Top > 回答登録(demon)


回答登録(demon)

Last-modified: 2018-02-26 (月) 18:51:14

※細かいデザイン等は今後変更される可能性がありますが、画像と多少違ってても基本的な仕様は変わらない(はず)なのでとりあえずやってみてください。
※空欄=分からない箇所です。

回答の作り方 Edit

  • 回答の登録はログイン後に所持ベイビーの編集画面に行き、上に並んでいるふきだしアイコンの会話ログから登録する方法、本のアイコンから直接登録する方法の二種類ある。
     ここでは本のアイコンから直接登録する。
  • 基本的に回答は(下の画像参照)�キーワードを入力する→�それに対する回答を書く→�画像を選択するの流れ。

画面の見方(スマホ) Edit

i_wiki-8.jpg

�キーワード入力欄登録したいキーワードを入力する。
�完全一致チェックすると完全一致になる。
�入力ショートカットキーワードを限定的にしたり逆に広めたりする時に使う記号の入力を助ける。
�変数設定時間指定、名前登録等特殊な設定をする時に使う。
�画像選択欄使用する画像を選択する。
�回答入力欄�に対する回答を書く所。
�タグ設定単語が増えてきた時に整理できるよう各回答をタグで分けられる。
�記録しないチェックするとこの回答がヒットしても会話ログに表示されなくなる。
まだ使えないのかもしれない。

準備 Edit

トップページを作る Edit

�にtoppageと入力して他の回答と同じように登録すればそれがトップに表示されるようになる。
メニューを固定してクラスター化したい場合は→?
時間別に変えたい場合は参照

ランダムアンサー*1を作る Edit

�を空欄にしたまま回答を登録するとそれがランダムアンサーになる。

基本&特殊記号とかの説明 Edit

複数の回答をランダムにヒットさせる Edit

そのまま、同じキーワードで違う回答をいくつも登録すれば勝手にランダムになる。RAでもtoppageでも同じ。

複数のキーワードへの回答を一つにまとめる Edit

キーワード同士を%%で区切って並べればOK
例えば「可愛い」「かわいい」この二つの単語どちらを話しかけられても同じ回答をヒットさせたい場合、
�に「可愛い%%かわいい」と入力する。
�の「or」はそのショートカットで、タップすると�に%%が入力される。自分で入力しても同じ。

特定の複数の単語が文内に入っていた場合のみ回答をヒットさせる Edit

上の方法ではキーワードの候補がありすぎる時、またもう少しヒットするキーワードを非限定的にしたい時に使う
例えば「好きな食べ物何?」「好きな食べ物って何?」等とりあえず好きな食べ物が何か聞かれた質問全般に答えたい時は
�に「好きな食べ物**何」と入力すれば、同じ文章内に「好きな食べ物」「何」の両方が入った言葉を話しかけられた時全てにヒットさせる事ができる。
�の「and」はそのショートカット。

上記二つを組み合わせる Edit

キーワードのパターンが複数ある場合、ある程度の区切りでグループ化する事で入力を楽にする。
�のgroupはそのショートカットで押すと [[ と ]] が入力される。同じく自分で入力しても同じ。
詳しくは⇒こちら参照

キーワードが完全に一致した場合のみヒットさせる Edit

�にチェックを入れて登録すればOK
例えば「可愛い」で登録した場合、何の設定もなければ「可愛いね」「可愛いなぁ」これらでもヒットするが
完全一致ではヒットしなくなる。
つまり登録したキーワードと話された言葉が一言一句同じでないとヒットしなくなる。

回答をリンクさせる Edit

�に半角で<<飛ばしたいキーワード>>でリンクされる。
上の場合、リンクに表示される文字と飛ばしたいキーワードの文字が同一になってしまう。
そこで、飛ばしたい回答とは別にリンク文字を変えたい場合は
<<りんご>トマト>>
と書くと
会話画面では りんご とだけ表示され、実際にクリックすると
トマト というキーワードへ飛ばす事ができる。

変数 Edit

set代入。前鯖でのinsと考えて良い
ifもし~なら
else ifそうでなければ(if以外のパターン)

基本的に上のように考えてサンプルベイビーにあるマニュアルの通り作れば大体はできるはず

基本 Edit

特定のキーワードの直後に話しかけられた場合のみ回答をヒットさせる(リファラ) Edit

例)

キーワードそれに対する回答キーワードそれに対する回答
こんにちはこんにちは!いらっしゃい。こんにちはこんにちは!いらっしゃい。
(会話を挟む)さようならえ?もう帰るの?
さようならバイバイ、またね!
 

