Top > 垣内善治
HTML convert time to 0.004 sec.


垣内善治(かきうちぜんじ)

Last-modified: 2017-10-15 (日) 09:45:27

 火星カンパニーの社長。火星オクトパスの監督も兼任する。
 豪放磊落な夢追い人。社長と言うより、ヤ○ザの組○とでも言ったほうがしっくりくる風貌と立ち振る舞いである。
 ラッキーフラワーズを率いる木岡とは犬猿の仲の友人関係にあるようだ。
 『垣』、『垣』と誤植されたこともある*1*2
 ちなみに、眼帯をしているが両目ともに見えているらしい。ときどき左右つけ間違えることもあるようだ。*3

パワプロクンポケット3 Edit

 ひょんなことから火星の土地の権利書を手に入れ、火星に行くことを志すことになる。そのため、多額の賞金のかけられたプロペラ団の野球大会の優勝を目指していた。
 主人公(1・3)が火星オクトパスに入団後は主人公(1・3)にコーチを願い出てもらう。他にも裏の仕事を提供してくれることもあった。
 最初は野球を資金調達の手段としてしか見ておらず、金目当てに試合を辞退することも。しかしそれを後悔し、徐々に野球をすることに楽しみを見出すようになる。

パワプロクンポケット6 Edit

 火星に行く夢はまだ捨てていない。
 裏野球大会の賞品がプロペラ団の隠し財産との噂を聞きつけ、それを獲得する為に出場している。プロペラ島の野球大会で優勝した過去はまったく知られておらず、主人公(6)達にも相手にされていなかった。

パワプロクンポケット14 Edit

 本編には登場しないが、トゥルーエンド時に見られる一枚絵に眼帯をつけた彼らしきキャラクターが描かれている。
 3のエンディングで「次の世代が火星へ行ってくれる」と主人公(1・3)に語っていた夢が叶った形になる。

裏サクセス Edit

忍者戦国編 Edit

 OPにての殿様として登場。主人公(裏)が野球人形を完成させて届けた際や120日経っても野球人形を完成させる事が出来なかったゲームオーバーにも登場する。

海洋冒険編 Edit

 ヒガキがデスポート号に乗船する前の海賊船の船長や、リコのイベントで登場する民間人から略奪を繰り返す非道な海賊や、海上移動中のエンカウント海戦の敵など、主人公(裏)と戦う海賊の汎用キャラとして登場。

札侍編 Edit

 野球仙人によって異世界に飛ばされたプロ野球選手。その場を誤魔化そうとした野球仙人によって野球札を与えられその力でショーグンを倒し札ショーグンとなる。後に新たにこの世界に飛ばされた主人公(裏)によって倒される。
 札を扱う騒動は解決して2章は終了。しかし本当の戦いは3章からで、突然現れた野球札を扱う謎の組織「天狗党」が現れる。
 本人はこの世界が気に入ってしまい元の世界に帰る気をなくしている。
 アルバムによると、その後この世界で野球を広めようとしている姿が見られる。


※簡単な意見交換にどうぞ。
 雑談・感想目的の書き込みはご遠慮下さい。
 このページにあまり関係の無い内容の場合、コメントが削除されることがあります。

  • 後の世代が火星に行くだろうと言っていたけど、生(14主)で見ることができただろうか? -- 2012-03-12 (月) 00:40:17
  • キャッチャー○持ちの品川を捕手転向させたり、野手として微妙な斎藤一をセットアッパーとして開花させたり…もしかして監督としてはパワポケ屈指の有能な人なのかも -- 2012-04-28 (土) 01:12:47
  • 裏の垣内は現実世界のプロ野球選手だろ?垣内が野球に興味もって猛練習してプロになった可能性はあるか? -- 2013-08-18 (日) 15:40:16
  • ↑14でもいるっぽいし6の時点でも結構歳だろうからないんじゃないかな? -- 2014-02-21 (金) 18:37:04
  • こいつがサイボークの可能性あるぞ -- 2014-04-01 (火) 15:50:37
  • 見たかわからない。 但し14でも年が若いということもあると思う。 例えば 車坂等 -- 2014-07-26 (土) 12:04:37
  • ↑パワポケ3からいるから若いってのはありえなくない? -- 2016-12-04 (日) 19:29:21
  • 息子だったらなかなか面白い -- 2017-08-18 (金) 18:58:28
  • 車坂監督と対決してほしい -- 2017-10-15 (日) 09:45:27

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

 






*1 『パワプロクンポケット3 パーフェクトガイド』(新紀元社、2001年)P.22
*2 『パワプロクンポケット3 公式ガイド』(NTT出版、2001年)P.16
*3 このプロフィール文は、初期の格闘ゲーム等でよくみられる「左右反転の矛盾」をネタにしていると思われる。