Top > howto_lv2_13

宿のデータが吹っ飛んだ……

Last-modified: 2017-01-22 (日) 15:44:45
  • バックアップ以上の対策は存在しない
  • バックアップ先も、可能なら複数を用意したい
 

悪夢は突然に Edit

( ´∀`)
   グアアアアアア!!
(´・ω・`)
   く、クロコダイーン!!
(  ∀ )
   宿のデータが吹っ飛んだあああああああああ!!!
(´ ω `)
   うわああああああああああああ!!!

何はなくともバックアップ Edit

(´・ω・`)
   CardWirthには、恐ろしいバグの『噂』がある。
   それは「セーブしたと思ったら宿ファイルが消滅していた」というものだ。
( ´∀`)
   何それ!?
(´・ω・`)
   CardWirthのセーブ形式は、新しいセーブ(宿ファイルを)を作成してから古いセーブを消すのではなく
   古いセーブを先に消してから新しいセーブを作っているらしい。よってそこで何らかの原因で
   新しいセーブデータが作成されなかったら、宿そのものが消滅してしまうそうだ。
( ´∀`)
   マジなのそれ!?
(´・ω・`)
   あくまで噂だよ、それもバージョンも古い時代だし、報告例自体も少ないんだよね。
   でもそれだけに現行バージョンでも、どうなってるのかわからないという。
( ´∀`)
   ヒィィィィィ
(´・ω・`)
   対処法は何はなくとも、こまめなバックアップこれしかない。CardWirthのセーブデータは
   「Yado」フォルダ内に入っているから、このフォルダをコピーするなり圧縮ファイルにするなりして
   USBメモリなりに保存しておけば安心できるってことだね。
( ´∀`)
   とはいえその程度の作業でも、割と面倒くさがりがちなんだよなぁ……
(´・ω・`)
   そんなときには、このツール。「VIPWirth 保管庫+」の一番下の方に置いてある
   「hairbreadth ver.2」だね。これは中身の『hairbreadth_v2.exe』という実行ファイルを
   CardWirthのフォルダ内に移して実行すると、適当な連番を付けた宿フォルダのコピーを作成してくれる。
   コピーの作成場所はCardWirthフォルダ内だけど、前述の『噂』対策ならこれだけでも十分だね。
   ショートカットを作成してデスクトップにでも置いておくと、より簡単に実行できるだろう。
( ´∀`)
   「hairbreadth_v2.cpp」ってのは何?
(´・ω・`)
   ソースコードだね、テキストエディタにドラッグ・アンド・ドロップすれば中身も見れる。
   使わないからゴミ箱に捨ててしまって構わないよ。ああ、リードミーは読んでおこうね。
( ´∀`)
   あいよ。

気休めでも無いよりはマシ Edit

(´・ω・`)
   宿データが吹っ飛ぶ理由で、根も葉もあるかどうかわからない噂より、現実的に起こり得る
   最も危険な罠、それはHDDクラッシュ。巧まずして仕掛けられたPCの闇に眠る殺し屋。
( ´∀`)
   ヤメロー! ヤメロー!
(´・ω・`)
   対処方法はこれもやはりバックアップ、それも外部保存媒体にバックアップするしか無い。
( ´∀`)
   救いはないんですか!
(´・ω・`)
   気休め程度だけど「S.M.A.R.T.情報」を表示するツールを使って、HDDの寿命を予測する手がある。
   「S.M.A.R.T.」はハードディスクの健康状態を、ハードディスク自身が診断し出してくれる各種情報だ。
( ´∀`)
   自己診断というあたり、不安しか無いんですけど。
(´・ω・`)
   メーカーによって診断項目もまちまちだったり、経年劣化じゃない急な故障は予測できなかったり。
   まあ本当に気休め程度だよ。とはいえ何もしないよりは遥かにマシ、予測できれば御の字さ。
   フリーソフトがそれなりに配布されてるから、この辺からダウンロードすると良い。

 

HDD温度/状態チェックソフトオールフリーソフト・ハードディスク窓の社 ハードウェア情報

 

( ´∀`)
   オススメは?
(´・ω・`)
   僕は「CrystalDiskInfo」を使ってるかな、日本製だから日本語完全対応だし。
   これを『常駐』『スタートアップ』オプションで常時HDDを監視させている。
   HDDは高熱に弱いから、常駐させて温度を見ておくのは必須だと思うよ、特に夏場はね。
( ´∀`)
   それでHDDが異様に熱を持っていたら……
(´・ω・`)
   だいたい50度を超えると危険だね、PCを一旦終了させて休ませるとか
   吸気口や排気口に埃が詰まっていないか確認して、もしそうなら掃除した方がいいだろう。
   PCの年期によっては内部に埃が溜まってて、開けて掃除する必要もあったりする。
( ´∀`)
   PCを開くとか、機械音痴には酷すぎる。
(´・ω・`)
   吸気口・排気口の埃を掃除するだけでも、随分違うからやっておくといいよ。

データは何処に預けるべき? Edit

(´・ω・`)
   そして問題のバックアップだけど。
( ´∀`)
   うん。
(´・ω・`)
   バックアップ先の候補は二箇所ある、手元かネット上かだ。
( ´∀`)
   うん?
(´・ω・`)
   手元は要するに、USBメモリとか外付けHDDとか、CD・DVDに保存する、ってやり方だね。
   お金は少々かかるけどお手軽なのが利点、弱点はバックアップ媒体が先に壊れたら意味が無いこと。
( ´∀`)
   落とした、踏んだ、バックアップ媒体のほうが先に経年劣化……
(´・ω・`)
   ネット上は、Microsoftの提供する「OneDrive」や、Yahoo!の「Yahoo!ボックス」のような
   オンラインストレージや、「Uploader.jp」のような無料レンタルアップローダに保存する方法。
   利点は慣れれば楽なことと、データ破損の危険が少ないこと。弱点は初回の登録がめんどくさい
   個人情報漏洩とか厄介事の可能性もある、パスやIDを忘れるうっかりさんにはオススメできないなど。
( ´∀`)
   結局どれが良いのさ?
(´・ω・`)
   僕は「Uploader.jp」から無料レンタルしてきたアップローダに
   定期的に圧縮ファイルにした宿フォルダを上げてるよ、それが自分には楽だったからね。
   こういうのは自分が面倒臭がらずにできる保存方法であることが一番なんだから。
   それ以外の理由は正直カスだね、どんなに絶賛されるバックアップ方法でも
   その作業が面倒でろくに行われないようなら、存在しないも同然っていうのが世の理だよ。
( ´∀`)
   またキッツイ台詞だなぁ……。