Top > M1911A1


M1911A1

Last-modified: 2018-11-06 (火) 15:55:20

M1911A1 Edit

使用弾薬-.45ACP弾 装弾数-7+1発 重量-1.1kg(サプレッサー装着後1.3kg)
CQC-可 装備可能アクセサリー-★2よりサプレッサー シールドとの併用-可
威力-C 装填速度-早め 最大携行可能弾薬数-105発

説明 Edit

スネークイーター作戦時代からスネークが愛用している。
 
1911年にアメリカ軍に制式採用されため、軍用拳銃としての制式名称は「M1911」。後に1926年に改良が加えられたものは「M1911A1」の名が与えられた。
そして後継となるベレッタM92Fが制式採用される1985年まで、実に70年以上にわたって運用されたアメリカ軍の制式拳銃である(M92Fは現在では威力がない、と一部では非難の嵐だそうな)。
しかし、M1911を好んで使う兵士も多いとの事
 
使用弾はマン・ストッピング・パワーの高い「.45ACP弾」が使われている。
また、同じモデルが市場に出回っていることから射撃競技等でも多数のカスタム品が出ており、アメリカ人とは親しみが深い拳銃でもある。
 
ランク2でのサプレッサーは28発まで保つ。
ただし連射がそこそこ効いてしまうので、撃ちまくっているとすぐに壊れる点に注意すること。
 
余談だが、アーティストデモムービーでスネークが所持しているのが本銃だと思われる。