Top > 摩耶

摩耶

Last-modified: 2017-01-11 (水) 20:04:54
No.061
よ!アタシ、摩耶ってんだ、よろしくな。摩耶(まや)高雄型 3番艦 重巡洋艦
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久45火力40 / 54
装甲35 / 49雷装24 / 49
回避35 / 59対空18 / 56
搭載6対潜0
速力高速索敵13 / 39
射程10 / 49
最大消費量
燃料40弾薬65
艦載装備
220.3cm連装砲
2未装備
2未装備
装備不可
改造チャート
摩耶摩耶改(Lv18) → 摩耶改二(Lv75)
図鑑説明
高雄型重巡洋艦3番艦の摩耶さまだ。
生まれは神戸。南方作戦や激戦のソロモン海で暴れまくってやったぜ!
ああん? レイテ? んだよ、潜水艦って奴は苦手だよ。

※初期値はLvや近代化改修の補正を除いた時の数値であり、最大値はLv99の時の最大値を指します。

CV:東山奈央、イラストレーター:パセリ (クリックするとセリフ一覧が開きます)

ゲームにおいて Edit

  • Lv18で改造可能と序盤で嬉しい重巡。耐久のみ他の高雄型重巡に比べ2低いが、重巡全体から見れば極普通。
    • 改造後は史実で対空砲を満載した経緯を再現してか、対空最大値89と通常59-69である重巡の水準を大きく上回る強化がされる。摩耶改も参照。
      • この数値、重巡どころか全艦娘中7位タイ。史実でも強力な対空戦闘力を見せた伊勢型ら航空戦艦と同等で*2、上にいるのは秋月改(116/未改造104)、大和改(104/未改造94)、武蔵改(99/未改造94)、長門改陸奥改(99)、榛名改二(92)の6名だけ。
      • ただし活かせるかというとかなり微妙。最も威力を発揮できそうな対空カットイン自体が重巡と相性が悪く、弾着観測か夜戦のどちらかの火力をかなり譲歩しなければならない。装備できる対空砲が副砲カテゴリだけという面でも辛い。せめて戦艦のように主砲と三式弾でもカットインができれば…
      • 改二まで改造すると対空最大値106と秋月改に次ぐ単独2位となる。防空巡洋艦として専用対空カットインも用意され高い対空値を活かせるようになる。
    • 同じく史実ではこの対空特化改装によって主砲塔を1基撤去しているが、火力はなぜか姉妹と同等のままで下がらない。遠慮無く砲撃戦や夜戦にも使っていける。
  • 長々語ったがつまるところ利根筑摩と並び「強い重巡」であるので、使って損はない。
  • なお重巡は近代改装化用素材として用いた場合、未改造(利根筑摩を除く)対空+0、改で対空+1だが、摩耶改は+4と強力になっている。
    対空をこれだけ強化出来るのは、戦艦・空母クラスや防空艦の秋月型以外ではほぼ摩耶改五十鈴改最上改の3隻くらい。
    • ただしLv12(6,600exp)で+4の五十鈴、Lv10(4,500exp)で+3の最上と比較すると、Lv18(15,300exp)で+4の本艦は進んで素材として使うには効率が悪い。改造後を素材として使う場面はほぼないだろう。
  • 戦闘任務2つを含めた計3つの任務で必要になるため、一応留意しておこう。
  • 陸上型深海棲艦相手に必須となる三式弾が欲しい場合、摩耶を改にして「『改装防空重巡』出撃せよ!」をクリアすれば1個入手することができる。(この任務は「『「重巡洋艦』を出撃させよ!」「防空射撃演習を実施せよ!」の達成後に出現する。)
  • 明石を旗艦、摩耶を二番艦に置くことでに2014年秋イベントで初登場した91式高射装置の改修が可能になる。
  • 生地はスク水

