Top > 新米提督の手引き

新米提督の手引き

Last-modified: 2016-10-23 (日) 12:37:26

注:本項は難易度丙を基準としています。

まず心がけるべきこと Edit

  • 自分に合った難易度で始めよう。
    • 今回の「艦これ改」は「艦これ」の中でもとりわけシミュレーションゲームとしての側面を強く出した物。ブラウザ版本家と違って「詰み」が発生する可能性もあり得ますし、ゲームオーバーもあります。特に慣れないうちから高難易度に挑んだ場合ジリ貧になって投げ出す、なんてことも大いにあり得るゲームとなっております。
      その為、無理に1周目から高難易度に挑むのは避け自分に合った難易度からスタートしましょう。クリアして周回することにより艦娘や装備が引き継げる「強くてニューゲーム」ができます。
      特に「艦これ改」から初めて「艦これ」を始める提督方、素直に「丁」難易度を選択することをお勧めします。
  • 輸送船はたくさん用意しましょう。
    • 投入資源は初期値で問題ないので最低でも零の年が終わるまでは毎ターン建造を継続します。一日で1〜2隻が建造可能です。
      新海域解放したけど配備する輸送船が足りない!などと慌てて投入資源増加に高速建造材投入など泥縄を綯うようなことのないよう心がけましょう。
      また、護衛艦隊に配備するために軽巡洋艦も育成しましょう。レベルが上がると単艦でも高い効力を発揮します。
  • 任務は出来る限りこなすこと
    • 任務をこなすと、資源やアイテムは勿論、装備や戦略ポイント、さらには艦隊解放など、攻略には不可欠の報酬があるため、やれる任務は必ずこなしましょう。第3,4艦隊は解放条件が出撃任務ですので、戦力を整え次第出撃して任務を遂行しましょう。
      ただし、任務をこなすためだからといって資源の無駄遣いはしないように!
      無駄に日数を経過させるとすぐに深海棲艦側の反攻が始まりますので、管理しきれずに詰む前に任務を利用して軍備を整えましょう。
  • 安易な戦闘艦建造や装備開発は控えましょう。
    • ブラウザ版から判明しているレシピが流用可能とはいえ序盤は収入が思わしくありません。開発資材の供給も不足しがちです。
      また、序盤の資源収入バランスと改装時に必要な点も相まって弾薬の消費が激しいです。
      序盤から大飯喰らいの戦艦空母の建造や複数運用はやめましょう。
      目安としては最低値建造やドロップから軽巡を計2〜3、駆逐はドロップ回収のみでも鎮守府正面全海域の攻略までは事足ります。優秀な艦が欲しい時は後述するレア駆逐レシピを活用しましょう。
  • 戦略資源は計画的に!
    • ブラウザ版の課金要素と同等のアイテム購入ができる戦略資源ですが、支給には任務達成や海域攻略が必要。
      任務収入も微量かつ不安定、臨時収入的な海域攻略ボーナスも進行が滞れば当てにできません。
      今回そこに魔法のカードは無いのでくれぐれも目に見えるドックを全部開放!資材資源山盛りで最強艦隊結成!などお大尽な行為は控えましょう。
      とはいえ、ひたすら貯めるだけでは意味がありません。新しい海域に進出したらドックを空け、艦娘が増えてくれば母港を拡張する。計画的な艦隊の拡充こそ勝利への近道です。
  • ゲームからは離れますがリアルの時間管理は大切に!
    • 戦略SLGは中毒性が強く、ハマれば数時間簡単にすぎるなんてこともよくあります。ブラウザ版でも提督をやってる方は遠征やデイリーなどを時々行い、提督をやっていない方でも、時折時計を見るなど、時間を忘れないよう心掛けましょう。

初期艦はどれを選べばいいの? Edit

  • 迷ったら軽巡組!
    • 初期艦の選択肢は駆逐艦8隻、軽巡洋艦3隻の合計11隻、初めて艦これに触れるのであれば迷うところ。見た目や性格の好みに合わせて選んでも全く構わないのですが、特に愛着がないのであれば川内型の軽巡洋艦3隻(川内、神通、那珂)から選ぶことをお勧めします。
      軽巡洋艦は駆逐艦よりも一回り強力な艦種であり、さらに駆逐艦と比べて入手難易度が少しだけ高めに設定されています。それだけでなく、川内型の3人はレベルを上げることで「改二」と呼ばれる強力な改造が実装されており将来性もばっちりです。(駆逐組の中でも吹雪や叢雲、睦月、時雨には「改二」改造が実装済みです)
  • 軽巡洋艦の中だと誰がいいの?
    • 3隻それぞれに個性があり。一概に誰が一番初期艦として優秀とは言えません。見た目の好みで選んでも十分なのですが、簡単に3隻の特徴を解説しておきます。
  • 「川内」はネームシップとしてLv20で改造できる「改」の段階では2人より一回り高いスペックを誇ります。また、Lv60で改造可能になる「改二」では照明弾、探照灯、九八式水上偵察機(夜偵)という優秀な夜戦装備を持参。特に夜偵は川内改二以外に持参する艦がいないレア装備、総合スペックは神通に一歩譲るものの艦隊の夜戦火力に大きく貢献してくれることでしょう。また、妹二人より1ランク高いレア度なのでもしかしたら他の艦より邂逅に少し苦戦するかもしれません。
  • 「神通」は「改」段階ではそこまで特筆するべきことはありませんが、Lv60からの「改二」で大きく化ける艦娘です。軽巡洋艦の中でも火力、雷装、耐久で単独トップ、装甲値もトップタイと攻守にわたり強力な性能を発揮します。改二の持参装備に探照灯があるのも序盤は嬉しい要素の一つ。中盤以降、水雷戦隊の頼れる旗艦として最後まで艦隊で活躍してくれることでしょう。
  • 「那珂」はスペックだけで見れば姉2人ほど特筆するべき部分がありませんが、最大の特徴はその改造レベルの低さ。Lv48から「改二」に改造可能というのは艦これ全体でも「改二」改造レベルの最低値です。序盤で改造することができれば非常に頼りになることでしょう。また早期改造可能とはいえ最終スペックもなかなかのもので、とがった部分はあまりないものの高レベルでバランスがとれており使い勝手の良さが魅力。様々な場面で艦隊の支えとなってくれるはずです。
  • それでも駆逐艦を選びたいあなたへ
    • それでも駆逐艦を選びたいという方、貴方のその心に従いましょう。上にも書いた通り、11隻の全員とゲーム中に邂逅が可能です。また艦これのキャラクターは初期艦だけではありません。様々な艦が加わってすぐに艦隊を盛り上げてくれることでしょう。軽巡よりもさらに強力な重巡洋艦や戦艦、空母といった艦娘たちも案外あっさりくるものです。色々悩んで時を過ごすのも良いですが、一番好みの艦娘を連れて大海原へと旅立たれるのをお勧めします。

