Top > 電波人間キャッチ

電波人間キャッチ

Last-modified: 2016-09-10 (土) 11:25:28

本作では、電波人間を普通にキャッチするだけではなく、ジュエルを使いレアな電波人間をキャッチしたり、イベントで特別な電波人間をキャッチする事が出来る。

 

ノーマルキャッチ Edit

「キャッチ」のひとつ。詳しくはノーマルキャッチを参照。

レアキャッチ Edit

ジュエルを2個使い、場所に関係なくランダム生成される優れた電波人間の中から一人をキャッチ出来る(キャッチ後は自動的にボックスに転送される)。
レベル10または16で、現在の世代(1〜4)および世代限界が高く(限界世代は全て3〜5)、全て淡く光るもしくはまばゆく光る。
また、本来は出生で誕生する、体色がツートン、ボーダー、ストライプ、また単色同士や縦縞、横縞同士の出生では絶対に入手できないマーブル、水玉、アニマル柄の、2色混合になっているカラフルな個体も出現する。
出現する電波人間を事前に見てからレアキャッチを始めるかを選択できる。出現する電波人間は毎日、24:00になるたびに変わる。

 

【考察】
レアキャッチでは"能力の高い電波人間をキャッチできる"と説明があるが、厳密には"ノーマルキャッチでは出現しない・しにくいアンテナや色・柄の電波人間をキャッチできる"と述べたほうがよい。
体格や頭の形についてはノーマルキャッチに準じているし、レアキャッチの電波人間にはアタリもハズレも存在する。
ただし、どれがアタリでどれがハズレなのかはゲーム序盤と電人厳選で立場が大きく異なる。

 

メイン攻略の段階のプレイヤーには、高い世代かつ、高い世代限界の電波人間がアタリである。
高世代ならば転生の必要、それに必要な幸福度を上げる必要が無いのでスムーズに育成ができ、
高世代限界(特に5)ならば出生したりノビタケを使ったりしなくてもエクストラ攻略まで十分な戦力として活躍してくれるだろう。
アンテナについては何がアタリかは人次第。
雑魚敵を一気に殲滅できる全体攻撃のアンテナもいいし、高火力の打撃をたたき出せる"みんなつよめになれ"、
パーティの生存力を上げる"みんなちょっとかいふく"、"みんなちょっとふっかつ"、"むてき"、"わざはねかえす"もいいだろう。
但し、ノマキャでも登場するアンテナはハズレかもしれない。
3体攻撃アンテナ、しびれさせる、つかまえる等がそうだが、どうしてもノマキャで見つからない場合はここで取ってしまうのも手である。
上述のむてきやわざはねかえすも一応ノマキャで出現する可能性はあるが、激レアアンテナが故にめったに出現しない。レアキャで入手してしまっても構わないだろう。


電人厳選をしているプレイヤーの場合、アタリとハズレは次のように分けられる。
<アタリ>
・金・桃単色or金桃を含んでいるレア柄、かつ初期1世代の電波人間
<ハズレ>
・初期世代の高い電波人間(目安として初期3世代以上、人によっては初期2世代もハズレ)
・ノーマル柄(出生でも作れる柄、縞・ツートンが該当)
ここからわかるのは、初期世代については序盤のプレイヤーとは真逆の立場であり、アンテナや世代限界については考慮されないこと。
勿論、世代限界が高かったり、最初から理想のアンテナならばもっとアタリになるが。

 

高世代の電波人間がハズレとされる理由は基本的に二つ。
最終的なドーピング蓄積値が初期1世代から育てた電波人間と比べ低くなってしまうだけでなく、出生における中心素材として用いる際、別の素材を作る際にその素材を作る毎に毎回ドーピングしなくてはならなくなり、フルーツの消費が激しくなる
初期1世代から出生による厳選を行う時と比べ、高世代で厳選をすることになるため、厳選の難易度が上昇する
基本的に初期3世代以上の電波人間はハズレである。
人によっては初期2世代もハズレとされるが、一般には妥協点と考えるのがよい。
初期3世代以上になるものには以下のケースがある。きちんと覚えておこう。

 

<レアキャッチで電波人間が初期3世代以上になる可能性があるケース>
全体攻撃Lv16(Lv51で2属性アンテナに変化)は初期4世代確定
2属性に変化するためラッキーだと思われるが、実際にはかなりのハズレである。
最終的なドーピング蓄積値を15も失うのは非常に痛いし、何より厳選の難易度は計り知れないものとなる。
2属性アンテナが欲しい場合はレアキャのLv10の全体攻撃アンテナあるいは3体攻撃アンテナの出生で作った全体攻撃アンテナの出生で作ろう。

 

全体攻撃以外のアンテナ初期Lv16は初期2〜3世代、お得系アンテナは初期Lv16確定
全体攻撃以外のアンテナでも、初期Lv16は初期3世代になる場合がある。
またお得系アンテナの場合は初期Lv16しか出現しない。

 

アンテナなしは初期2〜3世代
アンテナなしは初期Lv10だが、初期3世代になる場合がある。
アンテナが無い分世代で補おうという意図であるだろうが余計なお世話である。

 

