Top > RE.UNION -Duo Blade Against-


RE:UNION -Duo Blade Against-

Last-modified: 2019-04-09 (火) 03:52:04

RE:UNION -Duo Blade Against-
RE UNION -Duo Blade Against-.jpg

DIFFICULTYEasyNormalHardExtra
LEVEL6810El Cid
NOTES38775211641366
BPM202
TIME2:17
COMPOSERIce vs. Morimori Atsushi
BOOKIce collection
 

ver.3.2で登場したIce collectionの楽曲の一つ。
ver.3.2Trailer使用楽曲

ガリガリさむしではない
日本語表記は「RE:UNION -仇する双つの刃-」

Extraのレベル表記及び楽曲の副題について
 

ポイント

  • 全難易度共通
    基本的なリズムとは裏腹に時たまに不規則で強烈なリズムを叩き込んでくる場面がある。全難易度ともこれをきっちり拾わないとミスを起こすので注意。
  • Easy
    さすがにHardやExtraの存在で遠慮したのか完全な逆詐称譜面。音楽をしっかり聞いて同時押しがこなせれば問題ない。
    • ところどころに存在するスライドのタイミングが掴めない場合は、直前のタップで押した指をそのままにしておくと安定する。
  • Normal
    • 前半はトリルが主体だがかなり緩やか。これもまた逆詐称気味。どの指から始めるかを見極めること。
    • 後半からはLV相応の構成となる。Hardにも見られる2連タップや2連ロングスライドを含み、トリルも速くなる。2連ロングスライドはWings of pianoを参考に落ち着いて対処すること。
  • Hard
    ver.3.2で登場したLV10譜面の一つ。全体的に乱打や微縦連が多く、BPMも高いため非常にノーツの取りこぼしが発生しやすい。
    • 序盤、いきなり襲ってくる5連16分トリルやその後の短い階段など、かなり速い処理が求められる。
      その後3連符が降ってくるのでリズムを意識していないとグレやすい。
    • 序盤の物量を乗り切ると、16分ズレの8連、同時押し2連が待ち構えている。ここもグレやすい地帯なのでしっかり意識すべし。
    • 中盤、ピアノの音に合わせて、また16分ズレの8分4連が降ってくるが、実質16分トリルなのでその感覚で叩くとうまくいく。
    • サビに入るところの同時押しの右側のノーツから始まる16分トリルは左手で2連処理をしなくてはいけないので要注意。
    • サビの途中、2連縦連からの同時押し、3打目が近いほうの指で2連処理をするとよい。
    • サビのラストが最難関。少し長めのトリル→3連符→画面を横断しながら小ノーツ→大ノーツの2連縦連ラッシュ。
      • 2連縦連は素直に片手で取るよりも1打目を右、2打目を左で取るとスムーズに捌ける。
    • サビを抜ければウイニングラン。最後の最後にあるスライドに注意。
  • Extra【El Cid】
    ver3.2で登場した超高難度譜面。よくわからないなにか。ある程度の実力を備えていないとクリアすら困難。
    スマホで挑むと物理的に押しにくくなるので難易度が跳ね上がる。画面の広いタブレット推奨。もはやスマホゲームに入っていていい譜面ではない。
    • ピアノイントロが終わるとかなり速い同時押し主体の左右対称配置が降ってきたあとにアイツを思い起こさせる高速縦連×4が襲いかかってくる。2本指で対応するのは至難の業なので複数指推奨。譜面確認動画などを活用して運指をしっかり組むべし。
    • 休憩地帯を抜けると難所が待ち受ける。
      Screenshot_1.png
      (スピード:5.5)
      • ここは(タン、タタン、タタン、タタン、タタン、タタン、タタン、タタン、タンタン)のリズムを意識して左右が逆になるタイミングを覚えよう。
      • 片手2点押しで他のノーツを巻き込まないよう注意。
    • 中盤に差し掛かると、片方が2点押しのトリルや3点押しが増えてくる。非常に巻き込みやすいので要注意。
    • サビに入ると、高速片手トリルを要する配置が出現する。2連も相まってかなり精度が取りづらくなっている。
    • サビの中盤、同時押しの6連が襲いかかる。気合いで乗り切ろう。
    • 直後には3連符の同時押しを含むトリルが待ち構えている。
      • 右から2-1-2-2-1-2の配置。前半3つと後半3つに分けて考えると分かりやすい。
    • 2本の短いスライドを抜けると、同時押し微縦連の連続が待ち構え、さらに真ん中の小ノーツを基準に左右に振られる配置が出現。
      • ここの取り方は人それぞれ。2本でゴリ押しする人もいれば指を3本以上使って取る人もいる。自分が取りやすい運指を見つけよう。
    • サビの終盤、密度の高いスライドが降ってくる。密度が高い故にグレやすいので注意しよう。
    • いよいよサビのクライマックスに差し掛かる。ここからこの譜面最難関の配置が続く。
      • まずは無音ノーツの16分階段。指押し(ピアノ押し)の技術が必要になってくるので、譜面確認動画などを使って練習しよう。
      • 次に高速トリル。片方が2点押しになっている。
      • その後、前述の左右振り譜面が再び出現し、2本の剣が降ってくる。
        Screenshot_2.png
        (スピード:4)
         
    • ここまで頑張ってきたあなたならこの後に待ち受ける配置も乗り越えられるはず。頑張ろう!
      現実を見る
  • その後はところどころに出てくる縦連に気を付けつつウイニングラン。お疲れ様でした。
 

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
  • こんなもん出来るかー!
  • ただでさえ無理ゲーなのに、 Switchのボタンなんかでやった日にはもう笑うことしかできません。
  • プレイ前「レベル高い!どんな譜面だろ?」
    • プレイ後「なにこれ」
  • プレイ前「レベル高い!どんな譜面だろ?」
  • EXTRA初見で初めてスコア赤くなったわ
  • トラウマもんだわこれ
    • それな
  • FC Extra 速度:5.5
  • これANIMAと並んでいいんじゃないかな
  • くっそワロタ
  • 現実を見るで草を生え散らかした

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照