<参考:『艦これ改』がついに抜錨! 新米提督も安心の序盤プレイガイドをお届け【特集第3回/電撃PS】>
https://www.jp.playstation.com/blog/detail/2513/20160225-kancolle.html

主な一日の流れ Edit

  • まず任務を見よう
    • 上述したように、任務はできるだけ多くこなしましょう。ただ、闇雲にこなすのではなく、どの艦隊にどういう行動をとらせるか、あらかじめ決めておきましょう。
  • 工廠を確認
    • 工廠に行って建造状況を確認しましょう。装備開発も必要分済ませましょう。
  • 演習・出撃・遠征・任務遂行
    • 演習や出撃などを行いましょう。また、こなせる任務は優先的にこなしましょう。
      演習や出撃を行ったら、次のターンになるまで編成を変えられないので注意してください。
  • 輸送状況を確認
    • 時折、通商破壊に遭遇し、我が艦隊が損害を受けることがあります。輸送船の補充、および護衛艦隊の点検を行ってください
  • 入渠や補給
    • 補給を済ませ、損傷した艦を入渠させましょう。ただし、入渠ドックは常にひとつ空けておくように。
  • セーブ・ターン終了
    • 上記にやり残しがないか確認次第、セーブをしてターン終了、次の日にいきましょう

