-31 (月) 23:53:27
    • ネジはいつでも買えるがこいつは期間限定、というわけで我が鎮守府は秋刀魚缶を選んだ。これとおにぎりをイベントで使ってみたいという理由もある。 -- 2016-11-03 (木) 01:40:35
  • 新鮮なサンマを保存食にするのは個人的にちょっと勿体ない気がする。それはそうと忘れないうちに早く交換しなきゃ。 -- 2016-11-01 (火) 10:54:09
    • とはいえ、新鮮な材料じゃないとちゃんとした保存食は作れませんし -- 2016-11-04 (金) 07:37:39
  • 去年は3週間で6缶製造し、今年は2週間で4缶製造した。 ・・・代わりにネジは勲章を割ったり、P箱を開封している。 -- 2016-11-02 (水) 06:31:19
  • 秋刀魚70匹でフィニッシュ -- 2016-11-02 (水) 16:32:33
  • 今年も終わりに近いが一年で一番好きなイベント!楽しかった〜、記念にカキコ (^Q^ -- 2016-11-02 (水) 16:58:36
  • 二年目になるが相変わらずコツがわからない..ボス戦までいって出るか出ないかなんで能率が悪すぎorz -- 2016-11-03 (木) 12:52:28
  • コツなんてなくね?装備揃えて思考停止して3-3が一番楽やぞ -- 2016-11-03 (木) 13:20:58
  • ちょうど7個あったから一個は作ったけどこのタイミングで秋刀魚一匹ドロップ。悩ましい。 -- 2016-11-03 (木) 13:28:16
  • 使うわけではないが、どうもレア度を見てしまってこれに交換しちゃうな -- 2016-11-03 (木) 23:08:46
  • まぁ一個あれば良いか、ガン積み芸やろうと思わなければ -- 2016-11-04 (金) 02:30:00
  • 夜中に見るページではなかった…蒲焼食べたくなってきた -- 2016-11-04 (金) 03:39:38
  • このタイミングで、サンマの缶詰2700万個回収のニュースが・・・ -- 2016-11-05 (土) 00:17:18
    • マルハニチロ、はごろもの機先を制したな。秋刀魚缶を3年保存する奴は滅多に居ない(どうせ1年以内にお腹の中)ので実質回収は1/3以下という皮算用だろう。開けたらGがいるジャックインザボックスよりはマシだわな。 -- 2016-11-05 (土) 01:34:00
      • ペヤ○グの事かーw(古) -- 2016-11-09 (水) 19:04:28
    • 悲しいなぁ… -- 2016-11-05 (土) 05:35:02
    • ちなみに回収されたのは旧規格の方で新規格は無事なもよう -- 2016-11-05 (土) 07:21:46
    • ★6から共食いだと仮定して改修すれば、秋刀魚の缶詰★maxが540万個できるのか・・・。 -- 2016-11-06 (日) 20:02:22
      • その前に缶詰を作るための秋刀魚が2億匹近く必要になるわけで、想像したらなんか目まいがしてきた… -- 2016-11-06 (日) 20:13:41
    • 2700万個と桁違いな数になったのは余程企業の管理体制が甘いんだろうね。大損して信用も損なうだろうけど自業自得。あと食べ物を粗末にするなと怒鳴り込んでやりたい。 -- 2016-11-07 (月) 12:49:41
    • 返品登録しなきゃ(販売店並感) -- 2016-11-30 (水) 09:29:46
  • 小ネタの最後の方に「護衛艦変じて「漁船さみだれ丸」や「イカ釣り船さざなみ丸」と化す」ってあるけど、ググってもこのページしか出てこないし引用註も付いてないんだがソースは何なんやろ。なんかの雑誌か?それなら註を付けるべきじゃないかな。現役の船の名前出すんだし -- 2016-11-09 (水) 23:13:38
