Top > タンクボーグ
HTML convert time to 0.012 sec.


タンクボーグ

Last-modified: 2009-02-18 (水) 17:54:18

種族別:タンクボーグ Edit

無限軌道(キャタピラ)と主砲は漢のロマン。

タンクボーグ小攻略集。

タンクボーグダメージ一覧.txt(下はEUCエンコード版)

タンクボーグ全般 Edit

ステータス画面でボーグの向きを変えるにつれて、左右のキャタピラが対称方向に回ります(超信地旋回)。

アーマーと攻撃特性 Edit

スーパーアーマーを持っているのでよろけないように見えますが、連続で攻撃を受けると一瞬行動不能(つまりよろけ状態)になります。

また、きりもみふっ飛び状態からも受身ができ、しかも受身中に無敵が残っています。

正確にはスーパーアーマーともハイパーアーマーとも違う、固有のアーマー(タンクアーマー?)なのかも。

タイタンタンクパンサービークルビクトリータンクビクトリーマシン・は大型マシンボーグと同様のアーマーを持っている。

スタン性能の高い攻撃でも平然としていることも多いが、大型マシンボーグ系(上記タンクやイーグルジェット含む)の攻撃だと普通に怯むし吹っ飛ぶ。きりもみから受け身できるのは同じ。

砲身が本体と一体化しているため、機体が傾いている状態(斜面とか)で攻撃すると、弾が明後日の方向へ飛ぶ事があるので注意。

タンク系の多くはX攻撃に強制ダウン効果(スーパーアーマーまでなら一撃で転ぶ)があり、しかも予備動作がほとんどないため近距離での回避は困難。

相手が無理やり近づいてきてもかまわず主砲で零距離射撃してやりましょう。

発射スピードの速さはすさまじくタールフィールド中でもスロウスペル中でも問題なくぶっぱなせる。

この攻撃の特性と前述のアーマー効果から、タンクを敵に回す際は実は接近戦こそ注意すべき。自分で使う際も離れすぎないほうが効果的だったりする。

慣性移動法 Edit

タンクボーグはステップその他のスピードが非常に遅く、敵の攻撃の回避が困難である。そのため持ち前の高いHPや防御性能にまかせて敵の攻撃の大半を受け止めつつ戦うことになりがちだ。

しかしそれでは、敵の攻撃が激化するストーリー高次周や対人戦では十分な性能を発揮できないまま撃墜される危険性が高くなる。

そういうわけで、タンクボーグを使いこなすためにはやはり回避行動が不可欠になってくる。しかし上記のように普通の回避法では限界がある。

そこで役に立つのがブーストジャンプの慣性移動法である。

  • ブーストジャンプの慣性利用移動法

    ブーストジャンプ使用時にスティック操作をニュートラル(スティックを傾けない状態)に戻してブーストを止めると、速度に応じて慣性力が働きブーストゲージを消費せずに移動ができる。

ブーストジャンプ型の空中ダッシュは、継続して使用するとだんだん高度が下がってくる。

そのため、長距離を移動するときはある程度高度が下がったところで上昇して高度を保つ必要があるわけだが、その上昇の際に上記の移動法を使うとスティックを傾けたまま上昇した時に比べ水平方向への減速がはるかに少なくなる。つまり、「空中ダッシュ→スティックニュートラル→Aを一瞬押し高度を保つ→空中ダッシュ…」と繰り返すと空中をホッピングするように移動し、速度は多少落ちるものの
通常では考えられないほど移動距離が伸びる。

必然的に空中ダッシュの回数自体が増えるため、敵の武器のホーミングから逃れることが容易になる。

といったメリットを得られる。特に2番目のメリットはタンクにとって重要で、敵の攻撃のホーミングさえ外してしまえば足の遅いタンクでもかなり敵弾を避けやすくなる。

加えて、空中にいることが多くなるため、タンクボーグの「自分の立っている路面が傾いていると主砲が変な方向に飛んでしまう」という難点も解消できる。

ただし、タンクは真下方向への攻撃は苦手であるため、あまり高く飛びすぎると攻撃を当てにくくなってしまう。そのため、なるべく低空を飛び回ることをオススメする。

ちなみに、この移動法はタンクボーグに限らずブーストジャンプタイプ全般に有効なテクニックなので、是非マスターしたい。

…ついでにこの慣性は上方向にも働くため、リズムよくAを押したり離したりを繰り返すことで、通常より若干、ボーグによっては大幅に高くジャンプすることも実は出来たりする。