こんな風に、同じキーワードでも直前に何を話されたかによって反応を変えたい場合

i_wiki-1.jpg
変数からifの入力欄を出して、

if リファラ = 任意の言葉 「直前に話されるキーワード」

という形にする。

特定の時間のみ回答をヒットさせる(時間指定) Edit

i_wiki-2_0.jpg
変数→ifで入力欄を出して、左側のタブを月なら月、日なら日にして空欄にその数字を書く。
ちなみにこの場合は4月7日の18時中にしかヒットしない。

↑範囲を指定したい場合 Edit

i_wiki-3_0.jpg
範囲を広く設定したい場合は、同じ単位を二つ作り、一つに最小、もう一つに最大値を設定する。
この場合は16:00~18:59までの指定になる。
中心の≧≦を><に変えると入力した数を含まない範囲になるので
17:00~17:59のみの指定になる。
いちいち設定するのが面倒な場合、テンプレート登録をして自分で決めた時間や季節の範囲を保存しておくこともできる。

名前を覚えさせる/呼ばせる Edit

i_wiki-5.jpg
1.まず、設定から名前の変数を登録する。

変数名:何でもいいけど今回は人の名前として使うため「name」にした。
表示させる時本文でも使う文字列。

初期値:話し手が何も登録していない状態の時どう表示させるか。
○○に設定している所が多いが、ここでは未登録でも違和感がないように「あなた」にした。

コメント:変数についてのメモ的なもの。
変数名さえ分かりやすくしていれば書かなくてもOK

以上を書いて追加を押す。

2.次に、名前を入力させる回答を作る。
上の画像中心にある本のアイコンをタップして回答登録ページに移動して、「+応答追加」を押す。
i_wiki-6.jpg
するとこの画面になるので、名前を入れて欲しいという事を書く。
ここでは特に変数の設定は必要ない。

3.次に、名前が入力された後の回答を作る。
i_wiki-4.jpg
「if」「set」それぞれをタップすると入力欄が出るので
「if」には

リファラ = 任意の言葉 「行程2で設定したキーワード」

「set」では行程1で登録した変数名が選択できるようになっているので

name に 話された言葉 「」を入れる

といった形にする。
また、<[変数名]>でその変数に代入された言葉を表示するので、最終的に<[name]>で名前を呼ぶことができる。

 

会話画面ではこのままトップページに戻ってもらうと登録完了で一定期間保存される。
もちろん名前以外の事を覚えさせたければそのように応用すればOK

応用 Edit

他のモードを作る Edit

【スイッチ式】

今回は「嫌い」と言うと怒るスイッチを作る。(ほぼマニュアルと同じ)

1.変数を作る
s_ai-3.jpg
今回は怒るのでangryにした。

2.ONにする回答を作る
s_ai-1.jpg
set/「angry」に任意の言葉「ON」を入れる、という形にする。

3.OFFにする回答を作る
s_ai-4.jpg
set/「angry」に任意の言葉「」を入れる、という形にする。

4.ONの時の回答を作る
s_ai-2.jpg
if/angry=任意の言葉「ON」
(もしも変数「angry」に「ON」が入っていたらという意味)
OFFの時用の回答は特に変数の設定はいらない

これで同じワードでもangryがONの時とOFFの時で反応を変える事ができる。
(ただしOFFの時の単語しか登録されていなかったら怒っていてもそれがヒットする。これをヒットさせたくない場合は→?)
機嫌以外にも関係性を変える、酔っぱらう等応用して下さい。

特定の単語を話されたら会話をできなくさせる Edit

好感度機能を作り、好感度別に違う回答をヒットさせる Edit

回答別に文字や背景の色を変える・画像を二つ貼る等 Edit

特定のワードの背景色を変える
これ以外はHTMLというタグで行っているため割愛
参考サイト:タグの部屋(他サイトにジャンプします)






*1 登録されていない単語が話しかけられた時に分からないという旨を伝える回答(RA)。回答がランダムだろうとなかろうと未登録単語が話しかけられた時に表示される回答という意味で使われているので注意。