Top > 水無月

水無月

Last-modified: 2017-05-04 (木) 14:04:34
No.281
睦月型駆逐艦、水無月、でまーすっ!えへへっ水無月(みなづき)睦月型 6番艦 駆逐艦
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久13火力6 / 29
装甲5 / 18雷装18 / 49
回避37 / 69対空7 / 29
搭載0対潜17 / 41
速力高速索敵4 / 17
射程13 / 53
最大消費量
燃料15弾薬15
装備
12cm単装砲
未装備
装備不可
装備不可
改造チャート
水無月水無月改(Lv20)
図鑑説明
睦月型駆逐艦、その6番艦、水無月だよ。
横須賀の近く、浦賀で生まれたんだ。
睦月型の姉や妹達と共に、緒戦の戦いに参加したんだ。
船団護衛も何度も務めたよ。
ん?潜水艦?あれはやっかいな相手だよね。うん、わかるよ。

※初期値はLvや近代化改修の補正を除いた時の数値であり、最大値はLv99の時の最大値を指します。

CV:日高里菜、イラストレーター:草田草太 (クリックするとセリフ一覧が開きます)

ゲームにおいて Edit

  • 2016/8/12アップデートで新規実装。同日から始まった2016年夏イベントE-2クリア報酬艦。これで睦月型の未実装艦は夕月のみとなった。
    • 通常海域でのドロップや建造では入手不可のため、通常は新規/追加入手の方法が無い。入手後はロックを忘れずに。
    • また、13号対空電探を持ってきてくれる艦娘で最も改造レベルが低いという特徴もある。
      改修材料に必要な提督諸兄は遠征で育てておくと良いだろう。
    • 2017年冬イベント「偵察戦力緊急展開!「光」作戦」でドロップ設定された。
    • 2017年春イベント「出撃!北東方面 第五艦隊」でドロップ設定された。
  • 運の初期値13は長月以外の姉妹艦より僅かに高い。
  • 伊26と並んで、長らく空白だった艦船図鑑の5ページ目に初めて足跡を記した艦娘である。
  • 第22駆逐隊の一員だが、2015/1/23アップデートで実装された任務「「第二二駆逐隊」を編成せよ!」と「「第二二駆逐隊」出撃せよ!」の達成条件に含まれない。
    • 第22駆逐隊のメンバーである皐月文月、長月と仲が良く、それぞれ「さっちん」、「ふみちゃん」、「ながなが」の愛称で呼んでいる。
    • 当初「西村艦隊」関連の任務で必須ではなかった満潮が、後日追加された「西村艦隊」任務で必須とされた例があるので、今後「第22駆逐隊」関連の任務が実装された際は必須となる可能性も考えられる。
  • 2016/8/7に行われた観艦式において、本艦の実装と声優が日高里菜氏であることが同時に発表された。*1
  • 2017/02/11のアップデートにおいてバレンタイン限定グラフィックが実装された。
    • 本人曰く出遅れたようだが、無事にチョコを完成させて限定グラフィック実装。今年も草太艦全艦にバレンタインmode実装となった。
    限定イラスト:バレンタインVer.

小ネタ Edit

艦歴
歴代艦長

「水無月」について Edit

  • 水の無い月と書くが、水が無いわけではない。 水無月の「無」は、神無月の「な」と同じく「の」にあたる連体助詞「な」で、「水の月」という意味である。 陰暦6月は田に水を引く月であることから、水無月と言われるようになった。
  • 6月30日は「水無月」を食べる日として知られる。京都では1年のちょうど折り返しにあたるこの日に、この半年の罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈願する神事「夏越祓(なごしのはらえ)」が行われる。意味深とか言うなよ。
  • 草太氏の艦ではおなじみの艤装の季節花は朝顔になっている。
    • 花言葉は「はかない恋」「固い絆」「愛情」
       
