Top > misdirection
HTML convert time to 0.063 sec.


misdirection

Last-modified: 2010-11-06 (土) 14:07:41

1.10パッチにより仕様変更有

前パッチからの変更点 Edit

  • 初弾の攻撃判定が消失。代わりに拡散が保障されるようになった
    • これによりパッチ前のコンボは全く使えなくなった(コンボ要検証)
  • B版C版ともに真上へ投擲していたが、C版が斜め前への投擲に変わった

特徴 Edit

ナイフをトスし、それを大量に増やして敵へ向けて殺到させる。
ナイフは相手のわきを狙って飛び、慌てて動いた相手を捕える。
Bは狭い間隔でナイフが拡散しCは反対に拡散時の間隔が広くなる。
B版は真上へ投擲し、C版が斜め前へナイフを投擲する。
拡散までナイフは攻撃判定を持たないので対空には使えない。
また静止している相手には拡散時のナイフは当たらない。
ホールド時は2回ナイフが拡散されるので、できるならばホールドした方が使いやすい。

ナイフ一本一本のダメージや霊力削り、体力削りは少ないが(霊力削りは0.25)、
拡散する瞬間に根元でナイフを当てると高ダメージを出す。
ガードさせてもレベル1で霊力2.5、レベルMAXでは体力1000程度・霊力4.5削り、
この爆発力がミスディレクションの魅力の一つでもある。
拡散されるナイフの本数は
レベル1では相手の両わきに5本ずつ計10本、
レベル2・3では7本ずつ計14本、
レベルMAXで9本ずつ計18本
であり、上述の根元当て時の爆発力や事故ヒットのさせやすさから、使うなら4枚積みを推奨する。

これらの特徴から、

  • 空中にいる相手
  • こちらの攻撃で強制的にノックバックさせられる距離である
  • 射出後相手の空中からの飛び込み攻撃をガードできる距離である
  • コンボで魔方陣が取れず相手が空中受身可能な状態

といった状況での、
投擲してからナイフが拡散するまでの誘導が非常に重要であり、上級者向けのスキルであるが、
根本当てが成功したときの爆発力や爽快感は他の追随を許さない(異論は認めます)

利点 Edit

  • 投擲してからナイフが拡散するまで時間があるので、相手が動けば本体と同時攻撃が可能
  • ヒット時の受身不能時間が長く、事故ヒット時でも追撃が容易
  • レベルMAX時には根元当て+打撃でジャスト割をすることが可能なので、
    そこからのコンボで体力削りと合わせて高ダメージを出せる
  • 動かなければ当たらないということを知っている相手には、それを利用して固めることが可能

欠点 Edit

  • 投擲時に大きく隙をさらすことになるので、中〜近距離では潰されやすい
  • 遠距離で闇雲にふっても事故ヒットは期待できない
  • ただでさえ難しい霊力管理が更に難しくなる。
  • 万能なバウンスが優秀すぎる