艦これ戦闘の基本! Edit

  • 砲撃戦をしよう!
    • 艦これ戦闘の基本、昼の砲撃戦です。基本的に艦の火力の値が敵艦の装甲を抜いた分ダメージとして入ります。ダメージ産出に関わる要素は艦の火力こちらの陣形、交戦形態です。
  • 陣形:戦闘開始時に単縦陣とか見慣れない言葉と共に点が並んでるところで固まった人もいるでしょう。あれが陣形です。陣形によって昼戦時の火力や命中率が変動します。
    慣れない内に覚えることは「水上艦相手は単縦陣」、「潜水艦には単横陣」の2つ。これがそれぞれに対してもっとも攻撃の威力が高くなります。水上艦と潜水艦が両方出るような海域に行くころにはゲームに慣れて他の陣形にも理解が及んでいることでしょう。色々と議論の余地があるためここでは割愛します。
  • 交戦形態:戦闘が始まり、砲撃戦に入る前、画面中央に大きな文字でT字不利!とか出てびっくりしませんでしたか?あれが交戦形態です。T字有利、同航戦、反航戦、T字不利の4つがあります。各形態の詳しい状況は割愛しますが、艦これ内では左の方ほどダメージが上がり、右に行くほどダメージが下がります。実際の形態や艦娘の構造を考えると謎の多い設定ですが、とにかくシステム上はそうなっているのです。どれが選ばれるかはランダム、ボス戦でT字不利を引いて落としきれない!何てことも序盤はあるでしょう。気を落とさずに再挑戦です。後に装備で多少関与できるようになります。
  • 弾着観測射撃:昼の火力を劇的にあげる存在、それが弾着観測射撃です。確率で発動し、発動条件は航空戦での制空状態が優勢以上であり(つまり艦隊に空母や水上機母艦などが必要)、さらに砲撃を行う艦に水上偵察機が積まれていること、そして偵察機の数(スロットの横にある数字です)が1以上あることです。弾着観測射撃にはいくつかの種類がありますが、慣れないうちは「主砲を2つ乗せて水偵を乗せれば連撃が出る」、とだけ覚えておけば良いと思います。また、戦艦にはさらに徹甲弾を乗せることによって強力な昼カットイン射撃が行えます。巡洋艦には主砲を2つと偵察機、戦艦にはさらに追加で徹甲弾。この装備が弾着観測射撃の基本です。
    上記の連撃装備が基本ですが、亜種として他にも色々なのがあります。序盤の装備が足りないようなときはどれか出せるようにしておくのも良いでしょう。少なくとも通常砲撃よりは優秀です。
    主砲+副砲+偵察機(一番威力が低いです)
    主砲+電探+偵察機
    等など、組み合わせ自体はそこそこあります。
  • 待ちに待った夜戦をしよう!
    • 某5500t軽巡も喜ぶ水雷戦隊の独壇場、夜戦のお時間です。昼戦よりも劇的にダメージが伸びる夜の時間、その秘密はダメージの計算式にあります。なんと、夜戦のダメージは「火力+雷装」の値が基準になるのです。昼はいまいちな軽巡駆逐が本気を出すのも分かります。反面、昼は無双する戦艦は雷装値がない(1隻だけ例外があります)ため火力は変わらず、空母に至っては攻撃することすらできません(これまた1隻だけ例外があります)。たとえ大型艦が相手でも夜まで耐え忍べばこちらのもの、必殺の一撃をお見舞いしましょう。
      • 夜戦カットイン:夜戦のときに艦娘がアップで出てきて、装備アイコンがシャッシャッシャ!強力な攻撃が相手にドーン!夜戦でこういった光景を見た方も多いでしょう。もしくは敵艦からされたことがあるとか。これが夜戦カットイン攻撃です。
        カットイン攻撃の種類はいくつかありますが、覚えるべきことは「魚雷を積んだらカットイン」「主砲+魚雷より魚雷特化の方が威力が高い」という2点。
        カットインの発動率は運の値が高いほど高くなり、随伴艦より旗艦の方が発動しやすいです。カットインが期待できる実用的な運の値は諸説ありますがブラウザ版の場合、だいたい旗艦で30以上、随伴艦なら40〜50以上は欲しいと言われることが多いようです。不沈艦の名は、伊達じゃないのです!
        以下に代表的なカットイン装備を挙げておきます。
        魚雷+魚雷:いわゆる魚雷カットイン、魚雷は3つ以上でも可。倍率は主砲カットインに劣るがスロット2つで行えるのが強み。駆逐艦や軽巡洋艦で索敵や夜戦用の装備を持ちながら行える。
        主砲+魚雷:砲と魚雷の複合カットイン。魚雷カットインには及ばないが、重巡などが昼に連撃しつつ行える。
        主砲+主砲+主砲:主砲カットイン。「艦これ改」の夜戦カットインでは最も火力が高くなる。。殆どの戦艦にとって唯一のカットイン攻撃。強力だが装備枠を3スロット潰すのが難点
        詳しい威力倍率などは下の「ちょっと慣れた新米提督向け情報」を参照ください。
  • 夜戦連撃:装備が2つ高速で流れて、相手にいつも以上のダメージが入る。そんな時に起きているのが夜戦連撃です。
    艦これ改における連撃の発動条件はどうやら「同じ種類の攻撃装備が2つ以上」であるようです。たとえば「主砲+主砲」や「魚雷+魚雷」のような装備で連撃が出るようです。大型艦ですと基本的に「主砲2つ以上で連撃が出る」と覚えておけば良いでしょう。
    また、艦これ改では本家と違い夜戦連撃と夜戦カットインを同時に狙うことが可能となっているようです。連撃の仕様変更と併せて、駆逐艦の場合は魚雷複数装備による夜戦火力特化という装備構成も十分に狙えるようです。
    その代り本家と比べて連撃の発動確率は低くなっているようです。カットインのように発動率に運が絡むかは未だ不明ですが、「夜戦連撃だけを狙った装備」(攻撃装備が主砲2つだけ)に拘る必要は艦これ改ではなくなったと言えるでしょう。
  • 航空戦をしよう!
    • 空母機動部隊の腕の見せ所、開幕時砲撃戦より前に行われるのが航空戦です。航空戦は続く砲撃戦での弾着観測に関わったり、雑魚の露払いで艦隊の被害を抑えたりとなかなかの要所。慢心せずに挑みましょう。
      制空の状態は制空値が敵の1.5倍以上で優勢、3倍で確保。これが優勢なほど味方機の損害が減り高いダメージを期待できます。ダメージに関わる要素は航空機の質(雷装、爆装値)と装備スロットの機数(スロット横の数字)です。
