Top > 鈴谷航改二

鈴谷航改二

Last-modified: 2017-11-23 (木) 02:26:34
No.308
キモいのやっちゃえ〜、いっけー!鈴谷 航 改二(すずや)最上型 3番艦 軽空母
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久61火力0 / 56
装甲-- / 74雷装0
回避42 / 83対空33 / 87
搭載47対潜0
速力高速索敵46 / 85
射程13 / 74
最大消費量
燃料60弾薬55
搭載装備
15未装備
12未装備
12未装備
8未装備
改造チャート
鈴谷鈴谷改(Lv35) → 鈴谷改二(Lv84+改装設計図) *1 鈴谷航改二(Lv88+改装設計図)
図鑑説明
鈴谷は、最上型重巡洋艦の3番艦。
横須賀海軍工廠生まれなんだよ〜、ふふ〜ん。
巡洋艦の名前は川由来なんだけど、鈴谷は樺太の鈴谷川がその由来なの。知ってた?

※初期値はLvや近代化改修の補正を除いた時の数値であり、改造直後の値とは異なります。
最大値はLv99の時の最大値を指します。

CV:ブリドカットセーラ恵美、イラストレーター:コニシ(クリックするとセリフ一覧が開きます)

ゲームにおいて Edit

  • 鈴谷改二が軽空母へとコンバートした姿。コンバートする際に艦種が変わることもあってか、コンバート時にも改装設計図を使用する初の事例となる。
    • 鈴谷改二→鈴谷航改二へは改装設計図を毎回必要とするが、鈴谷航改二→鈴谷改二へは設計図不要である。
    • また鈴谷改二→鈴谷航改二への改造では、弾薬800と鋼材4700に加えて、高速建造材20個と開発資材10個が必要になる。
      開発資材の消費は翔鶴型改二/改二甲の改造で前例があるが、高速建造材を消費するのは初である。重巡を短期間で空母に改造しようとした戦時計画(小ネタ参照)のイメージだろうか。
      鋼材の消費も翔鶴型の改→改二(3700)を超える凄まじさで、大型建造や装備改修で大量の鋼材や開発資材が必要な提督にとっては手痛い出費かもしれない。
      性能が正規空母並(後述)な代償として、改造のコストも正規空母並なのだ。
    • コンバート前の鈴谷改二も航巡として高い能力を持つため、行き来して使い分けるぐらいなら二人目を育成して両方所持するという選択を取る人も少なくない。
      そもそも艦種が違うからこそ役目も被らないため、既存のコンバートとは少々毛色が異なる点に留意したい。
      • ただし航改二と改二の両方持ちは設計図を3枚、熊野も同様に3枚の計6枚が必要。実に勲章24個分である。
    • どちらも代替の利かない特性を持ち、通常運用においても艦種内でトップクラスの分野があり、かつ艦種自体該当艦が少ない、とどちらか一方の所持は判断が悩ましい。
      高速軽空母も航巡も数は多いと言えず、層の厚さ的にも悩みどころ。
      • 航改二は後述する攻撃型軽空母としての独自特性が多く、次点との性能差も大きい。一方で搭載数が少ないという空母としては無視できない弱点がある。
      • 改二は随一の対地火力を持つ他、あらゆる面でトップクラスの火力を発揮しながら防御面においても欠点と言うほどの穴は無い。ただし対地火力以外は他の艦でもほぼ誤差の範囲で代用できる。
        艦種自体が6隻しかいない為複数要求されると厳しいが、重巡で代用できる場面も多く、連合第二艦隊要員としては雷巡等の方がいい場面もある。
    • がいるため、それぞれ一方ずつ所持すると数の面でもバランスが良くなる。
      どちらかと言えば任務で要求される鈴谷を航改二に、どちらでも達成できる熊野を改二にするといい。
    • 8cm高角砲及び8cm高角砲改+増設機銃を増設スロットに装備できるのは変わらず。
  • 同時に実装された【攻撃型軽空母】という新しい分類になる。
    • この軽空母の特徴は「高速」「敵水上艦が存在しない場合は潜水艦を攻撃」「敵水上艦がいる場合は敵水上艦を優先して攻撃」の3つ。
      • 例として、戦艦ル級、空母ヲ級、重巡リ級、駆逐ロ級、駆逐イ級、潜水カ級の敵がいるとする。
        従来の軽空母の場合は、撃沈状態になるまで潜水カ級を最優先で狙う。これに対し、鈴谷航改二はまず潜水カ級以外の敵を優先して狙い、カ級以外の敵が全て撃沈状態になったらカ級を狙うという特徴がある。
