Top > 戦いの記録


戦いの記録

Last-modified: 2019-09-01 (日) 13:37:45

このページの目的 Edit

連合間の戦争を記録するところ、これにより連合の歴史としての記録も行えると思います。
資料としてご自由にお使いください。

規則 Edit

1:事実のみを記載してください。
2:書き込んだことにより発生した事件・事故について当wikiは責任を負いかねます。
3:書き込んだ後は当事者が責任をもって管理してください。

第一艦隊戦争 Edit

  • 戦争期間
    6月15日-6月21日
  • 係争国
    肉球連合 vs 第一艦隊
  • 指揮官
    猫の巣 vs アラメダ
  • 結果
    第一艦隊の全滅。アラメダの引退。(ただし、サブ垢は以後も残存、活動継続)
  • 原因

①、6月12日頃、第一艦隊の新規メンバー鳥居が、肉球連合メンバー所有のレベル0資源島を無断で占領。
②、肉球の当のメンバーから報告を受けた、肉球連合連合長猫の巣は、第一艦隊連合長アラメダに対して抗議。
しかし、多忙の為、アラメダはすぐには返答ができず。
③、6月15日、肉球連合、第一艦隊のメンバー全員に対して、総攻撃を開始。
④、直ちに第一艦隊は崩壊。また崩壊間際に内紛?鳥居は、以後、NFYに移籍。アラメダは引退。

  • 影響
    これだけが理由ではないが、この戦争をきっかけに新連合「護国の盾」(連合長アクイロニア)が発足。
    趣旨は、罪のないプレイヤーの保護、理不尽な侵略に対する徹底抗戦、そして武装中立、略奪禁止主義。
    第一艦隊からは真鶴が合流。
    またプリンストン(当時北天方面軍に所属、希望の資源垢)も、この戦争に憧れて連合「栄光の艦隊」を創設。ただし、東松島の入団により経営方針は真面目化。(希望自身は、しばらくしてから護国の盾に合流。)また、この時期、希望NavyForceしたらば掲示板と画像掲示板を創設。彼は次第に掲示板管理者として、多くの事件を戦争へと煽り、このゲームのネット世論を操作するようになる。彼がゲーム末期に画像掲示板を多用したのは、自身が管理者である為、事故が起きても十分に対処ができたからである。

貿易艦隊戦争 Edit

  • 戦争期間
    7月15日-7月25日
  • 係争国
    栄光の艦隊・北天方面軍 vs 貿易艦隊
  • 指揮官
    プリンストン(希望)・空間機甲師団 vs Luka
  • 背景
    栄光の艦隊連合長プリンストンのメインアカウント希望は、貿易艦隊の元構成員だった。
    また、希望は貿易艦隊をさほどには尊敬しておらず、特にニヴルヘイムにあまり好感を持ってはいなかった。
    そしてなによりも、ストレス解消目的に、また賑やかな行事をしてみたいという理由から、どこかの連合を潰してみたくなった。既に放置連合化していた貿易艦隊は、その対象としてちょうどよかろう、それが開戦の動機となる。
    希望が、略奪禁止規約のある護国の盾から、ほぼ自由行動容認の大東亜共栄圏に移籍したことで栄光の艦隊の使用可能戦力は倍増、計画は具体化した。

参照:http://rara.jp/glorious/

  • 経過

①7月10日
手始めに、栄光の艦隊は、貿易艦隊メンバーの枢軸軍を集団で攻撃開始、この時東松島(栄光の副GM、顧問)、栄光の艦隊より脱退。(理由は、約束の期間が経った為。当初から、短期間という約束で、彼は栄光の艦隊に入団し、彼らを支援していた。)

②7月12日頃
枢軸軍はこの時までに、明らかにゲームにINしなくなる。
組織的支援がまったくないことを見てとったプリンストンは、作戦を拡大し、貿易艦隊全体の攻撃を視野に。

