Top > howto_lv3_04

クーポン(称号)概論

Last-modified: 2017-09-27 (水) 16:08:56
  • クーポン(称号)はキーコードと並んで、CardWirthの中核をなす要素である。
  • 経験値でもあり、冒険者というカードに設定されたキーコードであり、また単なるフレーバーでもある。
  • シナリオで反応されなくても泣かない、フレーバーはあくまで自己満足のための物なのだから。
 

クーポン(称号)の歴史については、竹庵氏のサイトが最も詳しいと思われます。
拾穂文庫第一分室クーポン配布の傾向と対策


 

反応するかどうかはシナリオ次第 Edit

(´・ω・`)
   さて。
   これまでの記事でも、「クーポン」と言うものについて
   言及することがあったと思う。
( ´∀`)
   「必殺兵器ユーティリティ」や「レベルってどうやったら上がるの?」の記事だね。
   キャラクター設定というフレーバー付けとしてユーティリティで配布したり
   銀色の盾や金色の盾のマークをたくさん集めれば、レベルアップできるって話だっけ。

 
だいたい、こんな感じになってるはず。
 

(´・ω・`)
   そのとおり。
   だけどクーポンには、フレーバーや経験値以外にも、もっと面白い使い方が生み出されているんだ。
   その一つが「クロスオーバー」だね、例えば「ゴブリンの洞窟」をクリアした証でもある
   『ゴブリン退治』のクーポンを持っている冒険者がいたとしようか。
   彼らのパーティがそのシナリオを開始し、依頼主から討伐対象の緑の肌の妖魔の話を聞いたとき
   『ゴブリン退治』を持っている冒険者が「ゴブリンなら退治したことがある、任せてくれ。」
   なんて喋ったりすると、とても楽しいだろう?
( ´∀`)
   おおっ、まさに歴戦の冒険者って感じだね。
(´・ω・`)
   また「冒険者に会話させること」を主眼に置いた、一部の中〜長編な冒険シナリオで
   シナリオ開始時に「口調」や「一人称」、時には「役割」の設定を求められた事は無いかな?
( ´∀`)
   あっ、そう言えばそんなシナリオ、やったことがあるな。

 
隠蔽クーポンは、ユーティリティからでないと見られない。
 

(´・ω・`)
   あれも実はクーポンによる動作なんだ、見ての通り頭に「_」の付けられたクーポンは
   経歴には表示されない。だけど実際にクーポンはちゃんと配られてて、それに反応した口調と役割を
   シナリオ中で見せてくれるようになってるんだよ。
( ´∀`)
   へー、表からは見えないから、気づかなかったなぁ。
(´・ω・`)
   そして最近では、例えば「死霊術師」のような、特定の職業を表すクーポンが
   予め配布されていたら、それに見合った独特な反応をシナリオ中で示したり。
   またパーティ内の冒険者二人に、恋愛関係をあらわすクーポンが配布されていたら
   互いを心配する描写が入ったりと、さらなる発展を見せているんだよ。
( ´∀`)
   ええっ、そんなことが出来たりするの?
(´・ω・`)
   CardWirthを作ったgroupASKは、スキルやアイテムに対応するキーコードについては
   基本的な要素をある程度用意してくれたけど、クーポンについては手付かずのままだったんだ。
   だけどCardWirth界隈が熟成していくに連れ、シナリオを作成するユーザーの間で
   クーポンについても事実上の整備が進んできて、今ではそういう事も出来るようになったってわけさ。
( ´∀`)
   へー、ユーザー側の動きから出来たものなんだね。
(´・ω・`)
   今やクーポンは、冒険者というカードのキーコードとでも言うべき存在だ。
   別に「遠距離攻撃」キーコードが無くても、「魔法の矢」が直撃すればゴブリンはぶっ殺せる。
   でも同じ「魔法の矢」なら、見張りのゴブリンは、「遠距離攻撃」でクールにぶっ殺してこそだよね?
( ´∀`)
   まあ、確かに。
(´・ω・`)
   CardWirthをクールに楽しむなら、スキルのキーコードを気にするのと同様に
   冒険者のキーコードとしての「クーポン」も気にしなくちゃいけないね。
   ということでこの記事では、フレーバーでは終わらない、冒険者のキーコードとして発火する
   現在主流のクーポンについて、紹介していくことにするよ。
( ´∀`)
   おお〜っ。

