Top > Bismarck改

Bismarck改

Last-modified: 2017-04-22 (土) 08:03:05
No.172
Bismarck改.pngBismarck改(ビスマルク)Bismarck級 1番艦 戦艦
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久94火力70 / 93
装甲-- / 93雷装0
回避38 / 69対空24 / 58
搭載16対潜0
速力高速索敵18 / 52
射程10 / 79
最大消費量
燃料95弾薬115
搭載装備
438cm連装砲
415cm連装副砲
4未装備
4未装備
改造チャート
BismarckBismarck改(Lv30) → Bismarck zwei(Lv50+改装設計図) → Bismarck drei(Lv75+改装設計図)
図鑑説明
ドイツの誇るビスマルク級超弩級戦艦のネームシップ、それが私よ。
ドイツらしい重厚かつ美しいデザインでしょう?いいのよ、もっと褒めても。
この海でも縦横無尽に活躍するわ。期待しなさい!

※初期値はLvや近代化改修の補正を除いた時の数値であり、改造直後の値とは異なります。
最大値はLv99の時の最大値を指します。

CV:遠藤綾、イラストレーター:島田フミカネ (クリックするとセリフ一覧が開きます)

ゲームにおいて Edit

  • BismarckLV30で改造が可能となる。(Bismarckの実装経緯・入手方法についてはBismarckのページを参照されたし)
    • 改造により全体的に性能が強化される。基本的な特性などに大きな差異はなく、やはりその高い耐久と高速の速力を併せ持つ事がセールスポイントとなる。
    • 金剛型に次ぐ、速力:高速を持つ戦艦。また、探照灯が装備可能な事も金剛型と同様。入渠時間の倍率も金剛型と同じ。
    • 金剛型(改)と比べ、耐久は二回り、装甲は頭一つ分ほど優秀だが、逆に対空は二回りほど低い。その他の性能は同程度の水準に纏められている。
      • 高い耐久のため、深手を負うと修理鋼材や入渠時間が嵩みやすい。至近弾による被害出費も安くないためご利用は計画的に。
  • 性能比較(簡易最終値ページより)
    No艦名改造Lv耐久装甲回避火力雷装対空対潜索敵搭載速力射程燃料弾薬燃+弾
    172Bismarck改30949369930580521016高速95115210
    021金剛改25758969940790491212高速90120210
    149金剛改二75829472980840491512高速100125225
    001長門改30909569990990493012低速100160260
    136大和改60961186413901040391328低速超長250325575