③7月14日頃
希望硫黄島要塞と共に、Lukaを牽制攻撃。

④7月15日
栄光の艦隊、一斉に貿易艦隊全員に対して、攻撃開始。ただし、LukaHIMMELニブルヘイムの3名は
攻撃対象から外す。理由は、”寝た子を起こす”可能性がある為。宣戦布告は行われず。
また希望、大東亜共栄圏から出撃し、貿易艦隊のメンバーを背後から斬りつける。対する貿易艦隊では、おうのう一人だけが激しい反撃を繰り返したが、希望や後述するアルパカからも攻撃され翌日には退会、大東亜共栄圏に移籍する。

⑤7月16日
栄光の艦隊と同盟関係にあった北天方面軍、貿易艦隊に対して攻撃開始。大東亜共栄圏のアルパカ希望の要請で、貿易艦隊の各基地を攻撃。

⑥7月17日
貿易艦隊の組織的抵抗が微弱なことを見て取ったプリンストン、公式掲示板で正式に貿易艦隊に対して宣戦布告。理由は、貿易艦隊の連合長Lukaの港湾関税90%問題。プリンストンの主張、自分やメンバーの貿易船が突っ込んでしまい、逸失利益が発生した。弁償しろ。返答ない場合、開戦する。(実際は、こうした交渉の以前に既に栄光は組織的攻撃を始めていた。またプリンストン達は、Lukaの高額な港湾税率を知りつつ、開戦理由とする為、故意に船を送りつけていた。)

  • 結果
    貿易艦隊の無力化。9名のメンバーの脱退。栄光の艦隊の勝利宣言。

第13艦隊戦争 Edit

  • 戦争期間
    8月1日-8月12日
  • 係争国
    栄光の艦隊・北天方面軍・大銀河連邦軍・大日本連合艦隊 vs 第13独立艦隊
  • 指揮官
    プリンストン(希望)、空間機甲師団、弩級三笠、日海軍 vs 北部加野
  • 結果
    第13独立艦隊の無力化。メンバー7名脱退、一名長期休戦、13艦隊の艦艇約100隻沈没。
  • 原因

貿易艦隊戦争の末期から、第13独立艦隊のメンバー心神、栄光のメンバーF226に無断偵察を頻発させる。
と同時に、公式掲示板で何度か挑発的な発言。

  • 経過

①7月
件の行為に対して、プリンストン、二度の心神宛の警告メール。7月31日にその属する連合の連合長北部加野に対しても、同種の警告。(経緯は、以下チャットルームを参照)

②8月1日
北部加野の無回答を以って、栄光の艦隊・北天方面軍は、連名で第13独立艦隊に対して宣戦を布告。
ただし、同日、なな硫黄島要塞ら、大東亜共栄圏・極東艦隊等のメンバー大勢がKulightの許可の下、第13独立艦隊に加担して、栄光の艦隊攻撃を企画。プリンストンのメイン垢で、既に大東亜のメンバーとなっていた希望は、事実(希望=プリンストン)を打ち明け、あわててこれを制止。

