役職詳細/フランケンシュタインの怪物

Last-modified: 2019-04-05 (金) 12:08:08

概要 Edit

実験により作り出された強力な怪物。
村人陣営の役職が死ぬとその職業の役職を吸収して使えるようになる。
加えて自身が処刑で死ぬと、もう一人処刑する能力も持つ。

詳細 Edit

基本事項 Edit

陣営 Edit

村人陣営

勝利条件 Edit

村人陣営の勝利

占い・霊能結果 Edit

占い村人
霊能村人

能力 Edit

能力詳細 Edit

  • 村人陣営の役職が死ぬとその役職の能力を使えるようになる。
    吸収できるかどうかはその人の陣営(勝利条件)に依存する。
    (例:
    ・村人陣営の役職が恋人陣営になって死ぬとその役職の能力は吸収出来ない。
    誘惑する女狼の能力で誘惑された村人陣営だった役職が死んだ場合、能力は吸収出来ない。
    ・カウンセラーがカウンセリングした役職が死んだ場合には、その役職の能力も使えるようになる。
    カウンセリングされたニートが死んだ場合でも「投票しなくても突然死しない」という能力は吸収出来ないので注意。またカウンセリングした背徳者を吸収すると狐が死亡した時に自殺してしまう。)

  • 吸収できる能力の数に制限は無い。
    ・発動系の能力に限らず、共有者の会話や埋毒者の毒などの能力を吸収する。
    例外としてタフガイや呪われた者、プリンスなどの死亡耐性がある役職は吸収するが能力は発動しない。(参考:11566部屋
    ・犬や狼憑きなどを吸収しても占い師や霊能者からの判定は変更されない。
    ・フランケンがフランケンを吸収することはできない。
    ・能力を吸収出来るのはフランケンシュタインの怪物自身が生存している時のみ。
    蘇生された場合、自分が死んでいた間に死んだ他の役職の能力は吸収出来ない。
    老衰で死亡した老人をフランケンシュタインの怪物が吸収した際即座に老衰で死亡する。
  • 処刑で死ぬともう一人処刑を加えて行う。
    その場合、次の日の霊能結果は二人分出る。

  • フランケンが奴隷を吸収しても貴族の排除は不要だが、逆に貴族を吸収した時は自身が貴族判定で奴隷が負けになってしまう。
    • 奴隷貴族両方吸収した時は前者優先により自身が死ななくても勝利は可能。
  • 何らかの要因でフランケンシュタインから別の役職に変化した場合、変化するまでの間に吸収した能力は消滅しない。

能力使用の強制 Edit

強制能力を吸収しても任意

引用元 Edit

究極の人狼