Top > スマブラ個人小説 > 亜空ストーリー創作(旧) > オリジナル


スマブラ個人小説/亜空ストーリー創作(旧)/オリジナル

Last-modified: 2017-03-20 (月) 14:38:51
目次

注意

スマブラXがもう少し遅くに出てたら、ていうキャラでもOKです。

初めに

こちらのコーナーは脱落キャラクターが亜空の使者に出て来たらどうなるのか?マリオ達の味方なのか、亜空軍の一員なのかと言うのを創作していくコーナーです
ルール:トゥーンリンク、ウルフ、プリンのような登場だけは面白みがないので禁止致します
このコーナーに書いていいキャラクターは既に他の脱落キャラクターに記載されているキャラクターのみに限定させていただきます
必要ない、既存の脱落キャラクターに書けばいいと言う意見があるかもしれませんが、脱落キャラクターがかなり長くなると思いますので新たに製作しました

オリジナルキャラクター

大型暗黒からくりメカダークインパクト

アニメがんばれゴエモンのドクタームダナシにより、生み出された悪のゴエモンインパクト。
がんばれゴエモンのゴエモンインパクトが闇堕ちしたような外見をしている。
ロックマンシリーズのDr.ワイリーが操縦する。
仮面ライダーブレイザーこと野原しんのすけに襲い掛かる。

永沢君男/ブラッティ・永沢

貧乏な生活とまる子達との学校生活に嫌気を刺し、家出をした永沢が邪悪連合によって悪の幹部として改造された姿。
邪悪連合を脱退し、狂気邪道師ミッキーマウスと共謀してベリアル軍とグルとなる。
じーさん「たっ、大変じゃ!永沢の奴がベリアル軍と共謀することになったらしいぞ!」
マリオ「えぇええええ!?」
リンク「永沢って確かちびまる子ちゃんに出てくるあの玉葱頭?」
じーさん「奴は今頃、まる子達のクラスの家を放火させて、清水市を火の海にするらしいんじゃ!」
じーさんからの情報を得た正義のファイター達は清水市に向かうが既に遅くまる子達の町は永沢によって火の海になっていた・・・。
実は正義のファイター達を誘き寄せる罠で、永沢とミッキーマウスはベリアル軍と共謀して、多次元世界侵略計画を実行しようとしていた。
ベリアル「頼むぜ永沢とミッキーマウス。」
ミッキーマウス「ハハッ、汚い世界を真っ先に破壊してやるよ!」

極悪池沼軍団

どっかの精神病院から脱走したとされる凶悪な池沼軍団。
亜空軍を追跡するマリオ達とバンブルビーとアイアンハイドの前にチェーンソーやガスバーナー等の凶器を持って現れる。
ちなみに極悪池沼軍団はヴィランやザキラ軍、ベリアル軍や暗黒連合の雑魚敵として登場する。

ヒーローマン/ブラックヒーローマン

ヒーローマンが亜空軍に改造され、悪の兵器にされた姿。
ヒーローマンが真っ黒になったような外見をしている。
ジョーイとリナとサイと戦い、敗北し、その後、オヤ・マー博士の発明品で元に戻り、ジョーイの元に戻った。

ユリカード

藤堂ユリカとアーカードがオヤ・マー博士の発明品の合体マシーンで合体した姿。
藤堂ユリカの髪の右半分がアーカードと同じく黒になっているのが特徴。
拘束制御術式の封印解除や、黒犬獣、.454カスールカスタムオートマチックとジャッカルを使用する。

プププダイオー

カービィとリックとクーとナゴとチュチュ扮するデデププのプププレンジャーが操縦する巨大ロボで、ププウォリアーは胴体に、ププファイターは両足に、ププタンクは右腕に、ププドリルは左腕に、ププダンプは腰に変形し、ププウォリアーが変形した胴体から星形の頭が出て、それらが変形合体して誕生する。
エスカルゴンが亜空軍や、暗黒連合、ヴィランに対抗するために開発した。
ヴィランとして洗脳され、Dr.マシリトに巨大化させられた先導エミと飛田マイや、ドン・モジャールの乗るラブリーモモちゃん号と戦った。

Яばいきんまん

ばいきんまんがリンクジョーカーの力を手にし、リバースファイターになった物。
目元に血涙のような紋様が付いている。
マリオとルイージとフームとブンと交戦する。

グロース星二代目司令官カオスゴーネ

ジャンボーグ9に倒されたデモンゴーネのグロース星司令官に引き継ぐデモンゴーネの弟でダークゴーネの親戚のグロース星人。
暗黒連合の幹部になり、亜空軍の奴隷をDセキュアによって増やそうとするが、ペポポ戦隊プププレンジャーに邪魔され、そのまま巨大化し、ペポポ戦隊プププレンジャーの乗るプププダイオーと戦う。
プププダイオーに一時、倒されそうになるがガルバトロンに救出されその後、暗黒連合を裏切りディセプティコンの仲間になる。
ディセプティコンがガリアンティス帝国の下部組織になった後に自身もガリアンティス帝国の一員になる。

フィンディッシュタイプビーストイズマエルグローラー

邪悪連合によって残されたアンノウンハンドの力で強化再生されたイズマエル。
ドクロベエに操られ、暴れ回るも兆人ショウゲキゴウライガンとプププダイオーとゴエモンインパクトに敗れる。
その後は召喚マシーンで復活し、センターシティで暴れまわるが、プププダイオー(スーパーモード)とイグザードバルキリーとB01メカブトンゴッドに敗れる。
その後はドクトル・ザンガの作った召喚マシーンで再び復活し、その後はキレイスの部下になる。

ЯチームQ4

Dセキュアされ、亜空軍の奴隷になったチームQ4がリバースファイターになった姿。
特に櫂トシキと葛木カムイがリバースファイターになるのは二回目で、先導アイチと戸倉ミサキがリバースファイターになるのは初めてである。
暗黒連合の首領になったマクアムーゲに対する忠誠心が強い。
また、聖闘士星矢Ωのパラサイト四天王の様な鎧を着た戦闘形態に変身も可能。
マリオとルイージとペポポ戦隊プププレンジャーとプププダイオーと交戦する。
また、DG細胞を移植され、DGソルジャーになり、パワーアップする。

Я先導エミ(スクラッグ兵)

先導エミが亜空軍と暗黒連合にリバースファイターにされ、さらにスクラッグの細胞を埋め込まれ、スクラッグ兵にされた姿。
外見はスクラッグ兵になったウィルに近くなっている。
武器はウィルと同様、ナギナタ。
同じく亜空軍と暗黒連合にリバースファイターにされ、さらにスクラッグの細胞を埋め込まれ、スクラッグ兵にされた飛田マイと共にフームとブンとクリストファー・ソーンダイクとプププレンジャーとゴウとライとゲキとショウとガンとリンとジンに襲い掛かるもD-フォンでイーグルバスターにあったアキラとD-フォンでマジジャンマスターになったヒカルとD-フォンでコンバットソルジャーになったクリスとD-フォンでインクレディブルシュタイナーになったエドワードとD-フォンでキャッシーになったジェシカに敗れ、逃走し、その後、キノコ王国で飛田マイと共に巨大化し、プププダイオーとゴージャスインパクトと兆人ショウゲキゴウライガンと戦うも敗れ、飛田マイ共々リバースファイターから元に戻り、さらにエスカルゴンの発明品で飛田マイ共々スクラッグ兵から人間に戻る。
だが、F-ZERO GXのデスボーンの手により、飛田マイ共々再びリバースファイターになってしまう(しかも今度は人間のまんま)

Я先導エミ&Я飛田マイ

リバースファイター兼スクラッグ兵から人間に戻った先導エミと飛田マイがF-ZERO GXのデスボーンの手により、人間のまんま再びリバースファイターになった姿。
戦闘力がスクラッグ兵の時より高くなっている。
二丁拳銃と剣と緑色のレーザースティックと赤色のレーザーナイフが武器。
また、聖闘士星矢Ωのパラサイトの様な鎧を着た戦闘形態に変身もビームを放つことも巨大化することも巨大な怪物に変身することも可能。
D-フォンでイーグルバスターにあったアキラとD-フォンでマジジャンマスターになったヒカルとD-フォンでコンバットソルジャーになったクリスとD-フォンでインクレディブルシュタイナーになったエドワードとD-フォンでキャッシーになったジェシカと戦った。
センターシティで暴れていたライフル銃の男と召使いを命乞いむなしく惨殺し、そのバラバラ死体を海に捨てた。
仮面ライダーカオスとザイラルスと戦う。
また、Я先導エミはシャドーカービィに致命傷を負わせる。
Я先導エミとЯ飛田マイは最後、エミマイーアЯのまま、ガルシオンとの戦いに敗れ、テイルスとアカツキ博士が作った解毒剤でDG細胞を浄化され、さらにリンクジョーカーの力をも浄化され、元に戻る。
その後、ドクトル・ザンガにより、先導エミと飛田マイのコピー人間の二人をリバースファイターにしたЯ先導エミとЯ飛田マイのコピーが新たに作られることになる・・・・・。

