Top > 【モグネット】
HTML convert time to 0.008 sec.


【モグネット】

Last-modified: 2017-10-28 (土) 19:45:40

FF9に出てきたモグネットを、FFシリーズのキャラ間で行ったらどんなやりとりになるのか、考えてみましょう。
(ex)ジタンからクラウドへ 「昔こんなデカイ剣を持ったツンツン頭ってお前のこと?」 など


主人公同士 Edit

スコールからセリス&シド(FF6)へ
「そんなにうまい魚が必要ならばバラムフィッシュを調達しようか?」

  • セリスの返信「お願いします」
    • その後、間違ってバッダムフィッシュを送ったスコール。

セシル&ゴルベーザから、エドガー&マッシュへ「兄弟愛って大切ですよね」


ザッシュ(USA)からロック(FF6)へ
「うちのおっさんと変わって下さい、しつこいんです」


エドガーからオニオンナイト(FF3FC版&DFF)へ
「お姫様のベッドで寝られた上に、ティナと添い寝とは、羨ましすぎるなぁ…」

  • オニオンナイト(FF3FC版&DFF)からエドガーへ
    「ほえ?何で?」

ルーネス(FF3)からツインソードの兄貴(FF3)へ
「あんたは一体何者なんだ?」

  • ツインソードの兄貴(FF3)からルーネス(FF3)へ
    「俺はお前のオリジナルだ(多分)。」

ルーネス(FF3)からオニオンナイト(FF3)へ
「お前は一体何者だ?」

  • オニオンナイト(DFF)からルーネス(FF3)へ
    「僕は君達の集合体だ(多分)。」

エドガー(FF6)からバッツ(FF5)へ
「女性に囲まれて口説きもしないなんて、失礼にも程があるぞ」


セオドア(FF4TA)からティーダ(FF10)へ
「親が有名人で凄いプレッシャーなんですけど、どうすれば良いでしょうか・・・」

  • ラムザ(FFT)からセオドアへ(FF4TA)へ
    「その気持ちはよく分かる。」
    • ユウナ(FF10)からセオドア(FF4TA)、ラムザ(FFT)へ
      「…私もなんです…お互い大変ですね…」

バッツ(FF5)からサイファー(FF8)、ジタン(FF9)、セシル(FF4TA)へ
「うちのギルガメッシュが迷惑かけてごめん・・・」


オニオンナイト(FF3FC版&DFF)からセシル(DS版FF4)、カイン(DS版FF4)へ
「何でたまねぎ剣士じゃない君たちの最強武器がオニオンソードなんだよ!」

  • セシル(DS版FF4)、カイン(DS版FF4)からオニオンナイト(FF3FC版&DFF)へ
    「文句があるなら時田や浅野に言ってくれ(言え)…」

ヴィンセント(DCFF7)からユウナ(FFX−2)へ
「何とかしてルクレツィアを蘇らせたいのだが…どうしたらいいものか…」


ツインソードの兄貴(FF3)からフリオニール(FF2)へ
「おい、今FF2やってんだけどよ、二刀流したら詰んじまったじゃねーかwどーしてくれんだコラ」

  • フリオニール(FF2)からツインソードの兄貴(FF3)
    「バカ、しょっぱなから二刀流なんてやったら回避率上がんなくて詰むに決まってんだろうが…盾装備しろ盾。」

ノクティス(FF15)からナハト(FFL)ヘ
「常に夜の世界って楽しいか?俺はとても興味がある。」


エドガー(FF6)からジタン(FF9)へ
「レディの口説き方、教えてあげようか?」


ライトニング(FF13)からユウナ(FF10-2)へ
「召喚師を辞めて、ガンナーになり、カモメ団に入団して何になる?そのまま召喚師を続ければよいもの…」


ノクティス(FF15)からセリス(FF6)へ
「さっき、アルスト湖でクラッグ・バラマンディを大漁に釣ったんだ。もしよかったら分けてやるよ。これであんたのじいさんとやらも元気になるかもしれないぞ。」