クーポン(称号)に統一規格は存在しない Edit

(´・ω・`)
   さて、紹介の前にまず言っておくことがある。
   クーポン(称号)に統一規格は無い、あるのは主流か否かだけだ。
( ´∀`)
   ……はい?
(´・ω・`)
   だってCardWirthを制作したgroupASKが、クーポンの利用については殆ど触れなかったからね。
   せいぜい「○○との面識」のような、後のクロスオーバーに使えそうな物をちょこっと用意しただけ。
   公式シナリオでは、口調は性別みたいな基本情報しか参照しないし、喋らないシナリオだって多い。
   扉や宝箱の調査や解錠も、その都度誰が行うか、毎回手動で選択する形式だからね。
( ´∀`)
   あー、そう言えばそうだったね……。
(´・ω・`)
   かくしてクーポンの統一規格作成は、ユーザーの手に委ねられることなった……まあ無理だね。
( ´∀`)
   うん、無理だね

 

「統一クーポンユーティリティの提案」の記事提起人のDIV氏によるシナリオ

 

(´・ω・`)
   何しろシナリオ作者と言っても、結局は素人の集まりに過ぎないからね。
   groupASKの面々の、誰かが中心になって提起したら、違ったんだろうけれど。
( ´∀`)
   それでも問題提起した人が、クーポン配布のためのシナリオを作ったんだね。
(´・ω・`)
   これが恐らく、最古のクーポン配布シナリオという事になるだろうね。
   今では後発のクーポン配布ユーティリティに取り込まれ、このシナリオ単品を使う意味は薄いけど
   提起したクーポンを配布し、それをどう使うかを例示した小芝居も同梱されている。
   現在の「冒険者のキーコードとしてのクーポン」の礎を築いたと言って良いシナリオだね。
( ´∀`)
   ふーん、ところでこのシナリオの後、統一規格の話はどうなったの?
(´・ω・`)
   統一規格は頓挫し、ごくシンプルな形で決着した。力こそ正義、時はまさに世紀末。
   要するに「先に出したもん勝ち」「対応されたクーポンこそが正義」の弱肉強食理論だね。
( ´∀`)
   うわぁ。
(´・ω・`)
   だから注意すべき点は、シナリオで反応してほしいクーポン(称号)があるなら
   類似のクーポンも、ちゃんと付けておくことをオススメするってことかな。
( ´∀`)
   どういうこと?
(´・ω・`)
   「うちの冒険者は吸血鬼なの!」ということで、吸血鬼として反応してもらえるように
   それらしいクーポンを付けに行くとしよう。ちなみに吸血鬼っぽいクーポンには「吸血鬼」「吸血種」
   「バンパイア」「ヴァンパイア」などが存在します。さらに通常表示されるか隠蔽かで倍率ドン。
   加えて僕が把握しきれてないだけで、まだ他にもあるかも知れないからね。
( ´∀`)
   ……うわぁ。
(´・ω・`)
   まあ吸血鬼は人気の種族だから、トップクラスに乱立しているクーポン(称号)だけど。
   他の称号に関しても、時には2〜3種類くらい、類似のクーポンが存在することがあるわけさ。
   だから反応してもらいたいクーポンは、類似のものも分かる限り付けておこう。
   シナリオ作者氏の側でも、なるべく反応するよう気をつけて調べてはいるだろうけれど
   ちゃんと反応するか否かは、こちらのクーポンの付け方にもよるのは、間違いないんだからね。
( ´∀`)
   把握した。

オススメのクーポン配布シナリオ Edit

(´・ω・`)
   ということで長らくお待たせした、オススメのクーポン配布シナリオ紹介だよ。
   あくまで筆者の独断と偏見による紹介だから、偏りなどあったら申し訳ない。
( ´∀`)
   ワーワーパチパチパチ。

称号配布ユーティリティ・初級編(シナリオでの反応を期待するなら) Edit

シナリオ名作者名ダウンロード先解説
夢クーポン配布所竹庵氏Adventurer's GUILD冒険者それぞれの抱く『夢』を設定する。
口調編集ユーティリティほしみ氏作者サイト「称号登録所」とは別規格の口調の設定。
内部では複数の規格の称号を一括で配布してくれている。
「天真爛漫」「東国出身」も口調に影響するクーポン。
アマンダの館わらみー氏OBギルド「称号登録所」とは別規格の役割
および恋愛関係の設定。
(末尾に「KS」の付く、独自のクーポンを配布。)
称号登録所黒土禾甘氏Adventurer's GUILD有名どころの称号の多くをカバー、独自の称号も配布。
配布した隠蔽クーポンを確認できる機能もある。
 

