Top > 零戦52型丙(付岩井小隊)

零戦52型丙(付岩井小隊)

Last-modified: 2017-07-24 (月) 03:27:06
No.153
weapon153.png零戦52型丙(付岩井小隊)艦上戦闘機
装備ステータス
火力雷装
爆装対空+10
対潜索敵+1
命中+1回避+2
戦闘行動半径6
装備可能艦種
駆逐艦軽巡洋艦重巡洋艦戦艦
軽空母正規空母水上機母艦航空戦艦
備考
開発不可、改修可
機種転換任務報酬
巧みな操縦技術を持つ岩井小隊長を擁する「零式艦上戦闘機52型丙」装備の艦戦隊です。
「52型丙」では、敵新型機に対抗するため、火力及び防御力が強化されました。
その分機動性は若干低下していますが、熟練搭乗員の巧みな操縦技術でカバーします。

ゲームにおいて Edit

  • 2015/10/30のアップデートで実装。同日実装された「艦戦」隊の再編成任務で錬度maxの零式艦戦52型(熟練)から機種転換可能。
    • この際零戦52型丙(六〇一空)を1つ廃棄することが要求される。雲龍型改の初期装備だが、同日実装された別の任務でも1つ入手可能。
      誤廃棄や零式艦戦52型(熟練)をロックしていたことによる転換ミスに注意。
    • また、岩本小隊などと平行して熟練度を上げている場合、零戦52型丙(六〇一空)のすぐ下に岩本小隊が来るので、こちらの誤廃棄も注意。
      気になるのなら、関係のある艦戦以外は全てロックしてから機種転換するといいだろう。

  • 性能については烈風の上位互換品であり、対空値同一に回避、命中等付加性能がついている。一方、同時に実装された岩本隊2種と比較した時は下位互換となる。
    • 零式艦戦52型」のネームド機であるため戦闘行動半径は6である。この行動半径を持つ艦戦の中では岩本隊2種に次ぐ性能を持つため基地航空隊で運用するのも悪くない。
  • 他の零式艦戦と同様、本装備も装備改修に対応しており、最大まで改修することで烈風改の上位互換品にまで成長する。
    こうなると誰でも入手可能な艦戦の中ではNo.3*1の対空性能を誇る装備となり、戦闘行動半径の長さと合わせて代え難い装備となる。
  • ここから更なる機種転換任務零戦62型(爆戦/岩井隊)に転換できる。機種転換により艦戦から爆戦になるため運用方法が全く変わる点に注意。
    爆戦の詳細な運用方法については零戦62型(爆戦/岩井隊)のページを参照のこと。
    • 今までの機種転換任務は完全上位互換になるものが多かったが、この機種転換では最高の対空値を持つ爆戦と引き換えに有力な艦戦を一つ失うことになる。
      自艦隊の運営方針や装備の充実度を踏まえ、機種転換任務を実行するかどうか判断しよう。

以下性能比較表(装備最大値/艦戦上位早見表/テーブルより転送) Edit

装備名対空索敵命中回避火力装甲半径入手方法改修追加
震電改15-2イベント-編集
烈風改12-----5イベント、ランキング-編集
烈風(六〇一空)11-12--5任務、イベント、ランキング編集
烈風10-----5開発、初期装備-編集
紫電改二9--3--3開発-編集
零式艦戦53型(岩本隊)12324--6任務編集
零戦52型丙(付岩井小隊)10112--6任務編集
零戦52型丙(六〇一空)9-11--6任務、初期装備、ランキング編集
零式艦戦52型(熟練)9112--6任務編集
零式艦戦32型(熟練)8-14--5改修編集
零式艦戦21型(熟練)8122--7任務、初期装備編集
Fw190T改10--22-3初期装備、イベント-編集
Bf109T改8--41-2初期装備、イベント-編集
Re.2005 改11--31-3イベント-編集
Re.2001 OR改6--23-4ランキング、初期装備-編集
F6F-5101131-5ランキング-編集
F6F-381121-5改修、ランキング編集
Seafire Mk.III改9-12114イベント-編集

