Top > 零式水上偵察機

零式水上偵察機

Last-modified: 2017-12-04 (月) 03:46:18
No.025
weapon025-b.png零式水上偵察機水上偵察機
装備ステータス
火力雷装
爆装+1対空+1
対潜+2索敵+5
命中+1回避
戦闘行動半径7
装備可能艦種
駆逐艦軽巡洋艦重巡洋艦戦艦
軽空母正規空母水上機母艦航空戦艦
備考
開発可、改修可
航空巡洋艦・潜水空母にも搭載可能
改修更新
零式水上偵察機二式水戦改強風改
「零水偵」とも呼ばれる標準的な水上偵察機です。
戦艦や巡洋艦、水上機母艦などに搭載され、索敵任務担当として
艦隊の「目」の役目を務めます。海戦は索敵が大事!
ぜひ、主力艦艇に搭載して、運用してくださいね。

ゲームにおいて Edit

  • 多くの重巡、そして水上機母艦が初期装備として持ってくるほか、開発でもガンガン出現する。
    上位機種として零式水上観測機が存在するものの、2016春イベントで導入された基地航空隊システムではこちらの方が戦闘行動半径が長いという違いが有り、完全な上位機種ではない。
  • 艦これサービス開始から1年目までは、装備する必要の薄いゴミのような立ち位置だった。
    • 序盤では貴重な索敵用の装備として扱われていたが、水偵では索敵失敗も多く索敵の効果も判りにくかった。*1
    • そして空母や軽空母は、艦攻だけで索敵成功したり彩雲でT字不利を回避したりと分かりやすく強かった。
    • 更に、電探は渦潮被害軽減の効果もある上索敵効果も……。
    • 結果として、水偵は次第に使われなくなってしまったのである。*2
  • しかし水偵/水観は、新システムが導入されてその存在意義を大きく変えることになる。
    2年目の開幕となる2014年春イベントと同時に実装された新システムの名は、【弾着観測射撃】
    • 大雑把に言うと、水上機を搭載した艦が昼戦でカットインや連撃を行うようになり、昼戦火力が大きく向上する。
    • これにより戦艦が夜戦並の昼戦火力を獲得し、軽巡・重巡も使い勝手が向上した。
      • 春イベントの離島棲鬼のようなボスに対しても、昼戦で有効打を与えることもある。
      • 九一式徹甲弾を装備できる航空戦艦・戦艦は、主砲・主砲・徹甲弾・水偵を載せることで連撃とカットインの両方が出る可能性がある。
      • 水上機の装備が出来ない雷巡は、相対的に昼戦火力が低下した。
        なお天龍龍田夕張五十鈴改二(改までは搭載数有)の4名は、軽巡でありながら偵察機を積んでも搭載数0機なため、連撃やカットインは出せない。
  • 春イベントでは索敵値依存のルート分岐が実装されたため、水偵/水観/水爆は【弾着観測射撃】を抜きにしても非常に重要な装備となった。
  • なお他に、水上爆撃機カテゴリの試製晴嵐瑞雲系列はコレよりも能力が高く対潜攻撃も出来るようになるものの、開幕航空戦に参加する関係で損耗が激しいので注意が必要。
    • また成功率、火力補正率共に低めに設定されているため地味ではあるが、水上爆撃機にはできない触接の発動が可能。これらを勘案して使い分けよう。
  • 2014/04/23のアップデートでグラフィックがカッコよくなった。
    2014/04/23のアップデート以前の画像
    • 2016/08/31のアップデートで現在の仕様になる前は、索敵フェイズで索敵担当機に関係なくこちらの古い方が登場していた。
      正直かなり適当。尾翼やプロペラすらない…いくらなんでもこれは…。
    • なお、実機はこんな感じである
    • 画像変更の影響か、開発報告などで零式水上観測機と誤認している人が多くみられる模様。注意されたし。
  • 2013/11/01アップデートで、対潜能力が+1→+2に引き上げられた。