    • また、攻撃型軽空母の特徴なのか鈴谷航改二個別の仕様なのかは不明だが、射程が元から「中」。
  • 単純性能は既存の軽空母を大きく上回る。搭載数と運以外はほぼ全て1位、2位の回避もトップとわずか1差を維持している。反面、搭載数は祥鳳型にも劣るというピーキーな組み合わせ。
    • 火力56のため、正規空母改二並の昼戦火力を得られる。
      • 流星改2スロットで同航戦キャップ寸前まで到達する。搭載数が少ないが全スロットが全滅しない限り砲撃戦に支障は無い。
        デフォルトで射程中なので、駆逐艦等の昼火力に乏しい艦娘に先んじて大火力の砲撃を放てるのは魅力的。
        空母カットインの実装によって、この長所はさらに強化された。
    • また、耐久性能はほぼ航巡のままどころか回避や対空は若干上なので軽空母としてはダントツで高い。戦艦ル級flagshipの攻撃を同航戦単縦陣で受けても装甲乱数次第では中破で耐えてしまう*2
    • その分燃費が悪い。燃弾合計値は航巡時と同じで、軽空母中一番の大食らいなので注意。
    • システム上、艦載数17機以下のスロットは制空権確保の状態であれば敵艦載機に撃墜されない。つまり全スロットが17以下の鈴谷航改二は、制空権を確保していれば航空戦での迎撃部分では損害を出さず戦闘が可能(※当然、敵艦の対空砲火による被撃墜は別)。
      • 逆に艦攻・艦爆は軽巡ツ級eliteなどに1回の戦闘で艦載機が全滅させられる恐れがある。
        また、開幕爆撃で焼き払うことに重点を置くならばちとちよや飛鷹・隼鷹に軍配が上がる。一長一短。
  • これらの特性を踏まえて活躍させるなら、例えば2-5や5-5が候補に上がる。
    • 2-5下3戦ルートでは、開幕爆撃の後、駆逐艦娘や阿武隈に先んじて砲撃を放てる。
      従来では熟練艦載機整備員等の射程を伸ばす装備で1スロ潰す必要があった。
    • 5-5では潜水艦より水上艦を優先する特性から、軽空母ルートにてダメージソースとして期待できるようになった。
      敵が高耐久・高火力な一方対空砲火が比較的ヌルい海域という特性上、鈴谷航改二の高耐久・高回避・高火力・低艦載機数というステータスに噛み合った活躍が見込める。
  • かつては鈴谷と熊野でルート固定となるイベントもあった(15春E-5)。
    • 連合艦隊の第二艦隊とは(軽空母の中では)特に相性が良く、空母機動部隊では零式艦戦63型(爆戦)を1スロに積むだけで同航戦時の火力が火力キャップに迫る179に到達し、火力と対連合艦隊戦における制空の両立が可能。対通常艦隊では航空戦に参加しないため、15機のスロットでも全滅することは稀だろう。
  • 実装と同時に追加された出撃任務「改装攻撃型軽空母、前線展開せよ!」に旗艦として必要となる。出撃先はMS諸島沖KW環礁沖海域と難易度は高い。報酬は零式艦戦63型(爆戦),8cm高角砲改+増設機銃


  • 航改二となって編成ボイスでの自称は「改鈴谷型航空母艦」に、一方図鑑の分類欄では「最上型軽空母」、そして図鑑ボイスでは未改造からずっと「最上型重巡洋艦」とばらけている。

改二と下着の色が違う。

小ネタ Edit

  • ミッドウェー海戦後、正規空母4隻喪失の衝撃で混乱した日本海軍は、大和型戦艦を除く全ての戦艦と巡洋艦で空母改装を検討している。
    この際に最上型と利根型は「工事期間9ヶ月以内」で「長さ約195メートル、幅約23.5メートルの飛行甲板設置と約30機の搭載が可能である」とされたが、工事量の大きさと空母としての能力が見合わないことから、早々にこの案は放棄された。*3
    デザインは祥鳳型や千歳型と似た平甲板型で、格納庫が一段の代わりに機関部が重巡時代のままで35ノットが発揮可能とされていた。
    • その後、南太平洋海戦で大破した筑摩は、修理期間を利用しての空母改装が再び検討された。
      この筑摩空母改装案では、アイランド式の艦橋を右舷に備え、エレベーター飛行甲板前部に1基のみ装備するなど、従来の軽空母にはない特徴がみられたが、この空母改装案も実現することはなく、筑摩は重巡(航空巡洋艦)として戦線に復帰した。
