Top > イギリス軍 搭載武装
HTML convert time to 0.398 sec.


イギリス軍 搭載武装

Last-modified: 2017-03-24 (金) 14:54:29
  • 各種弾薬についての解説はこちら
     


【目次】


Great_Britain.png イギリス航空機・武装 Edit

〜15mm Edit

MAC 1934(7.5mm MAC 1934) Edit

概要

ヴィッカース E(7.7mm Vickers E) Edit

概要

ヴィッカース K(7.7mm Vickers K) Edit

概要

ブローニング(7.7mm Browning) Edit

概要

20mm〜30mm Edit

イスパノ マークI(20mm Hispano Mk I) Edit

概要

イスパノ マークII(20mm Hispano Mk II) Edit

概要

イスパノ マークV(20mm Hispano Mk V) Edit

概要

イスパノ・スイザ HS.404(20mm イスパノ 404) Edit

概要

37mm〜 Edit

Vickers P(47mm Vickers P) Edit

概要

Mollins class M(57mm Molins class M) Edit

概要

ロケット Edit

76mm RP-3 Edit

概要

魚雷 Edit

マーク 12 魚雷 Edit

概要
 
 
 

Great_Britain.png イギリス地上車両・武装 Edit

 全ツリーを通して高い貫徹力を持つ砲が揃っている。
 だがイギリス製戦車砲では弾種に徹甲榴弾系統の物がなく、APCBCと表記されている物もあるが炸薬が入っていない為、加害力に欠ける(貫通時に破片を飛散させる事もあるが、モジュール・乗員配置を考慮して射撃しないと効果は薄い)。
 更なる高貫徹力を持つAPDS(離脱装弾筒付徹甲弾)を比較的早い段階から使用でき、戦後戦車に搭載される105mmL7A1砲以降は加害力の高いHESH(粘着榴弾)も使用可能になる。

 なお主に戦前戦車に搭載される火砲の区分にはイギリス独特のポンド表記(砲口径長ではなく砲弾重量で火砲の性能を示す)が用いられている。
 さらに榴弾砲由来のインチ表記を用いた砲、レンドリースのアメリカ戦車や戦後戦車では一般的なメートル法による砲身長表記が合わさり混乱に拍車をかけている。慣れないうちは分かりにくいかもしれない。

戦車砲 Edit

37mm M5砲 Edit

概要

40mm OQF 2-pound cannon Edit

概要

47mm OQF 3-pound cannon Edit

概要

57mm OQF 6-pdr Mk.III cannon Edit

概要

57mm OQF 6-pdr Mk.V cannon Edit

概要

75mm M2 Gun Edit

概要

75mm M3 Gun Edit

概要

75mm OQF Mk.V cannon Edit

概要

76mm OQF 3-inch 20cwt cannon Edit

概要

76.2mm OQF 17-pounder cannon Edit

概要

77mm OQF Mk. cannon Edit

概要

84mm OQF 20-pdr Mk.1 cannon Edit

概要

94mm OQF 32-pounder cannon Edit

概要

105mm Royal Ordnance L7A1 cannon Edit

概要

120mm ordnance BL Tk. L1A1 cannon Edit

概要

183 mm QF L4 cannon Edit

概要

機関銃 Edit

7.62mm M1919A4 Edit

概要

7.7 mm Vickers 機関銃 Edit

概要

7.92 mm BESA 機関銃 Edit

概要

12.7mm M2HB Edit

概要

20mm エリコン機関砲 Edit

概要

30mm HSS 831L 機関砲 Edit

概要

40mm ボフォースM2 機関砲 Edit

概要

対地ロケット Edit

RP-3 rocket Edit

概要

対戦車ミサイル(ATGM) Edit

Rb.52 Edit

概要

BAe Swingfire Edit

概要
 
 
 

Great_Britain.png イギリス艦船・武装 Edit





*1 全モードでマウス照準による誘導