  • 先代「水無月」は初代神風型駆逐艦(こっちの神風の先代)の27番艦。明治40年の生まれで、後に掃海艇に類別されたが、昭和5年まで20年以上に渡り活動した。
    跡継ぎは現在のところ海上自衛隊・海上保安庁には存在しない。
  • 実は太平洋戦争前は「華の二水戦」の一員だった。というか、睦月型は全12隻が揃って第二水雷戦隊に所属していた時期(1927.12〜1928.12)がある。この時の戦隊旗艦は名取
    後には神通率いる二水戦とともにコロンバンガラ島への輸送任務に就き、神通の犠牲を無駄にすることなく島への輸送を成功させた。
    このように船団護衛もさることながら、自身が物資を積んで運ぶことが多かった艦である。本来の駆逐艦の任務ではなかったものの、各地の陸軍を縁の下で支えるために走り回ったのだった。
    • 「潜水艦は厄介な相手」と語るが、自身や僚艦が航空攻撃を受けた経験のほうが多い。
      しかし、護衛を務めた第3503船団が潜水艦に襲われ輸送船が全滅、その一月後には護衛任務中に自身が潜水艦攻撃で沈没という悲惨な経験をしている(後述)。
  • 水無月の艦長が長月の艦長も兼任していた時期がある(通算2人)。
    水無月の艦長が皐月の艦長も兼任していた時期もある(この両艦を兼務した艦長はやたら多い)。
    1人で特型駆逐艦3隻の艦長を兼務した人もいた*9くらいだし運用上問題はなかったのだろうが、それぞれ、いったいどっちに乗っていたのだろうか…。
    • 演習中に皐月が放った魚雷が迷走、水無月のスクリューに当って破損させるという事故があった。
      この時はそれぞれ別人が艦長を務めていたが、あわや「誤射した艦と誤射された艦のトップが同じ人」という珍事に発展するところだった。
       

誕生、そして戦火の海へ Edit

  • 生まれは浦賀船渠で、睦月型の中では弥生望月が同郷である(他に駆逐艦の建造実績多数。また五十鈴阿武隈もここ)。
    1926年5月進水で、青葉型姉妹と同い年。ギリギリ大正時代の生まれである。竣工したのは翌年3月、昭和になってから。
  • 翌月、当時夕張を旗艦とする二水戦麾下の第二十二駆逐隊(編成は皐月文月の2隻)に配属され3隻体制となる。さらに翌月、長月が入ってきて、定数通りの4隻編成になった。
    さらに12月の変更で、二水戦は旗艦名取のもと第二十二、第二十三*10、第三十*11駆逐隊で編成。それぞれ睦月型4隻からなる3個駆逐隊で、全12隻がコンプリートされた。夕月実装はよ。
    1931年12月には、二十二駆、二十三駆、三十駆がそのまま一水戦(旗艦夕張)へスライドした。妹が就役する頃には、姉はすでに海の底という艦級が珍しくなかった大戦後期から見れば、1個水雷戦隊に姉妹が全員揃っているというのは驚きだっただろう。
  • 1928年8月にようやく他の姉妹とともに「水無月」という名前を与えられた。*12
    記事では分かりやすいように旧暦名の方の艦名で表記してきたが、この時までは全員「第19号型第○○号駆逐艦」だったのである。
    すでに「浦波型掃海艇水無月」に改名していた先代は「第10号掃海艇」に再度改名している。
     
  • 支那事変では加賀さんと二十二駆で二航戦を編成し、中国大陸周辺で活動。この時期は赤城、加賀、龍驤鳳翔ペアの3チームで2個航空戦隊をローテーションしていたので、加賀が二航戦所属ということもあったのである。

第二次世界大戦勃発 Edit

  • 開戦時には名取の五水戦麾下二十二駆所属。本人が語るとおりフィリピンやジャワ島の攻略戦に参加した。これらは主に上陸作戦であり、敵の航空・海上勢力は主に日本の航空攻撃で撃破されたために水無月の直接的な活躍はなかった。
    続くクリスマス島攻略作戦では、先行した四水戦の那珂ちゃんが潜水艦に襲われ大破。二十二駆は退避する那珂の護衛を務めたのち、隊を2個小隊に分離。水無月は長月といっしょに輸送作戦に従事した。
    東南アジアの占領が成ったことで、本土とのシーレーンを護衛するため第一海上護衛隊が創設。二十二駆はここに編入された。特設巡洋艦や特設砲艦、水雷艇、旧型駆逐艦の中で、睦月型は最新鋭である。
    水無月はジャカルタ、クーパンなど東南アジアの海を駆けまわり、内地での整備・修理後は台湾、パラオと本土を結ぶ輸送船を護衛。日本への資源輸送に尽力した。
    • この頃ソロモン海では一連のガダルカナル島をめぐる海戦が発生し、夕立綾波霧島などが沈没、ガ島への輸送作戦で高波照月が、撤退作戦で巻雲が沈没している。
  • 1943年には川内の三水戦の一員としてラバウルに進出、ソロモン諸島方面での輸送任務に就く。
    輸送船護衛ではなく自身が機銃弾や食糧、医療品などを積載したもので、荷揚げのため湾の浅瀬に近寄ったところ座礁してしまったが、文月に引っ張ってもらい窮地を脱する。
    しかし翌月、文月と青葉が空襲を受け損傷、文月が二十二駆を離脱。その後も輸送任務が続くが、今度は長月、皐月が座礁。水無月は長月の救援を行い離礁させることに成功したが、皐月は損傷のため隊を離脱。
    このあたりから二十二駆という駆逐隊単位での運用も厳しくなり始め、43年7月にはクラ湾夜戦において長月が座礁、放棄され、二十二駆からの最初の喪失となった。
    続くコロンバンガラ島沖海戦では皐月とともに輸送隊として参加。神通率いる二水戦が死闘を繰り広げる中、島に到達しすべての物資を揚陸。帰投中に神通の沈没現場を捜索するも、生存者は発見できなかった。

