Top > 61cm四連装魚雷

61cm四連装魚雷

Last-modified: 2017-01-27 (金) 23:18:09
No.014
weapon014-b.png61cm四連装魚雷魚雷
装備ステータス
火力雷装+7
爆装対空
対潜索敵
命中回避
射程
装備可能艦種
駆逐艦軽巡洋艦重巡洋艦戦艦
軽空母正規空母水上機母艦航空戦艦
備考
改修可
重雷装巡洋艦・練習巡洋艦・潜水艦にも装備可能
改修更新
61cm三連装魚雷61cm三連装(酸素)魚雷61cm四連装(酸素)魚雷★+561cm五連装(酸素)魚雷
61cm四連装魚雷61cm四連装(酸素)魚雷★+3
強力な61cm魚雷の四連装発射管です。
迅速に次弾を装填できる次弾装填装置を搭載、夜戦等での反転再雷撃機能も増大しました。
「白露」型以降の艦隊型駆逐艦や、近代化改装後の主力重巡洋艦などに搭載されました。

ゲームにおいて Edit

  • 61cm三連装魚雷と同様に初期的な魚雷。序盤では十分役に立つが、できるだけ早く61cm四連装(酸素)魚雷に載せ替えたい。
    白露型以降のネームシップ等が初期装備として持参する他、開発でも出てくる事がある。
  • 改修および61cm四連装(酸素)魚雷★+3への更新が可能。どちらも低コストだが貴重な改修資材の使用対象としては非常に有用性が低い。
    • 現在、本装備の改修はオススメ出来ない。
    • 現在、本装備の更新もオススメ出来ない。61cm四連装(酸素)魚雷の量産も可能ではあるが、同装備の調達は五十鈴北上大井あたりの牧場が良い。

小ネタ Edit

  • 白露型以降の駆逐艦に搭載された九二式四連装魚雷発射管2型がモデル。
    因みにコレの三連装モデル(九〇式)が初春型に搭載されている他、波除防楯の無い基本内装用の1型が五十鈴名取のグラフィックで、雷巡専用の3型が北上改大井改で確認できる。
  • 改良された点は、次発装填装置に対応している事。駆逐艦では魚雷を格納している船体からクレーン等で吊り出して再装填する*1のであるが、これには非常に手間が掛かり、戦闘時の再装填はほぼ不可能であった。
    しかし、初春型以降の駆逐艦に搭載された魚雷発射管は、発射管近くに置かれた魚雷格納櫃と再装填装置のお陰で再装填に要する時間を著しく短縮することに成功。最速で僅か数分である。
    これによりコロンバンガラ島沖海戦等の、再装填魚雷による更なる戦果拡大に繋がった例がいくつもある。
    • 装填時間が「数分」となったのは、次発装填装置が機力化された陽炎型以降。それまでは人力で10-20分を要した。
      機力式・人力式いずれであっても、装填時は低速・直進状態であることを要し、戦闘中の次発装填は困難である。
    • もう一つ2型限定の改良点としては旋回機構も電動機力化されている事が挙げられる。露天搭載前提の2型では荒天化での確実な旋回の為に電動機を付けて旋回させる仕様になっている。
      内装用の1型は搭載重量を抑える為電動機を外しており、旋回機構は人力だったりする。
      • 3型はさらに旋回用の外周ギアを減らし各種パーツを外す事で1型よりさらに重量を減らし重雷装艦の重量負荷を減らす様にしている。また北上改の記事で記されている通り後で波除防楯を取りつける事になった。
  • 因みに61cm四連装(酸素)魚雷も魚雷発射管自体は同じもので、九三式酸素魚雷に対応する小改造をしただけである。
     
  • なお、現存する九二式四連装魚雷発射管が海上自衛隊第一術科学校(旧海軍兵学校)にて展示されている。これは松型駆逐艦「梨」に搭載されていたもので、戦後護衛艦「わかば」として再就役する際に撤去された。
    興味のある人は是非行ってみてはどうだろうか