③8月2日
大日本連合艦隊、同盟により栄光の艦隊に加担して、第13独立艦隊を攻撃開始。

④8月4日
大銀河連合軍、同じく第13独立艦隊を攻撃開始。

  • 影響
    栄光の艦隊の起こしてきた一連の戦争によって、宣戦布告公式のイベントとしての連合間戦争は、このゲーム内に新しい習慣として定着。

護国の盾の滅亡 Edit

  • 戦争期間
    8月14日-8月20日頃(アクイロニア引退の為組織的な戦闘は不発。掃討戦は、以後も長く継続)
  • 係争国
    大東亜共栄圏・極東艦隊・TTH・栄光の艦隊・独立国家 vs 護国の盾(+肉球連合の元メンバー)
  • 背景
    連合ランキング一位の大東亜共栄圏と、二位でポイント急上昇中の護国の盾は、7月後半から互いを意識、対立は始まった。また大東亜のメンバーの何名か(希望硫黄島要塞ら)は、護国攻撃を提案、7月までには、幹部会議で護国の盾と肉球連合の攻撃が決定。
  • 水面下
    スパイ合戦
    大東亜共栄圏幹部ななの友人、UTOPIA連合長でありこのwikiの管理人でもある第0艦隊司令は、スパイとしてサブアカウント黒タマネギを護国の盾に送り込む。一方、大東亜メンバーの希望も6月より護国の盾に在籍していた資源用アカウントヴァンガードをスパイとして、消極運用開始。
  • 希望
    一方で、希望はサブアカウントのレンジャーより、護国の盾連合長アクイロニアに、大東亜陣営の攻撃計画を雑談チャットのスクリーンショットと共に密告。(参照:http://game.harikonotora.net/r/2694/希望ヴァンガードは、それぞれ一度ずつ、全体チャット上で双方の対立を煽る発言。さらには、8月はじめ、同じく希望のサブアカウントパシフィック、偵察機を量産し(600機)、アクイロニアトリトンsakaiら護国の盾の主力メンバー5名をステルス偵察。その日の護国の盾のチャットは大騒ぎに。争いの種はまかれた。
  • 平和チャット
    こうした動きに危惧したアクイロニアは自陣営の強化・及びに宣伝の為、「平和チャット」を創設。趣旨は、連合外の支持者を得ること、護国の盾の結成趣旨への理解を募ることであった。しかし、大東亜のメンバーがチャットに乱入して茶々を入れる等事件が多発。一方護国の盾の管理姿勢も作為的で、プロパガンダ的な運用であったためそれを大東亜に指摘される。結果、チャットは数日で閉鎖し両陣営の対立はさらに先鋭化することとなった。
  • 戦争までの経緯
    大東亜の開戦の口実は、こちらを参照。(リンクが機能してなかったためブラ銀経由)
    なお、同時に肉球連合への布告も提案されていたが直前になり肉球が解散したために取り消しとなった、この規模の戦争はNF史上初めてなので第1次NF大戦とも呼ばれることがある。
  • アクイロニアの引退
    希望の裏切り等で当初から多少ゲームに嫌気がさしていたアクイロニアは、さらに戦闘をしても数的にも経験的にも不利なこと、仮に勝っても相手のゲーム上からの抹殺は難しそうなこと、大同盟の構築も考えたがNFY、ミスリル、地球統合政府の連合長がどれも不在なこと、などから、開戦前に既に戦意を喪失。当初は、9月に大東亜共栄圏への奇襲攻撃も企画したが、硫黄島要塞のミスにより雑談チャット上で8月15日における大東亜組の開戦案を聞いて断念。不利な長期間の戦いより、他ゲームへの連合を挙げての移住を選択。
    時を同じくしてあしやがテンプルナイツを設立する。
  • 大東亜系同盟軍
    既に雑談チャットを通じて輪を組んでいた、大東亜共栄圏、極東艦隊、TTHに、希望(大東亜構成員)の私兵連合として栄光の艦隊が加わり、さらにkuraを通じて独立国家も参加、五大連合軍が結成される。さらには硫黄島要塞を通じて、大日本連合艦隊とその同盟5連合の参戦も予定されていたが、既に護国の事実上の解散計画は漏れていた為に、脅威は低下したと判断。さらに日海軍は、公式掲示板で朱成虎なる何者かに激しく罵られ失態、一時的に評判は失墜。混沌会議室でも失笑の種となり、戦後のバランスや風評を気にした大東亜陣営では、彼ら(日海軍ら)の同盟軍からの除外を決定。(希望の提案)8月13日、プリンストン希望のサブ垢・栄光の艦隊連合長)は、日海軍に高姿勢で冷たくそれを通達。同盟軍は、5連合のみとなる。
  • 宣戦布告と戦況推移
    前述の硫黄島要塞のミスによる情報漏洩を受けて、大東亜陣営では開戦日を繰り上げて8月14日に護国の盾に宣戦を布告。ただし、アクイロニアトリトン達は既に引退&移住済みな為、護国側の組織的抵抗は概して見られず、反撃は散発的・個人的であった。
    反撃したメンバーとしては聖フィリアコウ日本?toubu新第三東京市ら達が激しく抵抗した。
  • 肉球連合の解散
    なお、この戦争の直前、大東亜の攻勢を察知して護国の盾と連携していた肉球連合が解散した。当初、肉球連合長猫の巣は反撃を企画したが、アクイロニアが戦意を喪失して移住を勧めていること、8月13日に不可侵条約を結んでいた栄光の艦隊が心神問題を口実に破棄し、ばかりか攻撃する姿勢を見せた為、(栄光の掲示板上には護国や肉球の秘密島情報が列挙された。猫の巣は、友人を通じてそれを察知)ショックを受けて、連合の解散を決定。8月14日に肉球連合は公に解散しその活動に幕を閉じた。
  • 影響
    この戦争の以前に、大東亜陣営は、「NF混沌化計画」という名称の陣営幹部会議室を創設。当時から1位であった大東亜の優勢を保つために脅威となりうる連合を予め攻撃して潰しておこうという思考の元で、大東亜系各連合の幹部メンバーによって毎日のように作戦会議が行われていた。以後、脅威潰しは彼らの習慣となり、次のテンプルナイツ戦に繋がっていく事となった。
    終戦直後よりテンプルナイツ攻撃計画は存在しており、後はタイミングを待つだけであった。
  • したらば
    なお、この戦争の前後、したらば掲示板において最も激しくアクイロニアへの誹謗をしたのはナオスカであった。ただし、掲示板管理者希望は目的によって、必要に応じて、敵味方相互の立場でプロキシを使ってIDを変えながら自作自演的な投稿を繰り返し、常に自分の持っていきたい方向に世論を誘導していた。したらば掲示板の投稿の少なくとも4割は、希望本人の匿名での投稿であった。彼が常に強気だったのは、メイン垢が大東亜共栄圏に所属していたり、サブ垢で栄光の艦隊を経営していただけでなく、ゲーム世論の中心地のひとつ、したらばを自在に統制できたからである。