敵は空の上、海の下 Edit

  • この後、ショートランドにて、ラバウルで補給してきた初雪、望月と横付けし、重油や魚雷のおすそ分けを受けていたところ爆撃を受け初雪が沈没、水無月も損傷を受ける。
    2日後にはコロンバンガラ島方面への輸送で僚艦2隻が沈没、水無月も損傷…と航空機に襲われることが続く。
    現地での応急修理ののち、呉に戻って修理に入るとともに、対空火力増強工事を受けた。
    修理完了後、3隻編成の二十二駆は再度ラバウルへ進出。コロンバンガラ島からの撤退や連合軍のブーゲンビル島輸送船団迎撃など様々な作戦に走り回る。
    しかしラバウル空襲に巻き込まれ、多くの艦が損傷。このとき水無月は航行不能となった長波を曳航してトラック泊地へ後退し、長良に後を引き継いだ。
    自分より1,000トンも重い夕雲型を曳航して、敵を警戒しながらの退避行はいかほどの緊張状態であったろうか。なお、引き継がれた長良も長良で、爆撃を受け魚雷弾頭の誘爆で大破していた。
    落ち武者狩りを狙う敵潜水艦がうろつく中を長波を曳いて本土まで帰ることになった長良艦長代理は、出発前から死を覚悟していたという。
     
  • 敵航空機の攻撃はなおも続き、水無月は輸送任務中に空襲を受け小破。しかしこの頃の三水戦では、度々の空襲にもかかわらず水無月以外の被害はなかった。
    戦闘詳報には『各艦がレーダーの利用におおむね慣れ、爆撃を受ける前に蛇行運動や機銃射撃などで機先を制することができるようになってきたためというのが大きい』とある。
    • この修理のために水無月がトラックへ戻っている間に戊号輸送作戦が発令され、皐月と文月が奮戦。皐月の飯野艦長が命と引き換えに皐月と輸送部隊を守り抜いて「武功抜群」と墨書きされた白鞘の日本刀を授与されている。
  • しかし、それらの輸送作戦も戦局を覆すには至らなかった。ラバウルへの空襲も激化し艦艇の大部分がトラック泊地へ撤退するが、そのトラック泊地までも大空襲を受け多数の艦が沈没。
    文月も、機関修理中のため片軸運転で逃げ惑うも機械室に爆弾を受け力尽きた。
    二十二駆は皐月との2隻編成となり、水無月は睦月型駆逐艦夕月とともにラバウル方面への輸送を行った後、トラックへは戻らずパラオへ移動。これが南東方面での最後の駆逐艦輸送となった。
    パラオではトラックから逃げ延びた艦と合流、羽黒から燃料補給を受ける。
    その後、潜水艦からの攻撃で航行不能になった特設運送船木津川丸(東洋海運:1,915総トン)をグアムまで曳航するなどし、44年5月には神風型9番艦「夕凪」(こっちの神風の姉妹艦)を二十二駆に編入して3隻体制となるが、この3隻が揃っての活動はあまり多くはなかったようだ。
  • 1944年5月4日、東京湾に戻っていた水無月はサイパンへ向かう輸送船団「第3503船団」を護衛するため出撃した。二十二駆からは水無月のみの船団参加だった。
    頭の「3」は行き先の「横須賀発トラック方面行き」を指し、5月3日出発なので「503」という、敵に傍受されたらどうするんだという不安しかない命名方法の船団であったが、果たしてサイパンまで440kmというところで船団は米潜水艦タンバー*13に捕捉され、先制雷撃を受けた。
    護衛艦は直ちに反撃、海防艦が50発もの爆雷を投じ「撃沈確実」を報じたが、実はタンバーは深く潜航して再攻撃の機会を伺っていた。しかし、水無月と水雷艇はしばらくその場に留まっており、再びタンバーを発見して爆雷を浴びせたのでタンバーは追撃を断念して離脱していった。
  • 船団はその後、グアム行きの船を分離しサイパンに入港、一部はさらに先のパラオへと向かった。水無月はパラオ行き船団の護衛を継続することになっていたが、その前途にはまたも潜水艦が待ち受けていた。
    まず真夜中にサンドランス*14が輸送船1隻を撃沈、水無月らが制圧したと思われたが、同日の夕方にはサンドランスの僚艦タニー*15が輸送船1隻を撃沈。残る2隻の輸送船はいったん退避したものの、命令により救助活動に戻ってきたところをサンドランスに襲われ1隻が沈没、1隻はサイパンへ逃げ帰ることが出来た。
  • だが、悲劇がこれで終わることはなかった。3日後、敵機動部隊が出現したとの報を受け、生き残りの1隻に急遽荷揚げも済んでいない別の輸送船を加え、水無月ほか特設駆潜艇と電線敷設船の護衛で緊急出港した船団をフライングフィッシュ*16が襲撃、たちまちのうちに2隻の輸送船を血祭りにあげたのだった。
    水無月は前日の夜に「浮上潜水艦を発見、撃沈」を記録しているが、これがフライングフィッシュの撃沈誤認であったと思われ、結果的にはパラオ行きの輸送船は全滅し、武器弾薬、燃料、民需食糧、そして陸軍兵士や輸送船乗員に大きな被害が出てしまった。

