Top > 試製東海

試製東海

Last-modified: 2017-12-08 (金) 11:59:40
No.269
weapon269.png試製東海陸上攻撃機
装備ステータス
火力雷装
爆装+2対空
対潜+10索敵+5
命中回避
戦闘行動半径8
装備可能艦種
駆逐艦軽巡洋艦重巡洋艦戦艦
軽空母正規空母水上機母艦航空戦艦
備考
開発不可、改修不可
全ての艦娘に装備不可、基地航空隊にのみ装備可能
2017年秋イベントE-2甲・乙作戦突破報酬
十七試哨戒機として開発された本格的な陸上発進の対潜哨戒機です。
低速ではありますが対潜哨戒に特化された機体性能に新開発の艦磁気探知機「KMX」も装備、
基地航空隊の対潜戦力として活躍が期待されていました。

ゲームにおいて Edit

  • 2017/11/17に東海(九〇一空)と共に実装。同日より開催された2017年秋イベントのE-2甲・乙作戦報酬として実装された。
  • 装備分類は一式陸攻等と同じ陸上攻撃機だが、アイコンは青色で「哨」。雷装は無く爆装も僅かで代わりに対潜値が付いている。
  • 基地航空隊に配備することで潜水艦を攻撃可能。気になるダメージはソ級flagshipも一撃で沈める事もできるほど強力な模様。
    更に集中させれば2回攻撃するため殲滅率は非常に高いが、割と旗艦が無傷で残ったりするので本隊にも多少対潜要員を入れるとより安定する。
  • 水上艦・潜水艦混合編成の場合、本機を含む対潜7以上の陸攻・艦攻/艦爆は潜水艦を優先して攻撃し、潜水艦が全滅すると水上艦を攻撃する。6以下の機体は従来通り水上艦のみを攻撃する。
    • もっとも本機は雷装0なので水上艦相手はカスダメ確定となる。陸上型ならば焼け石に水だが一応ダメージが入る。
  • 現在、対潜値7以上で対潜可能な機体は九七式艦攻(九三一空)(対潜7、半径4)、天山(九三一空)(対潜8、半径5)、Swordfish Mk.III(熟練)(対潜10、半径3)、TBM-3D(対潜8、半径6)の4つ。
    • 現在の入手数では基本これらを組み合わせて集中運用する事になるが、いずれも戦闘行動半径が本機より狭く、距離によっては大型飛行艇での延長が必要になったり、それでも届かなかったりする。

以下性能比較表(装備最大値/陸攻早見表/テーブルより転送) Edit

黄色はトップの性能

装備名火力雷装爆装対空対潜索敵命中回避半径制空値攻撃力*10入手方法改修追加
銀河-14143331-912149.4イベント、ランキング-編集
一式陸攻(野中隊)-12133241-912133.2イベント-編集
一式陸攻 三四型-11124241-816126イベント-編集
一式陸攻 二二型甲-1112324--1012126任務、イベント、ランキング-編集
一式陸攻-1012223--98117任務、イベント、ランキング-編集
九六式陸攻-810122--84100.8開発、任務、イベント、ランキング-編集
爆装一式戦 隼III型改(55戦隊)3-86-13252536イベント-編集
試製東海--2-105--80イベント-編集
東海(九〇一空)--2-1161-80イベント-編集
  1. 火力の効果は不明
  2. 制空値は「内部熟練度0、18機定数時の値」
  3. 爆装隼は色分け対象外*11
  4. 試製東海及び東海(九〇一空)は他の陸攻と大きく用途が異なるため色分け対象外

