Top > 【セラフィ】
HTML convert time to 0.008 sec.


【セラフィ】

Last-modified: 2017-07-30 (日) 16:25:24

人物 Edit

【アラハギーロ王国】に住む少女。
自身の記憶を失っているが、他の国民同様【ベルムド王】に名前を与えられている。
【モンスター格闘場】で敗れたモンスターに止めを刺すというベルムド王の非道に疑問を持ち国民の大多数を敵に回してでも止めに入る。その後【シメール】一味に囲まれたところをプレイヤーが助けて知り合うことになる。
ボブカットの青い髪と、大きな目にゴーグルが特徴的。更に黄色いトップスとショートスカートを着ているが、後述の真相を知るとこのキャラデザ自体が伏線だったことに気づく。
字が読めないらしく【ムルードの岩山】では墓石の字をプレイヤーに代わりに読んでもらっている。

【眠れる勇者と導きの盟友】(Ver.2.0) Edit

魔物とは分かり合えないというベルムド王に反論するため、自分に懐いていたかもしれないという隻眼の白いキラーパンサーを【ジャイラ密林】へ探しにいく。密林の奥地でキラーパンサーを見つけ、自分を襲わないこと、揃いの腕輪をしていることで記憶を失う前の自分は【まもの使い】であったという仮説を得る。
そして再会したかつての相棒に【チョメ】と名前をつける。どうやら名づけセンスはあまりないようである。

主人公とチョメの助力で格闘場に捕らえられていた魔物達を解放していく過程で徐々に記憶を取り戻し、この国では魔物と人間が入れ替わっていること、本当の自分はかつてチョメが人間だった頃相棒だった【ホイミスライム】であったことを思い出す。
憎悪に駆られたベルムドの最期を看取った後、チョメと共に旅に出て行った。

【重なりし運命の大地】 (Ver.2.1) Edit

【カレヴァン捜索願い】でチョメと共に再会。【ブレイブストーン】で真のレンダーシアへ渡ることは叶わなかったが、その後の調査で【ナシームの洞くつ】に2つのレンダーシアを繋ぐ扉があることが判明。だがそこを【あなうめ3兄弟】が強襲し転移ゲートを封鎖してしまう。
間一髪でチョメこと【カレヴァン】を真のレンダーシアへ帰還させることに成功するが、彼女自身は偽りの世界の住人であり、偽りのアラハギーロに住む同じ境遇にある元魔物の人間たちの力になりたいという、カレヴァン宛の手紙をプレイヤーに託して、1人どこかへと駆けて行った。手紙の中身は拙いもののそれ故涙なしでは見られない。

その後の彼女の軌跡 Edit

クエスト【砂漠の渇きを癒す者】で、流行病にかかった人を救うために奔走。メインストーリーの時は文字も読めず、書いた手紙も間違いだらけだったが必死に勉強したのか、薬の調合が書いてある学術書を読むまでに成長した様子が伺える。
結果的にベルムドが死ぬ一因を作ったとして、シメール達からは仇のように嫌われていたが、彼女のがんばりを見て考えを改めていく。
最終的にベルムドが暴走した元凶たる【魔道士キルギル】に一矢報いる形で事件を解決し、真の意味で住民達に仲間として迎え入れられる。クエストクリア後には玉座に座り、皆のリーダーとして国を引っ張っていくと誓った。

【悠久の果ての決戦】(Ver.2.4) Edit

プレイヤーを誘惑する試練として【謎の孤島】に危ない水着姿で登場している。
その際、水着は黄色く染色されてちゃんとホイミスライムっぽいカラーリングになっているところが細かい。
そして水着姿だろうと頭のゴーグルははずさない・・。