      • 大空の覇者、艦戦:敵戦闘機と鎬を削り、制空権を争う緑の奴が艦戦。艦戦の対空値と装備されたスロットの機数によって制空値が決まります。制空値にそれ以外の要素は関与しないため勝敗の天王山を任されていると言えるでしょう。でも逆に言えば制空権以外に関与しないのも艦戦。いくら載せてもダメージは上がりません。
        載せないのはもってのほかですが、積み過ぎても無意味。だいたい空母1隻辺り1〜2スロットくらい積んでおいて、足りないなら増やすくらいの運用が望ましいと思います。
  • 開幕の雄、艦攻:航空魚雷を腹に抱え、低空から必殺の雷撃を放つ青い奴が艦攻。艦爆と共に空母の攻撃力を担います。艦爆との違いは開幕航空戦でのダメージの触れ幅。艦攻のダメージは80%のカス当たりか150%のクリティカルかというなかなかの博打。
    でもカス当たりでも80%出るのでダメージの期待値は同じ爆装値の艦爆より高くなります。スロット機数の多いところには是非艦攻を積んで上げましょう。
  • 必殺の刃、艦爆:くるりと反転して急降下、敵艦の真上に爆弾を叩きつける赤い奴が艦爆。艦攻ともども空母の攻撃力の要です。博打野郎の艦攻と違って開幕ダメージは必ず100%。でも期待値で見れば同じ雷装値の艦攻よりおとなしくなってしまいます。
    じゃあ艦爆の強みは何か、それは空母の砲撃火力。艦攻の雷装値は1.5倍換算に対して艦爆の爆装値は2倍換算。昼の砲撃戦を重視するなら艦爆の方が優秀です。また、砲撃戦ではスロットの機数が関係ないため少ないスロットでもしっかり働くのが艦爆の長所。総じてスペックが低くスロット機数も少ない軽空母向きの性能といえるでしょう。ただ、あんまり機数が少ないと全滅しちゃうのでその辺は良く考える必要があります。
  • 我に追いつく敵機なし、艦偵:艦隊の目を勤める索敵命の黄色い奴が艦偵。他の追随を許さない索敵値を持ち、こいつがいれば敵艦隊を見逃すことはありません。さらにはマップ攻略の索敵稼ぎにももってこい。艦隊に1つくらい持ち込んでおけば後半、索敵値を要求される海域でも安心です。
    またもっとも良く見ることになるであろう艦偵、彩雲にはT字不利を反航戦に変える能力があります。決戦の場を整える縁の下の力持ちが艦偵、でも肝心の戦闘には一切関わらないのも艦偵。撃墜されることもないので空母の最も少ないスロットに添えておくのが正しい使い方です。
  • その他、特殊な装備とシナジー
    • 艦これにはゲーム上で説明されない装備の隠された効果があります。重要でありながら見逃されがちなそれらの効果を幾つか解説します。
      • ソナー+爆雷シナジー:潜水艦へのダメージが全然足りない!そういう時は装備を見直しましょう。対潜値にばっかり目を向けてませんか?
        聴音機や水中探信儀、通称ソナーと爆雷を両方装備することで命中と威力にボーナスがつくシナジー効果があるのです。対潜値が高いからってソナーばかり積まずに、爆雷も1つ持たせることで効果的に潜水艦を倒せることでしょう。
  • 三式弾の対地特攻:西南海域辺りまで侵攻した時、やたらと硬い敵の姫クラスがいませんでしたか。奴らが陸上型の深海棲艦です。港湾や飛行場といった明らかに艦でない名前をしていたらだいたい陸上型でしょう。装甲値がやたらと高く、さらに夜戦時でも雷装がダメージに乗らないと、普通に戦えば倒すことは非常に困難、そんな時に活躍するのが三式弾です。三式弾装備の艦は陸上型の敵に対して多大な攻撃力ボーナスを得られるのです。特に夜戦時の威力補正は脅威の一言。1撃入れるだけであれだけ硬かった敵の装甲をひしゃげさせることでしょう。連撃が入れば即死させることも夢ではありません。
  • 艦載機の熟練度:同じ艦載機を使い続けていた場合、青いラインが入っていることでしょう。これが艦載機の熟練度表示です。これがあると装備の性能(制空値、雷装値、爆装値)にボーナスがつきます。特に艦戦の熟練度は大切で、トップエースの艦戦は2スロット分近い働きをすることも。是非多くの艦載機を熟練度マックス(>>表示)まで育ててあげてください。
    ただし、搭載スロットが全滅して0機になってしまうと熟練度は0まで戻ってしまいます。攻撃力を求めて少ないスロットに艦爆を積んでも落とされれば損にしかなりません。その点、艦戦や艦偵はシステム上ほぼ全滅しないため熟練度が下がりにくく少ないスロットでも安定して育てられるでしょう。
  • 夜戦時の三種の神器:艦隊の錬度が上がっていけば改二にした艦娘が探照灯や照明弾をもって来るかもしれません。探照灯と照明弾、さらに九八式水上偵察機(夜偵)の3つが夜戦における三種の神器。効果は味方の夜戦命中率の上昇(全て)、味方のカットイン確率上昇および敵カットイン確率低下(探照灯、照明弾)、味方艦隊のダメージアップ(夜偵)となっています。
    ただし探照灯は夜戦時に敵の攻撃を受けやすくなります。
    これは史実でもあり、実際に第三次ソロモン海戦(詳しくは暁のページに書いておきます)で探照灯を照らし、日本軍は戦果をあげましたが探照灯を出していた暁は米軍にハチの巣にされ沈没しています。
    表示されて数値だけで判断せず図鑑まで目を通してみると思わぬ発見があることでしょう。
  • 電探と渦潮の関係:マップ上で突然艦隊がぐるぐる回って燃料や弾薬がポ〜ン、これがいわゆる渦潮マス、そしてこの渦潮マスへの対策となるのが電探です。電探の軽減効果は個数に応じて上がり、一定個数(ブラウザ版の場合3隻)で頭打ちになります。渦潮マスを通るマップに出撃する時は艦隊に電探が装備されているかを確認しましょう。
    また、本家「艦これ」の公式回答によれば渦潮マスの消費資材は艦隊の継戦能力に関係しないということのようです。電探がない場合でも焦って開発するよりもいっそ飛び込んでしまうのも一つの手。低レアの電探たちは多くの艦が改造と共に持ってきてくれます。
  • 長くなってしまいましたが、以上艦これの戦闘の3つのステップと特殊な装備についてのざっくりとした解説でした。一気に全部覚える必要はありませんが、折に触れて見返していただけると嬉しいです。