(´・ω・`)
   まずは初級編だ、率直に言ってしまうとシナリオ側での反応を期待するなら
   この辺で配布できるクーポン(称号)を付けておけば事足りる、基本的なものだね。
   古いシナリオが多いけど、それだけに多くの後発シナリオが参考にしているってわけだ。
( ´∀`)
   ふむふむ。
(´・ω・`)
   特に「称号登録所」は、当時としては初の『総合的なクーポン配布ユーティリティ』で
   それまで散発的に出ていたクーポン配布シナリオから、需要や人気の高いものの多くをまとめている。
   対応しているシナリオも多いと思うよ。また配布したクーポンの一覧機能があるから
   隠蔽クーポンの確認にも苦労しない。独自のクーポンも配布していて、フレーバー要素もある。
( ´∀`)
   なるほど。
(´・ω・`)
   「口調編集ユーティリティ」と「アマンダの館」は、前述したとおり類似クーポンってやつだね。
   とは言えそれだけではなくて、「口調編集ユーティリティ」で配布される口調クーポンは
   同作者氏の制作したシナリオで対応されているから、設定した口調がどう扱われるか試せるし
   「アマンダの館」では各役職を『占い』という形で自動判定してくれる、もちろん手動で変更も可能だ。
( ´∀`)
   へー。
(´・ω・`)
   「夢クーポン配布所」は、対応シナリオこそ少ないけど、とても独特な題材だし
   運良く反応すると実に嬉しいクーポンだ。付けておいて損は無いと思うよ。
( ´∀`)
   これこそフレーバー、ってことだね。
(´・ω・`)
   そういうこと。

称号配布ユーティリティ・中級編(フレーバーをフレーバーと以下略) Edit

シナリオ名作者名ダウンロード先解説
冒険者の心得くもつ氏Adventurer's GUILD才能、知識、信仰、出身地など
一風変わった称号を配布。
宿の自室寺雨氏作者あぷろだ初級編のそれらとは、また別規格の
多様な一人称・二人称・口調、そして性格を設定できる。
配布称号を利用した雑談を見ることも可能。
Adventurer's SpiceZ3氏作者サイト味の嗜好、容姿の特徴、主義・性癖、人間関係
および汚名などの称号を配布。
 

