Top > AK-74
HTML convert time to 0.005 sec.


AK-74

Last-modified: 2015-12-18 (金) 09:13:39
bandicam 2015-12-18 08-44-51-792.png
AK-74

ロシア軍と民兵勢力の主力武器となる小銃です。
光学照準器が付いておらず、中距離以上の戦闘においては苦戦を強いられます。

兵科 Edit

  • SquadLeader
  • Rifleman
  • Granadier

解説 Edit

AK-74 (露: Автомат Калашникова образца 1974 года または "1974年型 カラシニコフ突撃銃")

旧式のAKM(AK-47の改良型)の代替として、ロシアの設計士"ミハイル・カラシニコフ"によって1970年代初頭に開発されたアサルトライフル

以前のカラシニコフ系の銃では7.62x39ミリ弾を使用していたのに対し、AK-74はより小さな5.45x39ミリ弾が使用された

この小銃は1979年のアフガニスタン紛争において、ソ連軍によって初めて使用され、
パキスタン軍統合情報局のアフガン局長は、CIAが戦争中にムジャヒディンから入手、最初のAK-74の為に5,000ドルを支払ったと主張しました。

現在、この小銃は旧ソ連国の過半数によって使用され続けています。
また、ライセンスのコピーはブルガリア(AK-74,AKS-74,AKS-74U)、旧東ドイツ(MPI-AK-74N,MPI-AKS-74N,MPI-AKS-74NK)、ルーマニア(PAMD. 86)により生産されました。
その他に、旧ソ連諸国や東欧諸国、モンゴル、北朝鮮の特殊部隊および、ベトナム人民海軍兵に使用されています。

コメント Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White