サファイアナイトや大マシンボーグなどでは顕著。逆にぜんぜん変わんないボーグもいるが…。

このAを押したり離したりするリズムというのはボーグによってだいぶ違うので、それぞれで練習して慣れておく必要がある。

高いところ(戦艦の上とか)にのぼりたい際などには重要となったり、ならなかったり。ついでなので、上のと一緒に試しておくといいことあるかも知れない。


#007:レオパルド Edit

種族敵フォース編成別タイプ成長型/HP増アナザーカラー
タンクボーグパートナーロングレンジタイプ基本型/+10-
レアコストHPDEFSHTATKSPDジャンプ特殊
A4503304503ブーストジャンプ戦車
BショットBアタックBチャージX攻撃Xチャージ
マシンガン(20-23)--レオパルドキャノン(6)-

ツトムのパートナー。ベースはノーマルタンク。性格等はこちら

ノーマルタンクに比べてレオパルドキャノンの追尾性能が高く、相手との高度差があるほど追尾性が高まる。ような気がする。

レベルアップでマシンガンの弾数が増加する、ロングレンジタイプには嬉しい効果だ。
レオパルドキャノンは弾数こそ増えないが、リロードが短縮される。
世界中のGFコマンダーのレアを横取りするレオパルドキャノンを発射する。

#064:ノーマルタンク Edit

種族敵フォース編成別タイプ成長型/HP増アナザーカラー
タンクボーグ並ボーグロングレンジタイプ基本型/+10
レアコストHPDEFSHTATKSPDジャンプ特殊
D4503004503ブーストジャンプ戦車
BショットBアタックBチャージX攻撃Xチャージ
マシンガン(20)--キャノンほう(6)-

タンクボーグの基本となる機体。

リボルバーガンマンがガンキャノンなら、こっちはまさしくガンタンク(単なるタンクという話も)。

キャノンほうは、連射できないものの速度・威力ともに申し分ないなかなか魅力的な武器。

また、砲弾は山なりに飛んでいく(相手との位置関係によって多少変化するが)ので障害物の後ろから安全に攻撃することができる。

ただ、こちらをロックオンしている相手に対してキャノンほうだけを撃ってもまず当たらない。

マシンガンで相手のステップやジャンプを誘い、硬直をキャノンほうで狙うのが基本の当て方となる。

確実に当てたいのならば、パートナーが戦っている相手を横から狙い撃ちするのが一番確実。

ツトムの横取り率が多いように感じられるのは、この戦法を使っているためだろうか。

マシンガンは弾速は遅いものの弾数が豊富でリロードも早い。チョイ押しで3発、押しっぱなしで5発撃つ。

動きの遅い相手へのけん制や至近距離でのダメージ源としては、そこそこの性能を発揮する。

また、旋回しながら連射すると弾の軌道がバラけるので地上の相手に弾幕を張るような使い方も可能。

ただし、銃身の回転範囲の関係で、前方の左右90度角分に向けてしか発射できないので注意。

地上ステップ、空中ダッシュ共に距離と速度が不足しているが、ブーストによる上昇性能は非常に高い。

障害物を乗り越えたり落下による回避行動をとったりする時に非常に助かる。

この特性の影響で慣性移動の回避を行う時には独特の軌道を描く事になる。

敵に接近されても逃げられないので、構わずキャノンで転ばせて先手をとり、攻撃をさせないことが重要。

シンプルかつ無駄のない武装が面白みに欠けるせいか、地味な存在となっている。でも強いよ(・∀・)

激しくガードウィッチ系が苦手。スペルが当たると敵に全然攻撃できなくなる。ゼロ距離攻撃に賭けてみる?

