Top > 初心者ガイド

初心者ガイド

Last-modified: 2018-09-15 (土) 11:38:34

始めたばかりの新米マネージャーへのススメ Edit

まずはゲーム内FAQ(※画面右上のHELPアイコン)に必ず目を通しましょう!

WIKI内のは主に補足です。

メンテナンス開始&終了やその他お知らせにもキッチリ目を通しましょう。
メンテ前や後の注意事項や、イベント毎の注意事項が書かれております。


これから始める人に Edit

どこのプラットフォーム(PF)で始めたら良い? Edit

2018年9月現在、6つのPF(Yahoo!MobagemixiゲームニコニコアプリハンゲームゲソてんBRABRAゲームズ)においてサービス提供中です。
ゲソてんとBRABRAゲームズは同一のサーバですが、それ以外のPFはそれぞれ別サーバで運営されており、サーバごとのデータ連携はありません。
ゲームの内容は一部を除いて(※1)共通です。
これから始める場合、先行組との資産差やステータス差(※2)の観点から
もっともプレイヤー数の少ないサーバであるゲソてんもしくはBRABRAゲームズで始めるのがオススメです。
上記2つのPFであれば、提供されているゲームが多いなどPFとしてより充実しているゲソてんがオススメです。

※1.ニコニコアプリ版はPFの規制が緩いため、他の4PFと比較して
オフィス会話(過去にはコスチュームも)がやや過激な表現となっています(通称ニコ差分)。
当wikiでは、カード情報にニコニコアプリ版とそれ以外のPF版それぞれの
オフィス会話が掲載されていますので比較してみるのも良いでしょう。
※2.Yahoo!Mobage、mixiゲームの2014年2月以前(新星リングドリーム以前)からのプレイヤーは
以降のプレイヤーよりも旧スカウトエリア&衣装コンプボーナス分ステータスポイントが多いです(最大200ほど)。
2018年9月時点では、新星リングドリーム以降開始のプレイヤーがステータスポイントで追いつく事は出来ません。

新星後の開始でステータスの総ポイントに差がなく
ゲソてん・BRABRAゲームズの次にプレイヤー数が少ないハンゲームが次点、
前述のニコ差分に興味があるならニコニコアプリがお勧めです。

最初期からでプレイヤーが最も多いYahoo!Mobage
アクティブなプレイヤーが多いmixiゲームは、
前述のステータスポイント含め既存プレイヤーとの資産差が大きいので積極的にはお勧めしません。
友人と一緒に遊びたい、新しいPFのアカウントを作りたくない、コラボ先のゲームと同じPFで遊びたい、
あえて厳しい環境で上を目指したいなどの理由があれば選択肢にあげても良いでしょう。

参考:直近のランキングイベントの結果

チュートリアル Edit

オススメの属性は? Edit

初期選択の属性で配布されるレスラースカウト時に獲得できるコスチュームに違いがありますが、
デッキ編成に制限はないので、直感や見た目の好みで選んで差し支えありません。
属性による違いについて詳しくはFAQを参照してください。

 

2017年7月以降(正確な時期は不明)に開始したユーザーは
選択属性に応じて下記のレスラーが☆2まで特訓された状態で獲得できます。

属性初期獲得VRレスラー特徴
 熱血ヴァンプ鈴森【3rd】投・極・空が高めの攻撃型
LvMAX時※
(☆1 攻撃力57,600/防御力19,800)
(☆4 攻撃力72,600/防御力28,800)
 クール雪女【4th】打撃特化の攻撃型
LvMAX時※
(☆1 攻撃力58,000/防御力19,800)
(☆4 攻撃力73,000/防御力28,800)
 アイドルラズベリー咲川【3rd】極・空に優れた防御型
LvMAX時※
(☆1 攻撃力19,500/防御力56,000)
(☆4 攻撃力28,500/防御力71,000)

※絆等の引継ぎがない能力値、育成によっては差異あり

 