エミマイーアЯ

Я先導エミとЯ飛田マイがリンクジョーカーの力で合体変身し、巨大化した姿。
人魚にドラゴンの角と羽が生えたような姿をしており、人魚の額に右がЯ先導エミの顔、左がЯ飛田マイの顔という半分ずつになった顔が着いたような外見をしている。
また、自分の意志で合体の解除も可能。
キノコ王国で暴れまわり、ガルシオンと戦う。
最後はDGソルジャーになったまま、ガルシオンと戦うも、敗れ、その後はテイルスがアカツキ博士と協力して作った解毒剤により、DG細胞を浄化され、その後は元に戻る。

Яヒルデガーン

ヒルデガーンが暗黒連合の首領になったマクアムーゲにリンクジョーカーの力で強化された姿。
ヒルデガーンの完全体の背中と両手足に赤黒いリングを纏ったような外見をしている。
デスボーン(F-ZERO GX)に操られ、しんのすけと和解したクライムファイター達や、正義の集団、プププレンジャー、ベルメルズ等と戦う。
一度はラムレザルスとゴーデラス共々ガルシオンとプププダイオーと兆人ショウゲキゴウライガンに倒されるが、再び召喚マシーンで復活。
この時はマクアムーゲにリンクジョーカーの力で強化された姿のまんまだった。

イーグルバスター

属性:テック
ディスク・ウォーズ:アベンジャーズのアカツキ・アキラが携帯型変身アイテム、D-フォンで変身するヒーロー。
パワー、スピードのバランスに優れた格闘タイプのアーマー。両手首は「イーグルソード」という剣が装備されており、アイアンマンと同じ、胸から超破壊光線「アルティメット・ユニビーム」を発射でき、光波バリアーを張ることも出来る。必殺技はイーグルソードを伸ばし、炎エネルギーで切り裂く「ファイヤーイーグルスラッシュ」。
バーニングモード時の必殺技は炎を纏った体当たり「バーニングファイアークラッシュ」。
D-フォンでマジジャンマスターになったヒカルとD-フォンでコンバットソルジャーになったクリスとD-フォンでインクレディブルシュタイナーになったエドワードとD-フォンでキャッシーになったジェシカと共にЯチームQ4と戦った。
一度ネガティブエネルギー経験者破壊用ウイルスの力をインストールされた陰人ザンとネガティブエネルギー経験者破壊用ウイルスの力をインストールされたアクダーマとの戦いでネガティブエネルギー経験者破壊用ウイルスの毒が回り、倒れたが、ネガティブエネルギー経験者破壊用ウイルスが自身の体に逆の作用をした時にパワーアップし、復活する。
マガジエンドラと稗田八方斎との戦いで深手を負う。

マジジャンマスター

属性:エナジー
ディスク・ウォーズ:アベンジャーズのアカツキ・ヒカルがD-フォンで変身するヒーロー。
ソーに似たアーマースーツ。
全ての魔力を持つマジシャンヒーロー。空中能力、水中能力、バリアー、
テレポートも可能。
使用する能力はマンダリンと同じ、トルネード、フレイムブラスト、エレクトロブラスト、インパクトビーム、アイスブラスト、イゾルブビームも出す。
必殺技は自らの全身を光の砲弾と化して敵を貫く「プロミネンスアタック」と
全身から強力な閃光状の光線を放つ「プロミネンスフラッシュ」。
フリーザの兄、クウラ率いる戦闘獣軍団と仮面ライダー5号と戦った。

コンバットソルジャー

属性ファイト
ディスク・ウォーズ:アベンジャーズのクリス・テイラーがD-フォンで変身するヒーロー。
キャプテンアメリカに似たプロテクトアーマースーツ。
キャプテンアメリカと同じ円形のシールドを装備しており、このシールドも、防御用として使用する他、フリスビーみたいに投擲武器としても使用される。
モードチェンジは不明。

インクレディブルシュタイナー

属性パワー
ディスク・ウォーズ:アベンジャーズのエドワード・グラントがD-フォンで変身するヒーロー。
ハルクに似たアーマースーツ。
ハルクに四敵する程パワーと耐久力を強化するようにエドが考えたアーマー。
必殺技は腕が変形して拳を放ち、粉砕する「ガンマクラッシャーパンチ」

キャッシー

属性 アニマル
ディスク・ウォーズ:アベンジャーズのジェシカ・シャノンがD-フォンで変身するヒーロー。
ワーキャット風スーツ
スーツの色はイエローとピンク、暗視万能ゴーグルを装備する。
必殺技は相手をメロメロにする「キャッシーパンチ」と「キャッシーキック」

スカイエース

属性 テック
科学者になるためにアメリカの学校に入学した日本人の女子高生、アマノ・アマネがD-フォンで変身するヒーロー。
年齢は16歳。
アマノ・アマネは有名な科学者だった両親を不慮の事故で亡くして以来、叔母に育てられてきたが
両親を超える立派な科学者にならなくてはと思い、幼い頃から勉強に励み、15歳の時に愛犬のラテと共にアメリカに移住し、アメリカの学校に入学した。
自分でヒーローに変身できるアイテムを開発できるほどの頭脳の持ち主で、そのおかげで大学に進級できた。
普段はおてんばで負けず嫌いな性格だが、根は仲間を誰よりも大切にするとても優しい性格。ローラースケートが趣味で、長年やっていたためか、
とんでもテクニックを身に付けてしまった。発明をする際は、「アマノ・アマネ、ミラクルサイエンスターイム!!」と叫ぶ。
スカイエースに変身すると、スピードを生かした攻撃を得意とする。
腕に装着したコマンドボタンを入力することで、様々なモードに切り替えることができる。
使用技はスカイ・ブーメラン。
正義の集団や、ベルメルズ、プププレンジャー、アカツキ・アキラ達に協力する。
シーダに合体変身したシラリーとコダラーに破壊されたプププダイオーの左腕を修理する。
一度ネガティブエネルギー経験者破壊用ウイルスの力をインストールされた仮面ライダーカラミティのカラミティ・スネークインフェルノキックとネガティブエネルギー経験者破壊用ウイルスの力をインストールされた仮面ライダーサリスのサリス・バードインフェルノキックを喰らい、ネガティブエネルギー経験者破壊用ウイルスの毒が回り、倒れたが、ネガティブエネルギー経験者破壊用ウイルスが自身の体に逆の作用をした時にパワーアップし、復活する。

ロックンジョー

属性:ファイト
アカツキ・アキラと同い年で、アキラのライバルになる少年、ケビン・ジョーンズがD-フォンとD-カードで変身するヒーロー。
ケビン・ジョーンズはクリス・テイラーと同じアメリカ出身。イメージカラーは白黒(特に白が多め)。
過去に、人気ロックバンドのボーカルだった姉を不慮の事故で失うという悲しい過去を持つ。
エレキギターを弾き始めたのは、亡き姉がが勧めてくれたのがきっかけで、
そのおかげでエレキギターをすっかり使いこなせるようになった。
ロックンジョー変身した時は、エレキギターを武器にして戦っている。
正義の集団や、ベルメルズ、プププレンジャー、アカツキ・アキラ達に協力する。
また、ノハーラロイドと戦う。

ファイヤーライド

属性:テック
本名はアラシマ・トウシ
S.H.I.E.L.D.所属の9人の新米ヒーロー部隊。「newレボリューションズ」一員
元々は日本の高校生で変身アイテムのファイヤーフォンは科学者の父からもらった物。ある日銀行強盗をファイヤーライドに変身して捕まえた所をS.H.I.E.L.D.の戦闘指揮官ギム・グライロスことグリフォルスにスカウトされた。
正義の集団や、ベルメルズ、プププレンジャー、アカツキ・アキラ達に協力する。
また、ノハーラロイドと戦う。

グリフォルス

属性:アニマル
S.H.I.E.L.D.の戦闘指揮官ギム・グライロスが変身するヒーロー
伝説獣グリフォンをモチーフにした外見をしている。
世界中を周り、ファイヤーライドを含む新米ヒーロー部隊「newレボリューションズ」を結成し、自らその隊長となった。同じ戦闘指揮官のガルロ・フィルベンドがいるが彼を凄く嫌っている。
正義の集団や、ベルメルズ、プププレンジャー、アカツキ・アキラ達に協力する。
また、ノハーラロイドと戦う。

ガルロ・フィルベンド

ギム・グライロスことグリフォルスと同じ戦闘指揮官だが、極度に軍事主義者でその考え方も自分本位で、暴行、暴言、傲慢、強欲など平均で行う。またアイアンマンのようなヒーロー達も自身の主席や主義の邪魔になる害虫として嫌っている。
だが、最後は激怒してバーサーカーモードになったマミアーラこと松神月子に自分の兵士達共々惨殺され、そのバラバラ死体は海に捨てられた。