小ネタ Edit

  • 名前の元となったのは神戸市にある六甲山系の摩耶山。建造されたのも神戸市の神戸川崎造船所で、妙に神戸に縁のある重巡である。
    • それもそのはず。この艦名は不況により倒産寸前まで追い込まれた川崎造船所を救う一因になった神戸市と神戸市民への感謝の念を込めて海軍がつけた艦名だった。
    • この名前を冠する帝国海軍艦船としては二代目。初代は摩耶型砲艦のネームシップで、同型艦は鳥海愛宕赤城。各々が同名艦の初代である。
      なお、先代摩耶が建造されたのは、同じ神戸市にあった小野浜造船所*3であった。
    • 摩耶山の山名は、山頂にある忉利天上寺(または単に天上寺)で釈迦の生母である摩耶夫人を祀っていることによる。
      よって間接的には人名由来の艦名ということになる。
    • その天上寺とも繋がりが深く、御守を頂いて艦内神社*4に祀ってあったという。1984年に、天上寺境内に「軍艦摩耶之碑」が建立された。
    • その摩耶山の麓に市立摩耶小学校があり、昭和11年8月5日艦長が来校し摩耶の模型を寄付している。
    • 千歳弥生皐月榛名深雪と並び艦「娘」の名前として違和感のない艦第一位。まあ、元ネタが女性名ですから。 サンスクリット語で「慈愛」を意味する母性溢れる名前。
      よく「麻耶」と書かれるが…略記のようなもん。細けぇこたぁいいんだよ!
      • 加古「アタシ、ひょっとして女の子扱いされてない!?」 
      • 瑞穂「もしかして私も…ど、どうしましょう…」 
  • 神戸川崎造船所にて1928年12月4日起工、1930年11月8日進水、1932年6月30日就役。
    • なお、艦これでは摩耶は「高雄型3番艦」となっているが、起工順では4番目であり、そのため鳥海を3番艦、摩耶を4番艦とすることも多い。
      そんなもん、細けぇこたぁいいんだよ!
    • 進水は摩耶の方が早く、就役は同じ日である。
  • 高雄型は次女までと三女以降で絵師が違うが、これは友鶴事件の影響で高雄と愛宕の艦橋構造体が小型化されたのが由来。
    • ついでに言うと、重巡のうち摩耶と鳥海だけは近代化改装を行わずに太平洋戦争開戦を迎えた。順番が回る前に戦争が始まってしまったのだ。
    • なお彼女の砲のみ型式が姉妹と異なり、主砲仰角が55度に抑えられたE1型砲塔となっている。これは砲の俯仰を遊びの影響で誤差が大きいピニオン式から油圧式に変更したタイプであり、改装後の古鷹型や最上型、利根型のもののベースとなったものである。
      ただしその仰角から姉妹のそれと比べ対空戦闘には一歩劣る部分があり、後述の改装もこの弱点を補う目的があったのは容易に推察できる。*5
  • 史実ではトラック基地などでしばしば大和の傍らにいた。巨大な1万3000トン級重巡洋艦も、大和の傍では親子のようであったという。
  • 初期の南方作戦で敵艦拿捕・撃沈などの戦果を挙げ、ソロモン方面の戦いでは妙高や鈴谷と共にガダルカナル島の飛行場砲撃などを行ったりもしている。
  • アッツ島沖海戦では、敵を見間違えるわ主砲射撃のデータを取り違えるわ、挙句の果てに残弾数を間違えて残弾なしと勘違いするわと、ありえないほど立て続けにミスを犯している。電「摩耶さんはたるんでるのです!」
  • 昭和18年11月、ラバウルでSaratogaらの空襲を受け被爆損傷。復旧工事時に主砲1基を撤去して高角砲2基と機銃多数を増設して防空巡洋艦となり、マリアナ沖海戦に臨んだが、大和らとともに味方編隊(大鳳翔鶴瑞鶴の攻撃隊)を敵編隊と誤認して誤射してしまい、3機(資料によっては4機・6機とも)撃墜してしまう。
    また、空襲により損傷を受けている。
  • レイテ沖海戦に参加した1944年10月23日、パラワン水道で米潜水艦デース(Dace:SS-247)(「は無関係デース!」)に奇襲され、左舷に4本被雷し、急激な浸水でダメコンが間に合わず横転し駆逐艦なみのわずか8分で沈没。
    レイテ沖海戦前にさらに強化された対空兵装は、ついに敵機に火を吹かずに終わってしまった。
    救助された乗組員は駆逐艦「秋霜」(未実装)経由で武蔵に移乗した。このとき、武蔵の主計長が摩耶の主計長に「戦艦が簡単に沈むか!本艦は絶対に沈まないから安心せよ」と言って酒を勧めたという。
    しかしその翌日、武蔵はシブヤン海で空襲に遭って多数の死傷者を出し、摩耶の乗組員たちも対空戦闘に参加するも、史上空前絶後の数の爆弾と魚雷を受けて沈没してしまう。
    生き残った摩耶乗組員は駆逐艦島風に移乗し、今度は島風乗組員と共に戦闘に参加し続けた。摩耶の性格には、沈没後も奮闘し続けた乗組員の闘志も反映されているのかもしれない。
    • なお、公式四コマで武蔵が初登場すると島風と共に真っ先に喜んで歓迎しているのはこのエピソードが由来である。
    • マッハで沈んだ割には全乗員の7割が救助されたが、武蔵や島風でも戦い続けた結果、最終的な生存者は600人ちょっと。
