Top > コッペリア


コッペリア

Last-modified: 2019-09-19 (木) 03:07:33

概要 Edit

ロマンシング・サガ2の登場人物(?)。天才発明家ヒラガが開発した自動人形である。
口が悪く、命令も聞かない為に行動の指定も出来ないキャラだが、条件を満たせば本物の命と自我を得て帝位を継承する事が出来る。
退位後、役目を終えたコッペリアは機能を停止し、倉庫の片隅で帝国の行く末を見守る事になる。
女性型だが、当時の公式イラストではお世辞にも可愛いとは言えない妙ちきりんな姿で描かれていた。
対してエンペラーズ・サガやインペリアル・サガなど後年の作品では美少女型に描かれる事が多い。いいぞ。

ロマンシバグ・性(サガ)2 Edit

pondo氏のロマンシバグ・性(サガ)2 ではパーティーメンバーとして#18から参戦し、

#20にメ!道帝としてから皇位継承し、#21まで在位した。
クラスは「人形」のはずだが、何故か即位時には「防形」になってしまっている。
元動画は現存しないが、以下にその生涯と業績を記す。

軌跡 Edit

#17 Edit

初登場はこの回。ヒラガ0世曰く、ハロルド先王の御遺志に逆らう所業の下、実現したヒラガ家の夢らしい。
しかしヒラガの話を聞き終わったガマ皇帝が振り返るとコッペリアは いなかった!
その後、作り直したのか再登場したのはいいものの、起動用のカギが必要だった上、
チカパ山の向こうに人形の町があるという嘘を伝えるなどこれからを不安視させる様であった。

 

#18 Edit

死んだセキシュウサイの代役として仲間に加わるが、
何故かサバンナの卵のからとアクア湖の水を欲しがっていた。動力かミ
しかも「手間になってやるからありがたく思え。」という台詞を吐き、公式以上の口の悪さを発揮する。

 

#20 Edit

皇帝を騙して帝位を継承したコッペリアはドヤ顔でスペシャルスカイドライブをヒラガに決める。
本人曰く皇帝の酒、皇帝液、リラックスハーブを受け継いで本当の命を得たらしい。わかるかぁっ!!
驚いたヒラガは錯乱のあまり龍の穴を称え始めるのであった。
その後、何故か継承がやり直しにになり、晴れて継承を完了したと思いきや、いきなりヒラガ暗殺を決行。
しかし失敗し、ヒラガの館から出られなくされてしまった。つみです
次の三度目の継承でようやく皇帝になれたコッペリアだが、あろうことかトーマ21世を名乗るのであった。
その後、龍の穴で格闘家の皮を被った本の虫に襲われるトラブルはあったものの、
なんとかアバロン宮殿に到着。ネレイド、サラマンダー、イーリス、モールによる
人外パーティを組み、のんびり石鉱山「宝石王 正子」に向かう。
御足防具、名刀御大剣をどうだ!と自慢する「不富94」を追い払い、ド力を吸い取る石を破壊した。
そのままテレサを経由して砂漠に向かい、追跡劇の末に高速移動湖に進入。
の名前を忘れたノエル、改め「先だけでこっち」を珍しく正攻法で撃破する。

 

#21 Edit

南ロンギット海でくそが発生しているという報告を受けた後、
ワイているワイロマンシング暇で遭遇した海の主と、ハクロ城にて会話。
海の主の娘はシャールカーンと言う名前らしい。実はデザートガードが娘なのだろうか?←ふざけてんだべ?
トバ港木 久子で海女のナタリーからくそ大嵐の源の情報を得たが、勧誘した途端に「出てけよ」と悪態を吐かれた。
いくら人形皇帝で人外PTだからって…。
ともかく沈没船の眠る「沈没力アップ」へ向かう(ちなみに嵐の中心はネラック城の辺りとの事)。
しかしここで奇形のまろうじんと化し、初代ドラクエの如きカニ歩きになり、
ついには骨審判を誤って殺害してしまうという、沈没力が上がる恐怖を思い知るコッペリアであった。
それでもなんとかギャロンユり人魚「カボ帝」を倒す…
と見せかけてネレイドのペルーサを皆でイジメてスービエに打撃を与えた。ないわー

 

その後皇帝の座は、最終皇帝すたゃたゃたゃへ継承された。

 

最終回 後編 Edit

帝国の年表で「アバロン新市街撃破」「さまよえる湖にて大爆発」などと記録されていた。
まさかの壮絶な最期だったようだ。

部下 Edit

  • タンボラ
    クラスはミラマーゼミサラマンダー。
  • チェルノ
    クラスはモール。
    骨審判を一度殺害した犯人はこやつである。そんなんだからモール族は敬礼されないのだ。
  • ペルーサ
    クラスはネレイド。
    何故か敵味方問わずよく甚振られる。色男襲われたりと、ネレイド族は何かと損な役回りのようだ。
  • クラウディア
    クラスはイーリス。
    なぜかよく矢と一緒に自分も飛んでいく。どこ行くねーん。

