Semi-Automatic Shotgun

Last-modified: 2021-03-16 (火) 21:46:43

概要

その特徴的なレシーバーの形から「ハンプバック(曲がった背中)」の愛称で呼ばれるセミオートショットガンで、自動砲などでより一般に使用されるロングリコイル機構が使われている。

1898年にアメリカで設計され、セミオートショットガンとしては世界で初めて大量生産された。アメリカとベルギーでモデルが生産され、第一次世界大戦でも塹壕での掃討戦用として、より古くからあるポンプアクション式ショットガンと並んで使用された。信頼性の高い頑丈な造りで、1902年から2000年に至るまで生産され続け、世界中の軍隊や警察、射撃スポーツなどで使用され続けてきた。

ゲーム内での扱い