クソミドリ

Last-modified: 2018-02-11 (日) 17:24:10

概要

元動画削除済みだが、再UPされた。非チートバグ動画からの用語。
所謂、画面やキャラクターがバグにより緑色になった状態の事を指すきれぼし用語である。

由来

元々は、おこわさんの「トゥルーラブストーリー2を実況させて頂く」における
『TLS2』先生キャラ・麻生優子の呼称。既婚者。

黄緑一色のレディースーツ黄色いスカーフ赤いリボン青いイヤリング
というどぎつい派手な格好で登場し、おこわさんを驚かせた。当時の視聴者側からも
「さやえんどうみたい」「つなぎかと思った」「何で室内なのにカッパ着てるの?」「まさかバグスーツ」
などと反応は様々だった。

 

彼女の担当科目は英語なので、主人公(プレイヤー)に対して不定期に英語の問題を出してくる。
パターンはさほど多くないが、何周プレイしても必ず何回か答えなければならず、
多少の煩わしさを感じたプレイヤーも少なからずいたことだろう。

 

そしておこわさんはというと、5周目にしてとうとう不満が爆発したのか、
「クソミドリが…」と思わず呟いてしまった。
それ以来麻生先生が現れる度に上記の単語がコメントされるようになったのである。

 

ちなみに、季節によってはピンク一色の服装で登場することもあり、
その際はクソピンクとコメントされる。ひどいよお

バグフロンティア7

第二章のダンジョン妙子の世界樹でフンババ?とともにユリーとイシルが相手にしていたボスキャラ。
一定ダメージを受けるとクソピンクに変化・発狂モードに入り、フンババの身代わり防御とともに
テストプレイヤーを見事にパターンに嵌めていた。

事例

以下にヒテッマンリスペクトにおけるクソミドリの事例を炎の紹介させて頂く。
下記動画以外のクソミドリについてはだれか かわってくんない

ゆっくりバグ実況

恐らくクソミドリという現象を最初にヒテッマンリスペクト界隈で強く印象付けたのがこの動画かと思われる。

「うる星やつら~ラムのウエディングベル~」OPシーンでのラムちゃんの色が全身緑色になってしまった。
即座にクソミドリコメントが飛び交い、ゆっくりも「宇宙人みたいになっちゃってる!」と驚きの反応であった。(ナメック星人?)

スーパーマリオBUG

邪猫氏謹製「スーパーマリオBUG」シリーズ内では、ルイージが登場する度にクソミドリと呼ばれていた。
この為、ヒテッマンリスペクト界隈では徐々にルイージ=クソミドリの式が成立しつつある様だ。

最終的なクリア回数は意外と少なかったが、常時壊滅状態かつ回を追う毎に鬼畜難易度となっていくこのシリーズにおいて、
ジャンプ力の高いルイージは影の貢献者とも言える活躍ぶりだろうと思う。
なので幾ら何でもクソ呼ばわりはどうなんだろうとは思うのだが、きれぼし脳なのでしかた無し。一文無し。

バグぬし 画像集

打撲氏謹製「バグぬし」シリーズの「バグぬし 画像集4」ではクロダイとのコラボレーションにしきうおが誕生した。

クロダイが緑一色となってしまい当然の如くクソミドリコメントが飛び交ったが、一部に「クソミダイ」なるコメントが発せられた。
恐らく「クソミドリ」+「クロダイ」=「クソミダイ」なのだろう。(うわ。

注意

語彙としては「クソ」+「ミドリ」というごく普通の言葉であるため、
どうやらニコ動で「クソミドリ」を検索するとヒテッマンリスペクト以外の動画も散見される模様。
それらの動画内ではヒテッマンリスペクト用語は絶対に使用しない事。尾崎先生との約束だぞ。
また、普通に蔑称であるためヒテッマンリスペクト動画においても度が過ぎる乱用はやめてね。
 
他にも、大川ぶくぶによる漫画『ポプテピピック』においても、「あー 一面のクソミドリ」という有名な台詞が存在する。
(他にも関連用語が出ていることからリスペクトである可能性は濃厚ではあるが…)
そのため、この単語が使われているからといってろくに確認もせずきれぼし脳だと決めつけるのは よくないよ そういうの

関連項目