Top > 魔法使いと天使と悪魔 初回特典
HTML convert time to 0.004 sec.


魔法使いと天使と悪魔 初回特典

Last-modified: 2018-08-17 (金) 20:49:15

魔法使いと天使と悪魔 ~Two Choices of destiny~ 初回特典CD  Edit

  • 原作: Varenyett    原画: 西緒十琉? 魔法使いと天使と悪魔 ~Two Choices of destiny~
  • キャスト: 青葉七海? (ルシル)/ 京祭七日? (フロウ)/ 佐和真中? (ロベリア)/ 東雲りあ? (カルボー)/ 触尻自由? (フィロ・ソフィー(爺さん)/ [[]] (ストル)/ [[]] ()
  • 発売日: 18年06月29日→延期→18年07月27日→再延期→2018年08月31日→再再延期→2018年11月30日  5,400 円 ゲーム購入特典 非売品
    【ステラワース】特典: 録りおろしドラマCD 「次元クローゼット」 収録時間: --分--秒
    悪魔(ロベリア) 佐和真中?×青葉七海? (ルシル)
    【ホビガールズ】特典: 録り下ろしドラマCD 「ほしそらの誘惑」 収録時間: --分--秒
    天使(フロウ) 京祭七日?×青葉七海? (ルシル)
  • 発売元: ヴァレニエット Varenyett (win版)18禁 ダークファンタジーボーイズラブADV 魔法使いと天使と悪魔 ~Two Choices of destiny~
  • シナリオ: ゆきえゆた?西緒十琉?ちとせりま?逆亦重? 企画・原案・絵: 西緒十琉
  • ドラマCDシナリオ: 逆亦重? シナリオ監修: ゆきえゆた 企画・盤面イラスト: 西緒十琉
  • ステラワースステラセット特典: 6,156円 スペシャル特典小冊子(書き下ろしSS『まほうのくすり~ロベリア編~大嫌いと言いたくて』(ロベリア×ルシル):ゆきえゆた・西緒十琉描きおろしイラスト表紙)+A4クリアファイル(スペシャル特典小冊子描き下ろしイラスト絵柄)+早期予約特典ブロマイド(スペシャル特典小冊子描き下ろしイラスト絵柄)/ HBG特典: 西緒十琉版権イラスト(クールビー11月号(VOL.76)使用B6カード / Amazon特典: 書き下ろしSSペーパー『まほうのくすり~フロウ編~大好きとも言えなくて』(フロウ×ルシル・カルボー)トゥルー後のSS モノクロ A5 本文6頁小冊子 / シーガル・アリスネット特典: 書きおろしSSペーパー『恋する天使の甘い食卓』(フロウ×ルシル)トゥルー後のSS モノクロ A5 本文6頁小冊子 / とらのあな特典: 書きおろしSSペーパー『追憶のラブレター』(ロベリア×ルシル)トゥルー後のSS
  • 関連画像(Amazon.co.jp) BLゲームドラマCD
      公式サイトへ(18禁の場合が有りますご注意下さい)

感想 Edit

  • 「選択せよ」大魔法使いの祖父と、森の奥でひっそりと慎ましく暮らしていた魔法使いのルシル。ある日、魔法使い狩りに遭う。住んでいた森や庵を人間に焼かれ、傷を負い、祖父の最後の転送魔法で難を逃れた。転送先は住んでいた森から遠く、誰もいないどこか。冷たい雨が降りしきり、世界は灰色で、ルシルはぬかるんだ泥の中で死を待っていた。そこへ、二つのものが現れる。右手からは暖かで優しい光が。左手からは冷たく、しかし蠱惑的な闇が。その時、「選択せよ」という言葉が死にかけた魔法使いの頭の中に響いた。魔法使いは、どちらの手を取るのか。そして、彼に待ち受ける運命は―――
  • ステラワース特典次元クローゼット: 本編ゲームの序盤のお話。ルシルは、ロベリアに身体を貪られる日々に耐えかね、ロベリアから逃げるべくたまたま見つけたクローゼットに隠れました。しかしすぐ見つかってしまいクローゼットの中で身体を重ねることに。ふと、ロベリアが何かに気づきます。それは今まさに、二人が入っている「次元クローゼット」が稼動し始めた音でした。(Hシーンあり 立位 やや無理矢理)
  • ホビガールズ特典ほしそらの誘惑: トゥルーEND後のお話。ルシルの駆る箒に乗って、久々の星空デートを楽しむ二人。フロウが、とある可能性に気づきます。ルシルがなくした大切なものが、もしかしたら見つかるかもしれないというのです。フロウに指摘され、その可能性に気づかなかった自分の迂闊さに腹をたてるルシル。魔法を使い、なくしものを探すことにしたのですが…… (Hシーンあり 騎乗位 甘め)

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Edit