また、2018年4月26日メンテナンス以降に開始したユーザーには
選択属性に応じて防御型で統一された下記の【6th Edition】仕様レスラーが配布されます。

属性初期配布VRレスラー特徴
 熱血メアリ・ノートン【6th】投・打・空が高めの防御型
LvMAX時※
(☆1 攻撃力25,100/防御力76,100)
(☆4 攻撃力34,100/防御力91,100)
 クール琴無 千鶴【6th】極・打に優れた防御型
LvMAX時※
(☆1 攻撃力25,100/防御力76,100)
(☆4 攻撃力34,100/防御力91,100)
 アイドル小早川 ぽひ【6th】極・空に優れた防御型
LvMAX時※
(☆1 攻撃力25,100/防御力76,100)
(☆4 攻撃力34,100/防御力91,100)

※絆等の引継ぎがない能力値、育成によっては差異あり

本編 Edit

途中からでストーリーや登場人物がよく分からない Edit

シナリオアーカイブ機能により、過去のイベント等でのストーリーを振り返る事が出来ます。

ゲーム画面下部(INFORMATIONのさらに下)より「これまでのリング☆ドリーム」が閲覧可能です。
最初期から比較的最近の物語(※随時更新)までが収録されています。

また、当wikiに掲載されている組織図も相関把握の一助になるかもしれません。

まず何をすればいいの? Edit

通常スカウトを進めることによるボーナスptの獲得と、遠征による戦力確保。
ボーナスptはLvUPごとに3、通常スカウトの1エリア達成ごとに1、コスチュームコンプリート時(各セット初回のみ)に3、フレンド数1人ごとに3増えます。

  • スカウト道中で入手できるレスラーや資金は練習・特訓に用い、友情ptは新しいレスラーを入手できるガチャに使えます。
    そしてEXPを貯めてレベルが上がれば行動pt・攻撃pt・防御ptが割り振れて、進め易くなります。
    最初はボーナスptは全て行動ptへ(レベルアップによる全回復の恩恵が最も大きく、早く次のレベルへ行け、なおかつ睡眠や外出などによるカンストのロスが少なくなるため)
    ある程度振ったら攻撃ptに15単位で振っていくのがいいでしょう。
    防御ptは本格的にイベントに参加したくなったら一気に振りましょう。

    スカウト中、手強い強豪やエリアボスに遭遇する事があります。
    詰まったら突破するために戦力増強! 練習や特訓で手持ちのレスラー達を鍛えてみましょう。
    エリアボス戦では回復スプレーを消費することによって自分の体力を回復できますが、
    敗北時のペナルティはないので回復せずにそのまま負けてエースレスラーを強化してから再挑戦しましょう。
  • 遠征では、レアリティの高いレスラーや有用なアイテムが入手できます。
    日本→東京の遠征は未育成のノーマルカード5人で遠征しても100%成功します。
    コレを利用してVR友野なるみ等を確保すれば、序盤から有利に進めることができます。
    遠征に出したレスラーは多少経験値を得ることができますので、友野取る→その友野で遠征すれば友情・資金が無い序盤をかなり有利に進めることが出来るでしょう。

慣れて余裕ができたら少しずつ行動の幅も広がるはずです。

  • イベントに参加するのもいいでしょう。
    画面右上のバナーをクリックすることでイベントのページが開きます。
    そこから特設スカウトに入ることが出来ます。
    (イベントによっては特設スカウトが無い場合もあります、詳しくはゲーム内のお知らせイベント編参照)
    特設スカウトをクリアする事で、リンドリの魅力である毎日更新のストーリーを見ることができ、更にボスバトル勝利でアイテムやカードをゲットする事が出来ます。
  • レスラー名鑑を埋めてみたり、各スカウトのコンプリートを目指す。
    (条件を満たすとレスラーの所持枠が増えます)
  • コスチューム収集で試合に参加してもいいでしょう。
    (各種コスチュームをコンプリートするごとにボーナスptが増えます)
  • フレンドや団体を探すなど他のプレイヤーとの交流を広げてもいいでしょう。
    (設備による練習効率やスカウト時の確率上昇、強敵との試合に助っ人として援護してもらえます)

カード編 Edit

入手しておきたいおすすめのカードって何? Edit

原則として、同じレアリティならばコストが高いほど能力値も高くなります。

UR/VR/SRの比較としては、一部例外もありますが、大まかな強さは以下の様な感じです。
VR(コスト28以上)>UR(コスト26)>VR(コスト26~22)≧UR(コスト20,21)>VR(コスト21以下)≧SR(コスト20)>VR(コスト16以下)>その他SR(コスト18以下)