小ネタ Edit

  • 支那事変から大戦終戦まで戦い抜き、最後まで被弾しなかった無傷の「ゼロファイターゴッド」*3、岩井勉が所属する部隊という設定と思われる。
    岩井氏は大戦時に瑞鳳瑞鶴に乗組、航空母艦の戦闘機エースパイロットとして活躍した。
    彼は下士官*4、准士官*5、特務士官*6であり、史実では「岩井隊」と呼ばれる飛行隊は存在しない。
    「付岩井小隊」という表現はこの事実に基づくものであろう。
    • 支那事変では岩井機含む零戦一一型13機が重慶爆撃の護衛として出撃、27機を撃墜する大戦果をあげる。
      これが零戦の初陣であり、同時に零戦の初戦果となった。この戦闘で岩井機も2機を撃墜する戦果をあげている。
    • 1942年11月、空母瑞鳳の戦闘機隊に配属。
      ガダルカナル島撤退援護やラエ陸軍輸送船団の護衛、い号作戦でのガダルカナル島、オロ湾、ポートモレスビーの攻撃など、多くの作戦で死闘を繰り広げた。
      その活躍と操縦技術から「ゼロファイターゴッド」との異名でも呼ばれていた。
    • 1944年8月に第六〇一海軍航空隊戦闘第一六一飛行隊へ異動し、レイテ沖海戦時に空母瑞鶴へ搭乗する。
      レイテ沖海戦では瑞鶴発艦後に敵戦闘機群の奇襲を受け、これを回避するものの瑞鶴から離れてしまい、主隊と分離してルソン島に不時着する。
      • 入手時の機種転換任務で零戦52型丙(六〇一空)を必要とするのはこのためと考えられる。もっとも、実際の使用機は52型、52型甲の可能性が高い。
      • 飛行隊長は翔鶴飛鷹で活躍した小林保平大尉。この装備は小林隊(付岩井小隊)と言えるかもしれない。*7
    • 瑞鶴が沈み、帰る部隊を失った岩井らはマニラから栗田艦隊の上空直衛に出動し、敵雷撃機2機を撃墜している。
      その後レイテ攻撃に参加した後に内地へ帰還、沖縄航空戦(菊水作戦)にも参加し、終戦を迎える。
      飛行時間2200時間、飛行回数3200回、着艦回数75回、被弾数ゼロ、総撃墜数は22機とも11機とも言われている。
  • 戦争を生き抜いた氏は、戦後は奈良県の食糧会社社長などを務め、2004年に85歳で亡くなった。
    著書に『空母零戦隊』があるほか、神立尚紀氏の『零戦最後の証言(2)』で詳細なインタビューを読むことが出来る。
    • 他のネームド艦載機の隊長たちは殆どが戦時中に戦死しており、生き延びた岩本徹三中尉も戦後早い時期に没している中で、
      21世紀まで存命だった岩井氏が登場するのは異例といえば異例である。