(´・ω・`)
   中級編、ここからフレーバー要素が、かなり強くなってくる。
( ´∀`)
   ふむ。
(´・ω・`)
   ただ、クーポンが冒険者というカードに付けられたキーコードなら、シナリオにクーポン対応を施すのは
   キーコード対応を施すのと同等の、手間と負担をシナリオ作者に強いるという点は分かって欲しい。
( ´∀`)
   「交易都市リューン」で手に入るような、公式キーコードに対応してたら御の字。
   「隠者の庵」キーコードにまで対応してたら、かなり凄いってことだね。
(´・ω・`)
   そのとおり。問題はクーポンに対しては、そういう「公式」と言った強力な括りや
   自分で創出したキーコードを、自分が作った名作シナリオに対応させて世に広めてみせた
   「Grimoir Card Wirth(「隠者の庵」の制作チーム)」のような強力な主導者も不在だってことだ。
( ´∀`)
   明確な区切りが無い、ってことか……良し悪しだね。
   新規参入こそし易いけれど、類似クーポンの乱立にも繋がると。
(´・ω・`)
   そういうことだね、まあ雑談もこの辺にして解説に移ろうか。
   「冒険者の心得」は、才能、知識、信仰、出身地など、一風変わった称号を配布できる。
   よく対応されてるクーポンは料理関係、特に「デスコック」が人気称号だね。
( ´∀`)
   冒険者が料理をする、ってイベントのあるシナリオも、わりと見かけるようになったからね。
   ……それにしても人間ってのはどうしてこう、ネタに走ろうとするのか。
(´・ω・`)
   ネタは派手なほうが、ウケが良いからじゃない?
   それはともかく次行ってみよう、「宿の自室」は「性格診断」の作者でもある寺雨氏のシナリオだ。
   配布できる性格クーポンは「性格診断」に反映されるので、覚えておくと面白いよ。
   また「宿の自室」には、配布されたクーポンを参照した雑談を見られる機能もあったりする。
   役割がパーティの並び順に対応している(例:シナ中の「自室」は、一番左端の冒険者の部屋となる。)
   だから並び順を色々と変えて遊んでみると、いろんな反応が見られて楽しいよ。
( ´∀`)
   これも一種の、自作クーポンを自作シナリオで対応、になるのかな?
(´・ω・`)
   初級編のものとはまた別規格の、一人称・二人称・口調も配布できる。珍しい口調までカバーしてるけど
   ここまで細かく分けて、口調に対応してくれているシナリオは、残念ながらあまり多くないんだよね。
( ´∀`)
   口調だけと言っても、シナリオ中の会話全般に渡ると考えると、すごい負担だから仕方ないね。
(´・ω・`)
   まあ対応していてくれたら、御の字ってことだね。
   「Adventurer's Spice」は、味の嗜好、容姿の特徴、主義・性癖、人間関係
   および汚名などの称号を配布できる。「冒険者の心得」同様、一風変わった称号群だね。
( ´∀`)
   汚名?
(´・ω・`)
   「醜悪」も、冒険者の特性のうちだろう?
( ´∀`)
   なんてストレートな返し方!
(´・ω・`)
   人気の称号は人間関係だね。師弟、主従、親友、そして犬猿の仲まである。
( ´∀`)
   思えばクーポンの統一規格を呼びかけたDIV氏も、自分の作ったクーポン配布シナリオで
   真っ先に対応していたのが、恋愛関係のクーポンだったからね。やっぱり人気のある分野なのかな。
(´・ω・`)
   だろうね。
   特に「主従」と「犬猿の仲」は、最近対応も増えてきたクーポンだ。
   君のパーティ内にそういう関係の冒険者がいるなら、付けておくときっと楽しいよ。
( ´∀`)
   おk。

称号配布ユーティリティ・上級編(特性の変更は、まさに禁断の果実) Edit

シナリオ名作者名ダウンロード先解説
VC2HTH氏WebArchive基本的な称号の付け外しなら、これ一本で十分なほど高機能。
年代・性別・素質・特性も変更可能なので注意。
クーポンマガジン
CW号
しろねこ氏作者あぷろだ過去に提唱された称号の、ほぼ全てに対応した総合ツール。
年代・性別・素質・特性も変更可能なので注意。
 

