プリーズ・ミスター・ポリスマン!

Last-modified: 2016-02-06 (土) 06:29:18

プリーズ・ミスター・ポリスマン! Edit

  • 原作: 竹内照菜    装画: 藍由あき?
  • キャスト: (六条成湫) 平川大輔×千葉進歩 (橘行弘)/ うえだゆうじ (千葉直行)/ 遊佐浩二 (黒坂乙彦)/ 寺田はるひ? (ニャオ・ユキ)/ 梁田清之 (大河原警部)/ 高塚正也? (西崎真人)/ 遠近孝一 (中里新一)/ 泰勇気? (砂川会の男)/ 江川大輔? (教授)/ 青木強? (刑事)
  • 発売日: 2004年10月30日    3,150 円
  • 収録時間: 73分03秒    トークなし
  • 発売元: ムービック Dramatic CD Collection MACY-2115 / 竹書房「竹書房文庫」刊
  • 脚本: 平詩野 担当: 小泉紀介 音響制作: 神南スタジオ
  • 演出: 小泉紀介 効果: 稲田祐介(ゼロデシベル) 調整: 山下裕康(ヒロサウンドテクニック)
  • 音楽: 芳賀克敏 担当: 山中紀昌 音楽制作: タルバーラレコーディングス
  • ブックレット: 書きおろしショートノヴェル「インスタントな夜」
  • 関連画像(Amazon.co.jp)
    B0002YD6IW 

    TRACK LIST

    TRACK LIST
    01 6年前のキス
    02 留置場暮らし
    03 大物ヤクザ・六条成湫
    04 残り物には福がある
    05 ただのご近所さん
    06 男の守秘義務
    07 覚悟
    08 行弘の危機
    09 初恋の成就
    10 あなたのためにできること
    11 突入
    12 ユキ勝手な一般市民
    13 あなただけを、見ていた