戦没、そしてマリアナ沖海戦 Edit

  • 戦没は1944年6月。第一機動艦隊はマリアナ沖海戦にむけてタウイタウイに進出したのだが、この動きは米軍にも読まれており、泊地周辺はすでに敵潜水艦が潜伏していた。
    駆逐艦たちにはこれを掃討するべく出撃が命じられたのだが、多くの駆逐艦が返り討ちに遭い、また輸送や護衛のためにタウイタウイ島周辺で活動する多くの艦船が標的となってしまった。
    • 6月6日、水無月は秋月型駆逐艦若月とともに産油地バリクパパンへ向かう給油船興川丸を護衛しタウイタウイ泊地を出発した。
      その日の深夜、水無月は「浮上中の潜水艦」を発見、攻撃に向かう。これが船団追跡のため浮上したまま15ノットで航行中のハーダー*17であった。
      アメリカ側の記録によれば、水無月は月明かりに照らされたハーダーに艦首を向け突撃していった。これに対しハーダーは潜航しつつ水無月に艦首を向け、水無月が1,000メートルにまで接近してきた時に魚雷3本を発射。
      水無月は艦首と艦橋直下に1本づつの魚雷を受け、5分以内に沈んでいったという。
  • この6月6日からの4日間には、水無月のほか、夕雲型駆逐艦早波風雲谷風が相次いで波濤の下に没した。そしてこのうち風雲以外の3隻を1隻で沈めたのが、ハーダーだった。
    ハーダーは他にを撃沈した潜水艦としても知られ、対潜掃討を主な任務の一つとする駆逐艦を4隻も返り討ちにするというのは、かのアルバコアも凌ぐ大殊勲である。
    • ちなみに風雲を沈めたのは同じくガトー級のSS-256ヘイク。
  • この敵潜水艦の活動により、第一機動艦隊のタウイタウイ泊地における航空訓練は大きく制限されることになった。大作戦へ向けての最終調整の時期に、である。
    また、作戦の実施にあたっても、上記4隻をはじめ多数の駆逐艦を失ったことは(ただでさえ貧弱な)対潜警戒の網をいっそう粗くすることにつながり、翔鶴大鳳の犠牲の遠因ともなっていくのである。
    • 大井篤が著書に記した『艦隊における駆逐艦は「歩」のようなものだが、「歩のない将棋は負け将棋」の態勢が決戦の日をまたずしてつくり出されたのである』の言葉がすべてを物語っている。
  • 艦隊決戦思想のもと強力な61cm魚雷を持ち、水上艦との戦闘を主眼に生まれながらも、空中と水面下からの襲撃に翻弄され続けた水無月。それは水無月に限ることなく、戦争のあり方が激変した第二次大戦期に多くの兵器たちが経験した悔しさである。