    • そして、この筑摩空母改装案の特徴を受け継いだのではないかと推測されるのが、改鈴谷型重巡洋艦から空母に改装された伊吹である。
      改鈴谷型というのは、最上型の不具合を改善した後期型(そのため鈴谷型と称する場合もある)鈴谷の設計を流用しつつ、雷装を強化するなど小規模な改正を施した重巡を戦時建造しようとしたものである。
      しかしミッドウェー海戦後、もはや巡洋艦を建造している場合ではないとされ、建造は中断。その後空母への改装工事が始まるが、1945年3月に建造中止命令が出され未成に終わり、戦後解体された。
      伊吹も筑摩改装案と同じく、艦橋を甲板上に備えたアイランド型だが、機関部の半分を撤去して速力を29ノットに減じた点がこれまでの重巡改装案と異なっている。それでも艦これ的には高速扱いにはなるが
    • ゲームにおいては「攻撃型軽空母」という新しい分類の改鈴谷型だが、史実の重巡改装空母案も伊吹も攻撃特化型と扱われたわけではない。
      重巡改装案では艦戦18機、艦爆兼攻12機*4、伊吹は艦戦15機、艦爆兼攻12機で、そこまで攻撃に偏った構成ではない。
      しかも伊吹は格納庫スペースの制約から、航空魚雷12〜18本、800塲弾12発、250塲弾は24発、小型爆弾搭載なし、と必要最小限の弾薬しか搭載できない見積もりだったので、むしろ攻撃力は限定されたものだったといえる。要するに攻撃型軽空母とは艦これ独自解釈の仕様なのである。
  • 伊吹の改造が16ヶ月かけても未成に終わった事実から、重巡を9か月以内で空母に改造するプランは見通しが甘すぎたという批判もある。
    ただ伊吹が改装された昭和19年1月以降は損傷艦の修理などの工事が激増し、重巡改装案が検討された昭和17年8月頃とは状況が違うことは考慮する必要があり、また千歳*5が昭和17年11月末から10か月で改装した実績もあるので、機関部を重巡時代のまま流用し、一段格納庫で平甲板型の空母に改装という案ならば、工期9か月はそれなりに妥当な見積もりではないかとする研究もある。
    ゲームにおいては高速建造材というアイテムがあり、鈴谷航改二への改造で消費するのはこのような事情も背景にあるのかもしれない。
  • 元々は鈴谷の準同型艦になるはずだったのが、空母に改装されたものの未成に終わったこの伊吹の影響を鈴谷航改二に感じる提督は少なからずいるだろう。
    姉妹艦で施された改装を取り込んだIF改装艦娘の例としては、Bismarck drei*6がある。ちなみにこちらも改装設計図を2枚消費するお高い娘である
  • 同様の巡洋艦からの改装空母としてはアメリカのインディペンデンス級軽空母とサイパン級軽空母、ドイツのヴェーザーがある。
    • インディペンデンス級は建造中だったクリーブランド級軽巡を空母に改造したもので大きさや搭載機数が伊吹型に近い空母である。9隻が改造され「那珂」撃沈など活躍するが、2番艦「プリンストン」がレイテ沖海戦で彗星艦爆*7の爆撃を受け戦没している。
    • サイパン級はボルチモア級重巡の船体を流用*8して建造されたものだが、終戦に間に合わず対日戦には参戦していない。
    • ヴェーザーは建造中のアドミラル・ヒッパー級重巡4番艦「ザイドリッツ」を空母に改造しようとしたものだが、完成することなく放棄された。
  • 鈴谷航改二で新たに追加されたボイスにある「ト連送」とは、日本軍の航空攻撃で指揮官機から発せられる、モールス符号「ト(短短長短短・トトツートト)」を連続で繰り返す暗号略号で、「全軍突撃セヨ」の命令を示す。当時の日本海軍機は現代のような肉声での直接交信には難があったため、このようなモールス信号での通信を行っていたのである。
    つまりこれは鈴谷が発した攻撃命令ではなく、艦載機搭乗の妖精さんが攻撃隊全機に発信したのを鈴谷が受信した、というイメージとなる。

この艦娘についてのコメント Edit

過去ログ

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 鈴熊を航巡に戻すか悩み中・・・やっぱ航巡4だと札付きイベントは厳しい。とはいえ航二は他に代替えがきかない性能だし・・・「複数艦持たない教」を辞めるかな・・・ -- 2017-12-22 (金) 10:01:42
    • 俺は鈴熊の軽空母が実装された30分後に単艦教を捨てたよ。イベント時の運用を考えたらこだわらない方が絶対楽だよ。 -- 2017-12-22 (金) 23:43:10