    • 前後関係も考えると、普通に海自の護衛艦のさみだれやさざなみのことだら。そこにあくまで漁船っぽく、艦名に丸をつけただけのような気がする。よくある名前だから現役の漁船と被るのも仕方ない -- 2016-11-20 (日) 16:42:28
      • 大淀や夕張なんかも秋刀魚イベントのときに大淀丸、夕張丸とか言われたりするよね -- 2016-11-20 (日) 16:50:29
  • 海軍「ヒャッハー!新鮮な魚介類だー!」漁業組合「ノゾミガタタレター!」 --  ? 2016-11-29 (火) 01:36:35
  • 25mm三連装機銃が集中配備で1スロットに収まるなら、これもおにぎりとセットで1スロにできんかなあ。一応レア物なので単体使用は勿体ないと思うものの、2スロ潰すほどの効果では無いのがもどかしい。 -- 2016-12-07 (水) 11:44:20
  • 年末だし南西諸島沖にこれとおにぎり持って水雷戦隊でピクニックに行って来た。艦載機が飛んできて朝潮がケガしてしまったのが残念だ。 -- 2016-12-31 (土) 13:22:20
  • 三越コラボに缶詰来たけど 多分運営が一番やりたかったん商品はこれだろww -- 2017-03-18 (土) 18:02:34
  • こないだのイベにて。天龍ちゃんに持たせたら「早くぶっ放したい」と言ってた…………おい、まさか生産工程に某ヒエーな戦艦が関わってるんじゃないだろうな!?まさか中身が秋刀魚じゃなくて塩漬けニシンでしたなんてオチじゃないよな!?と変な想像をしてしまった。 -- 2017-04-02 (日) 23:04:02
    • シュールストレミングやめーやw -- 2017-04-05 (水) 22:57:30
      • あ、あれは缶入り食品だから(震え声) -- 2017-06-05 (月) 20:41:03
  • フレーバーとして秋月の補強穴に放り込んでいたのを忘れ、3-3に送り出したら勝手に食べられた。でもこんなことでも無いと消費しないし、まぁいいかという気分に。まだいくつか残ってるしな。下手にレアなんで捨てるに捨てられん。 -- 2017-05-02 (火) 14:27:53
  • しかも軍艦の周囲は艦から出る残飯が一種の撒き餌のような効果を発揮し、自然に魚が集まる。残飯だけじゃないのよ、乗組員のUNKOが魚の餌になるのよ -- 2017-05-02 (火) 15:39:54
  • ここの小ネタの充実っぷりはほんと好き -- 2017-06-30 (金) 09:14:31
    • 読んでると無性にお魚食べたくなる -- 2017-07-01 (土) 13:50:50
  • 小ネタ読んでてふと思ったが、そういや海自所属だったウチの父親は釣りが好きだったなぁ・・・ 航海中に同僚と釣りしたりしてたんだろうか。 -- 2017-07-01 (土) 14:08:23
  • 海軍が拠点にしていた呉とか柱島とか瀬戸内海は、むかしから良い魚が獲れるとこだったもんなあ。そりゃ釣りもしたくなる。ただ以前に網元してた人に聞いたけど瀬戸内海って、見かけに反して潮の流れが早く天気が良くても嵐みたいな波模様になったりで、昔から猟師さんが苦労したらしい -- 2017-07-04 (火) 11:55:17
  • 運営「栄養価が大幅にup!」  ・・・何でや? おにぎりの方は、「実は作り置きではない」説で納得できるけど、去年の秋に缶詰にしてから開封していないのに、どうやって「栄養成分を注入(?)」したのだろうか? -- 2017-07-16 (日) 23:36:00
  • 秋刀魚の缶詰改修したらシュールストレミングとかになったりしないかな(原料が違う -- 2017-07-30 (日) 23:58:05
    • 明石「此処だけの話、2番艦次第で・・・。 ほら、ひ(P音)さんとか、い(P音)さんとか・・・ね?」 -- 2017-07-31 (月) 21:12:06
  • 秋刀魚の缶詰……見ているだけで腹減ってきた -- 2017-08-05 (土) 17:03:50
  • 大和煮さんで草 -- 2017-08-08 (火) 13:51:42