WoL(FF1)からツインソードの兄貴(FF3)へ
「お前最近色んなとこで盾をディスり過ぎなんだよ!」

  • ツインソードの兄貴(FF3)からWoL(FF1)へ
    「(  ̄3 ̄)〜♪」

フリオニール(FF2)からヴァン((FF12)へ
「お前のおかげで新しい言葉がどんどん増えるぞ。ありがとな」


リルムからスコールへ「飛空艇にいつもいるキズ野郎…… あっ まちがえちゃった。って美術品いくつ持ってるんだよ」


パインからロック、エドガー、マッシュ、セッツァーへ
「スカした態度がいつまでもつか、楽しみにしてるよ。」


リルムからクラウドへ「あんたいったい何が興味ないわけ、やっぱり辺境育ちなんだね」


バッツ(FF5)からツインソードの兄貴(FF3)へ
「お前って妙に貫禄があるよな。」

  • ティナ(FF6)からツインソードの兄貴(FF3)へ
    「だぁ〜れが『ティナブラ』ですってぇ〜…?(#^ω^)」

主人公と主人公以外 Edit

サイファーからバッツへ「刀を持った変な男に襲われた。お前の名前を呟いていたような気がする」

  • その後、バッツの元に全く同じ内容のモグネットがセシルから送られた。
  • そしてさらにジタンからも

ストラゴスからトレマへ
「そんなに強いモンスターが沢山いるなら、是非わしの着ぐるみ作りと青魔法習得に貢献してほしいゾイ!」


エドガーからゲイル(チョコボ時忘れ)へ
「お前の街にはいい女が一杯いるみたいだな。是非案内してくれないか?」


リノアからリルムへ「インターセプターってかこいいね。ね、撫でさせてくれない?」

  • シャドウからリノアへ「止せ。噛み付かれるぞ。」

ジタンからセーラ(FF1)へ「もしよかったら俺とデートしないか」


皇帝(FF2)からティーダへ「ウボァーのことは罪人には教えられん」

  • ティーダの返信「ちぇっ、いいッスよ」
    • 再び皇帝陛下からティーダへ「ところで貴様、どこでそれを聞いたッ!」

ガウからトレマへ「ガウガウ!ガウ、お前のトコで強くなる。」


エーコからジタンへ「夜空が月のペンダントで着飾る頃、私は船着場であなたが来られるのを待っています」

  • これをエーコから預かったスタイナー。だが、手違いでベアトリクスに・・・・
    • ベアトリクス「な、何ですかこの手紙は!?ひょっとして、スタイナーから私へのラブレター?」

マジックポットAuto(DFF)からクラウド(FF7)へ「いつになったらエリクサーくれるの?」

  • クラウド(FF7)からマジックポットAuto(DFF)へ「なんのことだ?」
    • 「エリクサー?何のことだ?」

クルーヤからセシル&ゴルベーザ(DFF)へ
「兄弟仲良しで嬉しいぞ。これからも仲良くな。父より」

  • ゴルベーザ「いいですとも!」

レイラ(FF2)からティナ&セリス(FF6)へ
「ゆだんしちゃ だめ! おとこは ずるいんだよ!」


エドガー(FF6)からパロム(FF4TA)へ
「レディにはもっと優しくするものだぞ」


ティナからガイへ
「ねえ、お願い!ジャンアントビーバーへの頼みごと、聞いてくれる?」


ベアトリクスとスタイナーからクラウドへ
「貴殿のクライムハザードとやらを教えてくれぬか?」
その後、二人の元に「こっちのほうが強い」と言う添え書きと供に超究武神覇斬が贈られたらしい・・・。