感想 Edit

  • 「愛してるって言ったら、―怒りますか?」エリート警部補・橘行弘は新任の挨拶に行った会社で、大学時代図書室で奪うように唇を重ねたのを最後に突然姿を消した同級生・六条成湫と衝撃の再会を果たした。大物ヤクザになっていた成湫に戸惑いながらも今まで忘れられずにいた行弘は、お互いの立場も忘れて惹かれていく――。
  • CD外キャストメッセージ千葉さん平川さんうえださん遊佐さんの一言コメント6分弱。
  • 一途なヤクザ攻×天然ボケ警視庁のエリート受 蕩けるほどに甘く、胸が痛くなるほどに切ない大人の純愛。
  • 元気で色気あって話も面白くて受け進歩好きにはオススメ。
  • 平川のすごく優しく囁く声がとっても良いと思った。欲情した声も極上だった。
  • なんといっても成湫@平川さんの二重人格ぶりが聴きものです
  • 話のテンポが良い!会話のやりとりがかなり萌えます -- 2008-01-11 (金) 01:41:17
  • 役者さんは素晴らしいのに、リスナーを置いてけぼりにするようなストーリー。ぐねぐね蛇行しているような印象を受ける進み方にちょっと残念。 -- 2008-09-27 (土) 22:40:39
  • うーん…。セリフがあべこべな気がする。ストーリーもいきなりな部分がある。演技は良いんですが…。 -- 2008-12-18 (木) 20:39:15
  • 脚本なのか演出なのか原作がそうなのか、状況がわかりにくくて困った。役者さんの演技はいいんだけど、会話が噛み合ってないところが多かった。 -- 2008-12-19 (金) 07:13:48
  • 原作未読でしたが何カ所か場面転換が唐突に感じた事以外は割と分かりやすいストーリーでした。大物ヤクザとエリート警部補が主人公という事でどんな波乱万丈な展開になるかと思いきや、結構純愛物の感じです。ヤクザなのに六条のユキに対する優しさときたら…。それ以外ではヤクザらしく怖い部分も持ってはいるんですが。Hシーンは長めで、拉致されて薬を飲まされたユキをそれはそれは優しく少しぎこちなさを残しつつ慰める六条が素敵です。ユキもとても色っぽい!六条の長年想い続けた恋が実って良かったなー、とゆう感じでした。 -- 2009-06-30 (火) 11:41:10
  • 千葉さんの受けは男前で、平川さんの攻めも腹黒ですが優しげで素敵です。 -- 2010-01-11 (月) 13:33:41
  • う~ん。なんとなく残念な感じ?演技はみなさん素敵だったと思うんですが、話の流れが唐突すぎてわかりずらい。 -- 2010-01-24 (日) 20:59:57
  • 攻が受に狂気的に執着愛するってシチュ事態は好きなんですが、七味屋で●●ってちょっと●●に興味ある人なら素人でも知ってる事でしょうに・・・本当にエリート?そこに脱力。演技とエロはそこそこあるんでストーリーを気にせずシチュだけ楽しめる人ならいいかも。 -- 2010-01-24 (日) 22:17:35
  • なんちゃってママゴト刑事モノごっこ。ごっこで単純で気楽に楽しめるか、いくらなんでもいい加減すぎると思うかで人を選ぶと思う。思わせぶりなセリフやサイコ的な人格もチラチラして語られてない部分がなかなか怖い感じが滲んでいて惜しい。表面の事件より内面の狂気みたいな部分の方を全面に描いて欲しかった。語られる状況より行間に想像めぐらせてあれこれ妄想を展開できると吉。 -- 2010-10-30 (土) 13:07:21
  • 原作既読。ソフトな口調の平川さんが実はメチャ腹黒って設定が素敵。千葉さんの低音受は色っぽくてドキドキ。遊佐さんも艶っぽいお声で登場するので大満足の一枚です。 -- 2010-12-16 (木) 12:13:30
  • 原作既読。たしかにこれはリスナーおいてけぼり……場面転換早いうえに状況わからなさすぎ。小説のセリフ抜いて繋げただけの脚本としか思えない。ひどすぎ。声優陣が頑張ってるだけに残念でならない。千葉さんのユキがエリートっぽくないのは、学歴高いくせに順調に昇進を止めているとかいう設定のせいかとw -- 2011-04-12 (火) 03:05:25
  • この内容なら別に刑事モノじゃなくてもいいかと・・・。 -- 2011-04-13 (水) 17:45:13
  • なんだろう…たぶん原作がヒドイんだな。 -- 2011-07-12 (火) 22:35:32
  • 法律の解釈がとんちんかんなのと話が分かりにくいのが気になりましたが、役者さんの演技には満足です。ラブシーンも甘くてステキ。 -- 2011-08-20 (土) 22:33:34
  • 平川さんも千葉さんも遊佐さんも役者陣には全く問題ない。・・・というか、相変わらずの安定感。でも原作未読だからなのか理解出来ない部分が多すぎてそれが残念。当然、順録りじゃないのでしょうが、途中で感情や身体状態が突然変化したのか?と思うような声色の違いがあり、少々ずっこけてしまったところあった。 -- 2012-01-31 (火) 20:21:54
  • 原作未読。・・・原作がいつ執筆されたのか知りませんが、いくら公務員にもプライベートがあるって言っても強引すぎる。原作にはそこらへんの葛藤とか描かれているのだろうか?またユキと六条のHシーンですが、薬で朦朧としていたり身体的に異変があるにも関わらず途中で突然通常モードのような台詞まわしになるのが違和感があって感情移入しづらい。最初、息も絶え絶えって感じだったのにいきなり普通の言い方になってた。せっかくいいシーンなのに。勉強はできるのに浮世離れしてるのは勉強ばっかりしてきて社会人として未熟だからなのか。その点が気になりましたがそれ以外は概ね満足・・・かな。性格に問題はありそうだけど、平川さんの声であんな事言われたら死にそう。 -- 2012-02-02 (木) 06:57:28
  • 会話がちぐはぐすぎて編集間違えたのかな?と真剣に思った。平川さん、千葉さん、遊佐さんは完璧。 -- 2012-06-27 (水) 12:42:06
  • 噛み合ってない会話にやたら法律持ち出してむちゃくちゃな注釈つけるのが鼻につきます。素材は悪くないだけにもったいない。ソフトな口調と柔らかな雰囲気で腹黒な平川さんと男前な千葉さんのキャラはなかなか良くてキャスト買いならまぁありかな。しかし拉致監禁から受が急になよなよしはじめて男前なかんじが好みだっただけに残念。 -- 2012-07-09 (月) 21:54:08
  • 刑事物やヤクザもののBLファンタジー設定は多少ぶっとんでても気にしないたちなのですが、この作品はどうしてもそれを聞いてる側に気にさせてしまう中途半端さを感じます。2人の感情の変化もしっかりと描けてないし感情移入できません。基本的な設定や展開自体は悪くないと思うので多分セリフや脚本を少し変えただけでかなり良くなりそうなのに。。残念な作品。 -- 2014-09-27 (土) 19:52:34
  • 原作既読。原作はもう少しマシだったのに、あの原作をかい摘むとこうなるのか・・・脚本がよければもっとどうにかなったと思う。ソフトな王子様声でのドS腹黒な平川さん目当てで聞いたけど、リピするのはキツい。役者さんたちは完璧な演技をしている分、残念でしかたない。 -- 2014-11-12 (水) 00:13:40

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Edit