(´・ω・`)
   上級編、実のところ、これらのシナリオは物凄く高機能だけど
   高機能すぎて、ちょっと持て余すところが無いでもない。
( ´∀`)
   そうなんだ?
(´・ω・`)
   「VC2」は発表当時
   『単純にクーポンの着脱のみを目的とするならば、この一作でほぼ事足りてしまう。』
   とまで言われた高機能ツール。視覚的にもどのクーポンを配布したか、分かりやすく表示されるし
   古いシナリオだけど、今でも十分通用するユーティリティだよ。
( ´∀`)
   冒険シナリオ側の対応を考えると、古いから悪いってわけでもないんだよね。
(´・ω・`)
   そういうこと。
   「クーポンマガジン CW号」は、クーポン(称号)への物凄い対応具合に定評のある
   「ごく普通のゴブ洞」の、しろねこ氏によるクーポン配布シナリオだ。
   作者氏が作者氏だから配布できるクーポンの対応数は、それこそ尋常な数のそれではない。
   過去に提唱されたクーポンの、ほぼ全てを網羅していると言っても、過言じゃないんじゃないかな?
( ´∀`)
   それは凄いな……。
(´・ω・`)
   ただどちらも「設定できる項目」が物凄く多い、と言うか初見では多すぎるくらいだ。
   どれをどう付ければ良いものか、迷ってしまいそうなくらいの種類が用意されているからね。
( ´∀`)
   うーん、高機能すぎて持て余すとは。
(´・ω・`)
   クーポン(称号)っていうのは、キャラクター作成時の特性みたいなもんだ。
   目を引くほど「秀麗」でもなければ、目を背けたくなるほど「醜悪」でもないというならば
   別に何も付けなくて良い。それと同じように、そうではないなら称号は付けなくても良いんだよ。
( ´∀`)
   シナリオでの反応を期待すると、どうしても色々付けたくなっちゃうんだよねぇ。
(´・ω・`)
   だから慣れないうちは、まず初級編のシナリオから順番に、慣れていくことをオススメするよ。   
( ´∀`)
   わかったよ。
(´・ω・`)
   そしてこの2つのユーティリティが、高機能すぎて一番持て余す点。
   それが年代・性別・素質・特性までも変更可能ってことだね。
( ´∀`)
   ……は?
(´・ω・`)
   実はCardWirthにおいては、年代・性別・素質・特性と言った基本情報も、クーポン扱いなんだ。
   「_」による隠蔽クーポンよりも、より隠蔽された状態で冒険者の経歴に配布されている。
( ´∀`)
   あっ、だから性別や特性も、クーポンと同様にシナリオで扱えるわけか。
   ……いや逆か、性別や特性と同じように、クーポンも扱うことができるんだね。
(´・ω・`)
   そういうことだ。そしてどう隠蔽されていようが、クーポンとして配布されているとなれば
   ユーティリティで着脱は可能。醜悪な冒険者もワンクリックで、秀麗に早変わり!
( ´∀`)
   整形手術はヤメロォ!
(´・ω・`)
   まあユーティリティで着脱できるのは、あくまでクーポンとしての部分だけ。
   キャラクターの作成時に、年代・性別・素質・特性を元に決定される「ステータス」の部分には
   影響が与えられたりはしないから、そこまで万能のツールってわけではないけどね。
( ´∀`)
   でも作成時に決定した要素さえ、変更可能っていうのは、ちょっとね……
(´・ω・`)
   それこそが上級者向け、っていうところなんだよね。
   まあクーポンの扱いに慣れるまでは、初級〜中級あたりのユーティリティを
   物足りなくなる毎に、順番に使っていくと良いんじゃないかと思うよ。
( ´∀`)
   わかったよ。

称号配布ユーティリティ・特別編(特定の分野に特化したシナリオ) Edit

シナリオ名作者名ダウンロード先解説
英知の書にわかブロンティスト氏作者あぷろだ異言語クーポン配布
宿の喫煙所えにし氏作者あぷろだ喫煙関係クーポン配布
種族クーポン
配布ユーティリティ
ほしみ氏作者サイト種族クーポン配布
Welcome
to Adroad!
AACWProject氏作者サイト種族クーポン配布、および技能店。
万魔の街シュカーのりしろ氏Adventurer's GUILD異種族クーポン配布、および技能店。
学術都市シュノーアりすな氏Adventurer's GUILD亜人クーポン配布、および技能店。
職業称号配布空間Leeffes氏Adventurer's GUILD職業クーポン配布。
誰得クーポン配布所花子さんとかの人兼
罪深い赤薔薇の人氏
作者あぷろだメインは職業クーポン配布。
精神・肉体・運命・血縁クーポンもあり。
移動基地「ミグラトリー」plokm氏Adventurer's GUILD出身世界と、SF的身体特徴のクーポン配布。
SF・サイボーグ系のアイテムや技能もあり。
 

(´・ω・`)
   説明するまでもなく、見たとおりのシナリオ群だ。
( ´∀`)
   確かにその通りだけど投げるなよオイ。
(´・ω・`)
   必要だと思えば付ければ良い、不要と思えば付けなくて良い。
   まさにフレーバー、クーポンというのは、こういうものかもしれないね。
( ´∀`)
   まあ、そうかもしれないけど。
(´・ω・`)
   その中でも、種族関係のクーポンは、わりと対応されてることが多いね。
( ´∀`)
   まあファンタジーの華だからね、人間じゃない種族の話ってのは。
(´・ω・`)
   ただ前述したとおり、吸血鬼のように複数のクーポンが乱立している分野でもある。
   シナリオでの反応を期待するなら、それらしいクーポンは可能な限り付けたほうが良いだろう。
( ´∀`)
   ふむふむ。
(´・ω・`)
   有名どころを幾つか紹介しているから、活用してみてくれ>種族クーポン配布
( ´∀`)
   おk。

