Top > Firebrand TF Mk IV
HTML convert time to 0.013 sec.


Firebrand TF Mk IV

Last-modified: 2017-11-17 (金) 16:20:53

イギリス Rank3 艦上戦闘機/爆撃機 Edit

Firebrand TF Mk IV_1.jpg

概要 Edit

バージョン1.51にて追加されたイギリスのランク3戦闘雷撃機。
「Firebrand」は「火付け役」や「扇動者」という意味。

機体情報(v1.51) Edit

基本情報 Edit

必要研究値(RP)50000
機体購入費(SL)190000
乗員訓練費(SL)55000
予備役(GE)30
護符(GE)1300

BR・報酬・修理 Edit

項目(初期⇒最終形)
【AB/RB/SB】
バトルレーティング4.3 / 4.7 / 4.3
リワード(%)100 / 340 / 350
研究値ボーナス(%)+54
最大修理費(SL)1480⇒*** / 3760⇒*** / 2790⇒***

機体性能 Edit

項目(初期⇒最終形)
【AB/RB/SB】
最高速度(km/h)525⇒*** / 524⇒565 / 524⇒565
(高度4572m時)
最高高度(m)9143
ターンアラウンドタイム(sec)26.3⇒*** / 27.4⇒25.0 / 27.4⇒25.0
上昇速度(m/s)10.3⇒*** / 11.9⇒15.1 / 11.9⇒11.9
離陸滑走距離(m)310
毎秒射撃量(kg/s)6.46

武装 Edit

分類名称搭載数装弾数搭載箇所
機関砲20mm
イスパノ マークV
4800翼内

弾薬 Edit

武装名ベルト名内訳費用(SL)
20mm
イスパノ マークV
既定HEF-I/P/T-
汎用HEF-I/HEF-SAPI/AP/T100
地上目標AP/HEF-I/T100
空中目標HEF-I/HEF-SAPI100
曳光弾AP/T/HEF-I100
ステルスHEF-I/HEF-SAPI/AP150

追加武装 Edit


名称

影響【AB/RB/SB】費用
(SL)
搭載条件
最高速度
(km/h)
上昇速度
(m/s)
ターン
アラウンドタイム
(sec)
T817kg
18インチ Mark XV
1-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**400FTC mk.lV投下可能速度
0-281km/h
投下可能高度
0-105m
B250lb2-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**120HSBC mk.2合計搭載量
**lbs
(爆薬量**kg)
R

B
152mm
RP-3 ロケット
8-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**440HRC mk.8-
250lb2-
B500lb2-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**160HMBC mk.2合計搭載量
**lbs
(爆薬量**kg)
B

B
1000lb
(454kg)
G.P1000lb
Mk.l bomb
1-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**360HMBC mk.2
HLBC mk.2
-
500lb2
B

B
1000lb
(454kg)
M.C1000lb
Mk.l bomb
1-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**360HMBC mk.2
HLBC mk.2
-
500lb2
B1000lb
G.P1000lb
Mk.l bomb
1-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**200HLBC mk.2-
B1000lb
M.C1000lb
Mk.l bomb
1-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**200HLBC mk.2-
R152mm
RP-3 ロケット
8-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**320HRC mk.8重量344.0kg

機体改良 Edit

解説ページを開く

Tier名称
I胴体修理
ラジエーター交換
FTC mk.lV
HSBC mk.2
IIコンプレッサー交換
機体交換
HMBC mk.2
III翼修理
エンジン交換
20mm弾薬ベルト
HLBC mk.2
IVインジェクター交換
カバー交換
新しい20mm機関砲
HRC mk.8

スキン Edit

△△△
[添付]
条件-
説明標準スキン
△△△
[添付]
条件
説明

研究ツリー Edit

前機体Firefly F Mk.I
派生機体---
次機体Seafire Mk XVII

過去の修正 Edit

クリックで表示

解説 Edit

特徴 Edit

 主武装はイスパノMk.Vが4門(装弾数800)と非常に優秀。さらにプライマリは爆弾、魚雷、ロケットと全種類搭載が可能なマルチロール機となっている。最高速度も比較的優れているため、活躍することも難しくはない・・・と思わせておいて肝心要のエンジンは馬力不足で上昇性能も低い。しかも魚雷の性能が低く重要部品が横に並んでいる関係上被弾にめっぽう弱い本機での雷撃は簡単ではない…
 
