Top > フォーメーション

フォーメーション

Last-modified: 2017-11-26 (日) 13:47:47

フォーメーションとは Edit

  • 選手の配置隊形のこと。陣形、布陣
  • フォーメーションの呼び名は「DFの数-MFの数-FWの数」でなっており、たとえば5-4-1は5人のDFと、4人のMF、1人のFWという構成のフォーメーションを指す
  • ビーナスイレブンびびっどではシステムの概念は省略されており、フォーメーションに内包されている*1
  • オーナーレベルに応じて徐々に新たなフォーメーションが開放されていく
    ゲームのシステム的に、後々開放されていくフォーメーションほど強い
  • 表中の「コンセプト」はドス生で公表された開発側の思惑・設計思想である
  • スリーバックの場合、サイドのDFにはLSB,RSBの適性が適用される
    フォーメーション補正の適用については表中の通りCB扱いで考える
    また、選手の行動ロジックもCBのものとなる
  • MFについても同様で、4-3-3ではサイドのMFにはRMFの適性が適用されるが
    フォーメーション補正の適用はOMF、行動ロジックもOMFとなる

フォーメーションによるステータス補正 Edit

  • ビーナスイレブンびびっどではフォーメーションにより配置ごとに選手のステータス値に補正がかかる
  • シュート、ドリブル、パス、ディフェンスの他、移動、シュート距離、勝負強さといったマスクデータへの補正がある
  • マスクデータへの補正については、過去に行われたアメージング覆面広報アメージングマシン・ドスによる非公式生放送である通称ドス生において明らかにされた情報を元に記す*2

フォーメーション補正によるステータスの算出式 Edit

  • キャラ能力値 = 基本 + 特訓 + 装備スキル + 服
  • 試合中能力値 = floor[キャラ能力値×(1 + ポジション適性補正)×(1 + フォーメーション補正)] + floor[キャラ能力値×固有スキル補正]*3
  • 注:編成画面、およびハーフタイム画面で表示される能力値は、キャラ能力値にポジション適性補正をかけて小数点以下切り捨てしたものなので、この数値に直接フォーメーション補正値をかけても若干違う数値になることがある
  • 表中のステータス補正表記は シュート/ドリブル/パス/ディフェンス/スタミナの順で、単位は%
    スタミナは、2017/4月のメンテで実装

4-4-2A(2017/4月メンテ以降のフォーメーション) Edit

  • 初期フォーメーション
  • ゲーム内説明:【標準的な陣形】MF全員のドリブルが上昇
  • コンセプト:標準。バニラ味。普通中の普通。イングランドのサッカーのイメージ
  • フォーメーション
    CF
    ST
    LMFRMF
    CMFCMF
    LSBRSB
    CBCB
    GK
フォーメーション補正

4-4-2(2017/4月メンテまでのフォーメーション) Edit

  • 初期フォーメーション
  • ゲーム内説明:【標準的な陣形】MF全員のドリブルが上昇
  • 左CFからスタートし、横にいるのは右CF
  • FWが二人いるが、両方共CF扱いでLWG、RWGはない
  • CMFは左がDMF、右がOMFとなっており、攻撃時にDMFはあまり上がらないため、左サイドから攻撃するのがむつかしくなっている
  • フォーメーション
    CFCF
    LMFRMF
    DMFOMF
    LSBRSB
    CBCB
    GK
フォーメーション補正

5-4-1 Edit

  • オーナーレベル5で開放
  • ゲーム内説明:【守備的な陣形】DF全員が強化され、CBのディフェンスとGKのパスが上昇
  • コンセプト:守備的? 一番初めに開放されるので明らかに異なるフォーメーションの提示
  • フォーメーション
    CF
    LMFRMF
    DMFDMF
    LSBRSB
    CBCB
    CB
    GK
フォーメーション補正

3-4-3(2017/4月メンテ以降のフォーメーション) Edit

  • オーナーレベル10で開放
  • ゲーム内説明:【攻撃的な陣形】FW全員が強化され、SMFのドリブルとCMFのパスが上昇
  • コンセプト:ゲームに慣れてきた頃に開放される。ひなスカウトでWGを選んだ人に早めにWG適性を提供。
  • CFから始まり、横にいるのはRWG
  • フォーメーション
    CF
    LWGRWG
    LMFRMF
    CMFCMF
    LSBCBRSB
    GK
フォーメーション補正