この装備についてのコメント Edit

過去ログ

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • なんでここだけ枝葉が生い茂るんだ どんな成長促進剤を使っているんだ -- 2017-07-23 (日) 21:43:37
    • 爆戦岩井のページでやるとコメントそのものにペナルティが来るからこっちに移ってきただけじゃね? -- 2017-07-23 (日) 23:30:47
    • うっすい内容の書き込みをいくつにも別けて連投して1度に3つも4つも葉付ける輩が最近居着いたから -- 2017-07-25 (火) 13:15:51
  • 色々誤解が有るようだけど、敵の装甲とこっちの火力は乱数次第だが、制空値は乱数が働かないんだよな。「運良く低乱数を引けば制空権確保出来ます」みたいなパターンが成立しないから、特効装備2個積む3個積むでスロットに悩むより、制空権をきっちり調節出来る装備の方が優秀。そういう意味では爆戦は使いにくい。別に使いこなしてる人に文句言うつもりはないけど、素人にはオススメ出来ないのは間違いない。乱数が介入しない以上、確実に制空権確保に寄与してくれる上位艦戦は初心者から常に真っ先に必要になるし(丙提督だから52型で充分という議論は別として -- 2017-07-24 (月) 01:22:50
    • それ上のコメントの話だとしたら誰もそんなとこ誤解してなくね。あと乱数は「働かない」んじゃなくて「ブレがあるけど極端にブレないから一定値に収まる」だけな。三式とか補助装備はそれこそ敵が陸上型だったら制空値次第では艦攻というか攻撃機のランク上げるより採用する理由になるから一概には言えない。 -- 2017-07-24 (月) 01:30:50
      • まあ正直なところ上の木に続けて書いてくれた方が面倒なことにならなくて良かったろうけど、ついでだから続けて書くとあの主張が過剰であることはそれとして、主張そのものは完全に否定できるもんでもないよ。ニッチに採用する使い方からしても、例えば空母二隻置物にして水戦での採用で優勢が取れる空2戦4とかで爆戦採用できるならしたい事例はあったし、この事例ってのは爆戦の火力や開幕がどうであれ敵駆逐艦を一隻でも排除したい場合だった。当然ながら空2戦4でなければ別の攻略も可能だったけど、そのニッチにおいて最善であれば有用性はある。これは54戦隊や64戦隊が来る前の岩井隊もそうだった。 -- 2017-07-24 (月) 01:34:44
      • これは同じように対空12艦戦がニッチにおいて1機から3機の差と空母の差で出てくることもあるだろう。ただ爆戦はその特性上、空母のスロットが軒並み艦戦で埋まってて、それでも敵随伴艦を排除したいという時には採用しやすいし、それに備えるのは無駄ではないんだよ。当初岩井隊の煽り合いはログからしても酸っぱい葡萄だ、いや、使い方が判ってないからだ、みたいな流れになってるけど、こんだけ艦戦や爆戦が揃ってきた今も続けるようなことかと思うし、どっちの形で岩井隊を所持してようが正当性を主張するような話とは全く違うんじゃないか。 -- 2017-07-24 (月) 01:36:05
      • 敵制空値が乱数でブレてるって情報マジ?どこで検証されてんの?興味深い。 -- 2017-07-24 (月) 01:37:38
      • 制空値に乱数が掛かるとしたら、海域の制空確保ラインも多少上下してるって事か…知らなかったわ -- 2017-07-24 (月) 01:39:26
      • 敵制空値じゃなくて割合撃墜の数値のことな。敵が持つ「制空値」は動かない。というかそれはこっちの制空値と一緒だ。 -- 2017-07-24 (月) 01:39:37
      • そこ二重に挟まるのかよ。まあそれはいいとして、木の書いてる制空値が必要制空値じゃなくて敵艦隊の制空値だってことだろ。でもってそれは誰も誤解してなくねってことね。 -- 2017-07-24 (月) 01:42:47
      • 敵の撃墜率なんて(棒立ち狙い特化以外なら)些細な事で、優勢以上を確保して観測射撃や夜偵に繋げていくからこそ重要って意味じゃないのここまでの文脈。砲撃戦に移行した後の敵の残艦載機なんて正直どんだけでもいいし。そこのラインを割れるか割れないかが重要なんでしょ? -- 2017-07-24 (月) 01:44:23
      • そうだな。で、上のコメントにこの木が掛かってるとして、それを誤解してるようなコメントって上にあったかってことだよ。割合撃墜のブレで起きるのは本当にギリギリの制空時、道中からの制空値の変化で稀に優勢に落ちたり優勢を逃すことがあるってだけの話ね。 -- 2017-07-24 (月) 01:49:43