もちろん、元ネタは例のあの項目です


ツインソードの兄貴(FF3)からゴルベーザ(FF4)へ
「ディシディアでたまねぎがあんたの世話になったみたいだな。俺からも礼を言わせてもらう。」


ティナからゴルベーザ(DFF)へ
「あなたの助言でオニオン君が私を救ってくれたんだね、何かお礼をしたいな…。」

  • ゴルベーザ「お礼なんていいですとも!///

スノウからライトニングへ
「今日こそ決着をつけてやる!覚悟しろ!エクレール!」


ヴァンからケフカ(DDFF)へ
「誰が将来スルメしゃぶりながら子供に勉強しろ勉強しろって言ってるだって?」


セフィロスからクラウド(FF7AC)へ
「お前への贈り物はまだまだ続くぞ」

  • クラウド「勘弁してくれ」

リルムからリノアへ「アンジェロってかわいいね。ねえねえ、似顔絵描かせて!?」


エーコからティナへ
「モーグリ好きなのね!ならエーコのとこにぜひ来て!お料理もごちそうするから。」

  • ティナ「ユ、ユニークな味だわ…」

チェリンカ(FFCCRoF)からルーネス(FF3DS)達へ
「クリスタルタワーに行くんだって?あそこには『宇宙の愛』がないらしいから、くれぐれも気を付けてね。」
4人「宇宙の愛…なんのことだろう(かしら)?」


レナからレフィアへ
「たとえ血が繋がっていなくてもあなたのお父さんはお父さんよ。大事にしてあげてね。」


リバイアサンからツインソードの兄貴へ
「誰がウナギだコラァ・・・!」


ティナからクランベリーナイツ達へ
「ふかふかしにお邪魔してもいいかしら?」


カイエンからホープへ
「おぬしの気持ちはよく分かるでござる。拙者もかつてそうだったでござる。だが、いつまでもおぬしの母親が命を落とした原因を作ったその男を恨んでいては、何も変わらぬでござるぞ。」


ティファからヴァンへ
「主役の座を争うライバルがいるって大変よね。だいたい信者がいろいろともめるでしょう。私はヒロインの座だけど・・・エアリスとは仲良くしたいのに、信者たちがうるさくて。」


ティナからドーガへ
「モーグリがいっぱい居る素敵な館にお住まいなのですね。今度、そちらにお邪魔しても良いですか?」

  • ドーガ「わしの館などで良ければ、いつでも遊びに来なさい。」

セルフィからヴァンへ
「あんたが12の主人公?ならこっちの世界のヒロインは当然あたしやな」


ロックからカインヘ
「君は2度も裏切った親友から信じてもらえたのか、よかったな。」


セクレトとミノタウロスからセシルへ
「ミルク美味かった、そりゃよかったな」


ヴァンからコスモスへ
「コスモスって、何歳?」


ティファからシャドウへ
「「……ステキだけど (^^; クラウドよりおじさんじみてるわね」
同じくマッシュへ
「あなたも 格闘やるのね。それより兄貴とやらは元気にしてた?そりゃよかったわね」


