Top > 奥野次郎
HTML convert time to 0.005 sec.


奥野次郎

Last-modified: 2017-10-15 (日) 09:27:21

 フローラル金融の社員、だが社員というよりももっとふさわしい呼び方がある。19歳。*1
 黒松の舎弟で彼を「アニキ」と呼んで慕っている。
 黒松がしあわせ島に送られた後に選択肢次第で仲間となる。ポジションは投手。高校時代に野球経験があるだけあって150km投げられるなどなかなかの実力の持ち主。

裏サクセス  Edit

 裏サクセスでは9、10、13に出演。表とは違い、基本的に愛嬌と有能と判断できる能力のある人物として登場する事が多いが、10のみは敗戦国の残兵としての側面から非常にシリアスなキャラクター像となっている。また、9、10ではヘルガとは対極に位置するキャラクターとして登場。

スペースキャプテン編 Edit

 連邦のエリートパイロット、エドゥアルトとして登場。階級は中尉。しかし呼びにくいのか、仲間には「エドアルト」や「エド」と呼ばれる始末。
 主人公(裏)の撃墜した宇宙船の数に対抗意識を燃やし、いきなり襲い掛かってくる。宇宙戦闘で勝利するか時間切れになれば仲間になるが、エリートパイロットであるだけに非常に強いので無理に闘わない方がいい。地上戦もそれなりに強いが、宇宙戦闘の実力は仲間内最強(但し仕様の関係で速度や堅牢さが活きることはない)。
 連邦兵という立場上、連邦に反逆するゲリラであるヘルガとは犬猿の仲で、両方一緒に仲間にすることはできない。一方で、ボブシルバーとは相性が良いのか、船内などで生き生きとしている様子が見ることができる。シルバーには「困難な戦いの前に、必ず生還するお約束」を教えて貰っていたり*2、ボブには一貫としてロバートと呼びつけていたり、連邦軍との最終決戦では共闘し、お互いに認め合う仲となっている。
 EDでは引退した後、運送業に携わっているが、アルバムのタイトルである「フフ、感謝するが良い」にも見られる様に相変わらず態度がでかく「宇宙一態度のでかい運送屋」として有名らしい。

装甲車バトルディッガー編  Edit

 ホワイトベア所属、第二小隊指揮官オクノ中尉として登場。軍人としては有能で、ヘルガ少佐からも能力と人格で信頼も得ている。
 元々は別の部隊にいたが、その部隊の上級司令部の兵站担当士官が糧食補給で失態を犯し、補給を受けられず飢餓により壊滅。自身は生き残り、帰還後にその兵站担当士官を「誤射」(=報復で射殺)したため、独立576中隊に配属された。



 スペースキャプテン編に引き続きヘルガとは犬猿の仲であり、敗戦後まで軍隊に縛り付けるヘルガのやり方を批判していた。どのルートでもホワイトベアを必ず裏切るが、主人公(裏)の所属組織によって二人の因果関係は以下の様な結末となる。

  • レッドドラゴンルート
    三つの珠を集めた主人公(裏)に襲撃をかけたヘルガが主人公(裏)のモグラに白兵戦で取り付いた瞬間に主人公(裏)を助ける様な形で背後から銃撃しヘルガを殺害する。ヘルガの死後にホワイトベアはチャンバの街から撤退して行く。
  • ブラックタイガールート
    レッドドラゴンとブラックタイガーの同盟に自身の小隊が襲われていることを口実にヘルガを誘い込み、ヘルガとアヤカ曹長を爆死させている。アヤカ共々リーダーのヘルガの死後にホワイトベアはチャンバの街を撤退して行く。
  • ホワイトベアルート
    レッドドラゴンと共謀し反逆を試みるも、ヘルガの指揮と主人公(裏)との交戦に敗北したことで失敗、ヘルガにより処刑される。



 ただし、スペースキャプテン編と異なり、ヘルガとオクノは一人の人間としては評価しあっている様子であり、ヘルガには「戦場では頼りになる男だった」と処刑後に評価されており、逆にヘルガを射殺した際には「この人もこれでようやく自由だ」とヘルガも戦争から解放されることを願っている様子を見せた。

海洋冒険編 Edit

 クインシティ出身の船大工、エドワードとして登場。大工としての腕前は相当なもの。だが、血の気が多く短気でかなり喧嘩っ早いため、性格面では少し難があると言える。
 天才肌ゆえかプライドが高く、雑な仕事を好まない。またその事もあってか師匠や依頼主らとの喧嘩が絶えず、その結果クインシティを飛び出してウンガルフに移住した経緯がある。
 戦闘では冷静な面を見せる事もあり、ライフルの名手でもある。
 一方で、ヒヨリに角笛やほら貝の「演奏」をリクエストし、呆れさせるというよくわからない一面もある。
 EDでは、自らの夢であった強大な帆船を私財をはたいて作り上げた。だが誰も買い手が無かったため、結果的に骨折り損のくたびれ儲けになったようである。
 同じ船大工のエンゼルとは性格の違いから相性が悪く、作中で喧嘩になる事もある。エドワードは「船大工は肉体労働であり他人の力を極力要しない」と考えている一方、エンゼルは「船大工は頭脳労働であり他人の力をもって成立する」という真逆の考えを持っているからだと思われる。