宇宙戦闘大怪獣ゴーネザウルス

カオスゴーネが怪獣に変身した姿で西洋のドラゴンみたいな怪獣。
口から破壊光線をだし腹の目からサイコキネシスとゴーネブラスターを撃つ。
また、鎌攻撃が得意。
リンクジョーカーの力を取り込み、プププダイオーと戦う。

ゴゴールベビー

HEROMANのゴゴールがツフル人のベビーに寄生された姿。
気爆破と連続エネルギー弾、眼部からの閃光とリベンジデスボールで敵を攻撃する。
巨大化し、プププダイオーとヒーローマンと戦った。

破壊神ドーマムゥ

ドーマムゥがドクター・ゲロが人工的に作ったパワーストーン(光人ゴウがリンを救うために使った物に似た)の力で破壊神に変身した姿。
全身が禍々しくなっている。
何度もプププレンジャーや、正義の集団、ベルメルズ等と戦う。

アイアン稗田八方斎

稗田八方斎がエスカルゴンが作ったアイアンマンの物に似たアーマーを盗み、装着した姿。
装着したアーマーに特殊な力があるため、稗田八方斎がその力で8頭身になっている。
幻術だけでなく、ミサイルとリパルサーで敵を攻撃する。
アカツキ・アキラがD-フォンで変身したイーグルバスターにアルティメット・ユニビームでアーマーを破壊され、8頭身から元に戻る。

ブレンナイト

ソニックxのクリストファー・ソーンダイクがブレンブレスで変身したダークヒーロー。
牙狼を黒くしたような外見をしている。
武器は狼の顔の形をした愛用の剣「ブレンブレード」。
ブレンブレードを構えた状態で回転ジャンプしながら相手を斬り裂く「黒の一撃」などの必殺技を繰り出す。
プププレンジャーと合流し、稗田八方斎率いる亜空軍の一味や、ドーマムゥ、ばいきんまんと戦った。

グレンナイト

ソニックxのクリストファー・ソーンダイクがブレンブレスで変身するダークヒーローのブレンナイトのマシンのギガナイトとブレンマックスが合体した姿。
重装甲でパワーもアップし格闘戦でその能力を発揮する。
巨大な槍のグレンランスを使ったファイナルグラビトンが必殺技。
また、大型砲グレンバスターに変形が可能。
亜空軍や、暗黒連合、ヴィラン、ヒドラ、ザキラ軍と戦った。

暗黒騎士ブラック校長

でんぢゃらすじーさんの校長がクロス・ボーンズと稗田八方斎に捕まり、その後暗黒連合によって暗黒の騎士にされた姿。
でんぢゃらすじーさんの大長編に登場したブラック校長とは違い、完全なパワーアップを果たしており、じーさんを圧倒するほど強い。
だが最期は光人ゴウとプププレンジャーのププレッド(カービィ)に敗れ、元に戻る。

たこやきダイオー

たこやきマントマンが乗り込む巨大ロボで、5体のたこやきマシーンのレッド機が頭と胴体、ブルー機が右足に、グリーン機が左足に、イエロー機が右腕に、ピンク機が左腕に変形し、合体することで誕生する。
エスカルゴンが亜空軍や、暗黒連合、ヴィランに対抗するために開発した。
プププダイオーと兆人ショウゲキゴウライガンと共にロキの操る巨大ロボや、稗田八方斎が変身した暗黒八方斎将軍と戦った。

松本シスターロボ

うちの3姉妹のフーとスーとチーの乗る巨大ロボで、3体の松本マシーンのフー機が頭と胴体に、スー機が両腕に、チー機が両足に変形し、合体することで誕生する。
でんぢゃらすじーさんのじーさんが亜空軍や、暗黒連合、ヴィランに対抗するために開発した。
プププダイオーと兆人ショウゲキゴウライガンとたこやきダイオーとゴッドケロンと共にロキの操る巨大ロボや、稗田八方斎が変身した暗黒八方斎将軍と戦った。
後に人工知能が付くようになった。

イグザードバルキリー

マクロスシリーズのバルキリーをベースに正義の集団のメンバーであるエスカルゴン、アカツキ(MARVEL)…他多数のメンバーが改造した巨大ロボ。パイロットは千斗いすず、トランスレーターは杉波斑鳩、ドラえもん、ドラミちゃんの3人が担当。バトロイドモードにおける頭部のタイプは勇者シリーズにそっくり。
プププダイオー等がピンチの時に出動する。

暗黒八方斎将軍

稗田八方斎が亜空軍の装置を使って変身した姿。
マジンカイザーの暗黒大将軍の腹部の顔が稗田八方斎というおかしな姿をしている(声優ネタで)。
超破壊光線と目からビームと竜巻とダークサーベルで敵を攻撃する。
だが、変身していられる時間は4分間が限られている。
たこやきマントマンの乗るたこやきダイオーや、プププレンジャーの乗るプププダイオーとゴウとライとゲキとショウとガンとリンとジンの乗る兆人ショウゲキゴウライガンとケロロ小隊の乗るゴッドケロンとうちの3姉妹のフーとスーとチーの乗る松本シスターロボとベルメルズの乗るガルシオンと戦う。

暗黒竹高八方斎将軍

木野小次郎竹高と稗田八方斎がディメンションスフィアの力で合体変身した姿。
真マジンガーの暗黒大将軍の顔が木野小次郎竹高で、腹部の顔が稗田八方斎というおかしな姿をしている。
稗田八方斎が暗黒八方斎将軍になった時とは違い、制限時間は無くなっている。
ディメンションスフィアの力で強くなっており、ガルシオンとマジンカイザーと真ゲッターロボを圧倒する。

デッドゴ―ネ

グロース星人の頂点に立つ最強最悪のグロース星人でデモンゴーネも彼の右腕と呼ばれていた程だがグロース星が滅ぶ前に幽界封印されていたがマイナスエネルギーが付着した隕石とぶつかった衝撃で封印から目覚めて復活した。
その後、暗黒連合の首領になったがんばれゴエモンのマクアムーゲの手下になっており、Dセキュアでディスクに閉じ込め、捕まえた奴隷を操る。
暗黒連合の幹部になり、亜空軍の奴隷をDセキュアによって増やそうとするが、プププレンジャーとたこやきマントマンとゴウとライとゲイとショウとガンとジンとリンに邪魔され、そのまま巨大化し、たこやきマントマンの乗るたこやきダイオーや、プププレンジャーの乗るプププダイオーとゴウとライとゲキとショウとガンとリンとジンの乗る兆人ショウゲキゴウライガンと戦う。

宇宙戦闘魔獣ゴーネモンス

デッドゴーネがプププダイオーに苦戦していた時に変身した怪獣で、ウルトラマンオーブのマガオロチの様な外見をしている。
目から出すゴーネアイレーザーとテレポートと伸縮自在の腕と口から吐く火炎放射とゴーネブレスを武器としている。
プププダイオーを苦戦させるが、プププダイオー(スーパーモード)には敵わず、倒される。

ノリシロン・永沢

召喚マシーンで復活したリッチリッチハイカー教授が永沢君をモデルに改造したノリシロン。
リッチリッチハイカーによれば、永沢君の卑劣さと陰険さを見て、利用できるのではと思いつきモデルにしたらしい・・・・。
玉葱爆弾とオニオンドリルとオニオンビームとノリシロン暴走切りで敵を攻撃する。
しかし、永沢君のトラウマまでコピーした結果、火が弱点となってしまった。
デッドゴーネに操られ、ペポポ戦隊プププレンジャーの乗るプププダイオーと松本シスターロボと戦う。
最後は松本シスターロボに破壊される。

魔法少女日向雲英(大人モード)

妖怪人間ベム HUMANOID MONSTER BEMの日向雲英がエスカルゴンの発明した変身ブレスレットを使い、変身した姿。
日向雲英が大人化し、高町ヴィヴィオのようなボディスーツと白いバリアジャケットを着たような外見をしている。
高町ヴィヴィオと同じ技のソニックシューターとリボルバー・スパイクとアクセルスマッシュとセイクリッド・ディフェンダーとセイクリッドブレイザーを放ち、敵を攻撃する。
デスティニーガンダムと戦う。

プププダイオー(スーパーモード)

プププダイオーの強化形態で、プププダイオーがユニコーンガンダムのデストロイモードになったような外見をしている。
技はプププダイオーと同じだが、強化されている。
自身を一度倒したファイブキングにリベンジし、倒す(とどめを刺す寸前に逃げられたが)。