小ネタ Edit

  • 改になってグラフィックが一部変更されている。
    • 軍帽と服装に模様が入っているが、これは実艦に施された白と黒の帯を用いたドイツ海軍特有の迷彩塗装。
    • 砲塔天蓋の色が赤色になった。これは防空識別区ごとの塗色で、赤はバルト海を意味する。
      これは味方からの誤爆を防ぐために実際に一時期塗られていた塗装で、黄色の時期もある。
      • 防空識別塗装が導入されたのはZ1Z3の味方航空機による誤爆事件がきっかけ。*4
    • これらの塗装や装備の状態を『バルティック・スキーム』と呼ぶ。
      • 「ライン演習」作戦時には、出撃中のノルウェー碇泊時に鉤十字を塗りつぶし、イギリス艦とまぎれやすいよう迷彩も灰一色に塗りつぶしている。
      • ただし、残されたカラーフィルムからこの時期(1941年3月時点)の砲塔天蓋は赤ではなく単にダークグレイだったとする主張もある。
        それによると同時期のプリンツ・オイゲンの天蓋が赤だったため類推でビスマルクも赤だったとされたのだという。他にもA砲塔のみ海老茶色だった説など諸説紛々。
      • よくある誤解だが、砲塔天蓋が赤い=バルティックスキームではない。バルティックスキームとは、ドイツ海軍で用いられた他の迷彩パターンであるノルウィージャン、ブレストジオメトリック、スプリンターなどと区別するために言うものである。したがってむしろ主眼は黒白の縞(と偽装艦首艦尾)にあり、防空識別のための砲塔の色は副次的な要素にすぎない。
    • A砲塔の測距儀が撤去されている。これは水密に問題があり、度々浸水していたことから行われた改装である。
    • 実艦の艦首・艦尾にはナチスのシンボルである「鉤十字(ハーケンクロイツ)」のマークが施されていたが、
      彼女の腕章に付いているのはこれではなく「黒十字(シュヴァルツェスクロイツ)」。
      その下の「黒」の配色は、ドイツ帝国の国旗の配色である。
      • 鉤十字をはじめとしたナチスを想起させるものに嫌悪感を示す人々、それに配慮すべきだとする人々は少なくない*5
        黒十字が元になっている「鉄十字勲章」は、現代でもドイツ共和国勲章として佩用が認められている由緒正しき(=政治的問題の無い)シンボルである。
      • ナチス・ドイツ軍兵器のプラモデルでさえ、鉤十字のシールが付属していない、バラバラに分割されている、黒十字に差し替えられているなど、
        ドイツおよびヨーロッパ国内外を問わず、国際的な企業・団体による自粛の前例は多々あり、艦娘の彼女にとっても止むを得ない措置と言える。
        ただし、ヨーロッパ諸国での販売・輸出を前提としてない製品に使用されるのは珍しくない。
      • 鉤十字や「卍(まんじ)」そのものは、幸運のシンボルをはじめとして、日本も含めた世界中で古代から使われているものだが、
        ナチスによる悪印象や類似形状との混同により、諸外国での騒動は絶えない。
        フィンランド国籍マーク(北欧版鉤十字・ハカリスティ)も鉤十字と同等の修正を受けたり、
        軍事とは全く関係のない分野でも、スポーツ・少林寺拳法のロゴマークが改定されたり、アニメ・漫画がヨーロッパに輸出される際に卍が出てくる絵が削除されるなどしている。
  • 改で新たに追加された時報では、他艦娘への興味を示す内容のものがいくつかある。
  • 午前十時で金剛長門、続く午前十一時では大和の名前が挙がる。
    • やや挑発的なセリフに見えるが、彼女達との交戦経験のないビスマルクからすれば純粋な好奇心からの言葉か。
      ビスマルクと交戦した英軍艦(詳細は改造前を参照)が仮想敵として彼女達を選定していた事もあり、興味が湧いたのかもしれない。
  • 午後一時の「見慣れた駆逐艦」は、名前は語られないがおそらくZ1Z3姉妹だと思われる。
    • ビスマルクとの邂逅でどちらかが立ち会っているはずだが、鎮守府では初めて会うようなこのセリフ。実は違う駆逐艦なのだろうか・・・。
  • 午後二時の「シャルン」とは、ライン演習作戦(通商破壊作戦)で共に参加する予定だった独戦艦シャルンホルストだろう。
  • 「呪われた戦艦」のエピソード*6で世界的に有名なシャルンホルストは、その神出鬼没な活躍ぶりから英国に幽霊戦艦として恐れられた。
  • 実際の戦歴は、戦艦として史上唯一の正規空母撃沈をはじめ、通商破壊作戦で22隻計11万5千tを拿捕・撃沈、ドーバー海峡突破に成功、英国の必死の捜索をかわし続け、当たる爆弾は不発弾続き、などむしろ武勲と強運に恵まれた幸運戦艦として有名。実装に期待。
  • なお、同名の客船「シャルンホルスト」が日本で空母「神鷹」に改造されているが、それは1943年のことであり、ビスマルクは知るはずもない。こちらのことを言っているわけではないと思われる。
  • しかし、仮に艦これに実装となると、「純白の貴婦人」「世界一美しい戦艦」などと評された艦の艦娘を描く絵師のプレッシャーや、重巡と戦艦の中間にあたる28cm主砲を火力的にどう表現するかなど、意外とハードルが高いかもしれない。
  • 午後九時の「ブリッジの高いあの姉妹」とは、言わずと知れたあの姉妹だろう。
    • 欧州であれ程高い艦橋を持つ戦艦は皆無で、その違法建築ぶり独特のシルエットは海外でも結構人気が高い。

