Top > フル強化ボーナス・夢

フル強化ボーナス・夢

Last-modified: 2017-10-17 (火) 03:16:50

攻略上お勧めのフル強化ボーナス Edit

はじめに Edit

このページは永のページをコピペして作られています。その為未更新の情報の可能性があります。
永の時から大幅に事情が異なりフル強化をする意味が大いに出ている。

  1. 獲得点が増え、強力なマップ攻撃・リリーの「天使の福音」などで稼ぎが容易になった。
  2. 期待・再動・覚醒・連撃などの行動回数増加系精神が大幅増加に加え嫁ボーナスや永の彼方などで持っていないユニットの行動回数も増やせる。
  3. 雑魚敵の弾幕が厚く最初から弾幕を展開している事も多い為フル強化ユニットで要所を処理する意味が大きい。

などの点からお気に入りのユニットや強力なユニットはフル強化をする価値は十分にある。
ただしバリア持ちは運動性を強化する事でグレイズが発生して逆にダメージを受ける。などの点は相変わらず。(バリア貫通持ちが増えたので一概には言えないが)
また、いくら獲得点が増えたとはいえ強力な3.5コストが多い今作では全員をフル強化してる余裕まではない。
そのユニットをフル強化してどれだけの恩恵があるかはよく吟味した方がいいだろう。

攻略で有利になりやすいボーナスの方向性 Edit

前提条件

  1. 獲得点が増えたとはいえ出撃する全キャラをフル強化というのは出来ない。
    しかし全キャラ適度な強化をしつつでも数体程度なら可能なので攻略に有用なキャラ以外にもお気に入りのキャラを強化するのも良いだろう。
    • 攻略に有用なのはやはり覚醒・連撃持ち。その他にもマップ攻撃持ちや再動で動かすつもりのキャラなど多岐に渡る。
  2. 嫁ボーナスが最大のキャラは攻略への貢献度が非常に大きくフル強化の恩恵を最も活かせる存在。余程の理由がなければ必ずフル強化してボーナスを取得しよう。
  3. フル強化したユニットは生存性・火力共に十分。ここから更にボーナスを取れるが戦局に影響するボーナスは極一部。
    • 攻略を重視したキャラなら有用なボーナスを選びたい。最大ダメージ狙いなどネタに走る場合はその限りではない。

前作とは事情が異なるもののやはり有益なボーナスは変わらない。相変わらず「武器射程+1」「移動力+1」のどちらかが最も有益。

武器射程+1 Edit

  • 攻撃可能範囲の拡大は、攻撃機会(接敵や反撃のしやすさ)の向上や援護攻撃の機会向上に直結する。つまり、そのユニットをより活躍させやすくなる。
  • 射程の穴が狭まることにより、より状況に合わせた最適な攻撃オプションを選択できる。結果的に火力や継戦能力の向上にも期待できる。
    • 例1.より消費の少ない攻撃が届くようになり、MPや弾数を節約できる。
    • 例2.より強い攻撃が届くようになり、1回の戦闘ダメージが増加する。(この増加量は基本的に「武器攻撃力+200」よりも大きい)
  • 射程は、他の多くの項目と異なり、レベルでもユニット強化(嫁強化)でもステータス強化でも汎用スキルでも補強することができない。
    • 他の補強方法は装備と『狙撃』と一部の固有スキルだけであり、これらの増加量もほとんど一緒。したがって、+1の増加量でも戦局への寄与は大きい。
    • 装備は夢の序盤で多く追加されたが装備枠を使わずに延長、装備枠と併用して更に延長など利便性は凄まじい。
  • 特にアタッカーにお勧めのボーナスと言える。
    • 一例を挙げればマスパ砲台型魔理沙にお勧め。最大射程が9になるため、装備で射程を+2すれば多くの敵の射程外から狙えるようになる。
      また、移動をあまり強化しない型なのでP武器射程が5になるのも地味に有効。
    • 他に反撃無双をするタイプにも有効。囮になりやすいうどんげやぬえなどの射程を延長する事で安定した反撃無双が可能になる。
  • 射程1の武器には無効。ただし、嫁ボーナスで射程+2を選択して射程1〜3となっている場合は+1され1〜4となる。