  • 最後に艦載機熟練度で他の水偵はそこそこ成長するのだが、この零式水上偵察機は全く上昇せず、零観や、夜偵、Ar196改等がMAXなのにこれは成長なし*3という事態が頻発していた。
    • 出来る限り上位の零観を作っておかないと熟練度上昇の恩恵は非常に厳しくなるかもしれない。
    • 2015/11/18のアップデートでこっそりと改善された。
  • 2016/3/11のアップデートで改修可能になった。改修には最初から同装備が必要になるがこれを集めるのは難しくないだろう。★max零式艦戦21型を3機つぎこむことで二式水戦改に更新できる。
    • ★+7紫雲と同等の索敵能力になるが、零式水上観測機★+3と同等でもあるため、索敵目的であればあちらを改修した方が良い。
      こちらの改修は主に二式水戦改の入手目的に行うことになるだろう。
  • 運営がTwitterで「秋刀魚漁支援では、装備選択も大切です!(中略)飛行艇や二座以上の水上機(中略)なども有効です!」とアナウンスがあった。
    本機は三座の水上機なので、零式水上観測機などを所持していない場合でもこの装備を使用すればよい。

性能比較表(装備最大値/水偵早見表/テーブルより転送) Edit

No装備名火力爆装対空対潜索敵命中回避半径触接入手方法改修備考追加
25零式水上偵察機11251712%開発、初期装備編集
59零式水上観測機12462317%開発、初期装備、ランキング編集
102九八式水上偵察機(夜偵)131612%初期装備夜間触接編集
118紫雲1281412%任務、ランキング-編集
238零式水上偵察機11型乙11762717%初期装備、イベント、ランキング-編集
239零式水上偵察機11型乙(熟練)21883720%イベント-編集
115Ar196改11552317%初期装備-編集
163Ro.43水偵112421317%開発、初期装備任務、イベント編集
171OS2U111621317%任務初期装備-編集
  • 触接補正についてはこちらを参照のこと