この艦娘についてのコメント Edit

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • dreiにならないと雷装が付かないんですね。先は長い・・・。 -- 2015-12-12 (土) 00:59:50
  • 今しがたやっと出た・・・これでオイゲンが喜ぶ俺も喜ぶ、今夜はビス子とオイゲンと一緒に寝る -- 2016-01-14 (木) 23:05:28
  • 演習でも実戦でも一度も旗艦を任せたことがないにも関わらず、気がつけば改のままレベル80目前...。設計図がないのに全くせっかちな娘だ... -- 2016-01-19 (火) 13:38:24
  • 提督(キリッ 貴方の艦隊は少し規律が緩んでいるようね(キリリッ 私が一から教えてあげるわ(ドヤァ ……かっこいいセリフなはずなのに笑いがとまらないんだぜ -- 2016-02-15 (月) 11:25:44
  • 特に最近の艦娘は攻撃時セリフが長すぎてごちゃごちゃしちゃってる中、この子のファイアッ!!がかっこよくて聞いてて気持ちい -- 2016-03-01 (火) 22:48:20
  • Lv50の彼女に5-3突破を手伝ってもらった プリエーゼ積んで装甲100になるから硬かった… -- 2016-03-05 (土) 21:03:31
  • 演習でLv85のビス子改と遭遇したから何か特筆事項でもあったかと確認しに来たが、↑にあるようにメリットもあるのか。単に設計図不足の可能性もあるが・・・ -- 2016-04-22 (金) 19:06:49
    • うちのビス子改はようやっとLv99です。 -- 2016-05-16 (月) 22:56:26
  • シャルン言及してから早3年…イタ艦と違って未だ姉妹艦ですら実装の兆しがない… -- 2016-05-29 (日) 19:15:42
    • 浪費高戦に化物高戦ときたから、そろそろエコで雷装付きの戦艦として実装されてもいいような気はするが…火力が残念すぎるから微妙なんだよなぁ -- 2016-05-31 (火) 12:53:39
      • グナイゼナウの改装計画を実施すれば上がりそうだぜ -- 2017-01-18 (水) 02:09:06
  • ランカー5-4周回の時には世話になったビス子改。金剛型改の燃費でその改二並の性能だから使いやすかったこと。今でも掘りの時には重用してます -- 2016-06-03 (金) 15:39:20
  • 改のままLv99になってしまった。このまま結婚するかdreiにして結婚するか・・・悩みどころだなぁ。dreiにするにしてもzweiの中破絵は絶対確認必要ですが・・・。もう一人探すのが正義なのだろうか。 -- 2016-06-11 (土) 06:48:55
  • 今設計図が一枚しかないから雲龍とこの娘どっちを優先するか悩む…… -- 2016-06-13 (月) 05:39:08
    • その二択なら、ビス子を優先するのは雲龍絡みの任務で貰える烈風601が欲しくない時のみ。2枚持ってるならビス子が先でもいいけれど。 -- 2016-06-13 (月) 07:23:32
      • ありがと。とりあえず同時育成してるけど雲龍を先に改造することにする -- 2016-06-14 (火) 22:55:44
  • ごく当たり前のように、例えるなら息を吐くようにポチったぜ。 -- 2016-09-13 (火) 22:45:42
    • グッスマの奴なw わざわざ俺のために改を出してくれたのにポチらない訳にはいかない。 -- 2016-09-14 (水) 11:06:00
  • 今月の設計図を雲龍に使ったから、レベルだけどんどん上がって改のまま… 早く来月にならないかな。dreiは -- 2016-09-21 (水) 11:00:06
    • 途中送信失礼いたしました。「dreiは再来月かぁ」って書きたかったんです。 -- 2016-09-21 (水) 11:03:18
  • いつも思うんだが、4隻に指輪渡してる超米提っているんかね。最低でもビスマルク枠を4つ用意してなおかつ順番に改装してケッコンカッコカリするとか並大抵ではできないぞ。 -- 2016-10-13 (木) 16:57:29
    • まとめサイトで記事になってた人おったな、長いこと見てないけどその人4人とも155行けたんかねぇ -- 2016-10-14 (金) 10:49:30
      • ttp://seiga.nicovideo.jp/seiga/im5690188←この人のことかな? -- 2017-09-19 (火) 18:27:17
    • ビスマルクの4種4隻155の提督ならパラオに居ますね -- 2017-03-08 (水) 19:00:53
    • 着任してから2年完全スルーで今日長門改二用の資材を気まぐれで投入したら着任したんだが、4/6/7/2って毎月のE0割るコストと同じくらいなんだよね(うちの場合)。装備の為に牧場するツワモノも提督の中にはいるんだろうか…なお当鎮では2回失敗したので月初E0クリアは無くなりました。 -- 2017-05-26 (金) 16:00:10
  • 最近手に入れてすぐレベル上げたが設計図ないため90レベで改止まり、、、 -- 2017-06-30 (金) 00:40:47
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 大和の就役はビスマルク沈没の約半年後である
*2 戦艦シャルンホルスト
*3 "Sauerkraut"、ドイツのキャベツの漬物
*4 識別塗装自体はそれ以前から存在したが誤爆事件以降、艦首艦尾に鉤十字を描き砲塔全体を黄色や赤に塗るなどより視認性を重視したものになった。
*5 特にドイツ本国内での鉤十字の掲示は、民衆扇動罪(俗に反ナチス法とも)として処罰される。
*6 戦後になってアメリカで書かれたオカルト本から広まったエピソードもあるらしく、事実と合わない内容も多い。