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 日本では規格上密封してから加熱して殺菌したものを缶詰と呼んでいる。なので缶に入った乾パンやあの有名なシュールストレミングは日本だと缶詰ではなく缶入り食品である。
*2 「イワシの油漬け」のこと。高濃度の塩水に漬け込んだイワシを香辛料と共に低温の油で煮た保存食。何故初めての缶詰がオイルサーディンだったのかは、一説によると当時はまだ缶詰の製造技術が未熟なものが多く中身が腐敗することもあった。そこで油漬けと缶詰の技術を組み合わせることで保存性を高めたのではないかと言われている。
*3 茂吉が行った変わった鰻の食べ方として、ご飯に鰻の蒲焼きと紅生姜を乗せ、そこに熱い牛乳をかけたお茶漬けがあった。実際に食べた人によると美味しいらしい。
*4 駆逐艦「響」のメニューでタケノコと松茸の水煮缶を使ったカレーライスが出たと伝えられている。松茸は今では高級品だが当時は現在の百倍近く収穫量があった。
*5 『日本海軍風流譚 三』『海軍めしたき物語』ほか
*6 日露戦争に仮装巡洋艦として参加、バルチック艦隊を発見し「敵艦見ユ」を打電したことで有名。日本海海戦後にロシア戦艦シソイヴェリキーの捕獲にも参加。後年の太平洋戦争では武良茂陸軍二等兵こと水木しげるをラバウルに送り届けたり、戦後復員船として大岡昇平を帰還させたりもしている。見事戦争を生き延び、1951年船齢実に51歳にしてついに老朽により解体。武勲と強運に恵まれた船だった。
*7 日露戦争時に旅順港内で被弾沈没していたロシア貨客船カザンを捕獲したもの。北方漁場では信濃丸と著名船同士仲良く働いていた。1945年の終戦直後、かつての母国のソ連軍の手により爆沈処分されるという数奇な最期を遂げた。
*8 貞明皇后陛下直々に「博愛」の名を賜り、日本赤十字社管理下の理想的病院船として建造された。義和団事件や日露戦争に参加。しかし後には蟹工船に身をやつし、労働者の暴行致死事件が起きている。小林多喜二『蟹工船』の「博光丸」のモデルである。崇高な理念と栄光に包まれて誕生しながら、蟹工船に落ちぶれた後は凄惨なリンチ致死事件の当事者になるという皮肉な運命の船だった。1945年6月18日米潜水艦アポゴンの雷撃により沈没。
*9 睦月型の一つ前の型である神風型駆逐艦の神風、さらに一つ前の型である峯風型駆逐艦の野風、波風、沼風で編成。2016年4月現在神風は実装。峯風型はすべて未実装。
*10 駆逐艦や潜水艦は正確には制度上「軍艦」ではなく、艦首に御紋章もない。外交上、格上の軍艦として菊の紋章と艦長の海軍中佐の階級章をチラつかせたほうが有利なのはもちろんである。しかし何分小型のため格上の軍艦であると気づかれず欠礼されることもあった。駆逐艦子日など国後(占守型)に対し「なんで敬礼せんのか」と難詰、国後からの返答で誤りに気づき艦長が慌てて謝罪に赴く騒ぎを起こしている。のちに船団護衛用に大量建造されるようになると海防艦は軍艦から格下げされ御紋章も取り外された。
*11 呉鎮守府所属の駆逐隊は駆逐隊番号が11から20。すなわち第11駆逐隊(吹雪、白雪、初雪、深雪)、12駆逐隊(叢雲、東雲、薄雲、白雲)、15駆逐隊(黒潮、親潮、早潮、夏潮)、16駆逐隊(雪風、初風、天津風、時津風)、17駆逐隊(浦風、浜風、谷風、磯風)、18駆逐隊(陽炎、不知火、霞、霰)、19駆逐隊(磯波、綾波、敷波、浦波)。大体この辺りが常習犯だったようだ。
*12 『駆逐艦夕立』
*13 『軍艦長門の生涯』
*14 『神龍特別攻撃隊 潜水空母搭載「晴嵐」操縦員の手記』
*15 『ライオン艦長 黛治夫』
*16 タラの刺し身?と思うかもしれないが、ほんとは刺し身でも食べられる魚である。ただ「タラは沖で食え」と言われるほど鮮度低下が早いので、一般の流通に乗らないだけである。
*17 『憤怒をこめて絶望の海を渡れ』
*18 『駆逐艦曙便り』
*19 『日本海軍風流譚 三』ほか
*20 『特型駆逐艦「雷」海戦記』
*21 このマイルは1マイル=1852mのノーティカルマイルで、海里とも言う