      • その理由は被雷したとき、摩耶船内の水密隔壁は何故か閉じられておらず、それが数分での沈没の原因となった。しかし一方で開けるのに手間のかかる隔壁が開いていたお陰で、数分での沈没にも関わらず乗員の7割が生還する事になった。よかったのか悪かったのか…
      • 沈没時の戦死者に、東郷平八郎元帥の孫である東郷良一少尉(戦死により大尉に昇進)が含まれていた。
        兵学校時代に東郷元帥の短剣を帯びて登校したり、摩耶乗艦時に東郷元帥の軍服を着て周囲を驚かせたなど、破天荒な青年だったが、周りからの評判は良かったという。
  • 当時僚艦だった高雄愛宕は、摩耶が沈んだ同じ日にデースと組んでいた米潜水艦ダーター(Darter:SS-227)に少し前に雷撃され、愛宕(午前06時33分被雷)沈没 高雄(午前06時34分被雷)大破 摩耶(午前06時57分被雷)沈没。第四戦隊が一瞬で壊滅状態に陥ったこの事件は「パラワン水道の悲劇」とも言われる・・・潜水艦が苦手と言っているのはこのためだが、つくづく潜水艦と相性の悪い姉妹である。
    • また鳥海はその2日後の25日、米空母艦載機の攻撃により沈没。たった2日で姉妹艦4隻のうち3隻が沈んだ。
    • そんな経緯もあってか、公式Webの4コマでは味方の潜水艦の挨拶に対し、喧嘩腰で凄んでみせるという振る舞いに。その後ろで無言のまま彼女らを睨み付けていた愛宕ともども、拭い難いトラウマになっているようである。
  • 実は建造を巡って「この際思い切って英国にまた巡洋艦発注して、建艦技術の見直しをしてみたらいいんじゃね?」という意見も大蔵省や海軍省から出たという。もちろん廃案になったわけだが。
  • 『火垂るの墓』の主人公・清太の父は、本艦の乗組員として設定されている。清太は終戦直後に「巡洋艦など皆沈められてしまった」と聞かされ、父の生存が絶望的であると考えるのだが、上述の通り摩耶は生存者も少なくないためひょっとしたら生存の可能性はあったのかもしれない。
    • 但し摩耶の生存者は内地に帰還する利根に便乗して帰ってきたのだが、利根が内地についたのは昭和19年11月17日。一方清太らが母を失った神戸大空襲は昭和20年6月5日で半年以上が経過している。もし父親が無事であったとしても内地にいて半年以上も家族に音信が届かないとは考えづらく、戦死していると見た方が妥当だろう。生還しているが空襲時点では別の任地にいたという可能性もなくはないが、それだと母親の死を受けて子供らを手元に引き取るなり、預かる叔母夫婦に対して連絡をとるなりするはずであり、一切消息がないのは不自然である。
      まあこの物語自体、当時の戦没者遺族への保証等を全く無視した史実的には?なものなので、細かく詮索すれば辻褄が合わなくなるもは致し方がないのだけどね...
      • 清太の父は士官(映画では艦長とされてすらいる)であり、戦死した際は遺族に対して階級に応じた遺族年金が支払われ、家主を失っても生活に困窮しないよう配慮されている。また海軍だと兵学校の同期同士で戦死した級友の遺族の面倒を見るのが慣わしであり、物語のような、士官の子息が孤児となって親族に預けられるも邪魔者扱いされ家を飛び出し、浮浪者のように死んでいくだなんて事はまずあり得ない。
        というか引きとった叔母夫婦が清太らに対してあのような態度をとること自体が間違いで、言い方は悪いが清太らを引き取ることで養育の理由で遺族年金や、父親の同期の士官たちからの援助を受けれるのだから映画とは逆に大切に扱った筈である。
  • 映画の中でも清太の回想として観艦式での摩耶が登場するが、夜のシーンのため全体像は解かり辛い。これは精緻に描き上げた全体像を監督の判断で塗り潰してしまったため。なお、気合を入れて描いたアニメーターはのちのジブリアニメ主役を務めたあの人であり、監督から史実に忠実に描くよう求められて、舷窓の数やラッタルの段数まで調べて正確に描いたが、全て徒労に終わった。
    • ただし、清太の回想シーンは原作では1935年10月の観艦式となっているが、史実ではその年には挙行されておらず、正しくは1936年に神戸沖で行われた特別大演習観艦式であると考えられる。なお、この観艦式に摩耶は不参加であり、高雄型では愛宕・鳥海が参加している。
  • 摩耶が男勝りな性格なのは、池田清 著『重巡摩耶』の中で、「りりしい男性美をあたえるであろう。」「足柄が鉄の女王なら、摩耶は、三間の大長槍をかかえ込んだ黒縅の荒武者だろうか」と、例えられたからだと思われる。
    • 池田清元海軍中尉(海兵73期)は摩耶の乗組員である。摩耶の撃沈後武蔵に救助され、武蔵の撃沈も生き延び、その後潜水艦伊47に配属され終戦を迎えた。戦後政治学者となり、軍事関係の著書多数。司馬遼太郎との親交でも知られ、「坂の上の雲」の海軍に関わる点について多くのアドバイスを与えたという。
    • ちなみに『重巡摩耶』について司馬遼太郎が書いたエッセイが、『司馬遼太郎が考えたこと 5』に「後生への義務(池田清著「重巡・摩耶」の記録)」と題して収められており、一部を引用する。提督ならだれでも共感する文章ではないだろうか。