テンプルナイツ戦争 Edit

  • 戦争期間
    極東艦隊・TTHの侵攻 8月22日-
    大東亜共栄圏の参戦 9月24日-
    終戦 9月27日(両者講和)
    (ただし、大東亜共栄圏の主力層は一部を除き、8月から極東艦隊側で義勇参戦)
  • 係争国
    テンプルナイツ vs 極東艦隊・TTH・大東亜共栄圏・鋼鉄の咆哮・地球連邦軍
  • 背景
    護国の盾滅亡後、大東亜陣営の幹部用チャットルーム「NF混沌化計画会議室」では次の攻撃対象を模索していた。
    何名かはスパイによって護国とのつながりが発覚していたテンプルナイツ攻撃を提案、それ以外に様子見すっかは、大東亜陣営内での模擬戦開催を提案、そしてななは、2、3か月おきに台頭してきた新興連合への侵攻を提案、そして希望は、テンプルナイツ及びに余力があれば大銀河連邦軍、さらに大日本連合艦隊への順次攻撃を提案。というように様々な意見が出ていた。それらを受けて、第0艦隊司令希望はそれぞれ別個に、次期攻撃目標になるであろうテンプルナイツにスパイとしてサブ垢、黒タマネギパシフィック(この時点ではスパイだと公表していないのでこの表現には語彙がありますが形式上)を投入する、しかしそうした中で偶発的事件が発生する(後述のパシフィック事件参照)。事件発生前までは、テンプルナイツへの侵攻の口実をどうするかについても議論があった。何名かは戦犯隠匿(護国からの亡命者)に対する追撃を主張。ちょうど護国の盾滅亡前、アクイロニアはネイビーフォースをあくまで続けたい人は、テンプルナイツに入るように、と遺言してあしやは受け入れる態勢を整えていた。しかし実際にこの時点では護国からの脱退者・移籍者はいたものの主力メンバーは護国に留まっており、実際には主力で無いメンバー数名の移籍者しかいなかった為にそれを侵攻理由にはしにくかった。余談であるが大東亜陣営では自分達の圧倒的状況を見て「天麩羅揚げ祭り」と言う等とかなり余裕があった。
  • パシフィック事件
    希望のサブアカウントパシフィックは、テンプルナイツに潜入以前、ミスリルに所属していた。
    そして、8月22日には、ミスリルのチャットルームで、各地を偵察してみらいほのぼの模型店達と遊んでいた。そこで、みらいの要請を受けて、あしやを偵察。その後、事件が発生。偶然同時刻hanakusoパシフィックとは別人)が、TTH副連合長SONAXを偵察して、画像を公式掲示板に掲載。TTH、極東艦隊の疑いの目はパシフィックに向く。(ただし、この時点で希望パシフィックの事実を知る者は本人のみ)
  • 無差別テロ宣言
    この事件の以前からテンプルナイツへの侵攻も一考していたSONAXは、パシフィックがテンプルナイツ所属であったことを利用して公式掲示板で報復を宣言。テンプルナイツの連合としての責任の所在が明確ではない為にhansoをいぶりだそうとヨーロッパでの無差別攻撃の実施を宣言。(ただし、内々ではテンプルナイツメンバーのみを攻撃することで合意していた。)
  • 調停
    極東艦隊メンバー八百万とテンプルナイツ連合長あしやは調停を模索。それらを受けて、パシフィックは公式掲示板に出頭して、弁明を行い、紛らわしい自身の立場については陳謝。ただし、大元は大東亜共栄圏の希望のサブアカウントの為に穏便に解決する意志はもとより希薄であった、結果的に両者の対立を煽ってしまい極東艦隊・TTHはその日のうちにテンプルナイツに対して宣戦布告、侵攻を開始。
  • 希望の背信
    パシフィックはテンプルナイツのチャット上で致命的なミスを犯してしまった。油断をしてカニチャットでのIP記号を黒タマネギに知られてしまったのである。しかし実際の黒タマネギはこの時点で主にイン情報しか流しておらず、希望=パシフィックに気がつき報告を入れたのは大東亜介入の数日前であった。
    この時点でバレたと判断した希望は、大東亜陣営への反逆を企画する。
  • 9月同盟