3-4-3(2017/4月メンテまでのフォーメーション) Edit

  • オーナーレベル10で開放
  • ゲーム内説明:【攻撃的な陣形】FW全員が強化され、SMFのドリブルとCMFのパスが上昇
  • コンセプト:ゲームに慣れてきた頃に開放される。ひなスカウトでWGを選んだ人に早めにWG適性を提供。
  • CFから始まり、横にいるのはRWG
  • フォーメーション
    CF
    LWGRWG
    LMFRMF
    DMFDMF
    CBCBCB
    GK
フォーメーション補正

3-5-2(2017/11/22メンテ以降のフォーメーション) Edit

  • オーナーレベル15で開放
  • ゲーム内説明:【MFが厚い陣形】MF全員が強化され、CMFのパス/ディフェンスが上昇
  • コンセプト:4-4-2の上位互換的扱い。トルシエジャパン。強いトップ下
  • 前列CMF(トップ下)の動きが攻撃的で、FWと同じくらいの位置まで上がっていく
    シュート値に強めの補正がかかるため、シュートを打つ役目も担えるといえる
    もしも勝負強さがすべてのアクションに適用されるのだとしたら、CFより強いシュートが打てることになる*5
  • CB3人の形だが、両端CBのポジション適性にはSBが適用される
    またフォーメーション補正も中央と両端では異なり、中央が強く設定されている
  • フォーメーション
    CF
    ST
    OMF
    LMFRMF
    DMFDMF
    CBCBCB
    GK
フォーメーション補正

3-5-2(2017/11/22メンテまでのフォーメーション) Edit

  • オーナーレベル15で開放
  • ゲーム内説明:【MFが厚い陣形】MF全員が強化され、CMFのパス/ディフェンスが上昇
  • コンセプト:4-4-2の上位互換的扱い。トルシエジャパン。強いトップ下
  • 前列CMF(トップ下)の動きが攻撃的で、FWと同じくらいの位置まで上がっていく
    シュート値に強めの補正がかかるため、シュートを打つ役目も担えるといえる
    もしも勝負強さがすべてのアクションに適用されるのだとしたら、CFより強いシュートが打てることになる*6
  • CB3人の形だが、両端CBのポジション適性にはSBが適用される
    またフォーメーション補正も中央と両端では異なり、中央が強く設定されている
  • フォーメーション
    CFCF
    OMF
    LMFRMF
    DMFDMF
    CBCBCB
    GK
フォーメーション補正

3-6-1(2017/11/22メンテ以降のフォーメーション) Edit

  • オーナーレベル20で開放
  • ゲーム内説明:【速度をいかした攻撃的陣形】FW/MFが強化され、FWのシュート/ドリブルが上昇
  • コンセプト:中盤のポゼションを高めてゲームを支配する。
  • フォーメーション
    CF
    OMFOMF
    LMFRMF
    DMFDMF
    CBCBCB
    GK
フォーメーション補正

3-6-1(2017/11/22メンテまでのフォーメーション) Edit

  • オーナーレベル20で開放
  • ゲーム内説明:【速度をいかした攻撃的陣形】FW/MFが強化され、FWのシュート/ドリブルが上昇
  • コンセプト:中盤のポゼションを高めてゲームを支配する。
  • フォーメーション
    CF
    OMFOMF
    LMFRMF
    DMFDMF
    CBCBCB
    GK
フォーメーション補正

4-5-1 Edit

  • オーナーレベル25で開放
  • ゲーム内説明:【両翼をいかした攻撃的陣形】FW/MFが強化され、MF全員のドリブル/パスが上昇
  • コンセプト:ワントップでサイドが厚め。横から崩す
  • CFから始まり、横にいるのはRMF
  • 4-2-3-1
    ボールがあるサイドのSBは極端にオーバーラップしていくため、接触パスを利用したサイド攻めが強い
    SMFもSBもシュートが打てるくらいまで上がっていく
  • FWの勝負強さが全フォーメーション中最高の★4つで、もっとも強いシュートを打てる陣形である可能性がある
    実際2回目のハッカドールコラボで実装された神級のGKを打ち破ったオーナーには4-5-1を使用していたケースが多い*7
  • フォーメーション
    CF
    LMFRMF
    OMF
    DMFDMF
    LSBRSB
    CBCB
    GK
フォーメーション補正