メカブトンゴッド

メカブトンがエスカルゴンの改造により、身に付けた強化形態。
メカブトンが超サイヤ人ゴッドみたいに赤くなり、赤いオーラを纏ったような外見をしている。
この形態のまま人型のロボットモードに変形することが可能。
たこやきマントマンの乗るたこやきダイオーや、プププレンジャーの乗るプププダイオーとゴウとライとゲキとショウとガンとリンとジンの乗る兆人ショウゲキゴウライガンとケロロ小隊の乗るゴッドケロンとうちの3姉妹のフーとスーとチーの乗る松本シスターロボと共にウルトロン軍団や、六鬼衆の乗るメカが合体した巨大なロボと戦う。

ストレッチマンVロボ

ストレッチマンVが乗り込む巨大ロボで、5体のストレッチマシーンのレッド機が頭と胴体、パープル機が右足に、グリーン機が左足に、オレンジ機が右腕に、ピンク機が左腕に変形し、合体することで誕生する。
たこやきマントマンの乗るたこやきダイオーや、プププレンジャーの乗るプププダイオーとゴウとライとゲキとショウとガンとリンとジンの乗る兆人ショウゲキゴウライガンとケロロ小隊の乗るゴッドケロンとうちの3姉妹のフーとスーとチーの乗る松本シスターロボとメカブトンゴッドと共にウルトロン軍団や、六鬼衆の乗るメカが合体した巨大なロボと戦う。

サイボーグ戦闘隊長メカアンチゴーネ

ジャンボーグAに倒された初代戦闘隊長アンチゴーネがネオカーンデジファーによってメカ改造された姿。メカに改造されたところは頭の上で右腕がアンチソードという剣で左腕はメカシザースというメカハサミに改造された。またサイボーグアーマーという鎧がつけられてる。
暗黒連合の幹部になり、亜空軍の奴隷をDセキュアによって増やそうとするが、ペポポ戦隊プププレンジャーに邪魔され、そのまま巨大化し、ペポポ戦隊プププレンジャーの乗るプププダイオーと戦う。

破壊超獣ラムレザルス

ラムレザルがドクタームダナシにG細胞を注入されたことで変貌した超獣。
外見はラムレザルだった頃の面影を失い、異形の怪物の姿に変わっている。
触手や口からの破壊光線と赤黒い熱線を武器とする。
プププダイオーと戦い、苦戦させる。

暗黒巨人ダークルシフェル

ダークザギ等の暗黒巨人の頂点に立つ最強最悪の暗黒巨人。
ダークザギがビースト・ザ・ワンを取り込み怪獣型ウルトラマンへと進化したような感じになっており、鋭い牙と鍵爪を持ち、背中にはザ・ワンを思わせる羽が生えており、更に首元にはダークファウストとダークメフィストの顔が配置されて、全身に血管を思わせるような赤いラインが走り、エナジーコアのような模様がある胸の中心部分は抉れたように窪んでいるいるという不気味かつ禍々しい姿をしている暗黒巨人。
人間サイズになった後に暗黒連合の幹部になり、暗黒連合の首領のマクアムーゲに忠誠を誓う。
リンクジョーカーの力を手にし、巨大化し、プププダイオーと戦う。

最強怨念合体獣デストロイドファイブキング

ティガ、ダイナ、ガイアと戦った怪獣達が合体した怪獣ファイブキングが復活したドウチュウ鬼とDr.ヘルとロキと帝王ゴールと稗田八方斎によって、蛮野博士の遺伝子、闇の書の残滓と三輪防人達のマイナスエネルギーを取り込まれ、さらにデストロイア、イリス、カイザーギドラ、レギオンを吸収して強化された、邪悪なる形態。
容姿はかつてのファイブキングとは異なり、ガタノゾーアとゾグ第2形態を彷彿させる恐ろしくて不気味さが増す禍々しい邪悪な合体怪獣となっている。(むしろ悪魔+恐怖の大王)
蛮野博士の遺伝子を取り込んでいるせいか、蛮野博士の意志で喋る。
胴体がデストロイア、左肩と触手がイリス、尻尾がカイザーギドラ、右肩と尻尾の間にレギオンの頭部で複合されている。
ドウチュウ鬼の下部として操られ、プププダイオーや、兆人ショウゲキゴウライガン、たこやきダイオー等の巨大ロボ軍団と戦った。

ザイラルス

ベルメルズのリーダーの変身ヒーローで16歳の高校2年生の少年でメインキャラの一人。
ミュータントの血を引いている。
金斗バルトが変身アイテムであるブレスレットのザイラルブレスを使うことで変身する。
体色が赤。
ギリリガスとギザルガスとメリレアスとメラレメスと共に正義の集団や、マーベルヒーロー等に協力する。
自身の兄の金斗ゼルトに連れ去られた直後、裏の人格になり、金斗ゼルトに重傷を負わせ、逃走し、自信の元に戻ってきた天林アルナことミルキリスと共にリキッター・Sこと金斗ゼルトと戦う。

ギリリガス

ベルメルズのメンバーの変身ヒーローで、金斗バルトのクラスメイトで幼馴染みの16歳の高校2年生の少年。
何かと世話を焼いてくれる。
男の娘であると同時にミュータントの血を引いている。
石本マギカが変身アイテムであるブレスレットのギリリブレスを使うことで変身する。
体色が青。

ギザルガス

ベルメルズのメンバーの変身ヒーローで、金斗バルトのクラスメイトで幼馴染みの16歳の高校2年生の青年。
ミュータントの血を引いている。
変身アイテムであるブレスレットのギザルブレスで変身する。
体色が緑。

メリレアス

ベルメルズのメンバーの変身ヒーローで、金斗バルトのクラスメイトで幼馴染みの16歳の高校2年生の少女。
ミュータントの血を引いている。
変身アイテムであるブレスレットのメリレブレスで変身する。
体色が黄色。

メラレメス

ベルメルズのメンバーの変身ヒーローで、金斗バルトのクラスメイトで幼馴染みの16歳の高校2年生の少女。
ミュータントの血を引いている。
明るくて天然な性格だが、二重人格でもある。
変身アイテムであるブレスレットのメラレブレスで変身する。
体色が桃。

ガルシオン

ザイダース(ザイラルス専用ロボ)とギリダース(ギリリガス専用ロボ)とギザダース(ギザルガス専用ロボ)とメリダース(メリレアス専用ロボ)とメラダース(メラレメス専用ロボ)の5体の巨大ロボが合体して完成する巨大ロボ。
合体する事によりパワーが増幅され更に戦闘力が高くなる。
ザイダースとギリダースとギザダースとメリダースとメラダースと同様、意思を持っており、人語を話せる。
また、色はザイダースの色の赤とギリダースの色の青とギザダースの色の緑とメリダースの色の黄色とメラダースの色の桃を合わせたカラーリングである。
一度は邪獣合体ガオエンペラーデビルЯに敗れるが、強化形態のデストロイモードとなり、再び邪獣合体ガオエンペラーデビルЯと戦う。

マミアーラ

ザイラルスこと金斗バルトの友人で、一つ下の後輩で、15歳で、高校1年生の女の子、松神みつかの11歳下の妹で、4歳の保育園児で、ミュータントの女の子の松神月子がマミアブレスで変身する少女ヒーロー。
圧倒的な力を誇る上にマミアーラに変身する前でも圧倒的な力を誇る。
また、自身の能力で大人化することも変身前でもバーサーカーモードに変身することも可能。
ちびまる子ちゃんの関口に「宿題のお絵かき」を破かれ、激怒し、バーサーカーモードに変身し、ちびまる子ちゃんの関口を駆け付けた土井半助に叱られる前に「宿題のお絵かき」を破かれた怒りで惨殺し、それを見た土井半助は「ああ!!お絵かきを破かれたからって年上の人に対して何てことを!!」と怒った。
また、マミアーラはオールプリキュア軍団をバーサーカーモードになってからフルボッコにし、死亡したしんのすけが罪滅ぼしをしたかっただけだということを無理やり聞かせ、オールプリキュア軍団を死亡したしんのすけと和解させる。
ゴッドガンダムとの戦いではパイロットのドモン=カッシュに魂を失いながら戦うことを否定された挙句明鏡止水ハイパーモードとの戦いに敗れ、彼との特訓の末、自分も明鏡止水ハイパーモードが使えるようになる。
一度保育園に立てこもった強盗グループをバーサーカーモードに変身してからなぶり殺しにしたり、母と一緒に病院の診察に行った時に優しくしてくれた新人の看護婦師に意地悪していた意地悪な先輩の看護婦師をバーサーカーモードに変身してからボコボコにし、首の骨を骨折させ、致命傷を負わせ、殺したことがあるため、ブルマからは何も殺すことないと怒られた。