小ネタ Edit

  • 帝國海軍の十二試三座水偵計画で作られた水上偵察機、E13A零式水上偵察機一一型である。連合国でのコードネームは「Jake」(ジェイク)。
    • 潜水艦用の零式小型水偵と区別するために、「零式三座水偵」と呼ぶこともある(上記の実機写真も零式小型水偵が混じっているので良く見よう)。
      • 零式小型水偵とは潜水艦(潜水母艦でも潜水空母でもない)が運用する水上偵察機で重量1.4tの豆飛行機である。通称金魚
        『アメリカ本土空爆(与えた被害は山火事程度だったが)』なんていう、あちらさんが想像だにしていなかった事をやってのけたのもコイツ。
    • ゲーム内では瑞雲零観とともに潜水空母に搭載可能だが、この零式小型水偵や晴嵐と違って実際の潜水艦への搭載が考慮された機体ではない。
    • 海軍の次期本命水上機は十二試二座水上偵察機*4だった。
      だが、九九式艦爆より一ランク下のエンジンでそれと同等性能の水上急降下爆撃機を作るムリゲー野心的な計画だったため、ある意味保険として作られた。
      愛知航空機の設計陣に余裕がなかった為、やや先行する十二試二座水偵をやや拡大して各部を流用。設計の簡略化を図っている。
      • そんな涙ぐましい努力にも関わらず「納期未達」。競争試作の相手、川西製の機体が自動的に内定ゲット。
      • 愛知航空機は技術資料として制作を続行。その間に競争相手の川西機が安定性不良だわ強度不足だわ一号機が事故を起こすわ二号機が試験飛行中行方不明になるわとトラブル続出。
      • 海軍は愛知機も領収して比較を行った結果、愛知機が優れるとしてまさかの逆転勝利で採用されたものである。
  • 夜偵を除くゲーム中の他の水上機と違い三人乗りであり、三座水偵は専任の航法手が乗れることを活かして長距離偵察、夜間偵察を行うのが主任務である。
    • ゲーム内では搭載機数が有る艦は全艦運用可能だが史実では重量の関係で運用可能な艦は4tの射出重量を持つ二号五型カタパルト(以上の射出重量を持つ射出機)を搭載した艦に限られていた。*5
      軽巡だと阿賀野型軽巡全艦と大淀、そして一時期二号五型カタパルトを装備していた鬼怒阿武隈のみが該当し他の5,500t型では運用不可だったりする。*6
    • ちなみに前任の九四式水上偵察機は複葉布張りの古典的な機体だが、優れた安定性で「三座水偵で夜間偵察もできるよね」と夜間偵察専用の飛行艇を駆逐してしまった。
      前述のカタパルトの問題で零式水偵の運用出来ない軽巡では主力水偵として運用され、戦争中盤まで零式水偵とともに第一線にあった名機。
      • 戦前、九四式水偵の高性能に目を付けたドイツがライセンス生産を打診してきた事も。もし実現してればこの子この子に九四式水偵が載っていたかもしれない。まあ実際に載ったのは自国製のAr196だったが。
      • またどこぞの夜戦バカ搭載機の九四式水偵が蘭潜水艦を索敵発見し爆撃(ただし外れた)した記録も残っている*7
    • 他のバケモノのような華々しい戦果は無いものの、常に艦隊の目となって勝利を支えたのである。
    • その栄光も中盤まで。零式水偵は次第に水上機というか簡易量産型瑞雲と言った趣の機体であるが故の低速・弱武装(機銃系)・貧弱な防御力など、脆弱性を顕にする事となる。
    • 使い勝手のいい機体だったためか、多くの派生型がある。その中にはレーダー、対潜用の磁気探知機KMXや自動操縦装置まで搭載した贅沢な機*8も有った。
      そういった機は貴重だったため、第五航空艦隊司令長官・宇垣纏中将が「特攻に使うのは惜しいから残しておけ」と言って出撃を控えさせた。
    • 帝國海軍では、より高速で生存性の高い艦上偵察機の開発を進めつつも、零式水偵の後継機として水上偵察機瑞雲紫雲を開発していた。
      • また、最上の航空巡洋艦改装や、水上機運用を主眼にした軽巡大淀の建造など、日本海軍は最期まで水上機運用に熱心だった。
      • 空母や飛行場がなくても運用できる航空戦力として、水上機自体は終戦まで有用だったのだ。
      • 世界的に見ても、艦載水上機が第一線を引いたのは終戦後の事で、後にホバリングによる滞空能力に分が有るヘリコプターがその役割を担う様になっていった。
  • 艦載運用においては無積載の偵察任務が主でありどこまで役に立ったかは不明だが、前任の九四式水偵同様爆弾の搭載が可能であり胴体には6番(60kg爆弾)二発まで内蔵出来る爆弾倉が有り
    またさらに左右胴体下にも6番を積める為トータルで60kg爆弾×4を積む事が出来た。