4-3-3(2017/4月メンテ以降のフォーメーション) Edit

  • オーナーレベル30で開放
  • ゲーム内説明:【FW3枚の攻撃的陣形】FW全員が強化され、FWのシュートとMFのパスが上昇
  • コンセプト:4-4-2の完全上位互換。バルサをイメージ。ここから上は個性の範囲で能力的な差はそんなに出ない*8*9*10
  • CFから始まり、横にいるのはRMF
  • 表中OMFはSMF適性となる
  • パスがあがるMFはCMFのみ
    説明には書かれてないがCMFのドリブルも上がる
    WGはかなり外側寄りにいて、同じ3トップの3-4-3とだいぶ違う
    特にキックオフがRMFからとなり、RWGが最初からサイドにいる
  • 全フォーメーション中でもっとも高いシュート値補正が得られる
    ただし勝負強さは★2どまりのため、総合的なシュート力では4-5-1に負けている可能性がある*11
  • フォーメーション
    CF
    LWGRWG
    CMFCMF
    DMF
    LSBRSB
    CBCB
    GK
フォーメーション補正

4-3-3(2017/4月メンテまでのフォーメーション) Edit

  • オーナーレベル30で開放
  • ゲーム内説明:【FW3枚の攻撃的陣形】FW全員が強化され、FWのシュートとMFのパスが上昇
  • コンセプト:4-4-2の完全上位互換。バルサをイメージ。ここから上は個性の範囲で能力的な差はそんなに出ない*13*14*15
  • CFから始まり、横にいるのはRMF
  • 表中OMFはSMF適性となる
  • パスがあがるMFはCMFのみ
    説明には書かれてないがCMFのドリブルも上がる
    WGはかなり外側寄りにいて、同じ3トップの3-4-3とだいぶ違う
    特にキックオフがRMFからとなり、RWGが最初からサイドにいる
  • 全フォーメーション中でもっとも高いシュート値補正が得られる
    ただし勝負強さは★2どまりのため、総合的なシュート力では4-5-1に負けている可能性がある*16
  • フォーメーション
    CF
    LWGRWG
    OMFOMF
    DMF
    LSBRSB
    CBCB
    GK
フォーメーション補正

5-2-3 Edit

  • オーナーレベル35で開放
  • ゲーム内説明:【超守備的陣形】DF全員が強化され、MF/DFのドリブル/ディフェンスが上昇
  • コンセプト:スイーパーを配置した超守備的陣形。カテナチオ、奇抜なフォーメーション。5-4-1の上位互換イメージ*18
  • CFから始まり、横にいるのはRWG
  • 4人のDFのさらに後ろにSW(スイーパー)を配置した陣形で、SWのディフェンス上昇値が強烈に高い
    SWはディフェンス時ほとんどゴール前から動かず、サイドからのロングシュートの前には完全にカカシ状態となるため
    ロングシュートを抑えられるGKがいて初めて効果的な陣形といえる
    SWは常に最後尾にいるため攻撃に参加することはほぼない
    自分で操作したら、リベロになるかも
  • フォーメーション
    CF
    LWGRWG
    DMFDMF
    LSBCBCBRSB
    SW
    GK
フォーメーション補正

2-5-3(2017/4月メンテ以降のフォーメーション) Edit

  • オーナーレベル40で開放
  • ゲーム内説明:【変則的陣形】MF全員が強化され、MF/DFのドリブル/ディフェンスが上昇
  • コンセプト:前線でのボールポゼッションを目的とするオシム式2バックをイメージ。擬似的0トップ。奇抜なフォーメーション
  • STから始まり、横にいるのはRWG
  • パス、ドリブルの能力値補正が高くミラ杯に有効かと思いきや、3人残して全員がシュートラインまで上がってしまうため、トラップが発生してしまい、やや使いにくい
    パスを中心にするなどして、ほとんど移動せずに接触を繰り返すようにすると問題なく使える
    あるいは、スタミナ不足の心配がないチーム編成であれば効果的な陣形となる
  • フォーメーション
    LWGRWG
    ST
    OMFOMF
    DMF
    LMFRMF
    CBCB
    GK
フォーメーション補正

2-5-3(2017/4月メンテまでのフォーメーション) Edit

  • オーナーレベル40で開放
  • ゲーム内説明:【変則的陣形】MF全員が強化され、MF/DFのドリブル/ディフェンスが上昇
  • コンセプト:前線でのボールポゼッションを目的とするオシム式2バックをイメージ。擬似的0トップ。奇抜なフォーメーション
  • CFから始まり、横にいるのはRWG
  • パス、ドリブルの能力値補正が高くミラ杯に有効かと思いきや、3人残して全員がシュートラインまで上がってしまうため、トラップが発生してしまい、やや使いにくい
    パスを中心にするなどして、ほとんど移動せずに接触を繰り返すようにすると問題なく使える
    あるいは、スタミナ不足の心配がないチーム編成であれば効果的な陣形となる
  • フォーメーション
    LWGRWG
    CF
    OMFOMF
    DMF
    LMFRMF
    CBCB
    GK
フォーメーション補正