カード合体・ヴァンガオー

エスカルゴン、アカツキ(MARVEL)、ブルマ(ドラゴンボール)率いる正義の集団が力を合わせて開発された3個のマシンを合体誕生した、スマブラオリジナルの巨大ロボ。パイロットはヴァンガレッド(クロノ)、ヴァンガブルー(シオン)、ヴァンガグリーン(トコハ)。トランスレーターは東海林カズマ、タイヨウ、アンリ、羽島リン、岡崎クミ、サトルの6人。特にトライスリーはストライド変身しないと機体操縦に心身と共に負担が大きい。
キノコ王国でダークグレンナイトと戦い、勝利し、グレンナイトとブレンナイトこと18歳のクリストファー・ソーンダイク(ソニックX)を正気に戻す。
その後、ガルシオンとプププダイオーと共に巨大ヤプールと戦う。

D-ライナーグレート

ドラゴンボールのブルマが開発した5台の空飛ぶ列車(イーグルバスターを模したイーグルライナーとマジシャンマスターを模したマジシャンライナーとコンバットソルジャーを模したコンバットライナーとインクレディブルシュタイナーを模したインクレディブルライナーとキャッシーを模したキャッシーライナー)が合体して出来る巨大烈車ロボで、烈車戦隊トッキュウジャーのトッキュウオーがマーベル・コミックバージョンになったような外見をしている。
イーグルバスターとマジシャンマスターとコンバットソルジャーとインクレディブルシュタイナーとキャッシーが操縦する。
ガイガンとメガギラスとグレートアクドスを撤退まで追い込んだ後に出現したニセしんのすけマンを倒す。

カスカベライナーグレート

ドラゴンボールのブルマが開発した5台の空飛ぶ列車(野原しんのすけを模した野原しんのすけライナーと風間トオルを模した風間トオルライナーとボーちゃんを模したボーちゃんライナーと佐藤マサオを模した佐藤マサオライナーと桜田ネネを模した桜田ネネライナー)が合体して出来る巨大烈車ロボで、烈車戦隊トッキュウジャーのトッキュウオーがカスカベ防衛隊バージョンになったような外見をしている。
仮面ライダーブレイザーになった野原しんのすけを含むカスカベ防衛隊全員がパイロットとして搭乗する。
キノコ王国で皇帝ピエーロが作りだした絶望の巨人と戦う。
この時、皇帝ピエーロに協力していたばいきんまんはその場にいたキラキラ☆プリキュアアラモードが加わったプリキュアオールスターズとの戦いの際に敗れ、かなりの重傷を負い、その後、ドクトル・ザンガによりサイボーグ化手術を施され、メカばいきんまんになってしまう。
同時にカスカベライナーグレートが絶望の巨人に勝利した後、巨大ヤプールと戦う。
だが、そこに皇帝ピエーロの手により、ダークブレンナイトにされたブレンナイトこと18歳のクリストファー・ソーンダイク(ソニックX)がダークグレンナイトになったグレンナイトに乗り、現れ、しんのすけと風間とマサオとネネとボーちゃん共々カスカベライナーグレートを倒す(大破及び致命傷までは至らなかったが)

ウィザードマジキング

ウィザードラゴンがマジキングと魔神合体した姿。
マジキングの顔にウィザードのマスクが付き、胸にウィザードラゴンの顔が付いたような外見をしている。
仮面ライダーブレイザー じーさんフォームがガリアンティス帝国に寝返った校長(でんぢゃらすじーさん)を倒した後にガルシオンとヴァンガオーと共に巨大ヤプールを撤退まで追い込む。

暗黒百獣王ダークゴライオン

ばいきんまんが正義の集団や、ベルメルズ等を片付けるために開発した暗黒のライオン型メカの5体が搭乗するスペクター(サルゲッチュシリーズ)とばいきんまんとDr.エッグマンとドキンちゃんとDr.ワイリーの「レッツ・ゴーダークライオン!」の掛け声で合体して生まれる巨大ロボット。
ゴライオンが闇墜ちしたような外見をしている。
合体した暗黒のライオン型メカはダーク黒獅子とダーク赤獅子とダーク緑獅子とダーク青獅子とダーク黄獅子の5体である。パイロットはスペクター(サルゲッチュシリーズ)とばいきんまんとDr.エッグマンとドキンちゃんとDr.ワイリーの5人である。
キノコ王国でカスカベライナーグレートを追い詰めたが、ヴァンガオーとキングマジンボーンに呆気なく破壊される(乗っていたスペクター(サルゲッチュシリーズ)とばいきんまんとDr.エッグマンとドキンちゃんとDr.ワイリーは破壊される寸前に脱出していたが)。

仮面ライダーカオス

小学校の頃からイジメを受けていた美少年、沖田ユウトがカオスケルベロスと融合し、カオスケルベロスの力で生み出されたカオスドライバーを装着することで変身する仮面ライダー。
体の大きさや、背の高さ、年齢を自由自在に変える能力を持つ上に不死身。
沖田ユウトがこの力を使い、自分をいじめた物(上級生、親戚を含む)を殺害し、施設に送られるも脱走。
そして11年後、19歳の大学生になった。
また、ベルメルズのリーダー、ザイラルスこと金斗バルトの三つ上の先輩でもある。
専用バイクはカオスビーク。
仮面ライダーカオスのモチーフは地獄の番犬ケルベロスで、基本カラーはウルトラマンベリアルに酷似した赤黒い色である。
リバースファイターになった先導エミと飛田マイと戦った。
また、ギンガビクトリー、エクシードXの合体光線を喰らったダメージでマスクの一部が割れたゴーテラスの顔を見て驚く。
ユウト「あの顔は人間!?まさか、穂乃果の幼馴染の沢田光也か!?」
そして、仮面ライダーカオスはゴーテラスから沢田光也を引きはがした。
そして、宿主を失ったゴーデスアーマーはスプラッターハウスの究極邪神みたいなボディを身に着け、復活したゼルダの伝説のマラドーに狙いを定め、ゼルダの伝説のマラドーを取り込み、再び邪悪鎧魔神ゴーデラスに変貌してしまった・・・・・。
ゴーデス細胞の一部に付着されたことで仮面ライダーカオスの体力をも攻撃力に変換する呪われた剣、ゴーデスケルベロスセイバーになったケルベロスセイバーの力を制御する。
また、仮面ライダーブレイザーとガオシャドーと共にアブレラの乗るアブトレックスと戦う。
欠点が修復されたネガティブエネルギー経験者破壊用ウイルスをインストールされたドクター・シドにより、ウイルスを感染され、死にかけたが、テイルスの作ったワクチンにより、ウイルスを取り除かれ、助かる。

仮面ライダーカラミティ

ガリアンティス帝国従える青年、倉影イブトが変身しする仮面ライダー。
元は通っていた高校のとある財閥家の少女とその友達男女4人イジメを受けていた普通の高校生で、自分と同じようにイジメを受けていた同級生の制化ミヤコがある日突然自殺した事で不登校になっていた所ドクトル・ザンガが現れ「我々共に世界を変えないか」言いながらカラミティドライバーを渡され、カラミティになった。
専用バイクはカラミティマシンダー
カラミティマシンダーはヘビの姿をしたスネークモードになれる。
生き返った野原一家とゴースト、プリキュアオールスターズ、ネプテューヌ達、リアス達オカルト研究部をサリス、サンダール、ツエツエ、ヤバイバ、亜空軍の一味と共に襲う。
自分とミヤコをイジメた財閥家の少女とその友達男女4人を殺害した事もあり。それを聞いたドラゴンボールのブルマからは何も殺すことないと怒られたが、カラミティ「殺すことはないだと?・・・テメェにはそうかもしれねえけどこっちとってはそうじゃなかったんだよ!!」と言い返した。
やがてネガティブエネルギー経験者破壊用ウイルスの力をインストールされたカラミティは、暗黒連合の一人だったしんのすけに襲い掛かり、その力でしんのすけに襲い掛かった。
カラミティ「しんのすけ!お前もネガティブエネルギーに侵された経験があるんならお前を処刑する!カラミティ!スネークインフェルノキィィィィィック!!」
ネガティブエネルギー経験者破壊用ウイルスの力を乗せたキック技がしんのすけに襲い掛かる。
プライズ・¥(エン)・ドラゴン 「しんのすけ!加勢するぞ!」
しんのすけを助けるべく加勢しようとする豪勝カイト、だが・・・。
野原しんのすけ「せっかくのご好意だけど、オラ、助太刀はお断りするゾォ!」
しんのすけはプライズ・¥(エン)・ドラゴンを払いのけてしまい、自らカラミティ・スネークインフェルノキックの餌食になってしまった。
野原みさえ「し、しんちゃん!あなたなんてことを!?」
野原ひろし「お前の命綱ともいうべき助っ人を無視するなんて!?」
そしてしんのすけの体にネガティブエネルギー経験者破壊用ウイルスの毒が回ってしまった・・・。
野原しんのすけ「ありがとう、カイト・・・オラを一度殺した男とはいえ、オラを救ってくれようとしたのに・・・、でもオラは今のあんたを戦いに巻き込みたくないゾ・・・ガリアンティス帝国の魔の手からこの世界を守るために戦ってほしいゾ・・・!そのためなら、オラは誇りを持って、命を投げだすゾ!」
そしてしんのすけはバッファローマンにばらばらにされたミートのようになり、そのパーツは粉々に砕け散ってしまった・・・。
だが、しんのすけの体はがんばれゴエモンの物知り爺さんの装置により、元通りになる・・・・・・。
物知り爺さん「カイトを戦いに巻き込みたくなかったとはいえ、無茶しおって・・・・。」