小ネタ Edit

  • 元ネタは大日本帝国海軍の陸上対潜哨戒機「東海」。開発符号はQ1W、連合国側のコードネームは「Lorna(ローナ)」。
  • 東海には電探装備機と磁探装備機があり、こちらは電探装備機がモデルと思われる。
  • 潜水艦による通商破壊は日本にとって深刻な影響を及ぼしていた。海軍は零式水上偵察機九七式艦攻、白菊*1などを用い対潜哨戒を行ってきたのだが、激化する戦況の中、特化した機体が求められるようになった。そこで昭和17年に後の九州飛行機に開発を依頼、昭和19年後期から実戦配備がされたのがこの東海である。
  • 大きなガラス張りの風防による広大な視界を持ち、後述される「KMX」も装備、また250Kg爆弾を二つ搭載し急降下爆撃も可能…と当時としては比較的高水準の対潜哨戒機であった。
    • 「KMX」は帝国海軍が世界で初めて実用化した航空機搭載型の磁気探知機である。*2潜水艦は磁性体である鉄の塊であるため、微弱ではあるが固有の磁気を発しており、この磁力が地磁気の流れを乱してしまう。*3この磁気の乱れを検出して潜水艦の位置を特定するものである。*4
    • 問題としては、エコ仕様のエンジンを採用したため発電力が弱く、電子装備の拡張性が無かった点があげられる。
      • 装備されている天風エンジンは教材や練習機などで使われる古く低出力なものだが、低質なガソリンでも運用できた。
日本海軍における磁気探知機開発史
  • ここまで揃えばさぞ活躍したのだろうと思うかもしれないが、しかし現実はそう上手くはいかなかった。
    • 対潜哨戒という性質上、低速且つ長い航続時間を要求された為、巡航速度は双発機としてはかなり遅めの240 km/hという性能に仕上がった。*6ところが、昭和19年後期となると日本は近海ですら制空権を喪失しているような状態である。そう、そんな中飛行する鈍重な双発機は連合国機からすれば良い的だったのである。
    • 防御用に後部上方に7.7mm機銃を一門備えていたが、このような武装では対応できるようなものではなかった。*7
      敵戦闘機に見つかったその時点で一巻の終わりが確定していた。
      • 本機の運用開始は昭和19年10月、実動期間は終戦まで1年にも満たなかったにも関わらず、約半数が失われている。*8
    • KMX自体は、昭和19年4月から97式艦攻、零式水偵、96式陸攻といった機体に搭載が始まりKMX搭載機が配備された901空は、昭和19年8月、フィリピン方面での対潜水艦戦において、史上最高の記録をつくり感状を授与されたが、本機の配備前の話なのであった。
    • 三機程の編隊で飛行し磁場を探知すると塗料を海面に投下しマーキング、これを数回繰り返して位置と方向をを割り出し爆弾を投下するという地道な方法を用いた。
  • 東海による敵潜探知や撃沈の報告は多数あるものの、それらの報告と米軍の艦艇喪失資料と合致するものは一件も確認されていない。
    • 撃沈の根拠として「浮上してきたゴミや油」があるが、「敵潜が魚雷発射管からゴミなどを放出して沈没偽装した」と思われ、敵潜水艦は逃走したと思われる。
    • 誤認した魚群や鯨を吹き飛ばしたという例も多い
  • この磁気探査技術は戦後も研究が進められ、P-3のような現在の対潜哨戒機やヘリコプターでも磁気探査機が搭載されている。探査範囲が狭いため、海面に対して低高度で飛行しなければならないが、「発せられる磁気を受信する」という「パッシブ」な技術のため、アクティブソナーと違って敵潜水艦に哨戒機の位置を知られにくく、また運用コストが安いことから、今でも現役で対潜作戦で活躍している技術なのである。*9