    • 代替えがきかないって言っても無ければ詰むような事もないけどな。まあどういう経緯でそんな教に入信したのか知らんが別に罰が当たるわけでもないだろうし好きにすればいいと思うが。自分は母港拡張を抑えるって目的で牧場を除き全く完全に同一の艦は持たないって縛りにしてるので航巡と空母の二艦持ちしてる。 -- 2017-12-23 (土) 00:47:48
    • 艦名艦種が被らなければおkってことでいいのかな(ちとちよ、大鯨、響など) -- 2017-12-23 (土) 13:32:33
      • 自分ルールはそれらの他に龍鳳改と龍鳳等でも別物としてありにしてる。まあこんなのは各自好きに決めればいいだけの話だけど。 -- 2017-12-23 (土) 15:40:34
    • 脳内設定と実際のプレイのすり合わせなんて、どんなに頑張ったって齟齬が出てきちゃうんだし、プレイはプレイ・設定は設定と割り切った方が楽だと思うな。単艦教とかは純粋にゲームのプレイ方法としてみれば縛りプレイでしかないわけだし。 -- 2017-12-23 (土) 16:09:30
    • 俺も艦種が違えば別物として扱ってる。母港枠さええ余裕あるならそんなに拘らなくて良いと思うよ ゲームなんだから悩むなんてせずにやりたいようにやればいい -- 2017-12-24 (日) 05:45:36
    • 「複数艦持たない教」の正しい教義・・・1.水上機母艦:水上機母艦は帝国海軍が保有していたものが網羅されてるわけでないのでチトチヨは複数持ちしてOK。2.潜水艦と潜水母艦:1.と同様。3.航空巡洋艦:鈴谷だけ航改二でいいんじゃね? 航巡はあと5隻もあるわけだし。 -- 2017-12-24 (日) 06:01:53
      • ちとちよ複数は駄目だろw -- 2017-12-26 (火) 00:20:58
    • 人格的な違和感なら、一つの決断で分岐した以上、双子以上・同一未満の関係を持った別人な筈だが? -- 2017-12-31 (日) 04:33:29
  • 航巡はルート固定だの制空戦だのを考えると現行6隻でも安心って訳じゃないからなあ・・・特に最近のイベントは2段回アプデで後半の必要艦が読みづらかったり、空母投入不可だけど制空でS勝が必要だったりがあるからな・・・ -- 2017-12-25 (月) 14:19:32
  • 去年の今頃は「空母鈴谷って何の冗談www」だったのに今じゃ空母も巡洋艦もブイブイ言わせてるという…一年あると色々変わるねぇ -- 2017-12-31 (日) 04:47:21
    • うちは2-3デイリー、3-3・4-2ウィークリーと、空母熊野共々フル回転。すっかり主幹戦力ですわ -- 2018-01-02 (火) 13:05:59
  • ライダーオタのせいか「いいじゃんいいじゃ〜ん」の後に条件反射で「すげーじゃん」と言ってしまう…… -- 2017-12-31 (日) 19:31:49
  • 提督はいくつになってもお年玉を欲しがる鈴谷に裸のままお札を差し出した -- 2018-01-01 (月) 19:59:34
    • 全裸でお年玉あげるなんて斬新すぎませんかね(違う) -- 2018-01-01 (月) 20:04:23
  • 設計図棲姫 -- 2018-01-03 (水) 11:09:17
  • しかし鈴熊航は通常海域全部軽空母はこの娘らだけでいいんじゃ?ってぐらい強烈な性能よなあ・・・ボーキ全然食わないし頑丈だし攻撃力糞高いし、潜水艦に吸われないし射程中で火力を先行で生かせるし。 -- 2018-01-03 (水) 14:24:47
    • それに性能も胸部装甲以外は似通ってるしな! -- 2018-01-03 (水) 14:25:33
    • ツ級「だな」 -- 2018-01-03 (水) 14:27:51
    • 同レベルでちとちよと比較すると耐久は微増、装甲が約10高く、索敵が約15高く回避が -- 2018-01-03 (水) 14:32:06
      • 途中送信してもた、回避が約20高く、更に高速艦、問題はそのなんだ・・・ツ級よ・・・。 -- 2018-01-03 (水) 14:34:13