主な使い方 Edit

  • 分からん殺し
    地上の相手の固め中などにおもむろにBミスディレクション→J2A
    ときどき前ダッシュしてくれる人に当たる。追撃入れてダメージ2000弱。
    バニシングがレベル1以上なら、
    Bミスディレクション→J2A→Bバニシング→J2A→JA→J6A(もしくはJ2A→DA→Bクロ)
    とすることで、道中でも魔方陣を取れる。何よりかっこいい。
    1試合に1〜2回。
  • 3A空狩り
    ミスディレクションを投擲したあと、空中の相手にキャンセルHJから
    JAをガードさせると見せかけて斜め下飛翔。
    相手がミスディレクションをガードしていた場合、3Aが当たる。たぶん結界も間に合わないはず。
  • 受身狩り
    • 低空でJ6A→J6Cで魔方陣をとるところを、J6Aで着地してBミスディレクション。
      相手の受身にあわせてJAをガードさせると、続く拡散ナイフが根元(近く)で当たり、割りやすい。
      相手の高さに合わせてC版と使い分ける。その場合J8Aをガードさせることもある。
  • 壁際でJ2A→JA→J2A→DA→クロースのところをDAの代わりにBミスディレクション。
    相手が前受身を取ったとき、打撃を重ねるとちょうど根元でガードさせることが可能。
    パターンが分かりやすいので、読まれない程度に。
  • 回避結界を読んで
    6Aガード後2結界する相手に、6A→Bミスディレクション
    HJしてJAを重ねれば根元でミスディレクションが当たる。
    相手がJAをしていた場合こちらのJA出す前に潰されてしまうので、HJ→2飛翔のような
    フェイントをかけてやると、相手がJAを出していた場合ミスディレクションが根元で生当てになる。
  • めくり
    ナイフ投擲後にこちらも相手も空中にいるとき、JAやJ6Aを当てると見せかけてJ8Aで相手を飛び越すと
    その後拡散されるナイフがめくりになる。
    相手が地上にいる場合でも、相手が動いていればナイフがめくりで当たる。
  • 起き攻め
    他の214系ほど使いやすくはないが、一応。
    ダウン中に(できればホールド)Bミスディレクションを投げておく。
    • その場で相手が起き上がった場合
      J2A(もしくは昇りJA)を置いておくと前ダッシュ狩り・HJ狩りに加えて
      相手がチキガした場合も拡散ナイフで霊力を削ることが可能で、追撃で割りやすい。
  • 相手が移動起き上がりした場合(移動距離が短いキャラ限定)
    キャンセルHJで相手の方向へ移動し
    相手の頭上をこえてJA・J6Aを裏で当てるか、相手の頭上付近でJ2Cを表当てするか。
    ミスディレクションは動かなければOKと思っている相手にはかく乱させやすい。
    前ダッシュで逃げようとする相手にはHJ→斜め下飛翔で打撃。HJ逃げする相手にはJ8A。
  • 蒼天限定
    目の前でBミスディレクション→Bクロースとすると、クロースとミスディレクションが当てやすい。
    ミスディレクションのレベルが高ければ、2500程度のダメージにもなる。
    相手の空中の位置によってはB(orC)ミスディレクション→Cクロースも使える。
    条件によってはガードされても、ナイフの拡散でガークラさせることも可能。

ほかにもアドリブで様々なかく乱に用いる。

  • ミスディレクション→HJすぐにBバニによるめくり
  • 起き攻めでホールドCミスディレクション→Bミスディレクション、相手は混乱する。

事故ヒットしたときは Edit

  • ナイフ一本につき5%のリミットなので
    画面端に近ければ、ナイフ1〜2本刺さる→(JA→)J2A→2C→Cクロ
    とするのが一番ダメージが高い(と思う)。J2A→DA→Bクロよりも高い。
    霊力状況や位置関係によって、JA→J2A→溜J2B、JA→J2A→J2A→DC、J8A→JB→J6Aなどを使い分けたい
  • 画面から遠ければ、JA→J6A→J6C・・・など。
    魔方陣が取れないと思ったら、途中で着地してBミスディレクションで、
    今度は相手の受身に合わせた根元当てを狙うのもよい。
    また、相手の高度が低めならばスカルプで4kほどのダメージを見込める。

スペカとの相性 Edit

  • 空中で相手の霊力をゴッソリ削るという特性上、シルバンや夜霧と相性が良い。
  • 目の前でナイフを投擲し、打撃を誘ってインスクも可能。
    その場合、ミスディレクションのナイフも当たり、ダメージが700程度伸びる。
  • 特製ストップウォッチが空中で当たった場合には、ミスディレクションで割ることも可能。
    体力削りを期待できる。

その他様々なご意見、ご考察をお待ちしております!!


(1.10パッチ前のデータ とりあえず残しておきます)

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 執筆させていただきました。ミスディレクション使いが増えますように・・・ -- 2010-09-29 (水) 09:32:41
  • 誤字訂正を。 -- 2010-10-27 (水) 02:12:36
  • 事故ヒット時の追撃の話を追加させていただきました。 -- 2010-10-30 (土) 12:33:32
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White