#065:ガトリングタンク Edit

種族敵フォース編成別タイプ成長型/HP増アナザーカラー
タンクボーグ強ボーグロングレンジタイプ基本型/+10
レアコストHPDEFSHTATKSPDジャンプ特殊
D6903204603ブーストジャンプ戦車
BショットBアタックBチャージX攻撃Xチャージ
4連ガトリング(50)--ミサイル(2)-

カニさん。

……途切れない機関銃による連続ダメージが魅力のガトリング戦車。

リロードが超早い上に打たれ強い、メタルヒーローサムライショウグンに並ぶ大物キラー。

ドラゴンフォートレス系でお悩みの方にオススメ。コストは激高だがそれだけの価値はある。

4連ガトリングはB押しっぱなしで50発全弾発射。

砲身はB押しっぱできっかり50回転している。その為リロード終了直前に先押しすると、少し空回りした後で40発くらい撃って、残りを撃ち残すことがある。

射角がめちゃくちゃ広く、真後ろはもちろんの事、真上や真下にも撃てて死角がなく、斜面で撃っても明後日の方向に弾が飛んでいったりしない。しかも、ガンナーより機動力が低いと言われてきたが、実はガンナーの方と違い、撃っている間もどの方向を向いても動きが止まらないという利点がある。(ガンナーは撃っている最中に後ろへ進もうとすると、止まってしまう。)そのため、タマとのバトルではノーダメージでサテライトを全て撃ち落す事も可能。

発射中は一切ステップ入力を受け付けないので注意(ステップ中B射撃は可能)。

小型や中型には空中前ダッシュ中B射撃などで近づき、中距離戦に持ち込むのがベスト。Xでステップを誘い、相手を蜂の巣にしてやれ!

ミサイルは弾数こそ2発と少ないものの、近寄って来た敵を吹き飛ばすのに最適。ただし相手によってはガトでなぎ倒したほうがいい場合もある。

威力は微妙で相手の弾幕に消されやすいので遠距離には不向き。

ガトリングのリロード中に繋ぎでミサイルを撃っても、発射時にはガトリングのリロードが完了してしまうので効率が悪い上、回避ができなくなる問題も発生する。

総合的に見ると、ガトリングを確実に当てるための牽制技と割り切った方がいいかも。

ステップしながら撃てるので、ヤバイと思った時はミサイルを発射しつつミサイルも同時発射・・・なんて使い方もあるかも。

ちなみに大型相手に撃つのはあまり意味が無いです。

また、ミサイル自体の挙動はマシンブルーのそれと似たようなもので、発射口に水平にしか飛ばない代わりにマシンブルーと同じくらいに誘導します。

クローロボみたいに滑りながら発射することはできません。

ジャンプ中に発射するとちょっと跳ねることと、斜面で撃つと明後日の方向へ飛ぶことから、どうやらこっちが主砲扱いらしい。

機動性能はタンクボーグの中でも悪い。地上ステップ、空中ダッシュはひたすら遅い。

しかし上昇性能がそこそこあるため、あらかじめ浮いておいて敵の攻撃は落下で避けるという選択肢もある。

さらにガトリングを連射中はダッシュこそできないもののブーストのオン/オフで上昇/下降が可能。小刻みにブーストすることでホバリングが可能なので、そこからの落下や上昇で弾速、ホーミングが並の弾ならある程度避ける事ができる。

弾速が速い武器を持たないため、動きの速い小型ボーグ相手とのタイマンは禁物。素直に味方の援護を待とう。

また、空中に居る飛行系ボーグにガトリングを連続ヒットさせるのは非常に困難。動きの早さと併せて天敵と言っていいだろう。

コスト自体が高く、機動性も低くHPも低め。高次周回ではコスト以上の働きをするのは難しいが、持ち前の攻撃力の高さを活かせばコスト分の働きはしてくれるだろう。

#include(): Limit exceeded: タイタンタンク

#include(): Limit exceeded: ビクトリータンク

#include(): Limit exceeded: ICBMタンク

#include(): Limit exceeded: パンサービークル

#include(): Limit exceeded: アルティメットキャノン

#include(): Limit exceeded: ビクトリーマシン

#include(): Limit exceeded: ビームタンク