以下のメンバーに加え自身も人形である為、人っ子1人居ない人外パーティーである。
ロマサガ2ファンなら1度は考えたパーティー編成が、ここに実現されたのである(大袈裟)。

バグンシング サガ2 Edit

Tony Momo氏のバグンシング サガ2ではかなり早い時期から登場。

Part3 Edit

ヘクターの口車に乗せられたジェラールに皇位を押し付けられる形で即位させられてしまう。はやいよお
即位直後にロックブーケに襲われるも、速やかに逃走して難を逃れる。立て続けに七英雄三人に襲撃されるとか、大丈夫か…?この帝国。

家族の仇討ちも皇帝の責務もほっぽり出してトンズラしたジェラールに変わってクジンシーに挑むが、
ダンターグの住処や浮遊城に飛ばされた挙句、人魚の姿にされてしまう。
浮遊城から降りられなくなり、流れでワグナスに挑むも当然ながら勝てるはずもなくサイコバインドであっさり全滅(まるで学食だわ)
しかし紳士なワグナスに地上に送り届けてもらい、色々となかったことに しなんと、ソーモンに舞い戻り、
背後からクジンシーを襲って戦わずしててんか むてきの だいしょうりを収めた。
人魚姿から元に戻る事は無かったが、「にんぎょう」から一文字抜けば「にんぎょ」になるからまあまあ よかろう(←ど どこがだあッ!?

Part4 Edit

まだ人魚から戻れていない。こっちの方が可愛いからいいけど

門番兵士の武装商船団ごっこに付き合った後は(←ちがう!もっと真剣になるのだ!)、
夜の市街地でキャットとクイズで遊ぶというかつてのライーザ皇帝を彷彿させる姿を見せた。彼女のように舌足らずではなかったが。
しかしライーザ同様にキャットの手引きで運河要塞に潜入するも、
適当な目印に振り回されて部屋に閉じ込められてしまう(よくもわしを、だましおったな~っ!!
その後、あろうことか骨審判のポジションを奪い取ったボスの「ピむピむ」と対決し、割と普通に戦ってこれを撃破した。
尚、この戦闘中はパーティーキャラがいつもより多く回っております。

Part5 Edit

門番兵士や大臣に弄られながらもカンバーランドへの進出を開始。
ムチャクチャな事を言いながら勝手に船に乗り込んでバグの果てで詰んだりと、ちょっとガタが来ている様子を伺わせる。

ダグラスでは食事を出してもらえなかったらしく、翌朝はベッドの中で空腹を嘆いていた。かわ いいぞ。
その後の内乱ではトーマに襲われたり、ソフィアは相変わらず錯乱していたりと苦労は続くが、
なんとか黒幕のサイフリートを倒して事態を収束。
事件後、なんとセキシュウサイの孫であった事をカミングアウトした。ヒラガに作られたんじゃないんか…。
また、せっかくの締めのシーンで「もちろっ!」と噛んでしまう失態を犯すのだった。もう倉庫にいって ろ。
この後、覚みな殺しにする皇帝「せいいき」を経てビーバーに皇位は継承された。

Part6 Edit

ビーバー皇帝の時代では既にコッペリアは機能を停止しており、壊れた人形として倉庫に保管されていた。

しかし調べた際に流れ出した名曲「涙を拭いて」がイルーム化しており、
感動がぶち壊しにされてしまった。やっぱり壊れている‥‥

Part18 Edit

ドワイト皇帝時代にて、マーらの町に突如出現。コッペリアのマーら…ふたなりかミ?(←ふざけてんだべ?

勿論、正しくは人魚伝説のあるマーメイドの町だが、まだ一文字抜いて「にんぎょ」のネタを引き摺っているのか…。
いきなりなればわかるよ。と説きながらドワイトに襲い掛かったと思ったら、

に入った下に入った

と発言。もしかしてドワイトのマーらがコッペリアの下に入### この記述 荒らす龍の穴 ###
ドワイトもノエルのように「先だけでこっち」か(うわ。
その後は急にノエルの部下のように振る舞い始め、また例の台詞を言うかと思いきや、

・・・・まさか こう

と言い掛けた所で暗転。あれ テイデンかミ
「こう」の後に何を言おうとしたのか?普通に「こうてい」と言おうとしただけなら暗転するはずもない。
とすると………ま、まさか!

 

こうはいしたいだってぇ~~~~~~!?(←やめてね。

Part26(終) Edit

エンディングの年表では「人皇帝」と称されていた。人になれたのか…。

「ヴィクトール運河奪回」はフツウだが、翌年の偉業は「ぜぜぜぜぜぜぜぜぜぜ沈」であった。
わかるかぁっ!!

関連項目 Edit

敬礼ッター
高速移動湖
宝石王 正子
本の虫
名刀御大剣
ワイロマンシング暇