アバ茶をかけよう

Last-modified: 2021-02-21 (日) 21:45:12

概要

てらごやてぇそ。氏の―パッショーネ24時―の9に登場したブチャラティの台詞。

 

(動画内04:43)


 

護衛チーム一行はサルディニア島に上陸したが、そこで攻撃を受け崖の上にやって来た星のブチャラティと買い物ンチャ。
そこには不運な事故で瀕死の一般人(ど どこがだあッ!?)のリゾットが倒れていたのだが、怪我のせいで幻覚でも見てるのかブチャラティが話している途中に「くらえー!ア メ リ カ!」「メメタァ」「バッキバキ!(ワッキワキ?)」「ドグチアッ」等とうるさく煽ってきたためこの台詞を言った。
普段のトーンで喋ったため怒っているのか呆れているのか定かではないが、黙らせてやりたかったと思われる。

 

余談・元ネタについて

アバ茶とは、ジョルノが入団の際に出されたアバッキオの股間から出た黄金の(うわ。100%特製ドリンクの事。だがゴールド・エクスペリエンスで歯を吸水力の強いクラゲに変えた事で飲んでも喉を通らずに事なきを得た。
ちなみに、この時アバッキオはブチャラティの目を盗んでアバ茶を作っており、ブチャラティも「?」という表情をしていたので原作ではアバ茶の事を知らないはずである。
「黄金の旋風」ではこのやり取りはカットされている。
またアバ茶はファンがつけた俗称であり、ゲーム内にボイスは存在しない。「アバ」ッキオとナラン「チャ」を足したのだろう。

 

アメリカについてだが、リゾットの本来のスタンド名は「メタリカ」である。非常にグろしな能力を持っており、ゲームで彼の戦闘シーンが丸々カットされた原因とされている。
「メメタァ」「ドグチアッ」はジョジョ第1部の作中に出てくる擬音である。

 

関連用語

作品別/―パッショーネ24時―