      軍艦というものに対して、かつてどこの国の国民もそのように感じたはずだが、単なる機械ではなく、一個の人格的存在として尊敬と愛情を受けていた。さらには「摩耶」なら「摩耶」というものの誕生には人間の誕生と匹敵するドラマがあり、その生涯はいかなる軍艦でもそれなりの劇的なものをもっており、その最期は機械が海底に沈むというようなものではなく、もっとも劇的な人物の生涯がそこで終わったといったふうな巨(おおき)さがある。
      池田氏は「摩耶」というものの生涯をいかにもこの人らしく人文科学的な態度で淡々ととらえているが、読みおわったときの気持ちは、すぐれた伝記を読んだときの読後感に似ていた。(略)軍艦「摩耶」の生涯は薄命ではあったが、よき伝記作者をもったという意味で、他の軍艦たちよりも幸運を得たというべきであろう。

  • マリアナ沖海戦前後の一時期、摩耶の艦内では小猿が飼われていた。
    • 水偵搭乗員が横須賀停泊時に貰ってきたもので、将兵の位階を見分けて偉い方にお愛想を振る人間臭さは笑いの種となり、軍艦旗掲揚時にはガニ股直立不動で兵とともに並ぶさまは「我が艦の厳正なる軍紀は猿にまで及んだ」と評されるなど、乗員に大事にされていた。摩耶様は動物好きの調教師
    • しかしマリアナ沖海戦での敗退後、何かあった際に小猿を巻き込むのは忍びないと、摩耶から陸上部隊に譲渡された。
    • そして摩耶は、その直後のレイテ沖海戦にて敵潜の雷撃を受け沈没している。摩耶に愛された小猿のその後は、知られていない。