また機体が艦載機としてはあまりにも大きく(Ta152よりも前後左右共に更に大きい)、操作感はもはや双発機に近い、何も考えずに戦場に出ればただの大きな的になってしまうことも。おまけに狭いイギリス空母から発艦しようとすると、手動でラダーを操作し左に曲がらなければその大きすぎる主翼が艦橋にぶつかってしまうという致命的欠点を抱えている。

立ち回り Edit

【アーケードバトル】
どのゲームモードでも同じだが、高速時の引き起こしがかなり悪い。速度制限が事実上存在しないアーケードバトルでは特に注意が必要。ダイブ攻撃や急降下爆撃の際には速度に気をつけ、必要に応じてエンジン出力の調整やフラップを展開などを行い機体を減速させて、地面に激突させないようにしよう。
最近のアプデの影響か、全改修すると最高速が減る改造(機体とカバー交換)が出る。

【リアリスティックバトル】
ランク3機体にしてイスパノMk.Vを装備しているので使い方によっては光る部分があるが、上昇・旋回能力が戦闘機より劣るので積極的に戦闘を仕掛ける機体ではない。
迎撃機なので戦闘機より少し高い位置でのスポーンが可能で、艦上戦闘機も兼ねているのでノルウェーや対日マップ等での空母着艦も可能。
対地攻撃は爆弾を装備できるようになってからが本番。魚雷はボーファイターやウェリントンと大して変わらないままなので趣味使用に留まる。1000ポンド爆弾の種類はちゃんと見て装備しよう。
BR4.7は格上の5.7に当たる場合があるので目をつけられた場合は味方に助けを求めるべき。

【シミュレーターバトル】
要編集

史実 Edit

f.jpg
ブラックバーン ファイアブランドはイギリス海軍が新たな主力艦上戦闘機を求めて開発された“戦闘機”である(一応)。
イギリス海軍ではそれまで、艦上戦闘機というとロックやフルマーといった「複座戦闘機」が主流だった。イギリスでは「艦載機はパイロットとは別にレーダー要員を載せないと母艦まで帰還できない」との考えが主流だったためそうなったわけだが、複座ゆえに重量がかさみ、その性能は陸上機艦載機問わず他国の主力戦闘機には敵わないというものばかりだった。
 
そこでブラックバーン社に対して「次期主力艦上戦闘機の開発」が依頼されたのだが、そのスタートも進行も遅すぎた。これはひとえに当時の英国内の、航空機開発におけるめんどくさい事情がある。当時英国内の軍用航空機開発の主導権を握っていたのは空軍で、エンジンの供給も空軍機が優先されていた。そのため搭載予定であったセイバーエンジンはタイフーンに回されたりしている。さらにいっこうに海上機動戦力が実戦配備されないドイツ海軍の体たらく、といった事情もあり、「ドイツが空母持ってないんだったら、戦闘海域の制空権奪取を目的とした艦上戦闘機ってそもそもいらないんじゃない?」的な風潮さえあったらしい。
それでもエンジンの変更などを繰り返して何とか実機の完成に漕ぎ着けては見たものの、試験飛行の結果はスピットファイアを艦上機化した俄作りのシーファイアの足元にも及ばなかった。
 
結局「戦闘機としては使い物にならない」とされてしまったため、ブラックバーン社では方針を変更して新たに戦闘雷撃機(TF)というコンセプトで再設計することになった。最初に設計されたTF.Mk.IIは、魚雷を搭載するために元のファイアブランドと比べてランディングギア間の距離をより幅広くしている。これによって着艦時の安定性も確保されたように見えた…と思ったら着艦試験で見事に事故を起こしてしまい、開発には暗雲が立ち込める。その後、セイバーエンジンからセントラースIVエンジンに換装したTF.Mk.IIIが開発されたが、こちらはエンジントルクの大きさのために離陸時が不安定となり、これもまた失敗に終わってしまった。
 
その他諸々の不具合を改善していき、ようやくTF.Mk.IVが完成したのは遅れに遅れて1945年5月のこと。
その頃には既にナチスドイツは降伏、日本海軍もアメリカの機動部隊によって壊滅させられてしまった後だったため、ファイアブランドの活躍の場は既に無かった(悲しみ)
 
結局、実戦に参加することなく終戦を迎えたファイアブランドは発展型のMk.Vも開発されたものの、活躍の場を与えられることは遂に無かった。その後はカタパルト試験のために無人でぶっ飛ばされたり、消火訓練のために燃やされたりと、かなりアレな扱いをされて消えていったのだった。

小ネタ Edit

△△△


△△△


△△△


△△△

コメント Edit

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)