    希望プリンストン)は、大東亜陣営参加以後、軽視し疎遠にしていた大銀河連邦軍、大日本連合艦隊の弩級三笠日海軍らとヨリを戻し、彼らを説き伏せ極秘裏に同盟を再締結、テンプルナイツ救援軍を組織して9月2日に5連合が大東亜共栄圏等を襲う秘密企が策定され、全連合はこれに合意。同時に希望あしやと内通を開始する。また、この頃、希望したらば掲示板管理者として、大東亜共栄圏のトップランカーだったななをその強大な戦力を恐れて中傷し、おそらくななを引退に追い込む。
  • 希望と大日本連合艦隊
    大東亜共栄圏の連合員だった希望は、事件から日が経つと次第に内通を小規模化。大東亜での恩も思い出し大東亜陣営への復帰も検討、9月同盟の参戦予定は取り消しにした。そうした中で大日本連合艦隊の日海軍を巡り事件発生する。したらばの書き込みを巡り、UTOPIAに悪感情を持つ日海軍は、栄光・銀河の支援を取り付ける為、10月11日頃「UTOPIAによる栄光、銀河、アフリカ機構への侵攻計画」を通報。後に、この主張は捏造もしくは誤報とわかるが、あわてた希望は再び大東亜陣営との対決を思案。
  • 大東亜共栄圏の参戦準備
    これより先、10月初め、長期化が続く両陣営の戦争に関し、希望は大東亜共栄圏連合長kulightに低IN率メンバー保護の為(この頃テンプルナイツは大東亜共栄圏の未参戦の放置的なメンバーも多少襲い始めていた)、対テンプルナイツ戦への正式参戦をそれとなく提案。半日の思案の末にkulightは参戦を決意、9月24日を開戦日と決定。ただし、上述のUTOPIA事件が起こると希望は自衛の為、それをあしやに漏らしてしまう。さらには、ななが放置とわかると秘密島全ての奪取もあしやに提案。彼女の秘密島は、その日のうちにテンプルナイツによって、5箇所とも全て奪われる。また当時希望のサブ垢となっていた文々。新聞社(大東亜共栄圏所属)をあしやに貸与。また希望は大東亜共栄圏内の放置リストや、当時新たにテンプルナイツ内でスパイ活動中であった無敵艦隊基地のIPアドレスをあしやに画像と共に提出、非常な苦労の末、テンプルナイツ内では、彼のサブアカウントが9月26日に特定されていた。
  • 新興三連合
    この頃、日海軍の大日本連合艦隊は、5連合での同盟を主催。大日本連合艦隊傘下に入っていた多数の小中規模の連合や栄光や銀河も加盟していた連合で、当初は中小連合の寄り合い所帯だった。しかし、次第にその加盟連合が大規模化。最初は栄光の艦隊が、続いて大銀河連合軍が、最後に大日本連合艦隊が、ゲーム内の連合ランキング表の1ページ目に到達。そうした中で、前述したUTOPIAを巡る事件が発生。怒った栄光の艦隊の連合長プリンストンは、根回しの末、チャットで日海軍を追求、弩級三笠(大銀河連邦軍)、ババンボ族(アフリカ機構)と共に、大日本連合艦隊との同盟解消を通告する。が、その後、プリンストンは時期を弁えぬ報復をしてしまう。大東亜共栄圏内のメインアカウント希望を以って、徹底的に大日本連合艦隊所属の諸メンバーの基地を砲撃。一方であしやには、銀河や大日本らと共に極力連帯を組むように提案。結果、その数日後、プリンストンの解体したはずの同盟は、あしやの承諾下に栄光を除いた形で再結成される。(主軸は、極東連合、大銀河連合軍、大日本連合艦隊の三連合)そのうえで、銀河と極東連合の両者は、翌日、栄光の艦隊との同盟破棄を公式掲示板で通告。
  • 同盟交渉
    一方、大東亜共栄圏も、高IN率で新進気鋭のテンプルナイツとの、必ずしも数的にも有利ではなくなっていた戦いに備える為、同盟相手を模索する。まず、ちょうど元絶滅艦隊のソニードが鋼鉄の咆哮に所属してネタ事件を起こしたのをきっかけに、硫黄島要塞がその調停の席で大東亜との同盟を提案、成立する。また、希望ななの秘密島事件をきっかけに地球連邦軍に接近。彼女に「恩」を感じていたノリントン提督ブライトン基地)を説得。ここに、大東亜共栄圏は、鋼鉄の咆哮、ならびに地球連邦軍という二つの新しい同盟連合を得る。

