Top > MiG-17
HTML convert time to 0.011 sec.


MiG-17

Last-modified: 2017-11-14 (火) 10:10:56

ソ連 RankV ジェット戦闘機 MiG-17 Edit

ut0G6ou.jpg

解説 Edit

概要 Edit

ソ連の新RankVジェット戦闘機。MiG-15の後継機であり、類似した形状をもつ。
前機に比べて速度が大幅に向上した。武装はN-37D&NR-23と変わらない。爆装すると速度がごっそり持っていかれるので注意が必要。

特徴 Edit

要編集

立ち回り Edit

【アーケードバトル】
要編集

 

【リアリスティックバトル】
要編集

 

【シミュレーターバトル】
要編集

機体情報(v1.**) Edit

基本情報 Edit

必要研究値(RP)500000
機体購入費(SL)9900000
乗員訓練費(SL)420000
予備役(GE)70
護符(GE)***

BR・報酬・修理 Edit

項目(初期⇒最終形)
【AB/RB/SB】
バトルレーティング9.0 / 9.0 / 9.0
リワード(%)140 / 360 / 460
研究値ボーナス(%)+100
最大修理費(SL)5330⇒*** / 10160⇒*** / 20000⇒***

機体性能 Edit

項目(初期⇒最終形)
【AB/RB/SB】
最高速度(km/h)1084⇒1128 / 1057⇒1114 / 1057⇒1114
(高度2000m時)
最高高度(m)15500
ターンアラウンドタイム(sec)22.8⇒21.2 / 23.2⇒21.5 / 23.2⇒21.5
上昇速度(m/s)40.7⇒59.9 / 39.3⇒50.0 / 39.3⇒50.0
離陸滑走距離(m)475
毎秒射撃量(kg/s)10.80

武装 Edit

分類名称搭載数装弾数搭載箇所
機銃23mm
NR-23D
2160機首下部(コックピットから見て左側)
機関砲37mm
N-37D
140機首下部(コックピットから見て右側)

弾薬 Edit

武装名ベルト名内訳費用(SL)
23mm
NR-23
既定AP-I/FI-T/AP-I/FI-T-
徹甲弾FI-T/AP-I/AP-I/AP-I230
空中目標AP-I/FI-T/FI-T/FI-T230
ステルスAP-I/AP-I/AP-I/AP-I350
37mm
N-37D
既定HEFI-T*/HEFI-T*/API-T-
空中目標HEFT-I*/HEF-I*/HEF-I*660
徹甲弾AP/AP/API-T660

備考
AP-I:徹甲焼夷弾
FI-T:破砕曳光焼夷弾
HEFT-T*:破砕曳光焼夷榴弾(自己破壊)
API-T:徹甲曳航焼夷弾
HEF-I*:破砕曳光焼夷弾(自己破壊)
AP:徹甲弾
自己破壊と付いてるものは、ある一定の距離で自爆する為、遠距離の敵には当たらない。

追加武装 Edit


名称

影響【AB/RB/SB】費用
(SL)
搭載条件
最高速度
(km/h)
上昇速度
(m/s)
ターン
アラウンドタイム
(sec)
B250kg
BD-2-48
2-165.6/-165.6/-165.6-17/-17/-17+2.6/+2.6/+2.6200BD-2-48開発-

機体改良 Edit

解説ページを開く

Tier名称
I胴体修理
コンプレッサー交換
プライマリ23mm
II新しいブースター
機体フレーム
プライマリ37mm
III主翼修理
新しい23mm機関砲
BD-2-48
IVエンジン
カバー交換
新しい37mm機関砲

スキン Edit

△△△
[添付]
条件-
説明標準スキン
△△△
[添付]
条件
説明

派生 Edit

前機体MiG-15bis
派生機体---
次機体---

過去の修正 Edit

クリックで表示

史実 Edit

MiG-17はソ連のミコヤン・グレヴィッチ設計局が開発した、第一世代ジェット戦闘機。NATO側のコードネームは"フレスコ"。安定性にやや問題を抱えていたMiG-15を改良した後継機であり、容姿が酷似している。
武装はMiG-15と同様の23mm機関砲2門と37mm機関砲1門であったが、翼端失速を抑える境界層板の枚数も左右1枚ずづ増やすなどの改修が行われた結果、安定性が大幅に向上した。また、主翼の後退角が45°まで後退したことによって速度は大幅に上昇し、1100km/hを上回る最高速度を発揮する。
機体自体も、胴体が後部に向かって900mm引き伸ばされ、胴体後部腹部に翼を追加し、垂直尾翼の面積も大きくなっている。加えて航続距離も伸びており、全体的な性能の向上が図られている。
 
…とはいえ、あくまでMIG-15の改良の域を出ていないことなどから本機は「期待はずれ」との評価をされがちであった。MIG-17系列が評価されるのはアフターバーナーを搭載したF型以降のこととなる。

参考:ウィキペディア
  :光人社NF文庫 ジェット空中戦 著.木俣滋郎
  :Микоян,Гуревич МиГ-17

小ネタ Edit

◆Mig-15との違い
本機はMig-15と比べると主翼の後退角が15°ほど増し、全長も引き伸ばされている。上面から見るとよりその違いがよくわかるだろう。

比較画像

△△△


△△△


△△△

コメント Edit

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)