  • 艦これでの実装に対し、東海の1/72スケールのプラモデルを製品化した豊橋市のプラモデルメーカー「有限会社ファインモールド」が歓喜の声を上げた。

この装備についてのコメント Edit

過去ログ

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • この飛行機が出演するゲームって艦これ位じゃね、割とマジで。マイナーも良いところだろ -- 2017-11-26 (日) 00:51:14
    • 「零式艦上戦闘記」って作品でこいつによる対潜作戦があってだな…?(割とマイナーゲーかね?) -- 2017-11-26 (日) 01:04:08
    • 小ネタの編集者もどっから資料を持ってきたのだろう。 -- 2017-11-26 (日) 23:00:53
    • 太平洋の嵐にも出てるよ -- 2017-11-27 (月) 02:42:06
    • 戦略系のSLGなら出てくるとこ多いぞ、太平洋戦記3にも出てくる -- 2017-11-28 (火) 01:32:25
  • 叩かれるの覚悟で言うが嵐に触ったら負けなんて相当前から言われてるのにどうしても無視できないアタマが子供のも相当な数いるんだよなあこのwikiも それなりに同族だとは思ってただけにネタじゃなく本気で失望するわ -- 2017-11-26 (日) 00:53:08
  • そして誰にも枝葉を立てて触ってもらえないかわいそうな煽りコメであった -- 2017-11-26 (日) 01:00:23
  • これ雷撃もできるんだ。艦これは歴史の勉強になるなあ。 -- 2017-11-26 (日) 08:57:54
    • それ爆装隼と同じでエア魚雷じゃないの? -- 2017-11-26 (日) 13:46:56
  • 久しぶりに持ってる持ってないでだいぶ攻略難易度が変わりそうな装備。これのためにイベやるまであるね。 -- 2017-11-26 (日) 09:19:17
  • E−3甲で潜水艦に撤退させられるのでコレの熟練をあげて再度トライ。 -- 2017-11-26 (日) 16:16:49
  • まじE-3の乙でもう一機東海配れや。 糞運営!! -- 2017-11-27 (月) 11:42:49
    • 俺もそれ思った、乙はもう一機試製東海を差し上げてもいいんじゃないかってね -- 2017-11-27 (月) 11:53:22
    • 言うても対潜7以上なんて普段乙以上やってりゃ5,6くらいはあるもんだし、普段丙からようやく乙に変えたようなら苦戦するの当たり前やで -- 2017-11-27 (月) 12:09:16
      • いや流石にそれはエアプが過ぎるわ。対潜7の機体は最終甲報酬かランカー報酬やレア艦やネジ激重任務で入手する1点物ばかりで、要設計図の龍鳳牧場ってネタでもやってなきゃそんな数揃わねーよ -- 2017-11-27 (月) 12:43:25
      • 今までのイベの乙以上の報酬で対潜7以上の機体がいくつあったか言ってみ? -- 2017-11-27 (月) 18:07:12
      • イベント報酬で配られた対潜機ってSFIIIだけだよね。枝は普段甲乙でイベント完走する位の練度ならって話をしてるんじゃない?それでも5,6は多いと思うけど。中堅提督なら試製東海+龍鳳改+大鷹改+大鷹改二で4機ぐらいか。 -- 2017-11-27 (月) 19:49:19
      • 夏イベで甲種勲章を取っているなら、九七式931が2つ、天山931、Swordfish mk.3、TBM-3D、試製東海、東海901が各1つかな。 -- 2017-11-27 (月) 22:08:32
      • これまでほぼ万年丙提督の俺で九七931が2、天山931と今回の試製東海で4つだな -- 2017-11-27 (月) 22:17:01
      • ランカーで貰っていなく、牧場もしてない場合その計7がMAXだな。自分もそのパターンだわ。 -- 2017-11-27 (月) 22:19:44
    • それはちょっと欲張り過ぎないか・・・カ号・三式対潜哨戒機を基地配備&対潜参加可能に、E1報酬の水偵11型(熟練)と由良持参の水偵11型も対潜攻撃できればとはちょっと思わないでもないが。てかカ号も三式哨戒機も陸軍機なのに基地で使えないとか割と意味不明 -- 2017-11-27 (月) 22:01:12
      • 三式指揮連絡機はともかくカ号なんて行動範囲1以下になりそうだが… -- 2017-11-28 (火) 00:06:51
      • 1あれば大艇で3までは届くから・・・木みたいに対潜機足りませんみたいな状態で範囲3まで3機出せれば御の字じゃない、潜水艦出てくるの基地から近い事多いし。 -- 2017-11-28 (火) 01:52:26
      • スタート地点から潜水マスは近いが必ずしも基地が近いとは限らないんだよね。今回のE4とか -- 2017-11-28 (火) 11:32:33
    • 口の悪い子には何も無しでいいなww -- 2017-12-05 (火) 18:02:18
  • これも九六陸攻のように後日2個任務で配るのかな。そうすれば901まで取った人は1航空隊分の東海が揃うし。 -- 2017-11-27 (月) 17:55:49
    • 今冬以降、通常海域でも獲得可能です。 って運営の電文にあるんだし、何かしらの方法で獲得可能になるんじゃない? -- 2017-11-27 (月) 22:37:57
  • 流石に空母混じりの潜水マスに護衛機無しでいったら全滅待ったなしかな -- 2017-11-27 (月) 21:43:10
    • リアルならそうだけど、このゲームの要撃機は敵も味方も史実ほど仕事しないからね。代わりに艦艇の対空砲火がイージス艦ばりに活躍すっけど -- 2017-11-28 (火) 10:42:03
      • そうじゃないと摩耶様やら秋月クラスが産廃なるしな...ゲームだし致し方ない -- 2017-11-28 (火) 11:26:51