高速・低速移動力+1 Edit

  • 敵のいる地点や前線へ迅速に移動できるようになるため、援護回数が増えてユニットが活躍しやすくなる。
    • 思わぬところからの敵増援への対処も容易になる。
  • 援護攻撃/防御役としての位置取りのしやすさに直結するため、援護の機会向上にも繋がる。
    • 特に援護防御役は広範囲に移動できると臨機応変に援護できるようになり、味方全体の安定性が向上する。
  • 移動力は、他の多くの項目と異なり、レベルでもユニット強化(嫁強化)でもステータス強化でも補強することができない。
    • 他の補強方法は装備、高速移動、低速移動、『加速』、そして一部の固有スキルだけなので、+1の増加量でも寄与は大きい。
      • 夢では装備に低速移動力が強化出来る装備が増えたが1個しか手に入らないのでやはり貴重。低速移動力の増加は大きい。
      • 特に今作では最初から弾幕が展開されているケースが多く低速移動力の重要性が増した。
  • 今作で最も恩恵が大きいのはマップ攻撃持ち。特に強力なマップ攻撃持ちは射程延長よりもこちらで的確な位置取りをした方が良い。
    • 射程延長してもマップ攻撃の延長はされないのでこちらで位置取りをしやすくしたい。1マス多く動けるだけでもかなり違う。
  • 特に援護役や、サポート能力所持者、ターン制限マップ攻略および無限復活ボス複数回撃破用のアタッカー、そして張り付きを使うアタッカーにマップ攻撃持ちへのお勧めのボーナスと言える。
    • こちらの一例としては張り付き型魔理沙。張り付く以上とにもかくにも重要になるのは移動力。
      また、魔理沙自体移動力が高いユニットなので、ターン制限や無限復活ボスへの急接近もこなすことが可能。
    • 強力なマップ攻撃を持つ早苗・お空辺りも特に有用。共に張り付き対応の最強武装持ちなのもあって位置取りが非常に重要な課題となる。

その他のフル強化ボーナス Edit

HP+2000 Edit

  • フル強化済みと言うことは既に生存性が十分高いため、戦局に与える影響は然程大きくない。
    • 耐久は増強手段も多く(レベル、嫁強化、ステータス強化、汎用/固有スキル、装備)、また治療や精神コマンドでHPの回復もできる。そのため、取得する価値は低いと考えられる。
    • 今作では絆や仏の御石の鉢の追加も有り有用性は更に下回った。耐久性がもっと欲しい場合も他のボーナスの方が無難。

MP+100 Edit

  • フル強化ユニットを暴れ続けさせる「継戦能力の向上(攻撃機会の増加)」に繋がるため、ボーナスの方向性としては良い。
  • 惜しむらくはその増加量の少なさ。『献身』2回分でしかない。
    • また、今作では補給持ちも増え全体的なSP総量も増えている為献身程度のSP確保は容易。
  • 一応強みとしては、補給のできないEP中での反撃をし続けやすくなることが挙げられる。
  • 魔理沙だけは少し話が違う。「弾幕はパワーマキシマム」の為に取得する一考の余地有り。

運動性+20 Edit

  • 回避率20%上昇と同値。今作では永であった運動性係数が廃止された為永よりも単純に強力になった。
  • しかしフル強化済みと言うことは既に生存性が十分高いため、戦局に与える影響は然程大きくない。
    • 回避は増強手段も多い(レベル、嫁強化、ステータス強化、汎用/固有スキル、装備、精神コマンド)ため、価値は低いと考えられる。
    • おまけに今作のボスの多くが必中を使ってくる為ボスに対しては意味がかなり薄い。雑魚に関しては言わずもがな必要ないケースがほとんど。
  • このボーナスよりも「地形適応 空→S」の方が同程度の回避率上昇に加え、命中率上昇と被ダメージ減少の効果も得られるためお得である。