4-4-2B(2017/4月のメンテで追加のフォーメーション) Edit

  • ローカルリーグクリアで開放
  • ゲーム内説明:【バランス型の陣形】MF全員が強化され、MFのドリブルとパスが上昇
  • コンセプト:ボール回しを活かしたバランス型フォーメーション
  • フォーメーション
    CF
    ST
    OMF
    LMFRMF
    DMF
    LSBRSB
    CBCB
    GK
フォーメーション補正

3-2-5(2017/4月のメンテで追加のフォーメーション) Edit

  • びびっどリーグクリアで開放
  • ゲーム内説明:【超攻撃型陣形】FW全員が強化され、DF(SB)のドリブルが上昇
  • コンセプト:5トップの変則的かつ超攻撃型フォーメーション。前掛かりの極み
  • フォーメーション
    CF
    STST
    LWGRWG
    CMFCMF
    LSBRSB
    CB
    GK
フォーメーション補正

2-6-2(2017/4月のメンテで追加のフォーメーション) Edit

  • ランページリーグクリアで開放
  • ゲーム内説明:【支配的陣形】MF全員が強化され、FWのシュート範囲が伸びる
  • コンセプト:MFを最大限活用し両翼に動きをもたせたフォーメーション
  • フォーメーション
    CF
    ST
    LMFRMF
    CMF
    LMFDMFRMF
    CBCB
    GK
フォーメーション補正

4-2-4(2017/4月のメンテで追加のフォーメーション) Edit

  • アカデミーリーグクリアで開放
  • ゲーム内説明:【攻撃型陣形】FW全員が強化され、WGのドリブルとパスが上昇
  • コンセプト:フォワード強化を厚くした攻撃的フォーメーション
  • フォーメーション
    CF
    LWGSTRWG
    CMFCMF
    LSBRSB
    CBCB
    GK
フォーメーション補正