ティファからバッツへ
「店を持つことができなかったの、そりゃ残念だったわね」


レフィアから一同(FF2)へ
「こっちのみんなはなぜトードが平気で使えるわけ」

  • 一同(FF2)「平気で使えるってっても全員カエルにされたら全滅だから俺(私)らだって実はカエルは怖いんだぜ(のよ)?」

アーヴァインからヴァンへ
「……オイヨイヨ?・・・あれっもしかして緊張しすぎて風邪でも引いたのか」


エドガーからリディア、ガーネット、エーコ、ユウナへ
「魔石いくつ持ってるんだい。ああ召喚士だったのか、とんだ失礼しました」


ラグナからバレットへ
「良きパパは俺だよな」


カインからセリスへ
「お前もしかして仲間想い?そうか帝国の裏切り者なんだ」


ヨーゼフからウーマロへ
「反乱軍にはお前のような強者がほしかった」


ラグナからヤンへ
「お前、ヤンファンライデンだよな。どんな漢字で書くのかい」
ヤン「燕煌雷電」


レフィアからシナへ
「おっさんも本物の鍛冶屋、じゃあとんかちでいろんな武器や防具つくれるのね」


レッドXIIIからガウへ
「ガウの故郷は獣ヶ原か、今度、そちらにお邪魔しても良いか?」


ヴァンからセフィロスへ
「セフィロスって、歳いくつ?」


キスティスからヴァンへ
キスティス「年上だけだと思ってた、私は実力も上のお姉さんなのよ」


エドガー(FF6)からセルフィ(FF8)へ
「ガルバディア兵相手にお世辞が効いたのか、他にもどんな敵に効くのかぜひ教えてくれ」


セッツァー(FF6)からバルフレア(FF12)へ
「最速の空賊って呼ばれているんだって?ならファルコン号とどっちが速いか勝負しようじゃないか」

主人公以外同士 Edit

エーコからモグ(FF6)へ「あなたも実は召喚獣だったりするの?」

  • モグ(FF6)からエーコへ「幻獣じゃないクポー!」

エクスデスからゴルベーザへ「お前はどこか私とカブる」

  • ゴルベーザからエクスデスへ「いいですとも!」

カイン(FF2)からカイン(FF4)へ「りっぱな りゅうきしには どうしたら なれるの?」

  • カイン(FF4)からカイン(FF2)への返答「それは、仲間を裏切る事だ!」

ギルバートからアーシェへ「国も、愛する人も亡くした僕は、これからどうすれば・・・?」


マジックポットからコヨコヨへ「エリクサーをねだる権利はボクだけ!」


ヨーゼフからラムウ(FF9)へ「役に立てたようでよかった」


エリナ(FF2)からカイン(FF4)へ 「カインへ、竜騎士はちゃんとやってますか」

  • 返答 「俺は正気に戻った」
    • さらにそれへの返答 「カイン、エクスカリバーをあなたに託す時がきました」
      • 返答 「俺は聖剣は装備できない」
      • そのカイン(FF4)へ聖竜騎士カイン(FF4TA)より 「貰っとけ。」

カイン(FF4TA)からカイン(FF4)へ
「ゼロムスを倒した後、試練の山に籠ったり、竜騎士の試練を受けたりするな。後悔するぞ」


いきなり現れるラスボス一同から暗闇の雲へ「ディシディア参戦おめでとう」

  • 差出人不明から暗闇の雲へ「これは不幸の手紙です。
    メテオが飛んできてあなたは死亡するでしょう。
    回避するにはディシディアへの参加を中止しなさい」
    • 差出人不明からガブラスへ
      「これは不幸の手紙です。この手紙を見たら三日以内にDFFへの参加を中止しなければ
      オンドゥル語しか喋れなくなります。逆にFF12の主人公のDFF参加を強く希望すれば
      逆に超幸せになります」
      ガブラス「ムセテンナヨ!」

エリア(FF3)からメーア(時忘れ)へ「貴方はどこか私に似ていますね。」
返信 メーア「え?そうですか?私は水の神官なのですが…」
さらに返信 エリア「私は水のクリスタルに仕える巫女です。奇遇ですね。」


オーディンからギルガメッシュへ
「仇討ってくれたこと、感謝する。」


FF3DSユーザーからスクウェア・エニックスへ
「通信?何だそれ!?ムセテンナヨ!!」


ノノからシド(FF3)へ
「絶対に当て逃げされない飛空艇の作り方を教えてほしいクポ」


ホープからスノウへ
「あんたに殺された母さんの仇を討ってやるから覚悟しろよ!」


エクスデス(FF5)から暗闇の雲(FF3)へ
「無の化身であるあなたの力を私に下さい、世界を元の形に戻したいんです。」

  • 暗闇の雲(FF3)からエクスデス(FF5)へ
    「無を欲するなど愚かなこと……」
    • エクスデス(FF5)から暗闇の雲(FF3)へ
      「馬鹿め!求めて得られぬから無なのだ!」
    • 暗闇の雲(FF3)からエクスデス(FF5)へ
      「だからそれを得ようとするは愚かな事だと言っておるのだ。馬鹿はお前だ。っていうか何でゴルベーザの台詞パクってんだよ?」
      • エクスデス「無とは一体…うごごごごご」