    • 設計図を2枚も使わせてこの性能はひど過ぎ(ツ級に即枯らされる -- 2018-01-03 (水) 16:10:37
      • 続き) しかもコンバートとは名ばかりの事実上の2隻持ち強要クソ仕様、こんなにひどい改二 -- 2018-01-03 (水) 16:14:22
      • ミス、続き) はマレ、古参提督以外は設計図確保に苦しんでそう -- 2018-01-03 (水) 16:15:58
      • それだけなら作らないという選択肢がとれるだけまだマシ、それを強要するおたんこなすなレイテイベが問題よ -- 2018-01-07 (日) 14:07:57
    • 持ち上げとこき下ろしがどっちも強烈すぎてどっち参考にしていいかわからんぞしかも戻すか悩む人も上にいるし 中立的な評価が欲しいかも -- 2018-01-03 (水) 20:53:58
      • 甲だと高速かつ火力こそパワーって場面になりがちだから航改二持っていて損は無いと思うよ -- 2018-01-04 (木) 01:03:56
      • 砲撃戦での攻撃性能は他の軽空母の追随を許さないレベルなんですが、やはり搭載数がネックです。ツ級のいない5-5ですら全滅しうる搭載数なので、自慢の攻撃力を発揮するためには出す場面をよく考えなきゃいけないですね。 -- 2018-01-04 (木) 01:26:08
      • 17機以下は割合迎撃をされない特性を生かすには全部制空権確保できないとダメ、航空優勢でやる海域には向かないって事ですな。 -- 2018-01-04 (木) 02:04:36
      • 制空権確保しててツ級がいない海域では4スロ目に艦攻・艦爆とか置く無茶やらない限りは全滅はまず皆無、全権確保前提で出撃させるといいかもね -- 2018-01-04 (木) 02:08:31
      • 5-4の周回月300周する場合、昔の蒼龍牧場+αと鈴熊だと1戦ボーキ80平均ぐらいだったのが鈴熊だと25平均ぐらいになるので、月に2万以上節約できる上に射程の関係上安定性でも優れてたりする -- 2018-01-04 (木) 02:20:37
      • 凄くピーキーな性能だけど、海域にハマると凄い戦力になる感じかな。ただ生きてくるのが特定通常海域の周回になってくるからメリットが分かりにくいのよね -- 2018-01-05 (金) 11:14:05
      • だから設計図の数の割には使えないという評価が出るのも仕方ないし、逆にランカーが絶賛するのにも明確な理由がある、どっちも評価としては間違ってないのですよ。ランカーを狙わないならば改装優先順は大きく下がるかな。 -- 2018-01-05 (金) 11:17:05
      • デイリー2-3、ウィークリー3-3・4-2、ランカー狙い5-4など、「平時の周回任務では」最適解。 -- 2018-01-07 (日) 09:14:05
      • 現時点で戻すかどうか迷っているなら、冬イベまでは待った方が良いかと。栗田(鈴木)艦隊の貴重な航空戦力枠で、航巡の役割は同艦隊の利根筑摩に任せられるしね。 -- 2018-01-07 (日) 10:14:19
  • そんなやつ聞いたことない -- 2018-01-04 (木) 00:01:47
  • どうしても鈴熊のメリットがわからない場合は5-4に2隻で制空を352〜354あたりに調整して出してみるといいかも、水戦1のサポート無いとわりかしきつい数字なんだけどこれでどの編成が出てきても確実に制空権確保できる -- 2018-01-05 (金) 11:25:32
    • 周回の安定化と消費の少なさに愕然とするはず、ボーキ消費0ってのすらたまに起きるし8周で小破止まりで誰も修理無しって事も起きたことがある、こんな事は他の軽空母には絶対に真似出来ない、攻・爆戦(爆)・戦・戦(偵)の乗せ方がお勧めですよん -- 2018-01-05 (金) 11:31:39
    • メリットばかり並べられると逆に胡散臭い、デメリットも合わせて書いてくれると助かる -- 2018-01-07 (日) 10:06:56
    • デメリットか。正規空母並みのコストが掛かるのと20機以上積めるスロットが無いことかなぁ。上の方にもあるけど制空権確保できないとこれが響く -- 2018-01-07 (日) 10:55:14