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 4-3-3のCMFドリブル補正は8%じゃないですかね?自分で検証したら9%だと合わなかったです -- 2017-02-19 (日) 14:44:22
    • みたいですね。こちらでも8%なのを3キャラで確認しましたので、修正しときます。 -- 2017-02-19 (日) 15:41:33
      • 修正ご苦労様です&ありがとうございます。 -- 2017-02-19 (日) 16:58:05
  • 勝負強さの情報を加えました。しっかりチェックしてないんで、どっか間違えてるかも。おかしいところあったら言ってください(もしくは修正お願いします)。実際4-3-3の補正値書き間違えて更新してました。てへぺろ。フォーメーション毎の動きや評価みたいなところは完全に主観で書いてます。おかしいところあったら(以下略 -- 2017-02-27 (月) 00:51:24
  • 3-5-2のCB補正抜けがあったんで修正しました -- 2017-03-08 (水) 01:10:21
  • 4月下旬で新フォメ。4-4-2の中盤ダイヤモンド型は確定。残りは2-3-5と2-6-2に見える。FWが縦の関係になっているように見える -- 2017-03-25 (土) 19:06:31
    • セカンドトップ導入っぽいですよね -- 2017-03-25 (土) 19:18:14
  • 2-5-3のステータス上昇は全部2%づつ減らされてませんか? -- 2017-11-02 (木) 23:13:47
    • どうも、2017/4のメンテの際にフォーメーションの補正がすべてで行われた可能性が高いようです。既存フォーメーションを含めて値は不明ですがわかるところは修正しました -- 2017-11-25 (土) 18:14:48
  • 自分はここの編集できないので情報を、21:00からドス生でフォーメーション解説やるそうです。不明箇所がわかるかも -- 2017-11-24 (金) 20:41:50
    • 一応、追加しました。フォーメーションは修正できていないので適当になっています。 -- 2017-11-25 (土) 15:49:09
      • 4-4-2B以降の情報です。大変失礼しました -- 2017-11-25 (土) 15:50:01
      • フォーメーションの方も修正しました。フォーメーション補正の☆は数字が入る箇所(数字は非公開)になります -- 2017-11-25 (土) 16:44:53
  • ここに書いてもいいのかどうかですが、(場違いだったらごめんなさい。)3-5-2A使っていたのですが、両WGとSB強化につながるかな?と思って3-5-2B使ってみました。結果はCBが守備に残るだけで、全員が上がってしまうので、ただでさえDFの薄い3-5-2がさらにカウンターに弱く・・・。3-5-2AだとCMFのボランチの2人が結構後ろで待機するので、実質、変形5-3-2(味方攻撃時は3-5-2)と臨機応変に動いてくれるので使いやすいです。ただし、CMF3人が攻守の両方を担うので、優秀な選手+高いスタミナを持っていないと成り立ちませんが。 -- 2018-05-25 (金) 23:23:07
    • AとBで悩んでたのでありがたいです。参考にさせていただきます -- 2018-05-26 (土) 15:12:06
  • 2-6-2使ってみました(セミオート)。2-1-5-2と言った感じになります。CbMFの1がアンカー。センターサークル付近でボールをさばきますが、何せ前線に7人もいるので、あまり役に立っていない感じです。FW2人にOMF1人が入って、2-1-4-3の形になりやすくも。とにかく中盤のボール支配力が絶大。中盤~前線で8人いますからね。弱点は(当たり前ですが、)DFが2人しかいないので、カウンターくらうと完全に相手がフリーになります。相手が3-2-5とかFW4~5枚持っているとMFが戻るのが間に合わず、アンカー含めて3人で守ることになりフリーでシュート打たれ放題。「びびび」はポジション追加も含めてMFは人材が豊富なので、中盤でのボールキープ、奪取が有利にできるなら面白いほどボールキープ率が上がります。 -- 2018-06-16 (土) 08:46:18
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 システムとは個々の選手がどのように動くのかという仕組みのこと。たとえば4-5-1でも細かく考えると、MF5人のうちOMFが3人のシステムや2人のシステムのように違いがあり、システムという概念を使えばこの差を表現できる。ビーナスイレブンびびっどでは現在のところ4-5-1は1種類だけの設定となっており、システムも単一となる
*2 特にアプリVer.3系の頃の情報である可能性が高く、現行Verでも同様になっているのかは不明。追記:2017/03/25のドス生6時間SPにてフォーメーション解説が行われ、この際も同じ資料が用いられたため、Ver.4系も変化していないと考えられる
*3 floorは小数点以下切り捨て*4
*4 より正確にいうと小数点以下切り捨てというより、小数点以下切り上げしてから-1した数値になる。このため計算結果が端数のでない数値のときは単純な切り捨てより1少なくなる
*5 2017/03/25のドス生において、OMFのシュートにも勝負強さが適用されるのを前提とした発言が見られたため、おそらくは全てのアクションに適用されると考えられる
*6 2017/03/25のドス生において、OMFのシュートにも勝負強さが適用されるのを前提とした発言が見られたため、おそらくは全てのアクションに適用されると考えられる
*7 当時wikiには「勝負強さ」の情報はなかった
*8 4-4-2の完全上位互換とはゲームシステムにおける役割としての話であって、現実のフォーメーションとして上位互換だとかそういう話ではない。念のため
*9 バルサとはスペインプロサッカーリーグのFCバルセロナのこと。とてもつよい
*10 ”ここから上”とは、この後に開放されていくフォーメーションの事を指すと思われる
*11 ハッカドールコラボ神級0号を相手に、シュート値×スキル倍率が4-5-1でゴールできた数値以上であったにもかかわらず、4-3-3では防がれたというケースがある。*12
*12 距離補正が原因だった可能性もある。そもそも距離補正のかかり方について明らかになっていないため、明確な判断が困難
*13 4-4-2の完全上位互換とはゲームシステムにおける役割としての話であって、現実のフォーメーションとして上位互換だとかそういう話ではない。念のため
*14 バルサとはスペインプロサッカーリーグのFCバルセロナのこと。とてもつよい
*15 ”ここから上”とは、この後に開放されていくフォーメーションの事を指すと思われる
*16 ハッカドールコラボ神級0号を相手に、シュート値×スキル倍率が4-5-1でゴールできた数値以上であったにもかかわらず、4-3-3では防がれたというケースがある。*17
*17 距離補正が原因だった可能性もある。そもそも距離補正のかかり方について明らかになっていないため、明確な判断が困難
*18 カテナチオとはイタリア語で閂(かんぬき)という意味。相手FWを同じ数のDFでマンマークし、更にその後ろに自由に動くDFを1人置くという、非常に堅牢な戦術を指す