参考資料・書籍 Edit

  • 重巡摩耶―元乗組員が綴る栄光の軌跡 池田清 学研M文庫

この艦娘についてのコメント Edit

過去ログ

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 何かRJちゃんとか瑞鶴に着せたくなるTシャツだなぁ@公式4コマ -- 2017-09-08 (金) 12:20:06
    • 姉ちゃん指定のTシャツ -- 2017-09-08 (金) 12:21:28
    • 「てめーはあたしを怒らせた」(最終コマ) -- 2017-09-08 (金) 12:26:16
      • 必殺仕事人のBGMが流れてきそう -- 2017-09-08 (金) 23:15:32
    • ヤセン・ニンジャはぱんぱかぱーんされましたのでごあんしんください -- 2017-09-08 (金) 12:31:41
      • いつから川内はリアルニンジャに? -- 2017-09-08 (金) 13:23:00
    • 晴嵐魂Tシャツ共々商品化してほしい -- 2017-09-08 (金) 13:40:48
    • 史実で愛宕が摩耶を見送るときに総員帽振れしてたり音楽隊で送り出したりしたののリスペクトなんかね。 -- 2017-09-08 (金) 16:12:02
      • 姉が着れなくなったシャツのお古の可能性 ほら、胸のあたりが伸び切って… -- 2017-09-08 (金) 16:57:20
    • 「わーい、摩耶の寝間着だ〜って、ええ!?」ってなったw -- 2017-09-09 (土) 15:19:17
  • 摩耶のゴールドフィンガーで俺のムスコがゴールドアストロンされちまったぜ -- 2017-09-09 (土) 21:32:20
  • 装備なしのステゴロでもかなり強そうなイメージの艦娘の一人。武蔵≧長門>摩耶様くらいには強そう。あとは那智・ガングート辺りか? -- 2017-09-11 (月) 03:56:06
    • 天龍ちゃんの名前も出してあげなよ・・・かわいそうじゃん・・・ -- 2017-09-22 (金) 03:07:54
      • 天竜ちゃんはどちらかというと周りが勝手に強いと勘違いして本人が「ふふふっ・・・やべぇよ」ってなってる印象だけどなぁ -- 2017-09-22 (金) 03:35:09
      • それ言うと摩耶も実際の暴力を前にすると怯えてしまいそうなイメージあるなぁ…イラストで筋肉なんて全然ないし、というかパセリ艦って基本乙女っぽい -- 2017-09-22 (金) 04:21:04
      • 確かに・・・自分で摩耶様とか言ってるけど、鳥海が「フー!フー!」言いながら変堤を血達磨にしているのを見て、「もうそれぐらいに・・・」と言い掛けるも、「ナニ・・・?ヨクキコエナカッタ・・・」と逆切れされた結果、涙目になって逃走しそうだもんなぁ。 -- 2017-09-22 (金) 10:57:51
      • ↑2 松風「だよね」 -- 2017-10-04 (水) 18:49:18
    • 個人的には飛龍と神通にも強者の風格を感じる -- 2017-09-22 (金) 03:33:00
  • 夜2人で月を眺めながら「月が汚ねェ!」って言われたい -- 2017-09-18 (月) 19:52:20
  • 増え続ける札対策に摩耶様の量産を開始してふと思う、「こんだけ作ったら一人ぐらいまるゆみたいに控えめな娘がこないもんか?」・・・・と。 -- 2017-09-25 (月) 19:25:09
    • 性格が控えめなのか?乳が控えめなのかで話が変わる。 -- 2017-09-25 (月) 19:31:36
      • (摩耶様ズに蹴られながら)せ、性格なつもりだった。胸・・・なんて言ったら明日の朝日が拝めない -- 2017-09-25 (月) 19:49:05
      • どうやら提督が控えめになったようだ -- 2017-10-02 (月) 16:25:06
    • 違うんだ、淑やかな摩耶なんて摩耶じゃねえんだ…あの荒っぽい言葉と立ち絵の対比が、こう…誰かわかってくれ -- 2017-10-17 (火) 20:43:05