(他方、ソニードは直後鋼鉄の咆哮を追放され、以前から関係のあったアラビアを通じて、明日への扉に入団する。ところで、アラビア希望のサブアカウントで、明日への扉は希望が彼らとの関係を維持する為に作った連合だった。)

  • 大東亜共栄圏の宣戦布告
    こうした根回しを終えて見かけの上では開戦準備の整った大東亜共栄圏は、かねてからの予定通り、9月24日にテンプルナイツに対して宣戦を布告する。しかし、開戦日はもとよりその時刻まで、テンプル側は希望を通じて熟知しており、組織的に計画通りにそれに対応する。テンプルナイツは、大東亜の開戦と同時に、一斉にその同盟連合の地球連邦軍を攻撃開始。猛攻を受けたノリントン提督は、大東亜側に哀訴、許可を受けて、翌日には戦線から脱落、テンプルナイツとの単独講和を結んでしまう。
  • 戦況推移
    開戦より主な戦場はヨーロッパ・アジアとなった。
    終始テンプルナイツ側の士気が高く予め侵略計画も整っていたためにかなりの善戦、しかし大東亜陣営は元から高い軍事力があった為に戦況は終始こう着状態であった。
  • 参考資料 
    こちらを参照。
    ちなみに容疑者のパシフィック氏は全体チャットにて無罪を主張していた。