零の年は準備期間 Edit

  • スタート〜正面海域攻略まで
    • 開始時は零の年師走(12月)8日。ここから壱の年睦月(1月)までを準備期間と捉え、まずは任務消化と備蓄、艦娘育成と回収に勤しみましょう。
      月半ばを過ぎたころから鎮守府正面海域の攻略を開始。この頃には海域内ボスクラスも相手取れる練度には仕上がっていると思われます。
      じわじわと進め月末には攻略完了を目指します。
  • 輸送船団配備について
    • 輸送船は先述通りに準備していけばどんどん貯まります。しかし、護衛艦隊の旗艦は軽巡以上である必要があります。
      拾ったり建造した軽巡はどんどん育てましょう。被りも気にする必要はありません。
  • 育成テクニック
    • 演習内メニューの「対抗演習」は、取得経験値が「演習相手の旗艦レベル」に大きく依存します。
      また、難易度による補正か取得経験値は海域出撃の比ではありません。
      「レベルトップの単艦相手に多数で挑む」と「レベルトップが入れ替わったら相手側に移動させる」を繰り返すとするするレベルが上がります。
      海域攻略用、遠征用、護衛艦隊用と経験値はいくらあっても困りません。ガンガン利用しましょう。
  • 戦略物資の使いどころ
    • 何においてもまずは鎮守府や近隣海域の各ドック施設を開放します。
      割合は入渠優先・建造優先・鎮守府優先・泊地優先などありますが、序盤はまず鎮守府の入渠ドックを優先しましょう。
      移動→出撃→帰投→損傷艦の入渠→ほかの艦隊で移動・その間損傷なしの艦は演習→出撃→帰投→・・・とループ状態を作るのが理想です。
      これは意図的に艦隊の移動で何もさせない期間を作ることで、修理完了までの時間を稼ぎ、消費バケツと資源を抑えるためです。
      また演習には戦意高揚状態*1を作る働きもあるため、レベルアップに伴う能力上昇と相乗して大ダメージの抑制が期待できるからです。
    • 序盤はこの先の近隣泊地海域のドック開放に備え建造ドック開放は我慢しましょう。ただし、海域を突破しある程度戦略物資が余ってきたなと感じたら思い切って建造ドックも解放してしまうのもありです。輸送艦生産の速度が2倍になる恩恵は意外と馬鹿になりません。
    • 母港枠拡張はすぐに必要ではないものの、段階的に投資していきたい分野の一つです。艦これ改では将来的に大量の護衛艦隊が必要となります。そのため中盤以降は母港枠200隻が半ば必須。優先度は低いですが、頭の片隅には留めておきましょう。
    • 艦娘の改装に必要なための弾薬や、建造・特定装備開発のための開発資材なども選択肢に入ります。特に開発資材は入手する手段が少なく、開発で大量に使用するため購入を検討する機会も多いでしょう。
      費用対効果はセットがお得ですが、節約のためいずれも単品で必要分購入するほうが良いと思われます。

序盤は誰を育てよう? Edit

  • 建造の基本はレア駆逐レシピ
    • 戦艦や空母はもちろん強力、しかしそれを実際に運用できるようになるまでには超えなければならないハードルがあります。少なくない資源を投じて建造を回し、出てくる那珂ちゃんに殺意を覚えつつカーンカーンカーン、ここらへんのお約束はどうやら艦これ改でも同じようです。さらに実際に建造できたとしても1度補給してみると消えていく資源の量に目を疑うことでしょう。
      せっかく完成した大型艦も運用できなければただのホテルです。ここはグッとこらえて地盤を固めましょう。そして手始めの艦隊強化にお勧めなのが「燃料250、弾薬30、鋼材200、ボーキサイト30」というレア駆逐レシピ。お手軽な資源の割りにレアな駆逐艦や潜水艦、軽&重巡洋艦が狙える優れたレシピです。とりあえず正面海域を抜けるまで位はこれを基本にして艦隊を強化していくと良いでしょう。以下では特に序盤お勧めの娘を紹介いたします。
重巡洋艦のいいところ、たくさん知ってもらえると嬉しいです
装備のことなら五十鈴にお任せ!
えぇ、私!?い、いけるけど…
ソロモンの悪夢、見せてあげる!
  • お勧めの艦娘達はこんな感じですが、艦これの最大の特徴はどんな艦娘でも愛さえあれば運用できる点。数値で見た優劣は当然ありますが、まったく使い物にならない艦娘は存在しないのです。
    初めて建造した艦だから、ここで活躍してくれたから、もっと単純に顔や声が好みだから。そういった愛着を持って育てることが多少の数値の優劣より大事といえるでしょう。是非皆さん自慢の嫁艦に愛を注いであげてください。
  • こんな編成を目指してみよう!
    説明
    軽巡駆逐駆逐駆逐駆逐駆逐初めての編成に。まずはこれでレベルを上げよう
    潜水艦狩りなんかにも活躍できます。いわゆる水雷戦隊
    重巡重巡自由枠自由枠軽空母軽空母様々な海域の攻略に使える序盤の鉄板編成。制空権を取って砲撃で削り、夜戦で仕留める流れを覚えよう
    南方連絡海域を抜ける頃にはひとまずこれを組めるのが理想