装甲+300 Edit

  • 前作から装甲係数が廃止された為有用性が上がった。単純に堅くなる。
  • しかしフル強化済みと言うことは既に生存性が十分高いため、戦局に与える影響は然程大きくない。
    • 耐久は増強手段も多い(レベル、嫁強化、ステータス強化、汎用/固有スキル、装備、精神コマンド)ため、価値は低いと考えられる。
  • このボーナスよりも「地形適応 空→S」の方が同程度の被ダメージ減少に加え、命中/回避率上昇の効果も得られるためお得である。
    • ただし、バリア持ちはグレイズダメージを受ける可能性が高まるため、必ずしもそうとは言えない。
  • バリア持ちなら取得に一考の余地があるがやはり戦局へ与える影響は少ない。むしろそこまでバリアに頼るなら別のボーナスの方が良い。

バリア等の消費MP-50% Edit

  • バリアの消費MPは多くても10なので1回当たりMP5の節約。
    つまり「MP+100」ではなくこちらを取得した場合、20回以上攻撃を受けない限り得にはならない。(これはほぼ単騎駆けの状況)
    • したがって、汎用性を考えると「MP+100」の方が上である。
    • 携帯式スキマの「歪曲結界」も同時に張っている場合や、パチュリーに障壁強化をつけている場合、消費MPが20になり、10回で上回るようになる。
  • 強力なバリアを持ち反撃無双戦法が得意な魅魔様なら一考の余地有り。
    • ただし今作ではバリア貫通持ちの雑魚敵が増えた為相対的に弱体化。バリア消費0の固有スキルもある為取得する程の価値があるかは微妙か。

命中率+20% Edit

  • 命中はステータス強化や装備でも補強できる他、難敵相手には結局『必中』が必要になることが多いため、取得する価値は高くないと考えられる。
    • ただし、武器射程や移動力と同じくユニット強化では上昇しない項目ではある。
  • このボーナスよりも「地形適応 空→S」の方が、回避率上昇と被ダメージ減少の効果も得られるためお得である。
  • 依姫だけは「命中限界突破」があるので最大ダメージを狙うなら一考の余地有り。

クリティカル率+20% Edit

  • ダメージ期待値の増加率は1.034〜1.04倍でしかない。(元CT率0%の時が最大の1.04倍、以降元CT率が高くなるほど増加率は下がっていく。元CT率が80%を超えると1.034倍より更に下がる)
    しかも『熱血』『会心』の効果中は全くの無意味となる。
    • クリティカルダメージが1.5倍になる「精密射撃」+「弾幕はブレインL2」のアリスでも1.07〜1.1倍(元CT率80%〜0%)。
  • 「ダメージ期待値増加」が目的の場合、「武器攻撃力+200」(1.06〜1.1倍)ではなくこちらを選ぶ状況はほとんど存在しないと考えられる。
    • 一応、クリティカル率が完全に0%になる低技量ユニットで、嘘避けのために技量をPP強化したくなく、かつリセットを辞さないプレイ(CT発生までロード)ならば、こちらの方がダメージが増加する…か。
      • しかし大技にはクリティカル発生保障があり、元々1%以上の発生確率があったような?
  • 一方、ダメージ増加以外を目的とするならば、このボーナスを取得する意味が生まれてくる。(有用だとは言っていない)
    • 元のCT率の高いユニットに取得させてクリティカル発生を確定化させると、ダメージの揺らぎが無くなり、戦略が立てやすくなる。
      • 例えば、アリスにクリティカル率アップ装備をつけ、このボーナスをつけることでキックのCRT+105、リターンイナニメトネスCRT+95、他の武装も+70〜85を確保できる。更に信念が発動すればほぼ全攻撃でクリティカル100%になる…はず。
      • しかし、実際のところCT率100%に持っていけるかどうかは要検証。CT率に上限があればそこでこの仮説は破綻になる…