大東亜共栄圏・テンプルナイツ戦争 Edit

  • 戦争期間
    9月25日(大東亜側宣戦布告)~9月25日(テンプルナイツ側宣戦布告)~9月27日終戦
  • 参加陣営(開戦時)
  • 大東亜陣営
    大東亜共栄圏
    鋼鉄の咆哮
    地球連邦軍
  • テンプルナイツ陣営
    テンプルナイツ
    義勇兵(上記)
  • 戦争までの経緯
    上記のTTH・テンプルナイツ戦争の延長戦とも言える戦争であり、一部からは第2次NF大戦とも呼ばれた。
    上記の戦いにて大東亜所属隊員がTTH陣営に複数名(10人程度?)義勇兵として参戦。
    これに対するテンプル側の反撃が義勇兵として参加していない大東亜所属隊員に加えられた為、それの報復と大東亜長官は宣言しての参戦となった。
  • 戦況推移
    開戦直後に地球連邦軍は大東亜共栄圏との攻守同盟破棄を宣言、テンプルナイツとの休戦条約を締結。
    数日後、大日本連合艦隊からの情報通達で大規模な栄光の艦隊の謀略が発覚、両陣営は事態収拾の為に休戦を締結、そのまま終戦となった。

大銀河連邦軍・栄光の艦隊戦争 Edit

  • 戦争期間
    10月1日(大銀河側布告・栄光側受諾)~終戦日不明(両軍からの発表無しだが希望氏引退の為)
  • 参加陣営(カッコ付きは形式上一応乗せているだけで現在は関係ありません)
  • 大銀河陣営
    大銀河連邦軍
    大日本連合艦隊
    極東連合
  • 栄光陣営
    栄光の艦隊
    (双頭の鷲)
    (GOAT)
  • 戦争までの経緯
    大東亜・護国戦争時前後から存在していた栄光同盟内部の紛争、前回の大東亜・テンプル戦争時において栄光の艦隊がダブルバインド(多重外交)による様々な矛盾を起こした結果、同盟の内部から批判が起きてしまい、その結果同盟は解散、戦後の処理が甘かったのかそのまま栄光への責任追及も含めて戦争となった。
  • 現状
    双頭の鷲、GOATは大銀河側の布告直後に、栄光とは関係が無いことを宣言したため現在は栄光陣営からは外れている。
    また、GOATは開戦翌日独立宣言を行い完全に中立の立場を取った。

テンプルナイツ・地球連邦軍(EFF)戦争 Edit

  • 戦争期間
    10月8日(テンプル側布告・EEF側抗議)~同月15日地球連邦軍解散(組織的な戦闘は終了?)~同月20日両陣営より正式な終戦発表。
  • 参加陣営
  • テンプル陣営
    テンプルナイツ
  • EFF陣営
    地球連邦軍
  • 戦争までの経緯
    こちらを参照。
  • 現状
    10月14日に地球連邦軍が解散宣言を発表。即日解散された。
    その後同月20日に両陣営より正式な終戦が発表された。

今更な事実 Edit

ここまではおそらく希望の主観だったが、希望の知らない真実を書いておく。
まず、ななの引退であるが、これはただの”ゲームへの飽き ”である。
そもそも、したらば自体は一部の人しか閲覧しておらず、公式掲示板や、NFチャットなどが主流であり、
関係はなかった。
また、大東亜の衰退の原因も主要メンバーが飽きたからである。現に連合長官ななてんウサなどは引退となっていた。硫黄島要塞自体も最後には空っぽであった。
これは夏の後半からであるが、その後もそれなりに維持できたのはこれらのメンバーがあらゆる実験結果をまとめ、他連合よりもかなり高度なノウハウを積んでいたからであろう。
また、希望のことが表になる前に大東亜主要メンバーによる潰しの計画はあった。
これは未遂に終わったが、原因はただの希望のおっちょこちょいである。
事細かく書くと下記のようである。
ななが護国またはテンプルのことを"バカ"とチャット内で発言した。
ななが一度、用事で席をたったあと、希望が自分のことをバカと呼ばれたと勘違いし、
 ななの誹謗中傷する。
あとは、予想して頂けると思うが、帰ってきたななはもちろんお怒りである。
そこで、一度ななと他1名で連合を脱退し、希望の引き渡しを条件に宣戦布告するつもりだったとのこと。
大人げないということで、結局はお流れになったのだが。
また、希望は連合内であまり評判が良くなかったのも事実である。