    • 夏E-1もボスにヌ級いたし、簡単に東海4スロは使わせてくれそうにないねえ -- 2017-11-28 (火) 22:06:16
  • これ任務でもう一機くるんだっけ -- 2017-11-29 (水) 15:49:10
    • 「今冬以降、通常海域でも獲得可能」とはアナウンスされてるけど、入手方法や入手可能数はまだ不明。 -- 2017-11-29 (水) 16:11:09
      • どうも。任務って感じかねえ -- 2017-11-29 (水) 16:24:27
      • まさかのドロップとか -- 2017-12-01 (金) 10:41:09
      • 無難にいくなら、単発任務で1~2機限定かクォータリー任務で常時入手可能ってとこかな。 -- 2017-12-01 (金) 10:46:55
      • 10年、20年後ということも可能だぞ -- 2017-12-03 (日) 09:26:20
      • これの入手任務は6-4や6-5でS勝利になりそう -- 2017-12-03 (日) 12:00:31
      • 6-5って常設海域最深部って事で怖がってる人多いけど、第一段階の敵はそんなに大したこと無いんだよ。 -- 2017-12-10 (日) 12:05:34 New
    • 東海3編成とか、潜水のみ編成の殆どが吹き飛びそうだな…(夜戦潜水マスから目を逸らしつつ) -- 2017-12-05 (火) 16:21:52
    • 新年任務で選択とかになりそう -- 2017-12-06 (水) 01:05:25
    • まあ多分もう1機だろうな。強烈だからそんなに数出さないだろう気がする -- 2017-12-09 (土) 21:40:18 New
  • 運営的には新潜水姫を今後出していく為の口実にもなるから出し渋るどころか積極的に実装に取り組んでいくと予想。 -- 2017-12-03 (日) 09:12:14
    • まぁあいつの叫び声は聞いてて面白いから出してきてもいいけどな、17夏の借りを返してやる -- 2017-12-03 (日) 11:29:55
      • ワロタw 俺もいつも朝霜ぶつけて楽しんでるけどw -- 2017-12-08 (金) 03:38:07 New
  • 対潜用の長距離機もっとでないかなあ 九七式飛行艇とかPB4Y-2とかさー -- 2017-12-03 (日) 11:42:08
    • プライバティアやベンチュラは欲しい、東海より性能高いだろうし・・・リベレーターやハドソンを先に出してネジ溶かすコースという可能性もあるけど -- 2017-12-04 (月) 08:33:00
      • ウェリントン「私も…」 -- 2017-12-05 (火) 13:22:12
      • 試製雷電(7mmで火だるまになりながら)「よう相棒、まだ生きてるか?」 -- 2017-12-07 (木) 00:45:22
      • 調べてみたらカタリナも対潜用の装備をつけて潜水艦狩りをしていたことがあるらしい。まあ長い距離をゆっくり移動できる機体は、確かに洋上の見張りとして有効だしなあ -- 2017-12-07 (木) 18:52:56 New
      • カタリナは改修でマリナー飛行艇に化ける可能性がある -- 2017-12-10 (日) 12:01:59 New
  • 姿勢倒壊のおかげでフラソ狩りが捗るぜ -- 2017-12-04 (月) 09:16:05
  • 「哨」の青字が好き -- 2017-12-05 (火) 03:58:14
  • 試しにE2のJに3陸攻つけてみたら潜水幼女以外消し飛んだ。ちな乙 -- 2017-12-08 (金) 00:25:05 New
    • E2Jマス掘りには欠かせない装備だよな、同じく乙だかこれと九◯一空陸攻2で幼女は中破、後は先制爆雷で落とせば開幕で終了だからな -- 2017-12-10 (日) 12:29:08 New
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 九州飛行機で開発された練習機、艦これ未実装
*2 1930年代にアメリカで開発されたフラックスゲート磁力計を応用したもの。
*3 地磁気は地球の内面から発せられる微弱な磁気であり、内外の条件により絶えず変化している。例えば方位磁石はこの地磁気のN極とS極を指し示すものだが、地形極と磁気極は常に同じ場所ではないため、磁石が指し示す方位と実際の地形の方位はズレてしまう。このため、方位指示器は常に何らかの手段で補正しなくてはならず、そのためには地磁気を定点で24時間365日観測する必要がある。わが国では茨城県石岡市柿岡にある気象庁地磁気観測所が有名だが、千葉県富津市鹿野山にも同様の機能を持つ国土地理院鹿野山測地観測所が所在する。
*4 潜水艦に限らず、水上艦も使っているうちに磁力を帯びてくる。磁力を帯びたままだと、艦上の観測機器に影響があったり、海面でプカプカ浮いている磁気反応型機雷が起爆してしまう危険がある。そのため、船体に対策をしたり、軍港に消磁設備を設置したりしている。現代の日本では、海上自衛隊の横須賀消磁所が船体の消磁作業を担っている。
*5 当時の軍令部第二部(海軍の戦備・補給担当)の部長。後に第三戦隊司令となりレイテ沖海戦では第一遊撃部隊第二部隊指揮官となる。本土への帰路米潜水艦シーライオンの攻撃を受け旗艦金剛が沈み運命を共にする
*6 最大速度は320Km/h
*7 下部に20mm機銃を一門備えていたがこれは防御用としても使えないこともないが、主目的は潜水艦銃撃用
*8 製造数153機に対し、終戦まで残存していたのは68機である。
*9 現在の磁気測定器はMagnetic Anomaly Detector - 「MAD」と呼ばれ、固定翼機なら機体最後方の長く伸びた部分に設置され、ヘリコプターならワイヤーで海面スレスレに吊り下げて使用する。いずれも、機体本体が持つ磁力の影響を避けるためである。
*10 18機、対水上艦、クリティカル・触接無し
*11 雷装値が0だが他の陸攻と同じく対水上艦では雷装値を参照する。ただし、用途は大きく異なるため色分け対象外とした