Top > Manta
HTML convert time to 0.010 sec.


Manta

Last-modified: 2018-01-13 (土) 02:46:08
800px-Manta_Dossier.jpg
種属Manta Mobula
時代漸新世初期 - 完新世


基礎値と成長率 Edit

能力基礎値成長率(野生)成長率(テイム後)[**]
HealthUnknownUnknownUnknown
StaminaUnknownUnknownUnknown
OxygenUnknownUnknownUnknown
FoodUnknownUnknownUnknown
WeightUnknownUnknownUnknown
Melee DamageUnknown[*]UnknownUnknown
Movement SpeedUnknown-Unknown
TorporUnknownUnknown-
  • テイム時のレベルが高いほどステータスは上昇します。(移動速度以外)
  • 個体ごとにステータスにばらつきがあります。
  • [*]この基礎値に実際のゲーム内で表記されている倍率をかけたものが与ダメージとなります。
  • [**]テイム直後の能力値を基準として増加します。

特性 Edit

■行動

攻撃前方
採集
特殊行動
備考
 

■生態

生息域海洋
気質攻撃的
産卵なし
ドロップ
備考
 

■テイム

テイム・騎乗テイム可能、テイムは特殊な方法(備考欄参照)、騎乗可
テイム時の餌Angler Gel
サドル制作に必要なレベル28
備考餌をショートカットの0キーにセットしてEキーで与える事で懐かせることができる。昏睡によるテイムは不可。

捕捉 Edit

マンタ・レイ、和名オニイトマキエイのことであろうか? 通常はマンタといえばこれを指している。(ただしどうも疑わしい面もある。本文中で後述。)
 
エイはサメと近しい魚類であり、その歴史は非常に古い。サメの祖先となる最古の化石は、約4億1800万年前のシルル紀の地層から見つかっている。進化の分岐のひとつが、このマンタ(エイ)である。
エイ(鱏、鱝、鰩、海鷂魚)は板鰓亜綱(ばんさいあこう)に属する軟骨魚類のうち、「鰓裂(さいれつ)」が体の下面に開くものの総称で、側面に開くのがサメというように区別されている。ご存知の通り、絶滅することなく現代まで存在している。
 
マンタはエイの仲間でも最も大きくなる種であるが、全魚類の中でも最大級であり、一般的な個体でも翼長3〜5メートル。重量級の個体ともなれば、約8メートルにもおよぶ。真偽は不明ながら記録上では9メートルというものも存在する。体重は約3トンにもなり、一般的な学校教室の床面積がまるまる移動しているようなもの・・・と言えば、そのスケール感が想像しやすいだろうか。
その巨躯ながら性格は穏やかで、熱帯の海のごく表層を遊泳しながらプランクトンを食べる。
特異な行動として、ときおり海面からジャンプすることが知られている。何トンもの巨体が空中に舞うのだから相当なエネルギーが必要なはずであるが、何のための行動なのかはよく分かっていない。
 
本ゲーム内のマンタなる生き物は、プレイヤーに襲い掛かってきたり、食性がプランクトン食でないことから、現生のマンタとは異なるようだ。サイズも現生種より小ぶりで、また尾に毒を持つなど、マンタにはないアカエイなどの特徴も併せ持っている。「マンタに似た何か」であると言える。
現生種同様に水面からジャンプする能力も有しているが、誤って陸に上がるとダメージを受け続け、すみやかに水中に戻らなければ死亡するので、テイムして乗り回す際には注意が必要。