武器攻撃力+200 Edit

  • ダメージ期待値の増加率は1.06〜1.1倍程度。
  • 一撃のダメージ増加は継戦能力の向上、HPやSPの節約および生存性の向上に繋がる。
  • しかし、フル強化済みと言うことは既に攻撃力が十分高いため、戦局に与える影響を考えると増加量は然程大きくない。しかも大技ほどダメージ増加率は小さくなっていく。(攻撃力5000の大技の場合、ダメージ増加は1.06倍弱程度)
    • 火力はレベル、ステータス強化、汎用/固有スキル、嫁強化、(希少だが)装備、精神コマンドで更に増強できる。そのため、ボーナスによる寄与は更に小さくなる。
  • 最大ダメージ探求者ならば必ず取得しなければならない。
    • ただし瞬間最大ダメージ候補である魔理沙と依姫はそれぞれ別の要因(MPと命中)で火力が強化されるので取得する価値は更に薄れる。

地形適応 空→S Edit

  • ユニットが空中にいれば命中/回避上昇、被ダメージ減少の効果を得られる。武器の地形適応は変わらないため、火力はそのまま。
  • フル強化済みと言うことは既に生存性が十分高いため、実質的な恩恵は命中向上になる。そして命中率の上昇量は、適応Aのユニットの場合、命中ステータス値の5%だけである。(命中値300の場合、+15%)
    • 命中はレベル、ステータス強化、汎用/固有スキル、装備、精神コマンドでも補強できる。そのため、ボーナスによる寄与は更に小さくなる。
  • 装備枠が許すのであれば「乾神の加護」を装備させた方が、火力も向上する可能性がある分、強力である。
  • 空B以下のユニットならば取得する価値は上がる。(以下の数値は目安)
    元の適応命中率回避率被ダメージ減少率
    A+13〜15%+10〜15%0.96〜0.90倍
    B+26〜30%+20〜30%0.92〜0.85倍
    C+39〜45%+30〜45%0.87〜0.80倍
    • 永まで空Bだった萃香が空A陸Sに強化されたため、今作で空Bは橙と冷却お空、早苗(坤神装備)、猫お燐だけである。
      しかし橙は陸Sであり装備スロットも豊富なのでわざわざ取る価値は薄くお空も冷却時は前に出るキャラではない。
      早苗とお燐は必要な時は換装・变化すればいい。
  • なお、スカーレット姉妹が特殊能力「吸血鬼」によって昼間にこうむるデメリットはこの地形適応ボーナスでも補うことはできない。これは下記の「陸・水→S」も同様。
  • 念のために補足するが、すでに「空S」のユニットにこれをつけても何の意味もない。つけること自体はできてしまうので間違っても実行しないこと。

地形適応 陸・水→S Edit

  • ユニットが地上・水中にいれば命中/回避上昇、被ダメージ減少の効果を得られる。武器の地形適応は変わらないため、火力はそのまま。
  • フル強化済みと言うことは既に生存性が十分高いため、実質的な恩恵は命中向上になる。そして命中率の上昇量は、適応Aのユニットの場合、命中ステータス値の5%だけである。(命中値300の場合、+15%)
    • 命中はレベル、ステータス強化、汎用/固有スキル、装備、精神コマンドでも補強できる。そのため、ボーナスによる寄与は更に小さくなる。
  • 装備枠が許すのであれば「坤神の加護」を装備させた方が、火力も向上する可能性がある分、強力である。
  • そもそもの話ではあるが、陸・水B以下のユニットの場合、基本的に空中にいれば済む話なのでわざわざボーナスで補強する必要性は低い。
    • 地上や水中では進軍が遅くなるデメリットが生じる他、進入不可で適応Sを活かせない可能性も出てくるため。