メイチェンからトレイへ
「語ってもよろしいですかな?スピラは昔、文明の発達した世界であり、その中でもザナルカンドとベベルは栄華を極めた年でした。当時最大の都市であったザナルカンドは、その技術力においても最高の水準を誇る都市でした。一方、それに対抗する存在として、高度な機械文明を持つベベルが存在する。この両都市は軍事面において大きな隔たりを持ち、軍事的にも機械を利用していたベベルとは対照的に、ザナルカンドは機械を戦争には用いず召喚術によって外敵を退けていていたのです。
(中略)
その後、ベベルはザナルカンドへの直接攻撃を試みるが、ザナルカンドの統治者であった召喚士エボンは、ザナルカンドを永遠のものとするため、生き残っていたザナルカンド市民を総て祈り子に変えてガガゼト山の山中に隠し、彼らの見る夢を基に「夢のザナルカンド」を召喚します。また、重力魔法を用いて幻光虫を寄せ集めた巨大な鎧「シン」を作り出し、自らはその内部で「夢のザナルカンド」を永遠に召喚し続ける存在、エボン=ジュとなるのです。」

トレイからメイチェンへ
「それでは僕からもオリエンスについて語らせていただきましょう。そもそもオリエンスとは4つの国から成ります。朱雀クリスタルの力を主体とした朱雀領ルブルム、白虎クリスタルの力を主体とするミリテス皇国、玄武クリスタルの力を主体とするロリカ同盟、青龍クリスタルの力を主体とするコンコルディア王国です。朱雀クリスタルは魔法を司っており、魔法を使えるのは朱雀の民だけです。また魔力は二十歳前後をピークに衰える一方であり、戦力の多くが若者によって構成されております。白虎クリスタルは機械を司っており、クリスタルから生み出されるエネルギーを用いることで、魔導アーマー等の機械兵器を作り出しております。玄武クリスタルは騎士を司っており、クリスタルの力を直接体に取り込み、肉体を強化しています。クリスタルの力を持った極めて強力な武具を使用しています。青龍クリスタルを司るコンコルディア王国は、国の要職のほとんどが女性で構成されている国あり、龍や動物、モンスターと心を通わせ、使役することができます。
(中略)
これら4つの国家は昔からクリスタルが互いに国を攻めあい戦争をし続けております。ルシを選び、国を作らせたり他所に送ることで内乱を仕向けたり『クリスタルの賜物』も死者を切り捨てて戦争を続けるためだと言われております。」

  • 2人のメッセージを届けるモーグリ「お、重いクポ〜!手紙が束になってるの初めてクポー!」

神竜改からカイザードラゴンへ
「没モンスターからEXボスへ出世できたこと、心よりお喜び申し上げますぞ。」


ゼルからダーニャへ
「俺をコッカトリスと間違えるなよ、絶対にな」


ベアトリクスからギルガメッシュへ
「ライバルと名乗る割には最弱武器が捨てられないようですね」


シド(FF7)からゼルへ
「念願の地球一周の夢が叶ったのか、そりゃよかった」


エアリスからスノウ(ff13)へ
エアリス「あの〜服屋の親父さんですよね?」


エーコからキマリヘ
「……マディーン。 ……あれ?人違いね (^^;


サイファーからエクスデス(FF5とDFF)へ
「シド学園長?いつの間に変装してるのか・・・そうかタヌキおやじ呼ばわりされるのが嫌だったんだよな」


リュックからゼルへ
「おおっ♪地球一周できるスーパーマンはっけーん!」


ルビカンテからゼルへ
「お前マントいらずでどうやって地球一周したのだ」


アーヴァインからレダスへ
「緊張感もなしによくトラップに突っ込めたものだね。満足したかい」


サッズからバレットへ
「お前も洋服にこだわったりと年齢に似合わずかっこよさに目が行くもんだな。俺が満足するような服は選んだのか?」


エアリスからローザへ
 「祈りは天に届かない、それならいやしの風で わたしがみんなを いやしてあげる ね?」


アーロンからエリア(ff3)へ

アーロン「死んでもクリスタルの力は消えないのだな」


パロムからケフカ(DFF)へ
パロム「普通の魔法の使い方ならおいらが教えてやろう」