      • 軽空母って艦種縛りが無ければ雲龍型より出撃コストが重いから平時じゃ出番あまり無いよね。 -- 2018-01-07 (日) 11:22:49
      • 艦載機の数少ないからイベントだと出すのはなかなかきついところがあるね -- 2018-01-07 (日) 11:33:43
      • 一番稼ぐの大変なボーキの消費が少ないのは助かる。出撃コスト重いというが、雲龍改と較べて燃料5しか変わらんから5-4周回に雲龍型使ってる人はコストほとんど変わらずボーキだけ減らせるぞ -- 2018-01-07 (日) 16:13:10
      • 5-4水上で周回してる身としては併用して艦戦マシマシにするのはおすすめできるけど、雲竜型と置き換えるのはお勧めしないかなぁ。個人的に一番稼ぐのが大変なのがバケツなんで。もちろんバケツ余ってボーキ不足してるなら置き換えるのもいいと思うけどね。攻撃機は制空確保しようが敵の対空撃墜受けるから18スロ以下の攻撃機はボーキ消費に対して火力のバランスが悪化していくんだよね、5-4なら連戦で更に消耗するし -- 2018-01-08 (月) 01:43:00
      • 旧敵の対空迎撃って実は凄く少ない5-4で17機以下スロットしか無いと3連戦での平均撃墜数は「2機」台になるから2隻で4機程度だよん。ツが海域に1隻でもいると突然おかしなことになるんだけどね・・・ -- 2018-01-09 (火) 03:14:54
      • 対して雲龍型は18/21/27なので攻爆戦と入れた場合3連戦での平均撃墜は全制空確保でも8機台と被害が4倍近くになっちゃうのと、射程短で火力が10低いのが響いて殲滅速度に大きな差が出て被弾が倍以上増えてしまう点も無視出来ないかなあ -- 2018-01-09 (火) 03:20:27
      • 5-4一ヶ月、500位狙いで回した場合での差は雲龍型900周、鈴熊600周での比較になるけど、月にバケツ-150(中破以上修理、空母はギリギリ小破止まりでも修理)ボーキ-20000、燃料弾薬はほぼ大差無しという差になってる感じ。この子達使うと資源バケツを貯蓄しながらランカーも狙えるという状況になった。 -- 2018-01-09 (火) 03:31:55
      • 12月戦果2370(165位)での資源の増減表付けてたので張っとくね、6日から日20回出撃でこの資源増加量ってのは鈴熊導入以前には経験が無い、サラトガチャでひどい目にあったボーキも5-4回しながら4万ぐらい増えてる感じ http://uploader.purinka.work/src/5488.jpg -- 2018-01-09 (火) 03:44:33
      • きっとこのランカー様は5-4周回平均消費バケツが0.6を下回ってるんやろなぁ・・・ -- 2018-01-09 (火) 05:33:36
      • 新任務消化と混ざっちゃってるのではっきりとは出せないけども、だいたい20周で8個ぐらいの消費で収まってるので周回平均バケツは0.4ぐらいになってる感じ、修理に掛かる時間と燃料鋼材が3/4って点も大きい、ランカー云々ではなくこういう結果を出してしまう鈴熊が凄い -- 2018-01-09 (火) 10:19:14
  • 要は軽空鈴熊のメリットを理解できるのは5-4を何百周もするランカーだけで、通常ユーザーにメリット説いても理解されないのは当然。だって使い方が全く異なるんだから -- 2018-01-07 (日) 16:58:57
    • 開幕に頼れない場所じゃランカーでなくても普通に強い。特に射程の関係で、駆逐や雷巡阿武隈が混ざる艦隊ではちとちよより明らかに頼りになる -- 2018-01-07 (日) 19:09:14
    • 「砲撃戦は強いけど開幕航空戦は弱い軽空母」っていう変わった立場だからね。あとツ級がいたり制空権確保できてないとスロットが枯れて攻撃そのものが出来なくなるのも気になるところ。要するに鷹積んだヌ級改と同じ。対策取られると脅威度は大幅に下がるけど、対策しないとフルボッコにされる。むやみに使うんじゃなくて、きちんと海域の編成とか制空値とか調べて投入するんなら間違いなく頭一つ抜けた活躍を見せてくれるよ -- 2018-01-07 (日) 23:59:30
      • つまり、ヌ改を自軍で運用するとこうなると。 -- 2018-01-14 (日) 03:55:21