仮面ライダーサリス

制化ミヤコが変身する仮面ライダー。
倉影イブトと同じようにイジメを受け、突然自殺したはずが、ドクトル・ザンガの作った召喚マシーンで復活し、ドクトル・ザンガに「我々共に世界を変えないか」と言われ、サリスドライバーを渡され、サリスになった。
その後は自分を苛めた者を復讐として皆殺しにし、倉影イブトが変身する仮面ライダーカラミティと共にガリアンティス帝国のメンバーになった。
サリスマシンダーは鳥の姿をしたバードモードになれる。
生き返った野原一家とゴースト、プリキュアオールスターズ、ネプテューヌ達、リアス達オカルト研究部ををカラミティ、サンダール、ツエツエ、ヤバイバ、亜空軍の一味と共に襲う。
その後、物知り爺さんの装置で復活したしんのすけを再び襲う。
サリス「しんのすけ!貴方が蘇ってもネガティブエネルギーに侵された経験者である以上何度でも処刑するわ!」
カラミティ「行くぞ!サリス!」
サリス「分かったわ!カラミティ!」
カラミティとサリスは同時に飛び、そして
カラミティ・サリス「カラミティ&サリス!wインフェルノキィィィィィック!!」
2人の合体技が・・
しんのすけ「うわぁぁぁぁぁぁ!!」
しんのすけに直撃した。
ひろし・カイト・フォックス・エグゼイド「しんのすけ!」
みさえ・なのは・ネプテューヌ・スカイエース「しんちゃん!」
2人の合体技受けたしんのすけは体中が焼け初め
しんのすけ「み・・・ん・・な」
言いながら体が焼けながらネガティブエネルギー経験者破壊用ウイルスの毒が回り、倒れた。
エグゼイド「嘘だろ・・・」
なのは「そんな・・」
ネプテューヌ「しんちゃん・・・・しんちゃあああああん!」 (T-T
するとその時
フォックス「見ろ!」
突然しんのすけの焼けた遺体が光始め、そしてネガティブエネルギー経験者破壊用ウイルスが自身の体に逆作用し、しんのすけは炎を操るライダーとしての力を得て、復活するのであった。

仮面ライダーブレイザー

突然しんのすけの遺体が光始め、炎が遺体に集まり、そして炎の中から謎のライダーが出現した。
エグゼイド「だ・・・誰だ!?」
ブレイザー「みんな・・・心配かけてゴメン・・」
なのは「え?」
ひろし「ちょっと待て!お前まさかしんのすけか!?」
ブレイザー(しんのすけ)「うん・・・」
ネプギア「でもどうしてその姿に?」
ナウス(通信)「分析完了、スカイエースやイーグルバスターと同じ体にネガティブエネルギー経験者破壊用ウイルスの逆の作用より、パワーアップした姿です。」
スカイエース「私やアキラ君と同じ・・・」
カラミティ「しんのすけ!貴様がどんな姿になろうと我々のやる事は変わらない、行くぞサリス!」
サリス「ええ!」
ブレイザー「みんな!ここはオラに任せて!」
カイト「ええ!?」
みさえ「1人で戦うつもりなの!?」
ブレイザー(しんのすけ)「大丈夫・・・オラは負けない!!」
ブレイザーとなったしんのすけはカラミティとサリスに一人で立ち向かうのであった。激しい戦いの中、再び
カラミティ&サリス・wインフェルノキックが放たれる。
ブレイザー(しんのすけ)は自身の全パワーを開放するバーンバーストを発動し、バーニング・ストライクキックを放つ。激しい打ち合いの中、ブレイザー(しんのすけ)は打ち合いに勝利する。カラミティとサリスは撤退したが・・・
ブレイザー(しんのすけ)「う・・・」
ネプテューヌ「どうしたの!?」
ブレイザー(しんのすけ)「う、うわぁぁぁぁぁぁ!!」
しんのすけはバーンバーストで開放したブレイザーの全パワーを制御しきれず暴走してしまう・・・
だが、ツインビーチームと怪盗ジョーカーと怪盗スペードとダイヤモンド・クイーンとハチとダーク・アイが持って来たレオナルド博士の装置により、ブレイザーの全パワーの暴走が抑えられ、しんのすけは元に戻る。
その後、しんのすけはレオナルド博士の手により、ブレイザーの全パワーを無事制御できるようになる。
そして、クルル曹長が自身が発明した特殊なパソコンで調べた結果、ネガティブエネルギー経験者破壊用ウイルスの正体が判明する。
自分の影であるバグスターノハーラロイド・Gを倒した後、しんのすけ達野原一家は、ジュエルペット達の住むジュエルランドに来ていた。
しんのすけが英雄扱いされない場所を選んだのである。
しんのすけ「ここならオラは一度襲撃したことのない場所だ・・・。お姉さん達もいないし・・・。」
そこにデスギドラのデータをドクロクラフターと融合させて作ったデスギドラメカに乗ったアクダーマと木野小次郎竹高とアンドルフ・ヘル率いる戦闘獣軍団とヴィラン軍団と陰人ザンとバングレイとドクタームダナシとミスター・プロテインが現れ、ジュエルランドで暴れる。
仮面ライダーブレイザー=野原しんのすけは、ジュエルペットを救うべく、単身彼らに挑んだ。
クルル曹長が、プリキュア達を連れて見ているのにも気づかず・・・・。
そこにDr.エッグマンとDr.ワイリーとデルトラ・クエストのファローとホラーマギーが現れ、仮面ライダーブレイザー=野原しんのすけに襲い掛かる。
また、仮面ライダーブレイザーはキノコ王国でレオナルド博士が開発したソニック・ザ・ヘッジホッグを模したアーマー、ソニックアーマーを装着し、皇帝ピエーロに協力するDr.エッグマンの乗るデスエッグロボと戦う。
Dr.エッグマン「しんのすけ!!そのアーマー、ソニックを模したアーマーじゃないか!?」
仮面ライダーブレイザー「このアーマーはソニックアーマー!!レオナルド博士が作ってくれたアーマーだゾ!!」

仮面ライダーブレイザー 暴走体

ドクター・シドによって改良されたネガティブエネルギー経験者破壊用ウイルスの攻撃を受けた仮面ライダーブレイザー(しんのすけ)が仮面ライダーコアのような姿となり、みさえ達や風間君達カスカベ防衛隊と強制合体し、三つの召喚マシーンを取り込んで変貌し、暴走した姿。
勿論子の姿になったしんのすけにはファイター達の声は届かず、ネプテューヌ達やプリキュア達の力やレオナルド博士やオヤ・マー博士、クルル曹長といったあらゆる科学者の力をもってしても元には戻らない。
アクション仮面やカンタムロボの特徴も取り込んであり、アクション仮面のヘルメットについてある角はパズズのように禍々しく変形し、カンタムロボの腕もメリケンサック付きの腕と化している。
「悪い奴は許さない・・・!」と言いながら亜空軍の一味に過剰な制裁を加えていく姿は、かつて神林進の欲望が生み出したバッタヤミーを連想させる。
仮面ライダーブレイザー 暴走体「暴走!アクションビィィィィィム!」
可児江とラティファをDセキュアした亜空軍の一味(暴走アクションビームを浴びて消滅する)「ギャアアアアアアアアアアア!」
仮面ライダーブレイザー 暴走体「もう何度も何度も復活しながら戦うだけの殺し合いは、もうたくさんだ・・・! そこからは・・・・何も生まれないゾ!!」
こうしてしんのすけこと仮面ライダーブレイザーは第三勢力となってしまった・・・。
だが、仮面ライダーブレイザー 暴走体はカオスエメラルドでスーパー化したソニックとシャドウとシルバーにあっさり敗れ、その後、カオスエメラルドの力により、みさえ達や風間君達カスカベ防衛隊共々元に戻り、その後、取り込んだ三つの召喚マシーンを外に出す。
その様子を見たケロロ軍曹は・・・・・・
ケロロ軍曹「しんのすけが元に戻ってよかったであります・・・。」