URは出現率が低く、あまり配付もされない為、基本的には同一VRを4枚以上入手していくのが戦力強化に繋がります。
課金が可能な場合、福袋やドリームガチャ等で一気に揃えられれば、強豪戦などでゲームを楽に進める事ができます。

ログインボーナスやイベント報酬で入手頻度の高いコスト20のSRはVRの主戦力が整うまでは充分な戦力となるので集めると良いでしょう。
新しいカードの場合、数値が後述の「雨宮 月(VR)」や「プロミネンス加藤(VR)」を上回るものもあります。

コスト16以下のVRは、現在のコスト20のSRよりやや劣るパラメーターになりますが
遠征で複数枚入手可能なので、序盤はこれらのカードを戦力として育てるのもオススメです。

以下は安定して集める事が出来るオススメカードの一覧です。4直MAX等の意味はFAQ参照

名前オススメ度主な入手場所説明
初期配布VR【6th Edition】
メアリ千鶴ぽひ
★★★★★初期配布
イベント報酬など
2018年4月28日以降の初期配布となる【6th Edition】レスラー。
第一線で使える防御型のカード。序盤からデッキに組むにはコストが重いが、総攻防力は高い。
ある程度カードが揃ってきたらアイテム(スプレー・ドリンク)を使用してでも積極的に取りにいきたい。
キラーカードのSR★★★★ログインボーナス
イベント報酬
福袋
開催中イベントのキラーカードになっているSR。
ダメージ×2のキラー効果発揮時はコスト34のVRに相当する能力。
キラー効果終了後もデッキ・控えと長く活躍できるので、序盤~中盤はこれを☆4まで育成するのがデッキ強化のメインとなる。
SR(コスト20)★★★イベント報酬
ドリームガチャなど
イベント報酬などで複数入手できるコスト20のSR。
同じコスト20でも能力にはばらつきがあり、同名のVRのコストが大きいカードのほうが能力が高い。
コスト34のVRと同名のSRは、コスト20のVR並の能力を秘めているので積極的に集めたい所。
雨宮 月(VR)★★★「遠征」
日本・東京
☆1MAXが25000台の防御型VR。
獲得しやすいのが◎。戦力を手軽に増強するならば4直MAX×2がオススメ。
男の娘&男性CVなので生理的に合わない人は要注意。
プロミネンス加藤(VR)★★★「遠征」
日本・福岡
4MAXファイナルすると5万を超える攻撃力。ある程度カードが揃ってきたら早めに取りに行くべき。
友野 なるみ(VR)★★★「遠征」
日本・東京
最初期の防御型VRだが、その分コストも低い。獲得しやすいので特訓・練習次第で十分使っていける。
最序盤の防御型は確実に入手できる機会が少ないので、4直MAX×2で一気に戦力増強するのがオススメ。
姫小路 由樹(VR)★★「遠征」
日本・大阪
最初期の攻撃型VRだが、その分コストも低い。獲得しやすいので特訓・練習次第で十分使っていける。
姫小路 由樹【2nd】(SR)★★「遠征」
日本・東京
最新のSRと比較すると低めの能力だが、獲得しやすいのが◎。
ナース小田藤(SR)★★「遠征」
日本・仙台
難易度の低い遠征先で無限に手に入るので、育成の練習台に。キズナファイナルは未対応。
量産しやすいので控え戦力や福岡以降の遠征メンバーとして活躍できる。
なめこぐるみ【CVR】★★友情ガチャ友情ガチャで獲得できるコスト15のVR。
攻撃力と防御力が同じバランス型レスラーなので、4直MAXにして序盤のデッキの穴埋めにおすすめ。
VRなので練習用の餌としても優秀。
巴奈(R)「遠征」
アジア・台湾
レアリティアップ対象としてトップクラスの攻防力。
SRまでレアリティアップを行うことで、最終的に攻防共に43000程度までと最新のSRに迫る総合値まで成長させることができる。
レアリティアップには相応の資産(カード・資金・アイテム)が必要となるので、ある程度余裕ができてから趣味として行うとよい。
ウィッシュ新妻(HR)「遠征」
日本・東京
遠征により短時間で100%獲得できるので練習用の餌として優秀。