今更ながらすごいどうでもいいこと Edit

第0艦隊司令のスパイ垢である「黒タマネギ」はの元ネタは「パタリロ!」という作品に出てくるモブである、表向きは各国家の中央機関に勤務する便利屋(要は雑用)であるが裏ではとりあえず情報を収集するスパイ、という設定である。
雑用係りなので怪しまれないというすごい適当な設定なのである。
本人は誰かが気が付いてたらやばいと思いながらこの名前を採用、誰も知らなかったようで名前につっこまれなかったことが少し寂しかったらしい。
(と本人が今更書き込んでいます。)

・そして「UTOPIA」がアフリカ統一する、とかいう事件について説明しておきますと。
「UTOPIA」は表面上では中立なのでそれを利用して過疎化の進むアフリカ主体の連合を全て1つにまとめてこれから起こることが予想されていた戦争(大東亜VSテンプル)の両方の陣営に対して中立を取り最悪でもスポンサーである大東亜の敵サイドに着かせないことを目的に考えられた計画であり武力は一切使わずに第0艦隊司令の外交能力だけが試された作戦でした。
おそらく連合チャットにはそう書いたつもりだったのですが誤解されてしまったようです。

・したらばの書き込みについて。
あれは挨拶もなしに突然「同盟結んでください^^」と言われてさすがに失礼だと思いましたので名前を伏せて晒したつもりでした。
確かにこちらに非がありましたが外交の手順をしっかり踏まえてもらえていればまた別の対応をしたかもしれません。

・したらばの謎の書き込み
今回の戦争と今後の連合の有り方について。
というスレの1は自分(第0艦隊司令)です。
そりゃ内側知ってるんでどちらの陣営の長点欠点は簡単に上げられますよ。

などと今更ドヤ顔で書く管理人でしたとさ、めでたしめでたし。

あと、今2月ですがあけましておめでとうございます(

コメント欄 Edit

  • 新設ありがとうございます。積極的に利用されるといいですね♪ -- 弩級? 2011-08-10 (水) 16:53:25
  • 報告お疲れさまです。いつの間にこんなことが起きていたとは・・・戦力を増強せねば・・・ -- 第一独立基地? 2011-08-21 (日) 01:12:59
  • 報告お疲れさまです。また戦争か・・・変な言い方だけど、仲良く戦争してほしいね・・・ -- 第一独立基地? 2011-08-28 (日) 13:13:40
  • 更新させて頂きました。拙い腕ですので中立の立場から改良等願います -- 2011-09-25 (日) 20:53:21
  • 報告お疲れ様です~ -- 第一独立基地? 2011-10-02 (日) 13:01:38
  • TTHvsテンプルは9月27日で終戦してます。 -- 旭日島? 2011-10-05 (水) 23:45:16
  • ↑反映しました。 -- 管理人? 2011-10-06 (木) 14:24:14
  • 報告、お疲れ様です・・・ややこしい状況になってますね。 -- 第一独立基地? 2011-10-09 (日) 11:41:06
  • 何かテンプルナイツに触れている部分が削除されているような… -- 2011-10-16 (日) 23:50:29
  • 前も大東亜とか地球連邦の表記も消されてたし、管理人氏か当事者が(意図的に)消したんじゃないのか? -- 2011-10-17 (月) 23:29:00
  • それじゃあココの意味が… -- 2011-10-18 (火) 22:20:25
  • ふと突然思い出して見てみたが、実際の帝国主義戦争より戦争らしい事をしてたのな… -- アラメダ? 2014-03-10 (月) 16:28:14
  • もう一回やりたいなぁ -- 88956? 2014-03-15 (土) 00:38:15
  • あー、そういえば共同でのアフリカ統一同盟とかそんな話もあったなー。なつかしwwww -- ババンボ族? 2015-04-04 (土) 06:37:54
  • 懐かしい。この頃はXPのデスクトップでブラゲしてた高校生が、いまやスマホでシャンシャンするサラリーマンですよ… -- 南部海洋基地? 2019-09-01 (日) 13:37:45

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White