    • 適当に出すと凄く弱いというのが鈴熊航だというのは間違いない、制空確保前提仕様になるから調整も難しい、気軽に使えないがハマると凄い軽空母という認識でいいかもしれないね。 -- 2018-01-09 (火) 03:10:20
    • ふつーに3-3や2-5や4-2辺りに出撃しても強いぞ。要は火力防御射程に優れててボーキを消費しないわけで、ツがいてスロットが枯れるような場合以外は強い -- 2018-01-09 (火) 04:13:34
    • ツ級が天敵な以外は普通に強いと思うが? -- 2018-01-09 (火) 10:40:38
      • ツ級って航空戦でどのぐらい撃墜してくるんです?2桁は確実に持ってかれるん -- 2018-01-11 (木) 17:47:50
      • ツ級がいない海域しか出撃させれないね -- 2018-01-11 (木) 17:54:30
      • 計算してみた、2隻に偵察機除いて攻2爆2戦3を7スロット置いたとして、相手が6隻状態で1スロットもエリツにタゲられない可能性は27.9% -- 2018-01-12 (金) 01:53:46
      • 72.1%の確率でどこかしらのスロットがタゲられて、更に攻爆が狙われるのは4/7の57%だから41.2% -- 2018-01-12 (金) 01:54:16
      • 割合迎撃は鈴熊では制空確保してれば必ず0機になるので無視していいんだけど、固定迎撃がこのうちの50%(42%という検証もあるが)の21.2%で炸裂することになり -- 2018-01-12 (金) 01:55:07
      • 固定撃墜数16機なのでスロット全滅確定になる、鈴熊(攻爆戦戦/偵)だとエリツが現れた場合21.2%でスロット全滅が起きるということになるのかな。 -- 2018-01-12 (金) 01:58:20
      • 制空権確保によって17機以下のスロットが撃墜されない性質は艦載機同士の迎撃に存在するものですから、対空砲火は別ですよ。そういう意味ではなく、もしツ級の割合撃墜率が1未満で切り捨てられるといいたいなら、その元となるデータを教えていただきたいです(実際にこのあたりは信憑性のあるデータを持ってないので、あれば教えてもらいたいので)。 -- 2018-01-12 (金) 02:23:41
      • エリツの加重対空がどういう扱いになってるのか不明な点が多いのですが、17機以下スロットでもツだと割合での撃墜が発生するようですね。 -- 2018-01-12 (金) 10:34:17
      • 5-4では17機以下のスロットには攻爆でも割合迎撃が発生しないという検証は少し古いページとなりますがこちらです。→http://5-4.blog.jp/archives/1049889430.html -- 2018-01-12 (金) 10:38:47
      • このソース初めて見たわ。搭載数18のスロットで割合迎撃が発生しなくなる加重対空値は22で、5-4にはいくつかそれを下回りそうな敵はいるけどそれが迎撃艦に選出される もしくはそれ以外が選出されたときに割合迎撃の失敗判定が4桁回数に渡って安定して出るとは思えんし、1桁スロットと比較してほぼ差が出ないのはそれ自体行われてないと考えるしかないかも・・・。味方に存在して敵に存在しない撃墜1機保証とかの違いもあるし、敵に対空砲火における割合迎撃フェイズ自体存在しないとしてもおかしくはないな。少なくとも俺は反論思いつかなかった。 -- 2018-01-12 (金) 11:26:20
      • すまん、気になって調べたら普通にこのwikiに書いてあったわ 被撃墜数 計算式見てもらったらわかるけど、味方艦の場合は素対空値がそのまま加重対空値に加算されるけど敵の場合は素の対空値が一度ルート処理されるから影響がくっそ小さくなるみたいや。だから対空兵装を積んでない敵艦に関してはほとんど防空能力をもたんようになる。5-4における検証データもこれに拠るものやな。やっぱツ級のいるマスとかでは割合と固定両方考慮せなあかんみたいや。 -- 2018-01-12 (金) 13:56:20
      • なるほど、納得しました。 -- 2018-01-12 (金) 14:18:47
