Top > vivere la vita
HTML convert time to 0.005 sec.


vivere la vita

Last-modified: 2017-10-01 (日) 03:28:53

vivere la vita
viverelavita.jpeg

DIFFICULTYEasyNormalHard
LEVEL147
NOTES145422756
BPM225
TIME2:02
COMPOSERSta
BOOKRayark selection Vol.1
 

ver.1.4追加曲。Rayark selection Vol.1の中で唯一後から加えられた楽曲である。

イタリア語で"vivere"は「生きる」の意味で、発音は「ヴィーヴェレ」。
一方"la vita"とは「いのち、人生、活力、 生きがい、生命の源」という意味。Vitamin(ビタミン)の語源で「ラ ヴィータ」と読む。

本楽曲はフランス系ポーランド人ピアニストであるショパン(Chopin)作曲、『ワルツ第6番"小犬のワルツ"変ニ長調 Op.64-1』のアレンジである。

また、CytusのChapter S-Symphonyにも収録されている。イラストのギャップがすごい・・・

Column:Chopinの生まれについて
 

ポイント

  • Hard
    叩きやすいタップと細かいスライドが交互に行き交う配置。中盤の同時押しが続く箇所の合間に複合が出てくるが、他は基本的に素直な譜面と言えよう。ただし他の曲と比べても早めのテンポなので、慣れない内は付いていけなくなることも。リズム感を大事にしよう。
     

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
  • cytusとdeemoでジャケットの方向性が違いすぎてびっくりする
  • ↓指摘が有りましたので、勝手ながらポーランドの所を編集させて頂きましたm(__)m
    • 攻略という点からして少々冗長&蛇足臭い感じがしたので、簡潔にしてColumnで枠をとりました。
  • ショパンはフランスではなくポーランドの作曲家ですよ
  • cytusだとイラスト殺し屋みたいで怖い
  • この曲、のれるとムチャ楽しい...!
  • 文頭が大文字じゃないのは何気にこれとキレイゴトだけなのか
  • 編集したはいいがタイトルの意味自信ない・・・
  • マンドラーwwww
  • ふう…やっとfcできた 細かい所で間違えてしまうから意外とむずい
  • この曲地味にキツイね…

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照