正面海域攻略後は Edit

  • 艦隊のさらなる充実
    • 重巡を2隻、軽ないし正規空母をこれまた2隻程度揃えるのが一つの目安。
      任務を進めていくことで重巡洋艦では「衣笠」が、正規空母では「赤城」が手に入ります。どちらも終盤まで活躍できる重要な艦、ぜひ艦隊に加えましょう。
      他の入手方法は正面海域の最終マップボスのドロップや、貯めた資源での建造で賄います。特に空母類は建造に頼ることになるでしょう。
      また、水上機母艦である千歳、千代田はレベルを上げて改造を繰り返すことにより軽空母に艦種が変わります。空母の数が揃わない場合は無理に建造を繰り返さずにこれを狙ってもよいでしょう。最終的には軽空母最強の一角と言われるほどの高性能艦に変貌します。
      いずれも任務達成に必要なうえ、育成と改装を重ねていくと近隣海域での、果ては終盤での主戦力たり得ます。
      最後に、資源資材に余裕があるなら戦艦1隻は確保しておくといいでしょう。
  • 特殊装備開発
    • 次の近隣海域攻略から敵編成に潜水艦が出始めます。
      これに対抗するために軽巡・駆逐が装備可能な「爆雷」「ソナー」の開発を優先的に行うと良いでしょう。この二種は同時に装備することで多大な効力を発揮します。
      ただしこの対潜装備、存在するレシピでの確率はそこそこ高いものの確実性はなく、さらに今の段階では無理してソナーと爆雷をセットでそろえる必要はありません。
      次の海域で必要な対潜装備は最低限3隻分。できれば4隻分。全部で8〜10個程度の対潜装備が入手できればひとまず十分としておきましょう。
  • 索敵装備の充実
    • 近隣海域攻略の際、ボスへ到達するために一定の索敵値が必要になる場合があります。どうしてもボスに辿り着けない!というような時は水上機や電探などの索敵値が上昇する装備開発に手を出していきましょう。
      しかし電探は開発確率も低く、資源も多く要求される割にはそこまで上昇しません。その点水上機であれば一部の軽巡洋艦や多くの重巡洋艦が初期装備として持ってきてくれます。終盤まで初期装備の零式水上偵察機でも索敵は十二分。足りない性能は数で補うこともできます。持ってきてくれた艦に感謝しつつ主力艦に配備していきましょう。
      この「装備の剥ぎ取り」は今後も重要な要素となります。特に「改二」改造で持参する装備には高性能なものも多いため艦隊内で装備を上手く使い回して進めましょう。
  • 護衛艦隊の編成
    • 建造や開発の運にもよりますが、レベルを上げて、建造をして、またレベルを上げて……としていたら南方連絡海域を攻略した後くらいの段階で季節は弥生(三月)へと移っていくことでしょう。丙難易度ではこの時期から、乙の場合は少し早くに、敵の通商破壊の手が輸送艦へと迫ることになります。これから先は輸送艦だけを海域においていると唐突に湧き出た深海棲艦により全滅!なんてことになりかねません。海域の攻略に逸る心を鎮めて、一度地盤を固めましょう。
      • 護衛艦隊は軽巡以上の中型艦を旗艦として小型、中型の艦娘で構成された艦隊です。輸送船を配備する時に同時に編成でき、通商破壊から大切な輸送船と物資を守る盾となります。
        旗艦以下全艦Lv1であっても良く守ってくれます。深く考えずとりあえずは手の空いている軽巡と駆逐を6隻突っ込みましょう。低レベルだからと怖がらずに輸送船と共にドンドン出していくことが大切です。多少ですが輸送船が持ち帰る物資の量を増やしてくれる効果もありますし、攻撃を防げばちょっとだけ経験値も入ります。