称号配布ユーティリティ・私家版編(NEXTやPy専用はこちらに) Edit

シナリオ名作者名ダウンロード先解説
アスカロン教会跡Niwatorry氏Adventurer's GUILD心の闇クーポン配布(NEXT専用)
夢の追憶綺羅斗氏作者あぷろだ人外・血統・家族関係・トラウマ
異常性癖などのクーポン配布(NEXT専用)
天体の都アーヴィル春野りこ氏作者サイト異種族クーポン配布
および技能店(NEXT専用)
呪われし者の昼と夜ほしみ氏Adventurer's GUILD冒険者が吸血鬼になる、中編シナリオ
(対象レベル 1〜10:NEXT専用)
取得には特殊な条件が必要
 

(´・ω・`)
   CardWirthの私家版エンジンであるNEXTやPy専用で、公式の1.50では使えないシナリオだ。
   とは言えなかなか面白いクーポンも配布していて興味を誘ってくれるのが困り物だけど。
( ´∀`)
   何とか出来ないの?
(´・ω・`)
   上級編で紹介した「クーポンマガジン CW号」は、今のところ新しいクーポンが発表されるたび
   それを配布できるよう、追加更新を行っているみたいだよ。何しろ「ごく普通のゴブ洞」の作者氏だし。
( ´∀`)
   どうしても配布したい時は、「クーポンマガジン CW号」を使えば良いんだね。
(´・ω・`)
   大抵のクーポンならね、だけどいかに凄い作者氏でも、世に出た全てのクーポンを
   把握できているわけじゃないからね。あまり無茶振りはしたらダメだよ。
( ´∀`)
   はーい。

称号配布ユーティリティ・超級編(冒険の中で配布される称号) Edit

シナリオ名作者名ダウンロード先解説
局外者時雨屋氏Adventurer's GUILD冒険者が吸血鬼になる
短編シナリオ(対象レベル 1〜10)
今度の奴らは群れで来るたろう氏Adventurer's GUILD惑星トーベルの兵士が冒険者になる
長編シナリオ(対象レベル なし)
人形の笑う日Leeffes氏Adventurer's GUILD人造人間が冒険者になる
短編シナリオ(対象レベル 1〜2)
黄昏の人狼藤四郎氏Adventurer's GUILD冒険者が人狼になる
短編シナリオ(対象レベル 3〜5)
取得には特殊な条件が必要
 

(´・ω・`)
   冒険の中でクーポンが配布される、もしくは冒険者が冒険の中
   『どうしてそうなったか』という設定とともにクーポンを付けられる。
( ´∀`)
   まさに超級者向けだね。
(´・ω・`)
   数こそ少ないが、そのストーリー性は、界隈に強い影響を与えてきたよ。
( ´∀`)
   吸血鬼もさることながら、トーベル出身は大流行したからねぇ。
(´・ω・`)
   特殊な冒険者を主人公として作りたい、という君には実におすすめだね。
( ´∀`)
   そういうのは大好物ですぞ。

称号配布ユーティリティ・番外編(どこに加えて良いか分からない時は) Edit

シナリオ名作者名ダウンロード先解説
闇の入口tz氏Adventurer's GUILD悪役クーポン配布。悪役専用シナリオなどがあり
バリアントに近い扱いなので、こちらへ。
道化の館SARUO氏作者サイト口調の総合的配布、および役職クーポンの配布。
未完成のまま放置されているのでここに。
ジョブの街haluto氏Adventurer's GUILD職業クーポンの配布、および技能店。
未完成のまま放置されているのでここに。
ご自由に追加してね。
 

(´・ω・`)
   こんな称号配布シナリオがあるよ、とこのページで紹介したい。
   だけど、何処に突っ込んでいいかわからない、もしくは解説文が書けない。
   そんな時はここに置いておけば、誰かが適切な場所に移して解説文も書いてくれる。
( ´∀`)
   ほんとぉ?
(´・ω・`)
   かも知れない。
( ´∀`)
   だよねぇ。
(´・ω・`)
   だけど「こういうシナリオがある!」という紹介は大事だよ。
   知らされないと何時までも、それがあることに気付かないままだからね。
( ´∀`)
   まあね。
(´・ω・`)
   だから迷ったら、とにかくこの枠に突っ込んでおいて欲しい。
   ……と言った所で今日はこのへんかな、お疲れ様。
( ´∀`)
   乙カレ〜