流浪のセラフィ Edit

【ヒューザ】【フォステイル】に続く【流浪のキャラクター】として、Ver.3.1(2015年8月25日)から偽りのレンダーシアで目撃されはじめている。
公式呼称としては「流浪のセラフィ」が正しいようであるが、ヒューザやフォステイル同様、「野生のセラフィ」という通称の方が浸透している。一部プレイヤーからは「おさんぽセラフィ」と呼ばれることもあるが、セラフィの目的を考えると「流浪」と「野生」「散歩」は全く意味合いが違う。
【重なりし運命の大地】のメインストーリークエスト(クエスト324【家族のもとへ】)をクリアしていないと交換に応じてもらえない。

ちなみに、6回目以降にお菓子を渡した時の感想はこちら。

一応ネタバレ防止で折りたたみ

なお、【お詫びの笹だんご】?や各地の名産品は持っていても渡せない。

【すごろく】 Edit

Ver.3.5中期に追加されたマップ「悪夢に囚われし街」にある出会いの酒場マスに止まるとランダムで出現。
毎ターンベホマラーを唱えてパーティ全体のHPを回復してくれるようになる。
回復量は45〜53程度。更に会心判定もあり、会心時は全体のHPが90程度回復する。
戦闘開始直後にも唱えてくれるため道中・ボス共に回復によるMPの負担が大きく減る強力な助っ人キャラとなっている。
毎ターン回復してくれるのを考えてMPを無駄に使わないように気を付けよう。
セラフィがパーティにいる状態でクリアすると【ドット風セラフィ像】?と称号【双六セラフィの友】が手に入る。

美の競演! 第2回アストルティア・クイーン総選挙! Edit

2014年度のアストルティア・クイーン総選挙にも参戦。人間とモンスターが共存する国を造るつもりらしい。
ストーリーでは割とシリアスな展開だけにそれなりの表情が多かった彼女だが、イベント会場では普通に可愛いので上位に来そうなキャラである。
可愛い台詞が人気を呼び込んだか優勝候補ミシュアに迫る票を集めたが、惜しくも僅差の2位に終わった。

美の競演! 第3回アストルティア・クイーン総選挙! Edit

前回の大健闘を受けて今回も参戦。紹介コメントは上記外伝クエストを踏まえた内容になっている。
なお、何故か足音が【スライム】の跳ねる音である。
外伝クエストでも大活躍してくれた彼女は果たして無敵の勇者姫を超えて雪辱なるか…
3回投票するとホイミをかけてくれる。ただの演出と言うわけでもなくちゃんと回復する。しかもベホマ級。
予想に反し、5位と大分落ちてしまった。
順位の推移としては、序盤はそのまま5位に停滞し、中盤から終盤にかけては【賢者ルシェンダ】以上の票を集めたものの、やはり序盤の差が響いてそのまま5位で終了した。

【美の競演! 第4回アストルティア・クイーン総選挙!】 Edit

本選出場を果たした。第4回に出場したキャラの中で唯一過去の出場経験をもつ。
 
Ver.3ストーリー中では特に出番はなかったものの、3位と健闘。未だ人気の高さが窺える。

【美の競演! 第5回アストルティア・クイーン総選挙!】 Edit

今年も予選を通過。未だ高い人気を誇るようだ。
 
そして、なんと初登場から4回目にして、ついにクイーンの栄冠を勝ち取った。
過去出場経験を持つヒロインのクイーン当選は初である。
第2、第3回におけるアンルシア(ミシュア)への雪辱を果たした形でもあり、彼女の隠れたもう一人のライバルと言えなくも無い。

余談 Edit

名前の由来 Edit

【モンスターバトルロード】にて、カレヴァンのチームに所属しているモンスター達も天使の名を冠している事から、やはりセラフィムから取られていると思われる。
セラフィちゃんマジ天使!!

類似案件 Edit

【予言者育成学園】では同じ青髪ボブで触手を攻撃手段にする「ホーミィ」というキャラが登場する。名前はおそらく「ホイミ」からで、一種のオマージュと見て良いだろう。もっとも、同じく青髪ボブで世紀末の日本で社会現象となった某ロボットアニメの某ヒロインのネタも重ねている模様。