    • アルペジオ(アニメ版)みたいなキャラ? -- 2017-10-18 (水) 22:59:20
  • 改二とはケッコン済みだけど未改造ともケッコンしたくて育てて今Lv91。進水日に間に合うかな〜 -- 2017-10-07 (土) 11:16:27
  • アーケードで摩耶様きたあ!可愛いいいいいいいいいいいいいいいい(発狂) あと砲撃モーションカッコいい! -- 2017-10-11 (水) 22:33:41
  • 摩耶様どうみてもスポーティ・バディなのにどこにバルジがあるんだろ?。(舞風のように触ってみたいなぁ。) -- 2017-10-18 (水) 12:37:06
    • でっかいバルジが2つもあるじょないか -- 2017-10-18 (水) 14:24:44
      • そんな、大和じゃあるまいしw。あの2つの膨らみがバルジ・パットな訳ねーだろ。(どこぞのメイド長じゃないんだから) -- 2017-10-18 (水) 22:53:07
      • そういえば雲龍ってそのどこぞのメイド長と月の頭脳が混じったような見た目だよなあ。神主曰く二人の関係は一つの話ができるくらいとからしいが結局どうなったんだろう・・・・ -- 2017-10-24 (火) 17:55:45
      • そんなこと言ったら、くーくろ艦隊の絵はみんな誰かに似てるような(例外はあるけど)・・・特に飛鷹は胸と性格を除いて主人公にそっくりw。 -- 2017-11-07 (火) 22:22:15
      • 摩耶様が氷菓の摩耶花に印象が物凄く微妙に似てるような気がしている -- 2017-11-13 (月) 20:37:50
  • う〜ん、23日になんだか妙に摩耶の模型が作りたくてムズムズしてフジミのフルエッチングとか半日眺めていた。戦没日だったのね(;´・ω・)昔から一番好きな重巡だったから呼ばれていたのか… (乗組員の方のご冥福をお祈り申し上げます) (^^; -- 2017-10-24 (火) 15:39:13
  • 現在、秋イベに向けて二人目を育成中こんどこそ甲で突破してやるぜ、設計図どうしよ(涙)。 -- 2017-11-07 (火) 22:49:07
    • 摩耶さまは設計図いらないよ -- 2017-11-08 (水) 21:09:18
      • あれま、鳥海さんと勘違いメンゴw。 -- 2017-11-10 (金) 16:57:21
  • 摩耶様進水日おめでとう!!今年もよろしく! -- 2017-11-08 (水) 00:22:50
  • 2年前の今日改二とカッコカリして、たった今未改造とカッコカリした!初重婚!摩耶さま愛してる!!! -- 2017-11-08 (水) 21:08:32
  • アケ版対空カットイン実装オメ!…なのですが、改二非実装のアケ版摩耶ちゃんがどこまでやれるのかが気掛かりな処…五十鈴?知らない子ですn(爆音) -- 2017-11-12 (日) 11:04:19
  • 摩耶様 -- 2017-11-15 (水) 15:11:01
  • 伊400実装。あとは402が来たら「カーニバルダヨッ」のシーンを再現できるな! -- 2017-11-19 (日) 03:49:10
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 シャンパーニュ(シャンパンのフランス語読み)のことか?
*2 対空最大値89は摩耶改を含めて伊勢改日向改扶桑改山城改長門陸奥の7隻。扶桑改二(88)・山城改二(87)は改造で対空最大値が下がる。
*3 キルビーと言う外国人が開いた造船所で、初代大和なども建造した。後に海軍管轄となり、1895年 (明治28年) に閉鎖後、設備は呉海軍工廠に移転。
*4 伊勢神宮からの分祀。
*5 第三砲塔が撤去されたのはそれだけが理由ではなく、射角の狭さや浸水の問題(乾舷が低い位置にありながら艦首波の戻りが第三砲塔付近に当たり、しばしば浸水被害を被っている。これは妙高型も同様)、高角砲の給弾に管制など様々な要素が絡んでいる。