      • 乱数次第でギリギリ制空状態落とすってそれ全然調整出来てないって言うんじゃねぇかな…それこそ爆戦で散々言われてる事だけどさ -- 2017-07-24 (月) 01:54:43
      • いや、それ爆戦に被せてどうするんだよ。単にそれは木で書かれてる「制空値は乱数でブレないから」に対するコメントで爆戦と無関係だろ。枝のコメントは爆戦に対して云々じゃないんだから。 -- 2017-07-24 (月) 02:00:02
      • いや、それ爆戦に被せてどうするんだよ。単にそれは木で書かれてる「制空値は乱数でブレないから」に対するコメントで爆戦と無関係だろ。枝のコメントは爆戦に対して云々じゃないんだから。 -- 2017-07-24 (月) 02:02:12
      • 一応書くなら上の一連のコメントで上げたり上げられたりしてるのって水戦で優勢以上を維持するか爆戦を乗せて空母のみで制空値を維持するかだろ。木の主張は水戦は固定撃墜で計算違いのことが起こらないから安定して空母に火力を乗せられるし、それくらいなら航巡に水戦を乗せた方がいいよってことじゃないのか。それは普通に理解してるし、それと制空値に対する誤解があるってのはちょっと違うと思うんだけど。 -- 2017-07-24 (月) 02:08:00
      • ああ、「普通に理解してる」ってのはそういう主張だったらその趣旨はってことね。つまり爆戦が過剰に撃墜されたりツ級に壊滅させられて優勢ライン割るようなことがあったら拙いからそれが起きない水戦で維持した方が有利って話で。上で書いたのは、そうした出撃を繰り返す上で試行回数的に爆戦と特攻装備の組み合わせが常に割に合わない賭けになるかと言えばそうでもないんじゃねえのってことね。 -- 2017-07-24 (月) 02:25:16
      • ちなみに、俺はもし敵が連合艦隊で旗艦をツブさないといけなくて、尚且つ随伴が固い、みたいな時なら迷わず水戦乗せるよ。でも敵随伴が弱くてボスが特攻対象だったら三式を乗せるかもしれない。でもってこのラインを左右しない程度には艦戦も充実してるから艦戦や爆戦の種類は問わないし、だからニッチを云々と書いてるだけだよ。 -- 2017-07-24 (月) 02:26:09
      • ↑いや、そういうときは迷わず爆戦だな。そんなシビアな敵に対して満足なダメージを出せない航巡を入れる理由がないからそもそも選択肢になるのが間違い。そんな敵にはずっと高火力な艦を入れる方が有効(特に雷巡は超高火力+艦攻1つ増やすよりも有効な開幕持ち)だし、空母の攻撃力計算式を鑑みれば爆戦は十二分なダメージソースになる。ついでに地上型相手の場合は航巡入れても水戦の枠がほぼないし(増設鈴谷では火力ががくっと下がる欠点がある)、随伴掃除に貢献してくれるから猶更。 -- 2017-07-24 (月) 03:40:06
      • ああ、航巡外して雷巡OKなら俺もそうするかな。空母の火力的に爆戦でダメージは十分通るってのは上で書いた通り同感だし。仮想定してる状況はそれこそ2016秋の甲みたいな状況でかつ随伴がエグくて着弾は確実にキメておきたいとか、かつ空母でも開幕で駆逐は落とせればいいし砲撃戦ではちょっとでも固い相手を殴りたいしって場合で、こういう時は雷巡の生存率と天秤に賭けるかもしれない。 -- 2017-07-24 (月) 04:06:42
      • あと増設鈴谷は状況によると思う。夜戦で三式連撃に期待するだけなら離島あたりは普通に沈められるから。ボスが水鬼で随伴が姫だったりしたら雷巡にして間違いないけど。 -- 2017-07-24 (月) 04:09:16
      • 蛇足ではあるけど、制空値の概念理解してないんじゃねえのってツッコミ以外の、初心者や艦載機が揃ってない人にとって艦戦のこれが重要だって話はそれこそ爆戦の方でもこっちでも何度も話題に出てるように理解してるし同意もしてるよ。ただそれってもう何度も繰り返された話で同じ話のループだけど。普段使いの話を出したのも、それ以外でどう使ってるかの提示のつもりだったからね。 -- 2017-07-24 (月) 04:12:21
      • 上のコメントを書いた発端は「スロット一つ潰すのってそんな軽いかな」ってことにはノーコストじゃないよって点で同意だったからだけど、特定の状況で効果を発揮する装備がそんな重要かって疑問やそれを基準にした優劣はあると思う。ただそれ使用者の装備の充実によって重要性は変化するし、普段使いが足りてると思うならそっちに比重を置くのもアリってことで、結局これも毎度の話の繰り返しになっちゃうけど。てか丙提督だから丙でいいになると乙提督向けの52型乙が配られてないのが悩ましいところだな。 -- 2017-07-24 (月) 04:13:44