この艦娘についてのコメント Edit

過去ログ

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 冬イベで書き込んでも来なかったが、今回ちゃんと御利益ありました。感謝! -- 2017-05-18 (木) 12:40:57
  • 3連続水無月…伊13とか三隈が欲しい。 -- 2017-05-20 (土) 04:22:59
  • 水無月関連の家具とか実装されないかな・・・ -- 2017-05-20 (土) 10:09:53
  • いつぞや以来、久々に来たので、一瞬誰か分からなかった・・・しかし、正面から見るとアンテナの伸び方が仏像に見えてしまう -- 2017-05-21 (日) 11:41:02
  • 出ないままイベント終わるヨカーン -- 2017-05-21 (日) 20:18:34
  • 出ないままイベント終わるヨカーン -- 2017-05-21 (日) 20:18:35
  • 出ないままイベント終わるヨカーン -- 2017-05-21 (日) 20:18:36
  • 失礼。来なすぎて連投になっちまった -- 2017-05-21 (日) 20:19:08
  • イベント最後の日曜日に来てくれた。自分の誕生月だから嬉しい -- 2017-05-21 (日) 20:55:15
  • 二人目来た。やっぱりかわいい。 -- 2017-05-21 (日) 23:32:09
  • 出たあああああ やべえクッソかわいいなこの子 -- 2017-05-22 (月) 10:31:36
  • この子の家具実装で上半期分の睦月型家具が集まるのか -- 2017-05-22 (月) 18:54:50
    • 来るだろうと思ってはいたが家具職人が足りない…だと… -- 2017-05-22 (月) 20:40:27
      • そこに魔法のカードがあるじゃろ?(お約束) -- 2017-05-22 (月) 22:53:35
    • この調子で埋まっていけば楽しいんだが、八月と十月以降が埋まらないことになっちゃうのは困る… -- 2017-05-24 (水) 22:43:33
      • まあ八月は長菊で分割すればいいし、10月以降も三日月や望月だせばいいでしょ -- 2017-05-26 (金) 14:18:12 New
      • 師走は夕月実装後に全員集合かな -- 2017-05-27 (土) 02:34:10 New
      • なんか唐突に夏休み前にまとめてお誕生日会された事を思い出した(八月生まれ) -- 2017-05-27 (土) 22:02:20 New
  • たった今、改修max装備とともに大破進軍して沈めてしまった・・。反省の意味を込め投稿 -- 2017-05-24 (水) 20:19:11
    • イベントで増やしたのに、通常で減らすなんて馬鹿すぎる。ダメ、ながら出撃 -- 2017-05-24 (水) 20:35:05
  • 着任して初めてのお誕生日おめでとう! -- 2017-05-25 (木) 00:52:24
  • 次のメンテで梅雨グラ来て欲しいね。名前的にこの子にこそ梅雨グラがふさわしかろうて -- 2017-05-26 (金) 13:48:57 New
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 参照:http://www.famitsu.com/news/201608/07112832.html
*2 峯風型駆逐艦10番艦。
*3 2代目神風型駆逐艦9番艦。
*4 ハーダー(USS Harder、SS-257)。
*5 皐月艦長兼任。
*6 皐月艦長兼任。
*7 皐月艦長兼任。
*8 戦死により中佐に特進。
*9 中原達平中佐。初雪白雪深雪の艦長を同時に務めていた。
*10 菊月、三日月、望月、夕月。
*11 睦月、如月、弥生、卯月。
*12 この時「第1号駆逐艦」も「神風」の名を与えられ、おかげで先代水無月がいた方の神風型と被ってややこしいことになっているのである。
*13 SS-198、タンバー級の1番艦。ミッドウェー海戦のおり、最上型4姉妹がこれを発見し緊急回頭したために最上・三隈が衝突し三隈喪失の一因となった。
*14 SS-381、ガトー級の小改修型であるバラオ級。実は2日前にグアムへと分離した船団を襲撃し、輸送船1隻を沈めていた。
*15 SS-282、ガトー級。
*16 SS-229、ガトー級。
*17 SS-257、ガトー級。