この装備についてのコメント Edit

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 開発で入手するより、長良とか涼風とかを建造して譲り受けたがいいと思うデス。開発だと出にくい希ガス。 -- 2013-08-16 (金) 00:47:08
    • 序盤魚雷はこれで決まり。順次酸素魚雷へ換装していきたい。 -- 2013-08-17 (土) 05:33:48
    • 後期型駆逐艦のネームシップなどが持ってくる。 -- 2013-08-27 (火) 11:34:33
    • やっとこれが作れるようになってきたがそのころにはもう力不足という -- 2013-10-03 (木) 15:26:05
      • でもみんな持ってくるから大半がこれ装備。神通ちゃんのセリフの元か。 -- 2013-10-14 (月) 11:11:59
    • 10/20/50/10をフソーさんで回してたら出やがった イラナイヨー -- 2013-11-04 (月) 22:54:45
      • 秘書長門改で10/10/10/10で2回連続で出た -- 2013-11-21 (木) 01:20:37
      • きっと、敵の駆逐艦から奪取したんだよWW -- 2014-08-26 (火) 04:26:21
    • 25mm三連装と同じく、なんとなく捨てられずに貯めこんでる。主に改になる前の子たちに積んでるわ。 -- 2013-12-14 (土) 23:35:07
      • 30個近く持っているんだが、実は一回も開発したことない -- 2014-04-27 (日) 10:39:21
      • なんとなーく集めてたら40個。まとめて廃棄すると地味に資源がうめぇ -- 2015-07-21 (火) 20:11:22
    • (酸素)の数が少ないと二線級の子はみんなこれ載せることになる(取り回しの関係上)。必須装備 -- 2013-12-26 (木) 21:56:44
      • LV22の電改にこれ二つと10cm連想高角砲乗せてたら昼戦で41ダメ食らわせてたんだがw意外と使えるかも -- 2014-01-19 (日) 01:30:15
      • 酸素魚雷が揃わないうちはこれで十分だよね。砲と組み合わせれば夜戦カットインも出るし。 -- 2014-01-20 (月) 09:47:29
      • 遠征限定の駆逐艦や育成中の駆逐艦・軽巡・重巡にはこっちを積ませている俺提督、連撃より主砲+魚雷のカットインが好きだし・・・後妖精さんのスク水が可愛い -- 2014-01-29 (水) 15:08:36
      • 酸素魚雷が10本を超えたからイラネーと捨てたけどキス島前で駆逐艦娘の育成を始めたら全員にこれを持たせておくんだったと猛反省。 -- 2014-03-06 (木) 21:31:05
      • 四連酸素を優先的に潜水艦の改に回していった結果、駆逐の改は軒並みコレになった -- 2015-03-19 (木) 03:16:49
    • のんびり釣りをしている三連装ちゃんと違い、こっちの妖精さんは自分の腕で魚を獲り行くことにしたらしい。ワイルド。 -- 2014-08-31 (日) 16:40:27
      • スギちゃんの女装Ver.かよ・・・ -- 2014-09-23 (火) 08:08:25
    • 北上さんたちのこれは妖精さんが頑張って旋回させてるのか -- 2015-03-21 (土) 02:35:17
    • ちっちゃいイクに見えるのーぉ・・・すんません調子に乗りました -- 2015-06-12 (金) 22:49:29
    • てすとtest -- 2016-02-19 (金) 17:44:52
    • 大井北上を10まで上げれば酸素魚雷が2本貰えるからこの装備はいらないね。 -- 2016-02-28 (日) 21:35:11
    • wiki編集についてを確認した上でツリー化しました。 -- 2016-08-13 (土) 01:10:50
  • 発射管積まないと雷撃できない仕様にすべきだったと思う。装備全般に言えるけど。 -- 2014-01-25 (土) 23:30:13
    • 任官当初、情報収集しないでやろうとしてこの罠に嵌りました。てっきり装備で攻撃手段や射程が決まると思っていたし・・。 -- 2014-02-22 (土) 23:00:52
      • ナカーマ -- 2014-09-02 (火) 13:32:29
    • 説明文を見たら、次発装填装置を搭載とあるな。別個に次発装填装置が装備アイテムとして登場することはないか・・・ -- 2014-12-13 (土) 09:49:21
  • 提案意見掲示板で賛同を頂いたので、改修更新前後の表示を編集で追加しました。 -- 2015-03-20 (金) 13:48:25
  • 「ゲームにおいて」でツリー構造や箇条書きで分かり難い箇所を整理、語句重複等を平易にし表現を現状に沿わせ、リンクを追加しました。 -- 2016-08-13 (土) 01:13:14
  • 三連装魚雷は三連装酸素魚雷の材料になるんだけど・・・産廃になりつつある四連装魚雷・・・ -- 2016-08-17 (水) 10:52:22
    • 四連だって、更新の時に使うから・・・ -- 2016-08-31 (水) 22:38:44
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 5500t型軽巡や妙高型以降の大型重巡では余裕の有る内部容積の関係で次発魚雷は発射管のすぐ脇辺りに置いてあり次発装填の問題はほとんどない