      • 木主はいつものエアプさんか。マトモにプレイしてたら制空値で乱数云々の勘違いする訳が無いわ。態々荒らしに来たのかね?報告しとくよ。 -- 2017-07-24 (月) 13:16:36
      • そこはまあ俺も制空値と自艦隊制空値のマスごとの数値を取り違えたのもあってすまんかったなとは思う。ただここの項目見てて制空値の概念理解してないってのはありえんだろって割とぱっと反論しちゃったけど。何より話題のループを繰り返すだけになっちゃったし。 -- 2017-07-24 (月) 20:44:52
      • あと勘違いするわけがない云々が枝宛てへの間違いなんだとしたら、悪い、上のは最初ほんとに間違えた。乱数でブレないって書かれたのもあって、普通なら固定されてる数値以外に幅があるもんってなんだろって連想からその時の自艦隊制空値なら割合で上下するよなってなったんだと思う。あとは木主が最初に書いてた「誤解」が制空値じゃなくて装備の運用に対してのものだったとしたら、既出の意見の再現になってることはともかくとして、水戦の用途がどこまで嚙み合うかって部分を主眼にしたかったのかもしれない。 -- 2017-07-24 (月) 20:48:27
  • 提督も十人十色なんだから各個人で最適だと思う感じにすりゃ―いいじゃん -- 2017-07-24 (月) 14:46:15
    • 少なくとも艦戦岩井スレで爆戦の用法云々はスレ違いだよな。 -- 2017-07-24 (月) 20:28:45
      • 上の引継ぎでの話題で爆戦に視点が当たってて場所が違うってのは同意するけど、大本の水戦で爆戦は代用できるから爆戦は不要ってコメントがそもそもの流れだからな。そう提言するなら上の時点で煽らずに制しておくべきじゃね。俺はちょっと口挟むつもりが葉の主体になってたから言えた義理じゃないけど。 -- 2017-07-24 (月) 20:53:16
      • いや、よくそれだけコメント出来るなあと感心してた。まあ、爆戦の話題はどんな形であれ荒れるなと思った次第。艦戦岩井スレも「艦戦岩井の話題について扱う」「爆戦岩井については「運用が変わる」事のみを明記してそれ以上は触れない(関わらない)」という合意が以前あったので、それに倣うってことで良いかな。 -- 2017-07-24 (月) 21:42:59
      • 皮肉であっても長々としたのは事実で、申し訳なく思いながら感心は有難く思うよ。着地点を求める話題というより意見の差に終始しがちの話題だし、これも繰り返しだけど装備の用法に対する指針って最終的には個人差があって交わらないだろうから、最低限で納めるのは同じ考えだし、提案に反対するところはないよ。そもそも使えないって話題でなければ口を挟んでないし。 -- 2017-07-24 (月) 22:38:46
  • 実装時期の関係もあるだろうけど、今の主力艦戦のステータスをみるとこの装備はもう少し強化されてもいいと思う。岩井中尉の所属部隊なんだから制空11、命中2、回避3〜4くらいあっても盛りすぎではないと思うが -- 2017-08-18 (金) 10:23:01 New
    • 敵の対空砲火の効果が1/2とか熟練度の効果が12.5とか素の対空と爆装以外も艦戦と艦爆の中間になればいい感じになると思うんだけどな -- 2017-08-22 (火) 03:14:12 New!
      • あ、ごめん。爆戦のページと間違えた -- ? 2017-08-22 (火) 03:15:20 New!
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 No.1とNo.2はそれぞれ改修済みの零戦53型(岩本隊)と烈風(六○一空)である
*2 確実化を一切しなかった時に節約できる個数
*3 名付けたのは台南空の予備士官達
*4 〜1943年3月
*5 1943年4月〜1944年10月
*6 1944年11月〜1945年8月
*7 レイテ沖海戦ではルソン島に不時着後、使える機体をかき集めたために、小林大尉機はエンジン不調で瑞鶴に戻り、翌日の迎撃戦に参加し、燃料が尽きて不時着水、初月に拾われるが、北方に逃げる小沢艦隊の殿を引き受け、デュ・ボース少将の巡洋艦部隊と交戦して沈没、小林大尉も同様に不時着水して救出された搭乗員同様、初月と運命をともにした。