Top > 第13回INBC順位戦
HTML convert time to 0.005 sec.


第13回INBC順位戦

Last-modified: 2017-10-22 (日) 14:14:29

第12回INBC順位戦 << タイトル戦:INBC順位戦 >> 第14回INBC順位戦


実力・実績に応じて3つのリーグに分かれてリーグ戦を楽しむことができる大会です!
いつも以上に、超のつく初心者から腕に自信のある方まで、幅広くお気軽にご参加ください。

 

格付け Edit

Aクラス:Title-  Bクラス:Title-  Nクラス:格付けなし

日時 Edit

2017年11月4日(土)  21:00〜23:30

参加資格 Edit

1.バックギャモンのルールがわかること。(ノービスクラスに参加する方はダブルはわからなくてOK!)
2.ニコニコ生放送を見れる環境にあること。
3.playOKでバックギャモンをプレイできる環境にあること。

会場 Edit

配信場所:ニコニコ生放送(配信ページ / 視聴方法
対戦場所:playOK (トップページ / プレイ方法解説
※Aクラス:#900ルーム Bクラス:#1000ルーム Nクラス:#1100ルーム

参加方法 Edit

事前登録は不要です。
当日、20:20〜20:55の間に、ニコ生放送に来て、「playOKの[email protected]お名前」とコメントしてください!
ニコ生に慣れていない方でも参加できるよう、十分に配慮して運営させて頂きます!

形式 Edit

クラス分け Edit

この大会の出場者は、実績に応じてAクラス、Bクラス、Nクラスに分かれて所属し
それぞれのリーグ内で争います。(レベルはA>B>N。Nとはノービス(初心者)の略です。)

 

Aクラスで優勝すると、来期の第五回INBC名人戦への優先出場権を得ます。
また、BクラスやNクラスの成績上位者は、それぞれ1つ上のクラスにに昇格します。
逆に、AクラスやBクラスの成績下位者は、それぞれ1つ下のクラスに降格します。
(次回、INBC順位戦に参加した時の参加クラスが変わるということです)

 

今回、はじめて順位戦に参加する人は、基本的には一番下のNクラスに所属しますが、
一部の実績がある方は、次のような基準で、上位クラスからのスタートとなる場合もあります。

クラス名INBC称号その他実績
AクラスGM←に相当する実績がある場合(主催者認定)
BクラスIM、黒帯←に相当する実績がある場合(主催者認定)
 

なお、Nクラスは初心者初級者向けであるという性質上、
Nクラス所属中にT1/T2大会で入賞、またはT3大会で優勝すると、Bクラスに昇格します。
ただし、希望しない場合はNクラスに留まることも可能です。

 

ルール(Aクラス、Bクラス) Edit

ランダムに決まった相手と、「1回勝負」「ダブル4倍まで」「制限時間2分ディレイ8秒」の試合を繰り返していきます。

 

試合に勝つ度に自分のポイントが増え、逆に負ければポイントが減ります。

ダブル状態でギャモン勝ちした ⇒ 4ポイントゲット
ダブルされたのでパスした ⇒ 1ポイント失う
 

各自10試合目が終わった段階で、たくさんポイントを持っている人から上位となります。

ルール(Nクラス) Edit

ランダムに決まった相手と、「1回勝負」「ダブルなし」「制限時間2分ディレイ12秒」の試合を繰り返していきます。

 

試合に勝つ度に自分のポイントが増え、逆に負ければポイントが減ります。

ギャモン勝ちした ⇒ 2ポイントゲット
シングル負けした ⇒ 1ポイント失う
 

各自8試合目が終わった段階で、たくさんポイントを持っている人から上位となります。

昇降格の人数(Aクラス⇔Bクラス) Edit

Aクラスの参加者の下位25%(小数点以下切り捨て)がBクラスに降格します。(ただし±0点以上の場合は除く)
Bクラスの参加者の上位25%(小数点以下切り捨て)がAクラスに昇格します。

 

また、Bクラスで昇格圏の1つ次の順位に入った人や、その人と同ポイントの人は
「次点」を獲得します。Bクラスで次点を通算2回獲得した人は、Aクラスに昇格します。

昇降格の人数(Bクラス⇔Nクラス) Edit

Bクラスの参加者の下位20%(小数点以下切り捨て)がNクラスに降格します。(ただし±0点以上の場合は除く)
Nクラスの参加者の上位30%(小数点以下切り捨て)がBクラスに昇格します。

 

また、Nクラスで昇格圏の1つ次の順位に入った人や、その人と同ポイントの人は
「次点」を獲得します。Nクラスで次点を通算2回獲得した人は、Bクラスに昇格します。

 

細かい規定 Edit

以下、参加する際に把握する義務はありませんが、トラブルが起きた時にはこの規定に従うことをご了承ください。

  • playOKの仕様上、2分以上なにも操作しなかった場合負けになるので注意してください。
  • 時間切れ負け、通信切断負けなどのシステム上の負けは基本的に全てギャモン負け扱いです。
    ただし、その時点で1枚以上コマをゴールしていた場合のみ、シングル負け扱いとします。
    いずれにせよ、ダブルはその時点の倍率を採用します。
  • 同じポイントで複数人が並んだ場合、勝率が高い方が上位です。
    それが同じ場合前回参加時の順位が高い方が上位です。
    どちらも順位戦初参加の場合、プラス点の合計が多い方が上位です。
    それも同じ場合、全対戦相手のポイントの合計が多い方が上位です。
    ただし、リーグ1で1位のポイントが並んだ場合のみ、1位の2位との1ptマッチのプレーオフを行います。
    (3人以上並んでも1位と2位だけのプレーオフ)
  • 大会の途中で行方不明になった方がいた場合、管理人が「○時○分までに戻ってこなければ失格」と規定します。
  • 失格者、あるいは途中棄権者は残りの全試合、-2点として扱います。
    既に行った試合の結果は変更しません。なお、たとえ上位の可能性がなくなったとしても
    やむを得ぬ理由がない限り途中棄権はお控えください。
  • 状況に応じて、ポイントマッチでは通常ありえないような初手ダブル・超アーリーダブルや
    超弱気/超強気キューブアクションをするなど、プレースタイルは完全に自由です。
    ただしチャットや生放送コメントなどを使用し、「キューブ4倍にしよう」などと示し合せることは禁止です。
  • 順位戦に参加しない場合は所属クラスは変動しません。(NからBに昇格する特別規定を除く)
    しばらく欠場したから落ちる、などということはありません。
  • 参加者数が少ない場合、総当たり以上の試合は行いません。
    たとえばBクラスで参加者10人なら9ラウンドで終了です。
  • 今期から試合数が増加しましたが、代わりに、奇数人数参加時の抜け番の試合補充は行いません。
    つまり、参加人数が11人以上で奇数の場合、1試合少ない人が多く出ます。