コントロールパネル/規制ルール

Last-modified: 2021-10-22 (金) 19:08:21

不正な内容の投稿や記事の削除等、いわゆる「荒らし行為」を防ぐには規制ルール使います。
WIKIWIKIの規制は巻き込まれ救済措置として2段階になっています。

[tip] もし、ホストで広域設定しても巻き込まれ救済措置としてSMS認証が使えます。

規制ルールにマッチすると…

1. SMS認証が必要になる

さらにSMSトークンを規制ルールに登録すると…

2. SMSトークンを無効化(ブロック)される

うまく使うとページ単位の会員制コメント欄など柔軟に制限をかけることができます。

規制する端末情報は「編集差分ログ」から取得します。

手っ取り早く規制したい方はこちら

編集差分ログから規制ボタンで一発規制する方法です。

1. 「コントロールパネル」の「編集差分ログ」から対象ログの日付をクリック
2. 「投稿者を規制」ボタンをクリックして規制を完了させます。

ボタンをクリックすると、対象端末情報が自動で規制ルール書き込まれます。
重複は除外され、SMSトークンも登録されます。

編集合戦がありページの書き込みを制限する場合は「ページを規制」ボタンをクリックします。
ページの編集はSMS認証必須になり編集合戦が落ち着きます。

規制ルールの作成

コントロールパネルから規制ルールクリックします。
新規作成ボタンを押します。

制限したい項目とパターンを登録します。

対象項目

パターンにマッチさせたい対象文字列です。

IP

IPアドレス(IPv4) xxx.xxx.xxx.xxx 形式
例: 192.168.0.18.8.8.8 など

ホスト

IPアドレスから逆引きしたホスト名(ドメイン名)
例: xxx-xxx-xxx-xxx.osaka.ap.gmo-isp.jp

クッキー

Cookie ブラウザに記録したトラッキング文字列
例: 39698d47b2f83d8260c444a319418695df6a75b7e05b

UA

User-Agent(ユーザーエージェント)ブラウザから送られてくる端末情報
例: Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_15_4) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/81.0.4044.113 Safari/537.36

SMSトークン

SMS認証時に発行された一意な文字列
例: a84010ef5-734b-604b-c123-3921fa2c4421

ページ名

WIKIのページ名
例: 武器/コメント FrontPage MenuBar :Header

パターン種別

対象文字列のマッチ方法です。

完全一致

パターンと完全に一致

ワイルドカード

パターンに * (アスタリスク)を使用してどんな文字列にもマッチさせます。

正規表現

正規表現でマッチさせます。

パターン

パターン種別にあわせてパターンを入力します。
規制ルールのサンプルを参考にしてください。

メモ

他の方が見ても分かるようにコメントなどを入力します。
例: MenuBar削除荒らし
後で修正もできます。

規制ルールのサンプル

対象項目パターン種別パターン解説難易度
IP完全一致182.251.227.31このIPアドレスにマッチ
ホスト完全一致example.jpこのホストにマッチ [tip] 推奨設定
ホストワイルドカード*morioka.iwate.ocn.ne.jp盛岡市のOCNにマッチ [tip] 推奨設定
ホストワイルドカード*.au-net.ne.jpモバイル回線のIPアドレスは頻繁に変わるのでホストで広域マッチ [tip] 推奨設定
ホストワイルドカード*.com末尾.comにマッチ
クッキー完全一致39698d47b2f83d8260c444a319418695df6a75b7e05bこのクッキーにマッチ [tip] 推奨設定
ページ名完全一致MenuBar荒らされやすいMenuBarをSMS認証必須に設定
ページ名ワイルドカード管理掲示板/コメント*重要なコメントページ複数をSMS認証必須に設定
ページ名完全一致投票ページ投票はSMS認証必須にして重複投稿を編集差分ログでチェックする
ページ名ワイルドカード*全てのページをSMS認証必須に設定
SMSトークン完全一致a84010ef5-734b-604b-c123-3921fa2c4421このSMSトークンにマッチ(投稿ブロック)
UA正規表現^NintendoNintendoで始まる端末情報にマッチ

推奨運用

基本は完全一致です。
規制ルールに「ホストで完全一致」、「クッキーで完全一致」で登録します。

[tip] IPでなくホストで登録したほうが視認性が高いです。

これで対象の端末はSMS認証が必要になります。
ピンポイントですので巻き込みの発生はありません。

もし、SMS認証をして対象端末からの投稿があれば、「SMSトークンを完全一致」で登録します。
SMSトークンが使用できなくなり投稿ができなくなります。

[tip] SMS認証は 090, 080, 070 で始まる電話番号しか使用できないため、個人が複数取得することが難しいです。
SMSトークンでほぼ個人をピンポイントで規制することができます。
簡単に複数取得できるサービスがあれば対策しますのでお問い合わせからご連絡ください。

ピンポイント規制してもすぐに似たようなホストから投稿がある場合
ホストをワイルドカードで規制します。(広域設定)

例えばこのようなホストの場合

  • pw123456789.18.panda-world.ne.jp
  • pw123987654.18.panda-world.ne.jp
  • pw123763866.18.panda-world.ne.jp
  • pw123963013.18.panda-world.ne.jp

差違がある部分を*(ワイルドカード)にして登録します。

  • pw123*.18.panda-world.ne.jp

この場合、広域設定になるため、同じキャリアの一部のホストがSMS認証が必要になり
認証することで投稿が可能になります。

ヒット数と最終ヒット日時を確認します。
SMS認証が求められると、各規制ルールにヒット数がカウントされます。
しばらくしても、ヒット数が 0 の場合、正しく規制ができていない可能性がありますので設定を見直してください。
(対象者が去った可能性もあります)

利用者にSMS認証について尋ねられたら場合、以下のページをご紹介ください。

「投稿するにはSMS認証が必要です」とでた場合
https://wikiwiki.jp/pp/sms

動作確認デモ

Tag: コントロールパネル