テイム方法は手渡し式だが、攻撃的で動きも速い、生息地が海、餌がAngler Gelのみととにかく難しい。
浅瀬に囲いを作り、そこに誘い込んで行うといいだろう。単に浅瀬に誘導するだけだと勝手に陸に乗り上げて自滅してしまうことがある。
テイム後はかなりのスピードと攻撃力を持ちなかなか優秀。
なお、イクチオサウルスは移動速度上昇率が3%に対し、マンタは5%。移動速度も同じなので海中最速を誇る。ブリーディングでフルインプリントすると更に速度上昇を見込めるだろう。ただしあまりの速度で制御不能になりやすいので注意。
他の水生動物と違ってほんの少しでも陸に乗り上げると即座に大ダメージを受けるため、浅瀬には近づかないほうがいい。
フォローさせた状態でサバイバーが上陸すると、それを無理に追ってこようとして陸に上がってしまったり、戦っているときに勢い余って陸に乗り上げてしまったりもするので、テイム後は十分な水深を確保した場所に生け簀を作って待機させておくようにしよう。
能力自体は優秀なのだがテイムの難しさと自滅のしやすさでイマイチ扱いづらい生物である。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 耐久はともかく、攻撃はサーベルタイガー並。HPを育ててないイクチオがレベル3桁につつかれると即死しかねないので注意。 -- 2017-12-07 (木) 19:31:36
  • 遠巻きにしか見てないんだけどラグナロクの海でマンタを周りに何匹か連れて泳いでるらしき何かがいたけど、何なんだろうあれ -- 2017-12-11 (月) 19:06:11
    • バシロでないの? -- 2017-12-11 (月) 19:29:10
      • そうっぽい。浅瀬の方に沸いてたからマンタどかしてテイムすればよかったな -- 2017-12-15 (金) 21:51:03
  • 陸から離れた海面で追従させてるといきなり死んだ。腹を空かせてるわけでもなく周りに敵もいなかったんだが・・・ -- 2017-12-11 (月) 23:13:07
    • 何かの勢いで跳ねて水から出ちゃったとか? そもマンタって魚みたいに水から出ると即死するものなのかねぇ……。あるいはそこまでダメージ高いのか。海洋生物は連れたことないからわからんが。 -- 2017-12-12 (火) 03:29:40
    • イカダの護衛用に鮫を追従させたとき、海面で止まる時があった。海に潜って角度調整したら直ったので、海面スレスレだと水中にいない判定食らってダメージ受けたんでないかな -- 2017-12-22 (金) 13:00:07
    • 座礁して全身が水上に出ていても死なないリードを少しは見習ってほしいね。 -- 2017-12-22 (金) 14:11:58
  • アベの浅い川で干物になって死んでるところを目撃するたびに何でアベに登場させてもらってんだろ・・・と思う。 -- 2018-01-20 (土) 00:12:32 New
    • 高低差があって水が分断されまくってるからテイムしても使いどころがという点では出現地域の水底に真珠があるアンコウより不憫だけど、夜の川を輝きながら泳いでるのは見ごたえある -- 2018-01-20 (土) 01:23:18 New
    • テイムした後に魚籠使ってポータルからまっすぐ言ったところの橋げたの下の深いところに放流してやれば多少動けるかもしれない -- 2018-01-20 (土) 01:29:08 New
    • スピノとカルノが増え過ぎないようにするためかもね。ワニとコイツが手を組むと低レベルのカニスピノは死ぬから -- 2018-01-22 (月) 19:11:11 New
  • この子潜水能力というか、上下への移動はすこぶる悪いのね。速度は速いから水上スキーみたいに運用するのがいいんだろうか -- 2018-01-22 (月) 17:26:23 New
    • でもそれだと速度振りしたサルコでいいじゃん。ってことに… あっちも速度に振ればかなり早いし積載重量もあり、何よりも浜辺付近で神経質な操作を要求されないw 浜辺にクレートがあるけどラプターとかがめがけて強襲上陸 -- 2018-01-22 (月) 19:40:37 New
      • できるのも利点かな。 -- 2018-01-22 (月) 19:41:26 New
      • それは分かるんだけど、この子の運用法それ以外に思いつかなくって…。見た目好きだしちゃんと使いたいんだけど、テイムむずいは事故死あるはこの子でしかできない事少ないはで… -- 2018-01-22 (月) 23:13:44 New
    • ダッシュジャンプで生け簀からダイナミック出撃&帰還するの楽しいぞ -- 2018-01-22 (月) 21:39:58 New
  • 海岸に突っ込んで事故死したりで怖いし、テイムの面倒さもあってイクチオで良いやってなるんだよな…… -- 2018-01-22 (月) 18:52:53 New
コメント: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White