Top > Domination
HTML convert time to 0.030 sec.


Domination

Last-modified: 2016-06-29 (水) 11:12:51

概要 Edit

期間限定のスペシャルマッチ。
対戦マップはKetchup Avenueで固定される。
現在はマップが増えた模様。
開催期間はアップデート情報を参照。

ルール Edit

タワーを占領して、1000エナジーを集めた方の勝ち。

  • Ketchup Avenueマップ内にある、三つのタワーの上に、黄色い数字が描かれている。
    タワーを完全に建築すると、数字の分だけエナジーが溜まっていく。
  • リスポーン地点が選択不可能。
    クラス選択の後、各タワーの高台のどれかに、強制的にリスポーンされる。
    チームスキル「転送」は、使用可能? 不可能?(未検証)
  • ビッグタワーでエナジーが溜まらない。また、ビッグタワー自体が存在していない。
  • 通常マップと比べて、騎乗用の馬が大幅に増加している。
  • 2016年現在、Ketchup Avenue以外のマップも増えているが、Forestマップのみリスポーン地点が自軍城内に固定されている。

攻略 Edit

  • 試合展開が独特
    ランダムリスポーン、1秒毎にエナジーが貯まる等の仕様で、とにかく戦場を駆けまわる事になる。
    リスポーンしたBotが、裏取りしたりされたり。取り返して、取り返されての繰り返し。
    一つのタワーを固めても、1秒毎にエナジーが貯まるので、二つのタワーで瞬時に逆転されてしまう。
    また、狭いマップなので、敵と交戦する機会が非常に多い。しょっちゅう敵と戦う事になる。
    • 試合時間も非常に短い。
      すぐにエナジーが貯まるので、約5分以内に試合が終了する。
      最初はルールを理解する時間が無いので、勝ち負けに拘らない。
  • 粘り強さの勝負
    タワー建築時は無防備なので、敵を一人でも放置する事が出来ない。
    また、ランダムリスポーンなので、味方や敵の増援も非常に多い。
    逃げて耐えて、タワーにしがみついた方の勝ち。
    • リスポーン地点は固定だが、リスポーンの場所は高台、のとある場所へと、恐らく完全固定される。
      敵と密接していたり、敵陣の側に出たりする事も。こうなってしまった場合、大人しく敵を牽引しよう。
    • 何も考えずに突っ込むBotは、ルール仕様上、非常に貴重な戦力となっている。
      倒したらランダムリスポーンで、手短なタワーに向かってくる。
      敵側は放置出来ないので、盾にしてもいいし、囮にしてもいいし、タワーを叩かせてもいい等。
    • 短期決戦の場面も多いので、聖なるよろいや、各種エンチャントの価値も増大している。
      逆に、裏取り用のスキルは低下。狭いマップなので、突貫建築や疾走をかけても、効果を活かす前に、敵と遭遇する事が多い。
  • 中央タワーは有利
    左、右端の高台でリスポーンした場合、タワーは高台を降りた、すぐの所にある。
    しかし、中央タワー付近にリスポーンした場合、バリスタの揃っている場所に転送される。
    二つの通路、どちらかを経由しなければならないので、守りを固められると非常に辛い。
    • ランダムマッチと同じように、試合開始直後は、中央タワーを巡っての攻防となる。
      チームスキルを使用して、確実に取るようにしたい所。
  • ぶっとばし関係は危険
    マップの安全地帯が少なすぎるので、ぶっとばしには要注意。
    特に危険なのは、魔法使いのウィンドトラップ。ゼファーのサイクロン、サイクロンラッシュ。戦士、バーサーカーでの突撃。
    馬での体当たりや、爆弾岩に激突して、飛んだ先がステージ外でした何て事もある。
    最初から狙っている人が非常に多いので、中央タワー付近の前衛は要注意。
  • タワー防衛は最小限に
    数秒でタワーに到達されるので、守りに比重を置くと、一つのタワーから動けなくなる。
    エナジーの差を広げる為にも、攻めに重視を置いて間違いはない。
    立ち止まって防衛するのは、本当に最後。
    また、絶対に最後まで気を抜かない。接戦している場合、極わずかで負けてしまう事もある。
  • タワーの増加エナジー数にも目を配れ
    タワーを立てた際に表示される数字は1秒毎に増えるエナジー数の事。
    この数字はタワーが建った際にランダムで決定され、タワーが崩されるまで維持される。
    最高で15にもなる為、試合後半に敵軍タワーにこの数字が出ると場合によっては逆転される可能性がある。
    敵軍に出たら、状況によっては最優先で崩し、自軍ならば可能な限り防衛するようにしよう。