なおキズナファイナルは序盤では貴重品なので、SRや旧VRよりは強めのVRに優先して使用するのを推奨します。

ただし強豪の撃破に少し足りないから急場の戦力増強をしたい、効果の大きいキラーカードの性能を上げたい、
そして何よりも、お気に入りのレスラーの場合は手持ち数と相談した上で使うのもありだと思います。

ガチャの違いがわからないよ Edit

カードを獲得するためコマンド「ガチャ」には、以下の種類があります。

種類内容
友情ガチャ友情ptを使用するガチャ。

獲得可能カードはN/HN/R/HR/SRまでが対象。2016年1月よりなめこぐるみ【CVR】が追加されている。

獲得したカードはそのまま在籍レスラーとなるため、レスラー枠に空きがないとガチャを回すことが出来ない。
ドリームガチャ課金もしくはガチャチケットを使用するガチャ。

獲得可能カードはその期間の目玉となるVRカードに加えて、SR/VRが対象。

獲得したカードはプレゼントBOXに収納され、レスラー枠に空きがなくてもガチャを回すことが可能。
プレミアムガチャプレミアムガチャチケットを使用するガチャ。

高コストのVRを確実に獲得できる。

獲得したカードはプレゼントBOXに収納され、レスラー枠に空きがなくてもガチャを回すことが可能。

プレミアムガチャチケットは新規ユーザーにプレゼントされるほか、一部イベントの報酬や不定期に行われるカムバックキャンペーンなどで入手できる。
イベントガチャイベントで入手できるポイントアイテムや多めの友情ptを使用するガチャ。
使用できる期間は不定期で、またガチャに必要なアイテムも期間によって異なる。

獲得可能カードは目玉となるUR/VRとコーチカード(UR/SR)にHN/R/HR/SRまでが対象。
友情ガチャのラインナップに入らないカードが獲得できる傾向がある。

獲得したカードはそのまま在籍レスラーとなるため、レスラー枠に空きがないとガチャを回すことが出来ない。
期間限定ガチャ特殊なガチャ。

獲得可能なカードのライナップや出現率は定期的に更新されており、
具体的な内容については公式HP・ゲームのINFORMATION欄・ゲームのガチャコマンド欄を参照してください。
また、各種キャンペーンやアップデートによるガチャ機能の仕様変更もあるので注意。

イベント編 Edit

どんなイベントがあるの?(2018年2月版) Edit

イベントには大きく分けて以下のタイプがあります。なお、タイプの名称は便宜的に名付けたものであり、必ずしも公式のものではありません。

タイプ内容主な該当イベント
巡業タイプ特設スカウトを進める事でストーリーを追うイベント。
強豪が出現する他に各ステージの終わりでエリアボスとなるレスラーが出現。
撃破できれば報酬と共に次のステージに進めて物語が続いていく。期間は1週もしくは2週の場合がある。
現状の最も行われているタイプ。
節分興行
星空の十四番勝負
神楽月巡業
タイトルマッチタイプ通称は七連戦。王座戦などの大一番、その後の物語に大きく影響を及ぼすイベント。
参加者は応援するレスラー・陣営を選び、出現する強豪を倒していく事で得られる名声で勝利に貢献できる。
双方の参加人数・動静が直に勝敗に結びつくため、開始から決着まで熾烈な争いになるが、報酬も相応に豪勢な場合が多い。
特設スカウトを進めてストーリーを追うのは巡業タイプのイベントと同じ。
SEVEN DAYS STORM
RISING KINGDOM
ランブルタイプ通常スカウトに出現する強豪を倒していくイベント。
強豪毎に出現地域が決まっており、その地域まで進めていなければ出現させることはできない。
倒した強豪Lvに応じて様々な報酬が得られるのが特徴。
LALALA立夏
魅惑の飛咲サマーバケーション
バトルロイヤルタイプ通称はPvP。攻防のデッキを用いて特設会場で5vs5の試合を行うイベント。
基本対人戦だが、時折NPCとのグループ戦も発生し、普段は遠征でしか用いない防御ptも重要となる。
現状では1年以上行われていない。
バトルロイヤル・オーキッド
バトルロイヤル・サファイアブルー
龍輪舞タイプ指定のレスラーを育てるイベント。物語中では主に新人教育を任される事になる。
候補毎に用意された特設スカウトを選択し、クリアする事でそのレスラーカードが入手できる。
特設スカウトには一定条件で繰り返し挑戦可能で、クリアのたびにカードも配布される。
レスラーをカードと共に文字通り育てていく事になる。
現在は全く行われていない。
~time after time~
梅雨時コミュニケーション