MAX嫁ボーナス Edit

はじめに Edit

嫁強化を最大値まで強化した際に得られるボーナス。
必要WPは1000と膨大だが、その分得られるボーナスは非常に強力なもの。
夢では周回プレイでWPを引き継ぐ事は出来ない為これを得られるのは1体だけ。正に「嫁」にしたいユニットに注ぎ込もう。
固定ボーナスに加えて、選択ボーナスを二つ選ぶことが出来る。

  • 引継ぎを行ってきた場合は最大で1140WPになる。これは1人を嫁レベル10にし、他に1人をレベル3まで上げられる量。
    • WPボーナス合計76回分。以下の場合はWPが1000に達しないため、引き継いでプレイする場合は気を付けたい。
      • 29MAP以上でボーナスを取り逃している
      • 10MAP以上でゲームオーバー、やり直しをしている
  • 過去作を引き継がずにプレイした場合、初期WPは550、夢の話数が最終話を除いて21話なのでWPボーナスを全て取ったとしても550+15*21=865となりMAX嫁ボーナスは得られない。

固定ボーナス Edit

  1. 行動回数+1
    • 無条件で行動回数が増えるのは強力無比。アタッカーなら単純に攻撃回数が増え、治療補給要員なら連続で回復が可能。
    • 嫁ボーナスの強化で火力がガッツリ上がっているので、通常プレイならアタッカーじゃないようなキャラも十分な火力が出せる。どんどん敵を倒させよう。
  2. 最大SP+100
    • SP総量が膨大に増える。エクステンドとの相性が非常に良く、折角嫁ボーナスを取得させるなら是非ともエクステンドL2を付けよう。
    • どんなキャラも精神を使わない事はなく、有用度は非常に高い。下記の選択ボーナスでSP回復を付ければ怖いものはない。
  3. 獲得EXP、PP、点1.5倍
    • 稼ぎ頭筆頭に躍り出る。当然努力・幸運・祈り全てと重複しすずらん・正体不明の種とも重複するのでモリモリ稼いでくれる。
    • ただでさえ強い嫁が更にドンドン強くなっていく。あまりに集中させすぎて他のキャラが育たなくなった、なんて事態にならない様に逆に注意が必要なレベル。
  4. 最大パワー+30
    • 単純に格闘・射撃・防御ステータスがアップする様なもの。ただしパワー確保問題を解決させる為にも前線で無双したりP回収(撃破)なんかが欲しくなる。
    • 気迫持ちならなんの問題もない。SPボーナスがあるのでポンポン気迫を使って最初から全開で無双出来る。
    • パワー限界突破やプロトエア巻物とも重複するので活用したい。特に法力持ちやミスティアとの相性が抜群。

これだけの強化が無償で貰えてしまうので使わない手はない。選択ボーナスで更に強化出来るのだから正に嫁無双。
残念ながらハーレムにしようと色々なキャラに手を出した紳士諸君は2週目をプレイするなどをしないと堪能出来ない。