    • 25番(250kg爆弾)を胴体直下に1発吊り下げて搭載する事も可能。ただし、瑞雲などとは違い設計の時点では水平爆撃しか考慮してないので急降下爆撃は無理がある。
      というか緩降下爆撃ですら機体に過負荷が掛かり軽い破損が生じたケースが有る位なので……やめてくださいついらくしてしまいます。
      尤も零式水観より積載量自体はこちらが勝っている*9のだが。
      • そしてこれら爆装で運用されたのは主に水上機基地からの運用時であった。
    • 積むだけなら九一式航空魚雷や800塲弾を積む事も出来た。これらは戦争末期の本土戦や特攻目的での間に合わせである。
      航空魚雷の方は取り敢えず有用レベルには達したものの実際に運用する前に終戦を迎え、800塲弾の方はあからさまに過積載状態だった為テスト結果も全く使い物にならないレベルだった為幸運にも運用されずに済んだ。
  • なお重巡洋艦に課せられた任務として、水上機を活用した索敵がある。これは時として戦闘より重要なものであった。
    • 損傷をきっかけに航空巡洋艦に改造された最上や、水上機運用力を高めた利根*10の様な例があるが、まさにこの任務のための強化である。
      • 真珠湾攻撃では、空母攻撃部隊に先立って利根・筑摩の両艦から本機が発進し、真珠湾上空に侵入して状況を打電し続けたことが作戦成功の鍵となった。
      • 一方、ミッドウェー海戦では両艦とも水偵の発進に手間取り、特に利根の4号機は予定から30分も発進が遅れてしまう。
        更には飛行コースの違いや偵察員の作図エラーなどが重なった…のだが、結果的にはこの利根4号機が敵艦隊を発見。
        しかし、先述の作図間違いに起因する位置情報を誤ったまま報告、司令部は敵艦隊とはまだ距離があり攻撃隊準備の時間はあると判断、奇襲攻撃を食らう要因となってしまった。*11
    • また、帝国海軍はこの水偵に対艦攻撃任務も期待していた。
      その証拠に先述の通り水偵には爆装が可能で有った事、重巡洋艦の弾薬搭載定数の中に25番通常爆弾4発(高雄の場合)という数字がある。水偵2機2回分。
      最上の航空巡洋艦化も、偵察力だけではなく航空打撃力強化の意味があったわけだ。25番でも小さい搭載爆弾に命中率の低い水平爆撃で……う〜む。*12
      • ただし相手が魚雷艇の様な小型船なら話は別で20mm機銃を機体下部後方に増設した零式水偵達は60塲弾4発と20mm機銃によってそこそこの戦果を挙げている。
    • 夜戦の際は観測任務と共に、照明弾を投下するという大切な仕事もある。
      日本海軍最後の勝利となったミンドロ島沖海戦でも、足柄の偵察機がこの任務を果たしている。
    • そして、日本海軍最期の作戦成功となった北号作戦においても、足柄の零式水偵が日向伊勢らの完部隊を支援し、
      大淀の2機の零式水偵が第四航空戦隊の唯一の航空戦力として前路警戒し作戦成功に貢献、2機とも艦隊に続いて無事に呉に帰還している。
      零式水上偵察機は、名実ともに開戦から最期まで日本海軍の勝利に貢献し続けた名機であった。
    • ただし多くの日本重巡洋艦は構造上の問題で、主砲をぶっぱなすとこの零式水偵も吹っ飛ばす事がある。実際妙高型と高雄型はやらかした。その辺を考慮した艦は利根型*13や戦艦の大和型*14くらいである
  • 航空母艦黎明期には、この手の水上機を集中運用する水上機母艦が多く作られ、その有用性を確かなものとしていた。
    • この水上機母艦は、新しい軍艦と航空機の在り方を示した、まさに画期的な艦種であったのだ。
    • その後、偵察任務ではなく本格的な戦闘が出来ないか、と試行錯誤の中完成したのが世界初の正規空母鳳翔である。
      • 余談ではあるが、帝国海軍の基準では正規空母とは最初から空母として建造された艦のことであり、鳳翔の他、龍驤もこの基準内では正規空母である。
  • ともかく、水上機は基本的に扱い方に悩むシロモノであるが、ロマンを感じるのであれば是非、航巡や水母で運用して頂きたいものである。
  • 大湊海軍航空隊などの基地航空隊でも運用され哨戒などに活躍した。
  • 2017年11月14日にデアゴスティーニ・ジャパンから発売された『第二次世界大戦傑作機コレクション』第47号が、これの愛宕所属機をモデルとしている。
    水上機のプラモデルは機体本体とフロートを接続する支柱の組み立てが難しいものが多く、手を出さないモデラーも少なくないのだが、コレは本体とフロートも全て接合済みで、
    買って開封したらすぐに台座をセットしてディスプレイできるのは大きな利点だろう。10月3日に発売された第44号の二式水戦と並べて楽しもう。ぱんぱかぱーん!

