Top > ソビエト
HTML convert time to 0.442 sec.


ソビエト

Last-modified: 2017-02-15 (水) 18:49:49

空軍 Edit

概要 Edit

Ураааааааа!!*1
皆様ご存知の国。ラインナップは革命的なまでに恵まれており、機体も粒ぞろい。戦前〜朝鮮戦争までの優秀な戦闘機、爆撃機が一通り揃っている。
 
 
初期の戦闘機は機銃1門+軸内機関砲1門といった武装かつ携行弾数が少ないため物足りなく感じられるかもしれないが、低BRの機体から20mm機関砲を搭載していたり機銃の発射レートが高かったりするおかげで火力は十分である。
また史実通り加速や機動性に長けている。中盤以降は命中率が高く連射速度の高い37mm砲や20mm機関砲を複数搭載したゲーム屈指の火力機が揃う。
また全体的に機体が小さく、弾は当たりにくい。
 
爆撃機は地上攻撃・高速爆撃・搭載量優先型と一通り揃っているため用途に応じて選べる。アーケードバトルならハンガーを高速爆撃機のみの編成にして目標がなくなるまでひたすら地上攻撃をするといった方法もある。ちなみにPe-8が搭載可能な5t爆弾は現状ゲーム内最大重量の爆弾である。その威力は実に革命的である!
 

War Thunder: USSR Airforce (Gaijin公式動画)

Error: Flash Player Cannot Installed.

全体的特徴 Edit

  • 利点
    • 序盤は格闘戦が得意な戦闘機が多い。
    • 37mm・40mm機関砲の精度が良く発射レートも高い。
    • 被弾しにくい小型の戦闘機が多い。
  • 欠点
    ‐‐ランク1や2の間は非常に装甲がもろい。爆撃機の機銃さえ脅威なこともしばしば
    • 鹵獲、レンドリース機や一部を除き基本的に弾数が少なく、継戦能力では大きく劣る。(ABではリロード時間の制約が他国より大きい)
    • 殆どの機体が低空に特化しているため、高空での性能低下が他国よりも激しい。
    • 20mm機関砲の初速が遅く扱いづらい。

戦闘機のシリーズごとの特徴 Edit

  • ヤコブレフツリーはBRが低めで、機関銃一門に対し機関砲一門のような機関銃と機関砲を両方装備した機体が多いのが特徴。機関砲は機首に配置されているため命中率が高い。ランク靴泙任倭澗療に旋回性能が高く、速度も出るので扱いやすい機体が多い。また加速力が非常に良いので、パワーで勝る他国機を高度によっては簡単に追い抜くことができる。ランク犬らは速度重視となり、火力も上がる。全体的に機体剛性が低く、RB以上だと一撃離脱の際に空中分解し易いため、速度とGに気を配る必要がある。
  • ポリカルポフツリー(MiGにつながるシリーズ)はBRが低めで、最初に複葉機のI-15から始まる。I-16シリーズは日本機に迫る旋回性能を持つ。MiGシリーズはBR帯トップの速度を持ち、I-185シリーズは横転性能が高く一撃離脱に向き、その他の性能もバランスが良い。
  • ラヴォーチキンツリーは機関砲のみを装備した機体が多い。LaGGシリーズは基本性能ではYakシリーズに劣るものの、それらより爆装が豊富でBRも低め。Laシリーズからは低空(3,000m級以下)でのパワーが大幅に強化され、加速力や上昇力に秀でる。

機体ツリー Edit

 
 

陸軍 Edit

概要 Edit

初期から傾斜装甲が多用されているのが特徴で、数値よりも実際には硬い装甲を持つ車両が多い。
Tigerと並ぶKVやISシリーズの重戦車ルートと名戦車T-34が主体となる中戦車ルートが主力になる。
中戦車でありながら走攻守の要素が高水準で纏まっているT-34は、序盤から後半にかけて主力として活躍してくれるだろう。
 
ドイツ戦車との相違点として、外見上ではまず傾斜装甲を採用した戦車が多いことが挙げられる。このため、意味もなく斜面で停車したり昼飯(敵に対して車体をやや傾けて相対する行動。見かけ上の装甲厚が増す)をすると、装甲の傾斜が打ち消されてしまい貫通されやすくなる車両があるので注意が必要。
弾薬の中にはたくさんの炸薬が詰まっているため、当たれば一撃で敵を撃破できるなど火力は極めて高い。
ランクが上がるごとに影響力により俯角が取れなくなるという弱点がある。余談だが、全体的に基本塗装が深緑色であるため大草原では視認性が下がり敵に見つかりにくいというメリットがある。

戦車の全体的特徴 Edit

  • 利点
    • 傾斜装甲の採用により敵の砲弾が跳弾しやすく、また実質的な装甲厚も上がるなど、防御力が高い。
    • 破壊力に優れた大口径砲を持つ。
    • 砲弾の炸薬の量が非常に多いため、相手を一撃で葬ることが容易。
    • 緑色塗装のため隠蔽性が高い。
    • 履帯幅が広いため接地圧が低く、不整地(雪面・泥沼・浅瀬)などでも、速度が落ちにくい。
  • 欠点
    • 搭乗員が缶詰状態なので、貫通すると誰かしら気絶する上に、一撃で全員気絶することもざらである。
    • 搭乗員が少なく(4人)、一人気絶した場合の代償が大きい。
    • 仰俯角が狭く(特に後者)、ISシリーズは-3°しか取れないため、撃ちおろしなどが不可能に近い。

車輌ツリー Edit

 

エイプリルフールイベントST-1

過去データ置き場 Edit

クリックして展開

ソ連雑談掲示板 Edit

ソ連ツリー内の内容についての意見や自論のためにお使いください
【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはコメントを非表示にするなどしてスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々粛清される可能性もあります。
 

※ページの編集要望等ありましたら兵器データ編集状況まとめのコメント欄をご利用ください。


【過去ログ一覧】
過去ログ一覧】

クリックで表示

【旧コメント欄】

クリックで表示




*1 読み方は"ウラー"。"ヤパァ"と読んだ同志、君にはシベリアで木を数える仕事をやろう。 日本語で"万歳"という意。突撃時の鬨の声しても使われる。