※簡単な意見交換にどうぞ。
 雑談・感想目的の書き込みはこのwikiの趣旨に反しますのでご遠慮ください。
 このページにあまり関係のない内容の場合、コメントが削除される事があります。

  • 表の役の割には裏ではいい役をもらってるよな -- 2011-02-02 (水) 21:02:35
  • あら。表でも割といい役だと思ったんだが。曽根村なみに仲間との協調性が見えない・・・もしくはあのときの諸星か・・・ -- 2011-02-03 (木) 18:53:33
  • こいつが仲間になったときに仲間評価が下がるのはこいつが協調性がないからなのか、主人公(6)が敵だったこいつを仲間にしたからなのか分からないんだが? -- 2011-02-03 (木) 19:01:54
  • 両方だろ。性格も悪いし自分の会社潰そうとしてたやつと仲好く出来る訳ないし。そもそも無理やりチームに入ってきた感があるからねこれ -- 2011-02-03 (木) 20:05:32
  • そんなに悪い奴ではないだろ -- 2011-02-03 (木) 21:52:37
  • まあ職に困る危険があったわけだから・ガビンダあたりとそうとう険悪になってそうだぞ -- 2011-02-04 (金) 16:02:20
  • KONAMI繋がりで遊戯王5D'sのジャック•アトラスに似てるよね。こっちが先だけど。裏だと性格まで似てる。 -- 2012-06-01 (金) 22:17:14
  • 9裏でこいつが居ると武装しなくても宇宙戦闘が大分楽になるな -- 2013-10-11 (金) 12:20:46
  • 宇宙戦闘はエドアルトよりリコだろ -- 2014-08-17 (日) 12:11:01
  • 9裏と13裏で似た名前で登場するし 9裏エドアルト 13裏エドワード -- 2015-10-26 (月) 22:26:41
  • そういえば9裏で宇宙戦闘でエドアルトと戦って時間切れで引き分けだった場合積荷が1トンなくなるな -- 2016-01-06 (水) 22:12:29
  • エドアルトと戦う場合リコをつれていると楽になるな -- 2016-01-06 (水) 22:14:03
  • エドアルトは決闘だといって勝負しかけてくるのにでもリコとか戦闘機もってるやつつれていると2対1とか3対1になるよね -- 2016-01-06 (水) 22:16:57
  • 決闘なんだから1対1だろ -- 2016-01-06 (水) 22:17:36
  • 宇宙戦闘の実力は仲間内最強とかいてあるがオレ的にはリコの方が強いと思う -- 2016-01-06 (水) 22:19:54
  • 何故仲間の戦闘機はやられないんだ耐久力は仲間機(弱い)が5で仲間機(普通)が10エドアルト機が15リコ機が20 -- 2016-01-06 (水) 22:29:36
  • 主人公の戦闘機は80でやられることあるのに仲間の戦闘機は高いやつでリコ機の20 -- 2016-01-06 (水) 22:31:38
  • 耐久力20なんてすぐにやられるだろ 特に仲間機(弱い)が5だからミサイル1発食らっただけでやられるはずだろ(ミサイルは1発5ダメージ) -- 2016-01-06 (水) 22:34:17
  • 敵がたくさんいて敵の攻撃がたくさん飛びまとう宇宙戦闘で主人公は30ダメージくらい食らってでも仲間機(弱い)はやられない -- 2016-01-06 (水) 22:38:34
  • 仲間の戦闘機は攻撃くらってるのか 耐久力無限なのか 攻略本には仲間の戦闘機の耐久力が書いてあって0になると壊れるとかいてあるのに -- 2016-01-06 (水) 22:43:22
  • そもそもパワポケってどの作品もバグとか多いから問題あるゲームだな(話すと長くなるが) -- 2016-01-06 (水) 22:52:49
  • オクノがヘルガに処刑されるシーンは三國志の 諸葛亮の 泣いて馬謖を斬るかと思った -- 2017-10-15 (日) 09:27:21

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White





*1 『パワプロクンポケット6 公式ガイド』(NTT出版、2004年)P.25、52
*2 後にボブもジンクスとして言及する、死亡フラグというものなのだが、当人は全く気が付いていない