この装備についてのコメント Edit

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • これって機数の分だけでんたんと同じように命中率上がるの? -- 2017-02-19 (日) 08:50:09
  • これって機数の分だけでんたんと同じように命中率上がるの? -- 2017-02-19 (日) 08:50:15
  • 重巡とかを複数 配備する場合、この偵察機は複数乗せるべきでしょうか? -- 2017-02-19 (日) 09:58:18
    • 複数に複数ってどういう風に乗せるんだよ。弾着観測射撃の為に各艦1つは載せるだろ -- 2017-02-19 (日) 17:33:56
      • 各艦1つでよろしいのですね。ありがとうございます。(一艦隊につき一つで十分かもしれないと思ってた) -- 2017-02-24 (金) 17:59:33
  • まさか基地航空隊でこいつの出番が来るとは思わなかった…(行動半径4の局戦が6まで届くようになる上に対空1のおまけ付き) -- 2017-02-23 (木) 02:34:15
    • そうか!水偵としては一番足が長いんだ! -- 2017-05-13 (土) 14:37:57
  • 瑞穂で改修できなくなったのか。秋津洲いないからもう改修不能になった… -- 2017-03-19 (日) 23:00:30
    • 火曜日できましたよ(月曜もできるっぽい) -- 2017-03-21 (火) 01:56:52
    • ちとちよ甲作ろう -- 2017-03-26 (日) 20:45:16
  • 補強増設に1機くらい乗せられないの? -- 2017-04-06 (木) 01:13:53
    • 載せられるようになったところで搭載数は0だぞ?よもや弾着観測射撃の発動条件をお忘れではあるまいな? -- 2017-04-22 (土) 22:59:24
  • さて、強風改までの長い道のりを歩くとするか。 -- 2017-05-13 (土) 14:21:40
  • 二水戦用意しようとして更新させたら32型になってしまった・・・つらぁ -- 2017-05-21 (日) 17:30:16
    • 32型に更新できるのは零戦21型、水偵は二式水戦にしかならない。そもそも改修するもの間違えてるぞ。 -- 2017-08-01 (火) 18:50:58
  • 一一型乙が登場して重巡や航巡でも先制対潜可能になるというドリーム -- 2017-05-29 (月) 14:58:13
  • 11型乙来たな -- 2017-06-23 (金) 18:34:20
  • 初めての二式水戦改を作るためにできたコレの★maxが、今月の水上反撃でとても役に立ちました うかつに更新できない・・・ -- 2017-07-03 (月) 23:10:00
    • 武蔵か瑞穂いないと零観改修できないからね -- 2017-08-01 (火) 18:48:45
  • 改修素材のため量産しよう・・・・・・レベル98伊勢秘書で20回連続ペンギン・・・・・・何がガンガンでるだよボーキ返せ -- 2017-08-17 (木) 21:18:13
    • ああ・・・観測機の改修なんて別にいいやと思っていたら、ここまで索敵に厳しいマップが出てくるなんて・・・余ったの廃棄するんじゃなかった・・・・・・ -- 2017-08-17 (木) 21:20:32
      • すみません観測機は瑞雲でした。夜偵改修用の偵察機が足りなくてね・・・・・・ -- 2017-08-17 (木) 21:22:22
    • 偵察機を開発するくらいなら適当な重巡拾ってきた方が早くね? -- 2017-10-12 (木) 16:39:02
  • 改修工廠早見表でこれが漁業装備として載ってたけど、なんか確定的な証拠でもあったん・・・? -- 2017-10-01 (日) 22:56:03
    • 確定情報なら後出し情報っぽいけど、秋刀魚効果ありみたいだね 情報元 -- 2017-10-09 (月) 01:40:44
  • 上にもあるけど、二式水戦改の為にこれを用意したけど、今回イベント意外に索敵厳しいのでこれがあって助かってたから、一つは改修マックスあっても良いと思った。紫雲とかたくさんあればいらないんだろうけど、ありがとう。 -- 2017-11-30 (木) 20:18:09
  • デアゴスティーニから零式水偵が届いてたので、気になってこのページを見ていたら、最後の方に追記されていてなんか草 -- 2017-12-08 (金) 08:00:34
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 索敵に成功すれば回避と命中が上昇する……のだが、どの程度の上昇が見込めるのかが不明瞭である。だが決して疎かにできるものでもない。慢心、ダメ絶対。
*2 ただし、索敵能力自体は艦攻とは大きな差がある。
*3 極めて少数で真偽も定かではないが+1の報告もあった。
*4 瑞雲の項目で簡単に説明。
*5 零式水偵の運用重量は3,650kgで、当然これ以上の重量を飛ばせるカタパルトでなければ射出不可能。
*6 5,500t型の標準装備カタパルトは二号三型。最大射出重量3tのため性能不足である。5,500t型のみならず多くの艦艇が二号三型を装備していたが、開戦前に二号五型に載せ替えられた艦も多い。
*7 川内の項目にも記してあるが撃沈したのは第十九駆逐隊(浦波)である。
*8 試作レベルならば磁気探知機装備型に対潜爆弾を装備した所謂「対潜型零式水偵」も有った。
*9 零式水観は60kg×2しか積めない。
*10 水偵の搭載数を最大6機に増やした設計により、足の遅い水上機母艦の代わりに索敵任務を存分に発揮した。
*11 敵艦隊は実際には報告された位置よりも近距離にいた。
*12 水偵での打撃力強化としての完成形が瑞雲であるのだが、あんなものがホイホイ作れれば苦労しないワケで……。
*13 主砲を艦前部に纏めて配置し、航空装備を後ろへ配置し砲から離す。
*14 水偵格納庫を備え砲撃時はそこへ収納。