ライーザ

Last-modified: 2017-08-31 (木) 18:49:10

概要

ロマンシング・サガ2のクラスの一つ「帝国軽装歩兵・女」の名前。
同クラスで最初に登場する人物であり、ジェラール単独行動の際に話しかけると技術の成長について教えてくれる。

ロマンシバグ・サガ2

pondo氏のロマンシバグ・性(サガ)2では、#3後半にアリアから皇位継承し、#4まで在位した。
元動画は削除されている。
七英雄との戦いの歴史における、人間としては唯一の女性皇帝*1だが、彼女の皇帝としての人生は苦難の連続であった。

 

#3

即位後、男性キャラばかりを集めて逆ハーレムパーティを組むが、
いきなり叫び出すような何かを飲まされたり、目の前で居眠りされたりなど、早々に人望の無さを露呈してしまい、
武器開発を依頼すれば錆びた剣を押し付けられたりと散々な目に遭う
(ちなみに開発費の40万クラウンは技師の家を建てる為に横領されたらしい)。
しっかりジェラールから人望のないところを継承したようだ。
尚、仲間のオライオンがぶんれいしていたようにも思えるが多分気のせいだろう。

 

それでもめげずに冒険に出発し、ティファ格闘町を荒らす危険集団に協力。
人望の無いライーザは部下たちに見放されながらも、格闘家のメンツを立てる為に頑張って戦うのだった。ぼっち……か。
ちなみに中ボスの分解にトドメを刺したのは兄さんの流し斬りによる超回復であった。うーん、流し斬りは いいぞ。

 

#4

早々に窓際でも寝られると言う特技を披露。鳥皇帝の能力もちゃんと継承していたようだ。
シーフのキャットを捕まえようとするも、何故か二人で仲良くクイズを楽しみ、
更には「一休みしう」「相手はこっちゅよ!」と言った舌足らずなかわいさで人気を集めて行った。

 

だがそんな調子は長続きせず、シーフのアジトにて現れたタコ違いのスービエ、及び仲間達の裏切りに襲われ、
いざ運河要塞攻略に乗り出せば野生のクジンシーに襲われるなどとにかく不幸に見舞われ、
挙句の果てにボスの「不作99」との戦いでは仲間達にまたしても裏切られ、タコ殴りにされて倒されてしまう。
…にも関わらず運河要塞の解放は成し遂げた。わからん!さっぱり、わからん!
その過程で、アバロンの領有を主張する人物
追いかける際に、後世まで役に立つ壁抜けスキルを習得した。

 

その後皇帝の座は、「結晶が剣の形を」皇帝ウルバン(外見はどう見てもクジンシー)を経て、
格闘家皇帝フリッツへ継承された。

 

仲間に幾度と無く裏切られ、苦労に苦労を重ねながらも頑張るその健気さ、
それに舌足らずな喋り方が相まって、後世の視聴者歴史家からは「可愛い」という評価もされている。

最終回 後編

帝国の年表には「ヴィクトール裁判にかける」などと記録されていた。
この時点ではまだ財政事情に負けていないので、どのような裁判だったのかは不明。
皇帝を裏切って甚振った罪を問われたとも考えられるが、それなら他の仲間達の方が真っ先に裁かれるべきだろう。

関連項目

アーバロン、わーしーの~~
相手はこっちゅよ!
いらっ
出撃だ!!出撃だ!!
ティファ格闘
バイバイお
不作99
ワグナスックブーケ


*1 人外では他にコッペリアが存在する。