南方連絡海域へ! Edit

  • 第一海域、まずは小手調べ
    • 鎮守府正面海域を制圧すると、「南方連絡海域」が出現します。最初の海域はこれまでとうって変わって複雑な航路構成を見せます。
      通るルートを固定する編成は今のところ見つかっていませんが、軽巡駆逐を多数含ませ主力艦を減らすまたは排することで楽なルートへ回る場合が多いようです。
      これは、結構な数の海域に通用する手段です。およそ固定方法が判明するまではどこまで主力艦を投入していいか自分の肌で確かめてみるのも大切です。
    • マップのタイトルや作戦指示もきちんと読みましょう。「警備」「対潜哨戒」「護衛」といった文言がある場合は軽巡駆逐が、「主力艦艇を含む」「制海権確保」などは戦艦や重巡、空母達がメインとなります。
    • この頃から敵艦船にエリート・フラッグシップが混じり始めます。艦娘の改・改二に相当する能力を誇る強力な艦ですが、これを撃破できずとも随伴艦を漸減すれば勝利は得られます。
      殴り倒すのは今は後回しにして、先々に存在するこれらの戦力を打倒するための主力艦の演習に努めましょう。
  • 第二海域に行く前に
    • 第一海域を突破したら、まずは「軽空母」「航空巡洋艦」「水上機母艦」のいずれかが自艦隊に存在するかを確認しましょう。
      「航空巡洋艦」は聞きなれない艦種ですが、重巡洋艦の最上型を「改」にすることで艦種が変更されます。また利根型を「改二」にすることでも「航空巡洋艦」へと艦種が変わります。
      • 次の第2海域から羅針盤の回す先をある程度編成で操れるようになる通称「ルート固定編成」が登場してきます。
        今回の第2海域におけるルート固定編成は「4隻以内の編成」「軽巡は2隻以内」「軽空母・航空巡洋艦・水上機母艦・揚陸艦」から一隻が必要。
        特に「4隻以内の編成」は絶対守りましょう。これを超えるとボスへの到達が非常に困難になります。(不可能かも?)
        第2海域でルート固定ができていない場合、待っているのは強力な水上部隊の待ち構えるハズレマスです。後の任務においては多々送り込まれることもあるので覚悟を決めましょう。
        ルート固定編成は今後数多くのマップで耳にすることとなる「艦これ」の重要要素。手持ちの艦娘と相談してもっとも効率的な編成を探りましょう。
  • 第二海域は潜水艦が相手の対潜マップ。ブラウザ版1-5そのままのマップで、今後ともこの手の対潜戦闘は頻発するので潜水艦相手の戦闘をまずここで理解しましょう。
    • このマップ必要な対潜装備の数は3隻分。ただし、後の任務で駆逐艦4隻による第2海域攻略を要求されるため4隻分用意することをお勧めします。無い場合は任務で入手するか開発しましょう。
      この時ソナーと爆雷を同時に装備することで威力と命中にボーナスを得ることが可能です。とはいえ今の段階では無理をしてまでソナーと爆雷のセットをそろえる必要はありません。序盤の潜水艦程度なら対潜装備をいくつか積んでさえいれば対応可能です。くれぐれも戦略ポイントをつぎ込んでの開発、建造は控えましょう。
  • 第二海域の鬼門、一マス目
    • 第二海域「南方連絡航路対潜哨戒」では早速の潜水艦単艦でのお出迎え。ここでエリートクラスが出現する場合があります。
      潜水艦はエリート以上のクラスになると開幕雷撃を仕掛けてきます。
      難点なのはこの単艦という状態で、敵陣形が単縦陣(砲撃・雷撃威力100%の状態)に固定され、手加減なしの一撃を貰う点です。*2
      対応策としては戦闘指揮の1マス目に回避コマンドを入れておくこと。潜水艦には開幕航空攻撃も雷撃も効かないため無意味な行動をするより少しでも被害を少なくするように動くのが得策です。今後の潜水艦マスの対応でも基本になってきます。
      しかし、いくら回避しようとしても当たる時は当たるもの、装甲薄めの編成を強制される点も相まって、エリートが出たら大破級の被害は覚悟するべきと言えます。
      が、このような開幕大破撤退は艦これではよくあることなので早々に慣れておきましょう。
      ここを通過したらしめたもの。あとはボスまで悠々と行けることでしょう。くれぐれもルート固定と陣形選択を忘れずに。「潜水艦には単横陣」ですよ
  • 輸送マップ!第三海域
    • 第2海域を突破した次に待ち構えているのが南方通商航路、他の海域と違いボス編成への勝利ではなく目標マスへの到達が突破条件になっている特殊な海域です。
      このマップ攻略のコツは「水雷戦隊で突っ切る」ことです。水雷戦隊(軽巡1、駆逐5)構成で行けばほぼ確実に南東に向かうルートに入れるはずです。このルートでは1マス目潜水艦、2マス目が軽空母を相手にする航空戦マス、最後が相手の通常艦隊と殴りあう通常マスの3戦で終わり。大きな問題もなく攻略できることでしょう。
  • 航空戦マスとは:文字通り「航空戦のみ」が行われるマスです。赤と青の双方向矢印が目印で、このマスでは開幕航空戦と、2度目の航空戦の2回だけで戦闘が終了します。こちらに空母がなければ攻撃することがまずできません。この状況だと確定で敗北してしまいますが、「艦これ」では道中戦闘でいくら負けても進撃することが可能です。回避指示を目一杯出してサッと横を抜けましょう。
  • 輸送マップとは:その名の通り資源輸送を海域マップ化した海域で、ほぼここだけの独自仕様です。ボスマスに相当する戦闘はなく、最終的に目標マスへと進撃することができれば攻略したことになります。
    覚えていてほしいことは艦隊の構成艦が大破していても「進撃を押すことはできる」点。最終マスで戦闘をしないこのマップではどんな状況であれ抜ければ勝利となります。3マス目の通常戦闘に入った段階でほぼ勝ちと言ってよいでしょう。
  • 最後の総仕上げ、第四海域
  • 南方連絡海域、最後のマップは正攻法を求める殴り合いマップ。特に小細工を弄する必要もありません、今まで鍛えてきた精鋭の艦隊をつぎ込んで暁の水平線に勝利を刻みましょう。戦艦に重巡洋艦、軽及び正規空母といった主力艦を投入し、待ち受ける敵艦隊から制海権を奪取するのです。
    ただし、あまりにも編成を重くし過ぎると遠回りルートに飛ばされるようです。戦艦や正規空母の数はほどほど(1隻ずつ?)に抑え、巡洋艦や軽空母たちで脇を固めるのが攻略の近道かもしれません。
  • 弾着観測射撃を使いこなそう:軽巡洋艦以上の中型、大型艦には水上偵察機を乗せ、昼の弾着観測射撃をさせましょう。「戦闘の基本」にも書いてある通り主砲を2つと水偵を積めばほとんどの艦で昼連撃が可能。これがあるとないでは砲撃戦での戦果に大きな差が出ます。
    「制空権を取って、連撃で殴る」が艦これ砲撃戦の基本。今後の海域でもいかにこの流れを作るかが重要となります。
    ただし、夕張など一部の軽巡洋艦や重雷装巡洋艦には注意。スロット機数が0機に設定されているため水偵を装備させてもその恩恵を受けることができません。
  • 大型艦に頼りすぎるな!:いくら戦艦や空母が強力だからと言っても、それだけに頼っていてはこのゲームをクリアすることはできません。大型艦を大量に編成した艦隊では戦闘回数の多いルートを進まされたり、ボスにたどり着けなかったりといった事態が発生します。いくつかの海域ではそもそも出撃することすら不可能なことも。
    そんな時に頼りになるのが重巡洋艦や軽空母といった中型艦たち。どちらも大型の戦艦や空母に比べれば見劣りしてしまう性能ですが、それでも育てれば十分主力と呼べる強さを発揮します。
    鎮守府の資材管理の面でも、そして今後のスムーズな海域攻略のためにも重巡洋艦と軽空母は何隻か見繕って育てておきましょう。きっと活躍してくれます。

南方連絡海域を突破したら Edit

  • 南方連絡海域を突破することができれば既に卵の殻はとれたと言っていいでしょう。ここまでで学んだ要素と、育てた艦娘を武器に深海棲艦と戦い抜きましょう。最後に今後の戦いで重要となる話をいくつか。長くなるので折りたたんでおきますが、特に最後の話には目を通しておいて頂けると嬉しいです。
艦これ改独自仕様とテクニック
過度に引きこもらない
無理な進撃をしない

くれぐれも、後悔のない選択を。Bon Voyage

ちょっと慣れた新米提督向け情報 Edit

  • 装備編
    • 艦種ごとの基本的な装備構成については装備考察に詳しいのでそちらを一読してほしい。
      索敵は大切
      夜戦の特殊攻撃と装備

    1週目の艦娘の保有数(母港上限)について

    • 1週目の艦娘の上限数は、最初100隻まで。アイテム屋さんの「母港拡張」を使うと最大200隻まで拡張可能です。
      1週目をクリアした2週目以降は、300隻まで拡張可能です。
      【参考:公式ページ】
      http://kancolle-vita.com/system_update/system11.php
      この200隻という上限は、攻略・育成・任務・遠征のほか、各海域への輸送船団配置にあわせた海上護衛艦隊配置運用(反抗作戦による損傷と交代)を行っていくと、意外に余裕がありません。
      したがって、小まめに近代化改修を行ったり(マンスリー任務で、毎月月初に2隻&10隻の近代化改修任務、月末に2隻の解体任務があります)、資源収入が高くない海域の護衛艦隊隻数を減らす、あるいは輸送船団自体を置かない(=護衛艦隊を置かない)等の配分を考えて進めましょう。
      また、難易度に応じて引き継げる艦娘数と装備数が決まっています。クリアが見えてきたら、クリア特典を確認しつつ、引き継ぐ艦娘や装備の絞り込みとその育成や改修を進め、2週目以降の攻略に備えてください。