選択ボーナス Edit

5つのボーナスから2つまで取得が可能。嫁にしたキャラによって選ぶボーナスは様々だろう。
どれもこれも強力なので自分の嫁に合ったボーナスを選びたい。

  1. 装備スロット+1
    • 特に高コストキャラが選ぶと効果が大きいボーナス。強力な装備を複数装備出来る高コストに弱点など存在しない。
      • とはいえ装備のほとんどが他の嫁ボーナスで代用可能、もしくはボーナスの方が効果が大きい。何を装備するかよく考えて取得しよう。
    • 逆に低コストキャラなら装備枠は十分なので選ぶ価値は薄い。他のボーナスにした方が恩恵は大きいだろう。
      • 特に元からスロットが4つある大ちゃんは完全に無意味なボーナスである。
    • 最大ダメージを狙うならば大妖精以外は必須のボーナス。
  2. 最終ダメージ1.1倍
    • 最大ダメージを狙うならこれは取得しなければならない。倍率強化なので高火力ユニットほど恩恵が大きい。
    • 特に魔理沙や依姫など瞬間火力の大きなアタッカーや、フランやパルスィなど援護火力の大きいキャラにオススメ。
    • とはいえ、ここまで嫁レベルが高い時点で火力は十分に高いため、最大火力が目的でなければ持ち腐れてしまいかねない。もう火力は十分と思うなら他のボーナスで利便性を上げた方がいいだろう。
  3. 射程+2、移動力+2(最長射程が1の武器の射程も延長される。また、高速移動力に+2、低速移動力に+1)
    • ユニット運用の柔軟性がグッと上がるボーナス。特に射程1の武器持ちは恩恵が大きい。
      • 幻少の射程1は激戦区であり、そこを開ける事で結果的に総合火力が上昇するだろう。
      • 特に美鈴や妖夢など、最強武器が射程1の格闘武器のキャラには特にオススメ。射程1の攻撃は、張り付きを持っているキャラに譲った方が、総合火力を大きく上げられる。
    • 移動力アップも大きく行動回数+1と合わせて敵陣深くに切り込んで反撃無双がしたいユニットにオススメ。
  4. 毎ターンMP、弾数50%回復(回復量は切り上げ。最低1回復)
    • これ一個で悪燃費が改善されるボーナス。特に通常の補給では回復出来ない弾数1の武器も回復出来るのがありがたい。
      • 早苗との相性が抜群。神の風が毎ターン撃てるようになるので非常に強力。
      • ただし、弾数制の合体攻撃は参加者全員の弾数が残っていないと発動できないため、ファイナルバカルテットスペシャルや(真・)三色蓮花蝶を毎ターン垂れ流すことはできない。残念。
    • 嫁キャラは特に単独でガンガン戦闘する事が多く消費も凄まじい。補給では回復が追いつかない場合に。
      • とは言えそこまで消耗するようなマップがないのもまた事実。ほぼ嫁1人で全て倒すレベルの無双でもしない限りお世話にはなりにくいだろう。
    • 援護攻撃と相性抜群。嫁で稼いだPPで援護攻撃を取得して常時最大火力で援護するのもいいかもしれない。
  5. 毎ターンSP20%回復
    • ド安定ボーナス。前述の通り精神に頼らないキャラは存在しない為、有用度は非常に高い。毎ターン湯水の様にバンバン精神を垂れ流せる。
    • 精神上昇L9と合わせる事で毎ターン50近く回復出来る。どうせなら獲得PPも増える事だし一緒に取得したい。
    • アタッカーなら熱血などをゴリゴリ使い、サポーターなら期待・再動などをバンバン使える狂ボーナス。強力な精神持ちなら是非とも取得したい。
      • SP+100で十分と感じたなら別のボーナスでもいいだろう。特に消費が40以下の精神しか持ってないキャラなら恩恵はあまり大きくないか。
      • 合体ユニットの場合、メイン以外にこれを取得すると反映されない。
        ルナサが取得した場合、合体後もルナサのSPは回復する。メルランが取得した場合、合体前ならメルランのSPが回復するが、合体後はメルランのSPは回復しないしルナサのSPも回復しない。
    • かく乱、鼓舞、威圧、脱力、激怒、絆、補給、復活など、普段はなかなか使えないような精神を湯水の如く使いまくり、普通ではあり得ないプレイを楽しむことができる。
    • 紫に至っては夢の使用により何でも使い放題となる。
      精神によっては流石に消費SPが重いが、「妖の記憶」「夢と現の境界」によって消費SPを軽減してやれば、何でもありのオールマイティなキャラが誕生する。

どれも超強力なボーナスばかりで迷うこと間違い無し。自分の嫁に合わせて取得しよう。
フル強化ボーナス同様一度選んだらキャンセルは出来ないので慎重に考えて取得を。