    • むしろ5-4を何百週もするランカーが、鈴熊航のような燃費悪い軽空使うか? -- 2018-01-11 (木) 08:36:54
      • 何百周もするなら足りなくなるのは弾薬だよな ボーキはめっちゃ余るし -- 2018-01-11 (木) 09:16:22
      • 上木を読めば分かるけど、燃費じゃなくてボーキとバケツの節約には有効ってところ。  -- 2018-01-11 (木) 09:17:36
      • レベル上げ、高戦、鈴熊、球磨改二、駆逐と入れちゃう、この構成だと3戦燃料150弾薬180ぐらいまで削れる、結婚で固めれば燃料120弾薬150ぐらいまで落ちる -- 2018-01-11 (木) 14:35:21
      • 球磨じゃねえw制空補助で多摩改二、射程短で固まるので開幕キャップ砲撃x3が確定して殲滅が安定するので駆逐の脆さがあまり問題にならない。 -- 2018-01-11 (木) 14:37:55
      • 鈴熊の燃費は良くないけど、他の低燃費の子を採用しやすいので艦隊全体の消費が大きく落ちるってメリットかな。鈴熊構成は駆逐上げがとてもしやすいので戦力底上げにも使えまっせ。 -- 2018-01-11 (木) 14:39:37
  • もうツが出たら5N3N3Nと夜間要員辺り載せておけばいいよ -- 2018-01-11 (木) 15:08:44
    • 3N一個を3Dに代えて連合艦隊第2で運用するなら普通にありだと思う。なんならもう一個3Nを岩井隊に代えれば昼の戦爆カットインも期待できるし -- 2018-01-20 (土) 09:47:46
      • いやこれ夜戦だけ積んで夜戦だけしてろって話だぞ。ツでも戦闘機は落とせないから -- 2018-02-12 (月) 04:17:23
  • やっと空母に改装できたわ、これから二人目航巡に育てる。 -- 2018-02-07 (水) 23:36:33
  • 二隻目を改二に出来たので一隻目を航改二&ケッコン完了。 -- 2018-02-12 (月) 15:46:07
  • E4の第二艦隊に夜攻1夜戦2夜間作業員で史実艦特攻で夜戦カットインさせて増設に噴進砲改二で道中の空襲の事故防止ってやり方はどうだろうか? -- 2018-02-21 (水) 13:40:19 New
    • E-3の瑞鳳がそれで調子よかったから、第一に編成出来る代わりの軽空の目処が立てば、いいんじゃないかな。 龍驤にでも行かせるか、更に鈴熊航を2隻持ちする? -- 2018-02-21 (水) 15:03:23 New
  • 「ト連送」が「トレースオン」に聞こえる -- 2018-02-21 (水) 21:53:53 New
    • ちょうどそれ書こうと思ってたww -- 2018-02-23 (金) 23:42:36 New!
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 航改二→改二への改装では設計図不要(再度航改二にする場合は再び設計図を消費)。
*2 次点の千歳型航改二でさえこの条件では100%大破する。
*3 ちなみに他の巡洋艦は、青葉型と川内型は最大幅が過小(日本空母最小の鳳翔でさえ最大幅18メートルなのに、青葉型や川内型は最大幅16メートル以下しかない)のため空母改装には不適、妙高型と鳥海(高雄)型は飛行甲板の長さが200mになる以外は最上型と同じ性能になるとの結果が出ている。
*4 艦爆兼攻とは艦爆と艦攻の機能を統合した十六試艦攻、後の流星である。ちなみに筑摩空母改装案では、艦戦12機、艦爆兼攻18機とやや攻撃重視の構成になっている。
*5 空母予備艦という通説のイメージとは異なり、実際の千歳型水上機母艦/甲標的母艦は空母改造のための準備工事が一切なされていない構造で、空母改装は艦上部がほぼ造り直し、艦内も多くが改正対象となる大規模工事だったことが近年の研究で明らかになっている。
*6 実際のビスマルク自身には魚雷発射管が最期まで装備されなかったが、2番艦ティルピッツが後年改装で装備したのを雷撃が可能な戦艦として雷装値に反映した。
*7 この彗星は、台湾沖航空戦で母艦から陸上基地に移され、そのまま基地航空隊として活動していた第六三四航空隊(本来は第四航空戦隊の伊勢型航空戦艦が運用するはずだった母艦航空隊)所属と推定されている。
*8 正確には設計を流用した船体を新規建造