仮面ライダーブレイザー じーさんフォーム

仮面ライダーブレイザー 暴走体がカオスエメラルドでスーパー化したソニックとシャドウとシルバーにあっさり敗れ、その後、カオスエメラルドの力により、みさえ達や風間君達カスカベ防衛隊共々元に戻り、その後、取り込んだ三つの召喚マシーンを外に出した後にじーさん(でんぢゃらすじーさん)と合体した形態。
仮面ライダーブレイザーとじーさんを合わせたような外見をしている。
キノコ王国にあるキノコタウンでガリアンティス帝国に寝返った校長(でんぢゃらすじーさん)を倒す。
仮面ライダーブレイザー じーさんフォーム「でんぢゃらすアクションビィィィィィム!!」
ビビビビーーーーーッ
ドガアアアアアン!!!
校長(でんぢゃらすじーさん)「ギャーーース!!!」

仮面ライダーゴースト しんちゃん魂

乗り移っていたカンタムロボが破壊され、魂が出てきてしまい、正体がばれてしまった野原一家がブランク眼魂に自分達の魂を宿し、それを仮面ライダーゴースト=天空寺 タケルが使うことで変身した形態。
変身時の音声は「オラは!凄いゾ!人気者ーッ!」。
その姿はしんのすけの好きなヒーローであるカンタムロボとアクション仮面の長所を取り入れたデザインになっているため、両者の技も使用可能になっている。
やがてタケルは、プリキュアオールスターズ、ネプテューヌ達、リアス達オカルト研究部と合流するが、とつぜん野原一家の眼魂がプリキュア達に反応し、仮面ライダーゴーストの体を操ってプリキュア達やネプテューヌ達、リアス達オカルト研究部を攻撃し始めた。
兵藤 一誠「なっ!?タケル!どうしたんだ!?」
仮面ライダーゴースト「おかしい・・!体の自由が聞かない・・・。しんちゃん達の眼魂が俺を無理やり動かしているんだ・・・!」
なんとしんのすけはネプテューヌの世界を襲撃したトラウマと、プリキュア達の世界を滅亡させてしまったために彼女達に命を狙われそうになったというトラウマが再発してしまい、みさえ達はしんのすけがリアス達にしんのすけを転生悪魔にされそうになったというトラウマが再発してしまったため、暴走してしまったのだ!
野原しんのすけ(魂)「許してくれぇ!オラはプリキュア達なんか見たくないんだよぉ!殺さないでくれぇ!オラに寄らないでくれぇ!」
野原ひろし(魂)「来るな悪魔どもぉ!しんのすけを悪魔にするなぁ!」
野原みさえ(魂)「お願い!うちのかわいいしんのすけを悪魔にしないでぇ!」
野原ひまわり(魂)「ウェェェェェェェン!!」
シロ(魂)「アォォォォォォォォォォン!」
暴走した仮面ライダーゴースト しんちゃん魂はアクション仮面フィーバーの技を連発しながら、プリキュアオールスターズ、ネプテューヌ達、リアス達オカルト研究部を追い払いながら逃げ続ける。
だが、アクション仮面フィーバーの弱点であるエネルギーを大量に消費するアクションビームを連発すると変身が維持できなくなるという欠点までコピーしたことが災いしてしまう・・・。
しんのすけ達(仮面ライダーゴースト しんちゃん魂)「アクションビーム!メテオクラーッシュ!」
プリキュアオールスターズ、ネプテューヌ達、リアス達(アクションビーム・メテオクラッシュに吹き飛ばされて)「キャアアアアアアアアッ!」
兵藤 一誠・木場祐斗(アクションビーム・メテオクラッシュに吹き飛ばされて)「うわあああああああっ!」
暴走しながら全員を追い払うことに成功した仮面ライダーゴースト しんちゃん魂。
だが、アイコンからブザー音が鳴ると同時に変身が解けてしまった。
野原しんのすけ(魂)「あれ・・・・?」
野原ひろし(魂)「どうしたんだしんのすけ?」
野原しんのすけ(魂)「ゴーストの変身が解けちゃったぞ・・・?」
野原みさえ(魂)「えっ!?」
同時にゴーストドライバーから眼魂が出て来てしまう。
天空寺 タケル「し、しんちゃん・・・ひょっとして暴走の際にアクション仮面フィーバーの弱点までコピーしちゃったんじゃ・・・・!?」
そして、野原一家はレオナルド博士の手により、肉体を取り戻し、生き返り、その後、しんのすけはエスカルゴンの手により、ネプテューヌの世界を襲撃したトラウマと、プリキュア達の世界を滅亡させてしまったために彼女達に命を狙われそうになったというトラウマを克服し、みさえ達は、レオナルド博士の手により、しんのすけがリアス達にしんのすけを転生悪魔にされそうになったというトラウマを克服し、正義の集団と合流する。
でも、そのせいかしんのすけ達はプリキュアオールスターズ、ネプテューヌ達、リアス達オカルト研究部とともに戦わず、ゴーストと共に戦うことが多くなってしまった。

仮面ライダー5号

ドクトル・ザンガとガリアンティス帝国の多くの科学者達により、作られた最恐の仮面ライダー。姿は1号や2号、3号に4号と同じバッタがモチーフで、体の色は青緑、目は黒色、マフラーは紫色になっている。パワー、スピード、テクニックにおいて今までショッカーが作り上げたライダー達を上回り。次元移動と言う、次元を使った移動能力を持つ。
専用バイクのサイクロン・怪の他に、サブサイクロンズと言う、サポートマシンを持つ。
また、オルザデルこと、ガルディー・リリースを裏切り者として狙う。

トコハミント

ヴァンガードGの安城トコハがエスカルゴンの作ったYes!プリキュア5GoGo!のキュアミントの服を模したハイテクなスーツを着た姿。
プリキュア5とミルキィローズと共にホラーマギーと戦う。

アンドルフ・ヘル

アンドルフがDr.ドゥームの作った巨大なロボットの体を身に付けた姿。
グレートマジンガーの地獄大元帥の顔がアンドルフで、頭部のコクピットの中にアンドルフの顔が入ったような外見をしている。
陰人ザンとバングレイと共に仮面ライダーブレイザー(しんのすけ)を倒し(致命傷まではいかなかったが)、ブランク眼魂を奪い、アブレラに渡す。
また、バイオウェポン軍団を率いり、仮面ライダーブレイザー(しんのすけ)に襲い掛かる。

神龍兆人ショウゲキゴウライガン

兆人ショウゲキゴウライガンがレオナルド博士が作った7つの人口ドラゴンボールと融合し、変身した最強の姿。
鎧を髣髴とさせる外骨格に包まれておりどんな攻撃も寄せ付けない。
また、胸部に一星球を中心に残り六つが囲むように浮かび上がっている (神龍を呼び出す際のドラゴンボールの配列に似ている)。 
マガジエンドラと戦う。

サラティーナ

暴走族グループ、ザダナ党にバイクではねられた小学生の少女の月山ミカがドクトル・ザンガにより、光線銃で巨大な女怪人にされた姿。
大人になった月山ミカがモンスターのラミアになったような外見をしている。
暴走族グループ、ザダナ党を追跡してきた警察に自身をバイクではねた罪、及び、暴走行為で逮捕される前に強力な火炎放射で殺害し、その後、けがをさせられたことと家族と一緒に祝うはずだったパーティーを邪魔したことへの復讐での殺人で警官に逮捕されそうになるが警官隊を蹴散らし、逃げる。
だが、最後はザイラルスの乗るザイダースのコズミューム光線で元に戻り、その後、警察に逮捕され、施設に送られる。

災厄の使徒メザット

かつてダイノアースで反エヴォリアン・レジスタンスに封印されたが、キレイスにより封印から解き放たれたエヴォリアンの幹部。少しマヌケな性格だがその力は強大で自身の持つラッパを吹くと地震、津波などの災害を起す事ができる。戦闘時は剣を持って戦う。

ミレニアムハイネス オウキ

かつて1000年前のオルグ魔人達を従え、当時のガオレンジャーと戦ったハイネスデュークの一人。その中で最強最悪のオルグと言われ恐れられていた。
外見はセンキと似ているが 腹部の鼻と三つの口、両肩の牙、顔全体についている目と髪は無く、色も白黒半分ずつではなく、全体的黒で背中の角も肩に有り、口に牙が付き、目は赤色でマントを付けている。武器は修羅百鬼剣に似た「王魔邪鬼剣」を持つ。
仮面ライダーブレイザーに襲いかかる。
その後ガオレンジャーとネプテューヌ達が駆けつける。その中でガオシルバーが大神月麿ことシロガネあることに一目で気づいた。百鬼丸として記憶が残っており、百鬼丸としての自分の倒したガオシルバーの乗り込むガオハンター挑むためにガオシルバーに挑戦を挑んだ。仮面ライダーブレイザーとガオレンジャーとネプテューヌ達は鬼鴉とスイエンとフウライに任せ、自身は自ら巨大化し、ガオハンターと戦う
この時、仮面ライダーブレイザーことしんのすけはクルル曹長の手により正義の集団との仲間として戦うことを拒むことも、プリキュア達はおろか、ネプテューヌ達のパーティに誘われても断ったりすることはなくなった。