キラーカードって何 Edit

イベントではキラーカードが設定されます。
イベント期間中にデッキに組み込むことでイベント戦にかぎりカードの数値が倍増(倍率はイベントによって異なります)になります。
また、イベント報酬に関係する名声ptや資金・友情ptが加算される場合もあります。
キラーカードにはバイオリズムによる補正は適用されません。

このキラーカードは、イベントに併せて「福袋」で有料販売されているので、購入すれば一気にイベントを有利に進めることができます。
イベントによっては名声ptを一定値まで稼ぐと、キラーカードが配布される場合もあるので、それを狙うのも手です。

ちなみに、キラーカードは思わぬキャラクターが対象になる場合もあるので、
戦力落ちになってきた低レアリティのカードでも移籍や練習用の餌にせずにレスラー寮へと保管して出番を待ってみるのもいいかもしれません。

Dボーナスって何 Edit

「ファイトドリンクボーナス」の略称です。
2014年6月から2015年1月まで公式で使われていたもので、本wikiでは当時の略称をそのまま使用しています。
アイテム「ファイトドリンク」を使用して強豪にダメージを与えると、ボーナスが得られることがあります。
ボーナス対象はイベントごとに変わり、ボーナスの得られない強豪も居るので、イベントページで確認しましょう。

強豪が倒せないよ Edit

強豪には以下の種類があります。
強豪の種類については当wikiにおける定義で公式のものとは必ずしも一致しません。

種類出現場所主な特徴
初心者用強豪通常スカウト弱いが、その分得られる名声ptなども少ない。
通常強豪特設スカウト強さは様々。HPが高いほど得られる名声ptなども多い。倒した強豪Lvによってアイテムも入手できる。
予告強豪特設スカウト出現日が限定されている通常強豪。興行カレンダーで登場日時が確認できる。
かつて別枠だった「日替わり強豪」も含まれる(日ごとに入れ替わって出現し、倒すごとに強化される)
時間帯強豪通常or特設スカウト毎日決まった時間帯(主に12:00~15:00と21:00~0:00)に出現する時刻限定の強豪。
倒すごとにHPが強くなりLv10まで出現するが、翌日リセットされる。資金や友情ptを稼ぎやすい。
特別強豪特設スカウト指定されたカードをデッキに組み込むなどして出現する強豪。特殊条件強豪とも。

まず、デッキの戦闘力が150,000以下なら初心者用強豪、それ以上なら通常強豪予告強豪を狙うといいでしょう。
団体に所属すると「団体の仲間と戦う」(行動pt5消費)が使用可能で強力な攻撃ができます。
また、ファイトドリンクを所持していれば倍率攻撃(1個1.5倍、2個3倍、3個5倍)ができます。
前述のキラーカードをデッキに組み込むことも忘れてはいけません。
これらを上手く活用して強豪を倒しましょう。
 
強豪にはそれぞれ出現時間が定められており、それを超えると撤収してしまいます。出現時間は基本的に60分ですが、
中には数時間や60分未満など出現時間が異なる強豪もいます。
また、強豪を倒すと強豪Lvが上昇していきますが、中にはLv上限が定められている強豪もおり、上限まで該当する強豪を倒すとそれ以上は出現しません。
これらはゲーム内の興行カレンダーに記載されているので、プレイ前に一度確認することをおすすめします。
 
予告強豪の中には、億単位のHPをもつ超強力な強豪がいます。
その分倒せば、莫大な資金・友情ptや強力なカードも入手できますが、上位ランキングのプレイヤーがスプレー缶を数本消費してようやく倒せる相手です。
十分すぎる戦力や各種スプレーがないうちは挑まない方が良いでしょう。