縞柄やツートン柄といったノーマル柄もレアキャにおいてハズレの扱い。
こちらも様々なデメリットが存在するためであるが、特に大きな理由が、
単色とノーマル柄で出生させても子が単色化する確率が低くなる
ノーマル柄とレア柄同士で出生させても必ずノーマル柄の電波人間が生まれてしまう
の二つ。いずれも出生時におけるデメリットである。
後者については意外と知られておらず、色厳選する際において多く のプレイヤーが苦しめられたことであろう。
レアキャッチではノーマル柄の電波人間が無駄に出やすい。もう出なくてええやろ…
ただし、ハズレだからと言って出生素材として全く使えないという訳ではない。
初期高世代の電人でも結構面倒になるが同世代の素材を用意すれば厳選は出来るし、
ノーマル柄の電波人間も単色化に成功すれば色素材としての運用が可能になる。
...しかしながら高世代からの出生は電人の自由度が下がってしまい難易度が高くなるし、ノーマル柄同士の出生でレア色を抽出出来る確率だって相当低い。
結局初期1世代や桃or金レア柄といった優秀な素材に越したことはないというはある。

イベントキャッチ Edit

ジュエルを2個使い、イベント開催中だけの特別な電波人間を一人キャッチ出来る。
妖精、ゴスロリ、夏休みなどテーマにそってデザインされたランダム性のない固定の3人が登場し、珍しい装備が付いているのも特徴。
全国のプレイヤーが同一の電波人間を入手できる機会であり、一週間の期間中に3回トライすれば全員をキャッチできる。期間中に配布されている電波人間を逃がせば、再捕獲も可能。(復刻イベントでも可)
また、イベントは一ヶ月に二回ほどのペースで行われている。

 

イベントキャッチ』参照。

 

【考察】
イベントキャッチの電波人間は初期Lvがレアキャよりも高く、基本的に初期2〜3世代、世代限界3〜6世代(最近のイベキャは限界6が多い)である。
電波人間が身につけている装備も☆4以下(輸送が可能)が多めで、全般的に初心者向けの電波人間が揃っている。メイン・エクストラ攻略においても活躍してくれるだろう。

 

一方、電人厳選しているプレイヤーにとっては不要な電波人間も多い。
バン、オフクのような優秀な電波人間も居るが、マオウのような初期3世代の電波人間や、その他ノーマル柄の電波人間は不遇扱いされやすい。
ショコラのようなレア頭の電波人間もいるが、ノマキャの素材で出生させて作ったほうがいいかもしれない。
これらの電波人間は取るとしても観賞用または装備コレクター用となるだろう。
顔厳選プレイヤーにはいいことばかり。ただしイベキャに頼らない縛りプレイヤーにとってはストレス。特に名前がカタカナであること。
公式サイト等を見てどの電人がいいか決めてから捕まえないと後悔する。

ゲキレアキャッチ Edit

ジュエルを5個使い、場所に関係なく生成される優秀な電波人間の中から一人をキャッチできる(キャッチ後は自動的にボックスに転送される)。
キャッチした時点で初期3世代 全員50Lvで、限界世代は6世代か7世代。
また、[わざアップ]、[みんなわざアップ]、[たたり]、[めんえきダウン]、[いまいち]、[みんないまいち]、[うけながす]、[みんなうけながす]、[こどもになれ]、[せいなるや]、[くろばらのとげ]の11種類のアンテナは、現状ゲキレアキャッチでしか手に入れられない(せいなるや はイベントキャッチで手に入れられた)。

 

「ゲキレアキャッチ」をタッチするかAボタンを押して選択した時点でジュエルを使うかどうか聞かれ、「はい」を押した瞬間に5ジュエルが消費される。
つまり、「レアキャッチ」と異なり、どんな電波人間が生成されているかチェックしてからジュエルを使うかどうか考えよう・・・ということはできないので注意。

 

また、「レアキャッチ」と異なり、「ゲキレアキャッチ」画面に入るたびに、出現する電波人間は変わっている。
【考察】
レアキャッチと同じく、こちらもプレイヤー次第で目的の電人の立場は大きく変わってくる。

 

メインやエクストラ攻略中のプレイヤーならどんな電人も役立ってくれるだろう。初期Lvも限界世代も高いので序盤からサクサク進められて育てればメイン11番以降の攻略にも役立ってくれるだろう。

 

逆に電人厳選をするプレイヤーの場合はゲキレアキャッチ限定アンテナ持ちの電人くらいしか目玉は無いといえる。
ノマキャやレアキャでも出てくるアンテナをわざわざ5J使って取るのもアレなので、そちらでキャッチした方が良い。
限定アンテナにしても初期3世代なので、他のアンテナに比べて厳選難易度は高い。
何より痛いのは事前にキャッチの中身を見れないので、限定アンテナが来てもノーマル柄だったり、そもそも限定アンテナが来ないという事態もあり得る。ハイリスクハイリターンなキャッチともいえる。
...しかしハイリターンとはいっても限定アンテナは突出した性能を持っている訳でもなく、趣味として厳選するのが適切だろう。ハイリスクローリターンといえる

とくべつキャッチ Edit

期間限定で、場所に関係なく現れる電波人間をキャッチできる。
ジュエルは消費されない。
アンテナは、「みんなちょっとかいふくや、「みんなちょっとふっかつ」
など、高位のアンテナ。それぞれ、どこかの部位に1つずつそうびをつけており、「たて」や「ほしぞら」などレアなものが多い。
しかし、初期世代5、限界世代5と、電人厳選をしているプレイヤーにとっては、そうび以外使えないと考える人が多いだろう。
色は銀などがいるが、初期5世代は痛い。
ただし、メイン・エクストラ攻略プレイヤーにとっては、とっても役に立つ電人ばかりなので、キャッチしておいて損はない。