      以上の内容はブラウザ版「艦これ」から輸入した情報を多く含みます。また、ルート固定の情報などは推測も含まれます。誤った情報や事実誤認などが確認された場合、適宜修正をお願いします。

    コメント Edit

    最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

    • 遠征ってツリー式に開放されていくものなのですか? -- 2016-03-28 (月) 15:42:39
    • ノーマルで良くね?と、始めた俺 -- 2016-03-29 (火) 19:37:52
    • に喝を入れたい…… -- 2016-03-29 (火) 19:38:31
    • 海上護衛艦とダブりの艦娘の管理が面倒すぎる・・・。改修しようと装備外したらダブりが海上護衛に配置されてて出来ないとか、配備中の奴にはアイコン表示するとか考えなかったのかよ。2年も何やってたんだか -- 2016-04-04 (月) 16:13:13
      • あんなに娘の数が多いのに、一々艦隊に配備しないと改装とかが出来ない仕様が本当にセンス無いよねー…うっかり近隣海域で艦隊から外して改装とかして、戻さずターンエンドしたら勝手に回航しやがるしwwこれって予備戦力なんて考えず、要らない娘はガンガン切り捨てろって事だよね?w -- 名無し提督? 2016-08-20 (土) 05:13:14
    • 初心者が戸惑いがちな空母の使い方についてと、個人的に神コマンドだと思ってる離脱について追記してみたいと思ったので叩き台作成。練習用サブページ12に置いておきましたので、ご意見・検証結果などお待ちしています。編集もどんどんしちゃって下さい。 -- 2016-04-12 (火) 17:02:09
    • 小沢艦隊任務ってどうすれば出ますか? -- 2016-04-17 (日) 01:14:19
      • 任務一覧から遡っていくのが良いかと -- 2016-04-19 (火) 07:10:51
    • 初心者にも関わらずまぁ、最高難易度でも問題ないかなって感じでやって後悔した・・・。櫂 -- 2016-04-29 (金) 07:18:56
    • 序盤の戦略Pの使い道だけど、入渠より建造優先したほうがよくね? -- 2016-05-01 (日) 11:03:01
    • 準備期間である序盤は、輸送船と艦娘の頭数を揃えるのが最優先。一方で出撃自体そんなにしないから中大破はあまり起きないでしょ。 -- 2016-05-01 (日) 11:07:39
    • 今、壱の年弥生で鋼材カンストしたんだけど、上限解放ってできたっけ?放置でも大丈夫?なんか勿体ない気がするんだが。 -- 2016-05-01 (日) 14:27:46
      • 提督レベル1につき 各資源1000ずつ最大値が増えるようです。時間経過で資源が増えるのはブラウザ版ですね。vita版はターンエンドで資源が増える仕様かと。 -- 提督レベル98の初心者? 2016-05-01 (日) 23:14:13
        • 提督レベルで増えるのか。有り難う。 -- 2016-05-02 (月) 23:19:34
    • 昼戦で大破して夜戦にいって一発貰ったら沈む、と今の今まで間違って覚えていたわ…。何回逃げたことやら -- 2016-05-14 (土) 21:55:44
    • 難易度丁で始めなきゃ良かった。ゲームクリア後引き継ぎ19艦だけ…コツコツ育ててきた引き継げない艦娘との別れは悲しい… -- 2016-08-29 (月) 16:40:29
    • 初周回丁終盤だけどチュートリアルのつもりでレアにこだわらずにさっさと一周した方がいいかもと思ってきた。なるべく思い入れなしに設計図や建造リソースで引き継ぎを決めて。 -- 2016-09-03 (土) 21:52:51
    • 壱の年 -- 2016-09-04 (日) 16:25:01
    • ミスった 壱の年の文月で最高Ivが電改の99 -- 2016-09-04 (日) 16:26:23
    • 開始間もなく第三艦隊まで -- 2016-12-05 (月) 19:38:00
    • 開始間もなく第三艦隊まで開放される事を考えれば、最初に19隻いれば鎮守府周辺、特に南方への進行が楽になる。 -- 2016-12-05 (月) 19:42:46
    • 編成して軍艦を変更すると前のユニットが消えるのですが、これは仕様ですか? -- 2016-12-11 (日) 09:26:49
      • 鎮守府以外で艦を入れ替えたのなら、その海域にいる(艦隊配備中)か回航中となっているので消えてはいないはず -- 2016-12-12 (月) 00:33:52
    • 継戦時間が後40日くらいしかないんですがどうしたらいいんでしょうか? -- 新米提督?? 2017-03-17 (金) 17:35:28
      • ここ読んでれば既に知ってるだろうけど日数以内に深海中枢海域の三面クリアしないとゲームオーバー(難易度史だけは四面まであるけど、そこまでのヘビープレイヤーなら既に知ってるやろ) -- 2017-03-18 (土) 14:36:37
    • AL海域の制海権確保について教えてください。 -- 2017-04-04 (火) 22:43:32
    お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 艦娘のバナーにキラキラが付いた状態。回避などにボーナスがあるとされる
*2 ここ以外の潜水艦部隊の多くは手加減とも言える陣形を使用している。舐めプ?