コミュニティ編 Edit

リンドリファンの集いの場はどんなのがあるの? Edit

この用語ってどういう意味なの? Edit

公式コミュニティや2ch専用スレなどで用いられる主な略語を紹介します。五十音順。

名称読み内容
一確いっかく強豪を確実に一撃で倒すこと。あるいはバトル一回で倒せる強豪のHP目安。
倒すまでに必要な回数によっては二確三確と呼び方が変化する。

バトルでは攻撃ptを毎回一定消費するため、デッキの戦闘力に合った強豪を選ぶ方が
必要回数が少なく済み、繰り返し挑めるので効率も良い。
欝袋うつぶくろレスラー獲得課金「福袋」のことを指すが、抽選結果の悪さから、しばしばこう呼ばれる。
かく各レスラーの設定上で強さや扱いのこと。
ニコニコ生放送において原作者・でいしろう氏から格の指標を示した一覧が提示され知られるようになった。
格付けと言ってもあくまで初期イメージ的な扱いのようで、
タイトルマッチなど作中のイベント戦の勝敗や展開次第では変更がある模様。
絆ファイナルきずなふぁいなるアイテムのキズナファイナル、もしくはそれを使った状態のこと。ファイナル済とも。詳しくは個別のページを参照
旧作きゅうさく1994年にリリースされたGURPS版『ガープス・リング☆ドリーム』のこと。
雑誌掲載をまとめたリプレイが文庫販売もされたが、中・後期の掲載分は文庫化されていない。
またこれとは別に、2014年2月20日の「新星 リング☆ドリーム」と称された大型アップデートに伴い、
それ以前のバージョンのことを指す場合もあるが、こちらは新星前と呼ばれることの方が多い。
KPWけーぴーだぶりゅー月間キラーである「Kongetsu no Pick up Wrestler」の略。命名は『リング☆ドリーム』の原作者・でいしろう氏。
イベント毎のキラーカードとは異なり、対象期間は該当する月間となる。
キラー効果はイベントによって異なり、期間中にイベントが切り替わるとその効果が変更される場合がある。
なお、第73回ニコニコ生放送においてKPWの終了が発表された。実施されたのは2015年4/5/6月のみ。
スマホ版すまほばんスマートフォン用アプリ『リング☆ドリーム ~女子プロレス烈伝~』のこと。
PCブラウザ版をベースにしているが、ゲームのデータ連動は行われていない。
2014年7月からサービス開始され、2015年6月末をもって配信を終了した。
勢力図せいりょくず東女やFWWWの主だったキャラクターの所属や関係を図にしたもの。相関図とも呼ばれる。
元々はあるプレイヤーが個人制作した画像だったが、これが公式運営側の目に止まり、
運営側が作者の承諾を得て加筆修正し、晴れて公式採用となった。
各プラットフォームの公式サイトで閲覧可能だが、画像容量が大きいので注意が必要。
デザコンでざこん2013年2月に行われた「リン☆ドリ デザインコンテスト」のこと。
大賞から佳作までの受賞作品がリデザインされ、FWWW所属レスラーとして登場した。
詳細はこちら
どろ・でい『リング☆ドリーム』の原作者・でいしろう氏のこと。オレンジゼリー名義で絵師としても活動中。
ニコ生にこなまニコニコ生放送「リング☆ドリーム公式チャンネル」のことを指す。
開催日は主に木曜日(定期メンテナンス期間中)が多い。
PvPぴーぶいぴープレイヤー同士が対決・対戦できる「試合」コマンドや「バトルロイヤル」等の対人イベントを指す。
松田まつだ『リング☆ドリーム』の前プロデューサー・松田秀夫氏のこと。なにかとネタにされやすい。
リデザりでざリデザインの略。特定のレスラーカードに新版が出されること。
レアリティを含むパラメーターが全面的に刷新され、イラストが新規に書き下ろされることから過去にはこのように称されていた。
参考:レスラーカード名についてのお知らせ

現在では「○○(レスラー名)【2nd】」「○○(レスラー名)【3rd】」と表記される他、レスラー名自体が変更される場合もある。
レッスルれっするプロレスゲーム『レッスルエンジェルス』の略称。
1992年に発売されたコンピュータゲーム及び以降の関連シリーズ。

リンドリの運営元、サクセスが2006年にPS2『レッスルエンジェルス サバイバー』を販売(ジャンル:団体経営SLG)
携帯電話用アプリ『レッスルエンジェルス愛』では、でいしろう氏が開発スタッフに加わった流れから、
本作でも登場するソニックキャットやディアナ・ライアルらGURPS版のレスラーが出張している。