ミレニアムデューク 鬼鴉

スイエンとフウライと同じ1000年前のデュークオルグ。狼鬼のようにガオクロウ、ガオハウンド、ガオフトツノ、ガオスネークの5体のパワーアニマルを操る。その正体はかつて大神月麿と1000年前のガオレンジャーと共に戦った戦士「クロキリ」かつて戦いで傷つき倒れていた所をオルグの少女「チヨミ」に助けられ、オルグでも分かち合える者もおると考えるようになった。だがある日チヨミが人間達に殺された事により、大神月麿達の前から姿を消した。その後オウキの部下となりオルグパワーを注入され、鬼鴉になった過去を持つ。武器の鴉剣は三味線の肩にガオの宝珠と共に嵌める事で三味線なり、それを鳴らすと自身のパワーアニマル呼ぶ事が出来る。
仮面ライダーブレイザーに襲いかかる。
その後奪い取ったガオエレファント、ガオライノス、ガオマジロ、ガオディアスを取り返されるがリンクジョーカーの力で邪獣合体ガオエンペラーデビルЯにパワーアップさせ、ガルシオンを倒す。
その後キュアエースと戦い追い詰めるが、止めを刺そうとした途中でキュアエースの変身が解け、円亜久里に戻った途端突然動きを止めた。
鬼鴉「・・・・・」
円亜久里「何故・・止めを刺さないのですか?」
キュアエースこと円亜久里の質問に答えず、そして鬼鴉はこう言った。
鬼鴉「チ・・・チヨミ・・・」
円亜久里「え・・・?」
それを聞いた猪名寺乱太郎と摂津のきり丸と福富しんべヱと先導アイチと新導クロノが驚く。
猪名寺乱太郎・摂津のきり丸・福富しんべヱ・先導アイチ・新導クロノ「えええええ!!?」
さらにアカツキ・アキラとアカツキ・ヒカルとクリス・テイラーとエドワード・エリックとジェシカ・シャノンもそれを聞いて、「えええええ!!?」と驚く。
しんのすけ「チヨミって・・・・誰・・・?」
校長「チヨミって誰なのじゃい?」
じーさん「どういうことじゃ?」
ガオシルバー「クロキリ」
そこにガオレンジャーとガオシルバーが星矢、織斑一夏などを連れて現れた。
鬼鴉「シロガネ」
アキラ「月麿さん、それに皆さん」
アミティエ「私達、月麿さんにあなたの事を全部聞いたんですよ」
ガオレッド「チヨミって子の事もな」
星矢「ああ」
ガオシルバー「ここにはお前の事を知らない奴も居るから話したくれないか?お前の事、チヨミの事。」
鬼鴉「・・・・・」
校長「だからチヨミって誰なのじゃい?」
織斑一夏「ちょっと黙ってろ!」
鬼鴉「分かった話そう」
そして、鬼鴉は全てを話す・・・・・。
鬼鴉「あれは1000年前、俺はシロガネと同じガオの戦士だった」
ジェシカ「え!?」
乱太郎「鬼鴉って昔はガオの戦士だったですか!?」
ガオシルバー「ああ」
鬼鴉「ある日俺は戦いで傷つき、倒れていた所をある少女が助けてくれた。それが・・・チヨミだ。あの子は俺を手当してくた。だが俺はその時ある事に気がついた。」
きり丸「ある事?」
鬼鴉「それは・・・チヨミはオルグである事だ。」
クリス「ちょっとまて、チヨミってオルグの少女だったのかよ!?」
鬼鴉「そうさ、だがあの子はオルグの立場でありながら俺を助けてくれた。ガオの戦士の俺を・・・その日から俺はオルグでも分かち合える者もおると考えるようになった」
しんべヱ「へー」
鬼鴉「だがある日、悲劇が起きた。」
円亜久里「え?!」
鬼鴉「チヨミは・・・チヨミは人間達に殺されたんだ!」
猪名寺乱太郎・摂津のきり丸・福富しんべヱ「えええ!!?」
ユキ・トモミ・シゲ・ブラックウィドウ「だが、なぜ殺されたの!?まさか、オルグが憎いからなの!?」
鬼鴉「違う!!」
鬼鴉以外「!!?」
鬼鴉「あいつらはただオルグと言う理由だけで殺した!あの子を!」
鬼鴉以外「・・・」
鬼鴉「その事により俺はシロガネ達の前から姿を消した。そしてオウキ様の部下となり、オルグの力をいただき!」
ガオイエロー「今のアンタが居るって事だな」
鬼鴉「そうだ。言っておくが俺はお前らの元に来る気は無い、それだけは忘れるな」
鬼鴉は去ろうとした時
円亜久里「待ってください!!」
鬼鴉「何だ?」
円亜久里「あなたはさっきわたくしの事をチヨミって言いましたけどあれは何だったんですか!?」
鬼鴉「あれは・・・貴様がチヨミに似ていたからそれに戸惑った。ただそれだけだ」
円亜久里「・・・」
鬼鴉「これだけは聞いておく、貴様の名は?」
円亜久里「円亜久里」
鬼鴉「そうか、覚えておこう」
鬼鴉はそのまま飛び去って行った。
その後ガオシルバー達はまだ鬼鴉に過去を知らない正義の集団のメンバーに鬼鴉の過去について話したのであった。
だが、この後、鬼鴉はキャプテン達魔鬼にオルグ羽虫を埋め込まれ、彼の忠実な下僕へと変わってしまう・・・・・・
その後キャプテン達魔鬼と共に亀有で暴れ、駆けつけたガオシルバー、ガオレンジャー、キュアエース、ベルメルズに襲い掛かる。
そして邪獣合体ガオエンペラーデビルЯを操り、ガオハンターと戦い、圧倒的するが鬼鴉を救いたいガオシルバー思いが再びガオハンターをガオハンターブルームーンにパワーアップさせた。そしてガオキングとガオゴッドの支援攻撃で隙が出来、ガオハンターブルームーンの月下咆哮・ブルームーンハートとガルシオン(デストロイモード)のメガブレード・デストロイスラッシュを受け、邪獣合体ガオエンペラーデビルЯは敗れる。
パワーアニマルと正気に戻った鬼鴉は傷を負い、正義の集団に運ばれた。
この時は誰も思いもしなかった・・・鬼鴉が新たなるガオレンジャーになる事を
そして、それと同時に猪名寺乱太郎と摂津のきり丸と福富しんべヱはエスカルゴンの作った個人色の手裏剣とベルトで新たな仮面ライダー、忍たまライダーズになる事も知らず、ダンボール戦機wのミゼルがばいきんまんの手によって復活し、ドクタームダナシにより、ガオシャドーになった鬼鴉とは別の個体の鬼鴉が作られる事を誰も思いもしなかった・・・

ミレニアムデューク スイエン&フウライ

オウキと共に復活した。1000年前のデュークオルグ。スイエンは水と炎を操、フウライは風と雷を操る
スイエンは水と炎を思わせる外見とフウライは風と雷を思わせる外見をしている。
仮面ライダーブレイザーに襲いかかる。

邪獣合体ガオエンペラーデビル

鬼鴉のパワーアニマルが合体して誕生する邪獣王。胴部はガオクロウ、左腕がガオハウンド、右腕はガオフトツノ、足がガオスネークになっている。悪魔を思い浮かばせる顔をしている。催眠術も使える
オウキとガオハンターの戦いの中、ガオハンターの加勢しにやってきた。ガオゴッドの足止めために鬼鴉がガオクロウ達を呼び、ガオエンペラーに邪獣合体させた。ガオゴッドと戦う。
そこへガンダム・バルバトスが現れ、ガオゴッドを援護し、ガオエンペラーデビルを撤退まで追い込む。
その後はガオキングとの戦いでガオエレファント、ガオライノス、ガオマジロ、ガオディアスを催眠術で操り奪い取る。
そして催眠術で邪獣化したガオエレファント達を邪獣武装し、ガオキングを追い詰めた。
ガオシルバーもガオエレファント、ガオライノス、ガオマジロ、ガオディアスはロウキ時代だった頃のガオハンターが一度も魔獣武装したことがなかったらしく、エレファント達を武装したガオエンペラーデビルを見て驚いていた。
だが、アバレンオーとガオキングの合体システムを見て似ていると判断したしんのすけが、「アバレンジャーの仲間とも合体してみれば?」と言った途端、奇跡の亜種形態が誕生することになる・・・。
ちなみにこの時のしんのすけはクルル曹長の策にはまり、逃亡もできなくなってアバレキラーに無理矢理ネプテューヌ達のパーティ会場に連れてこられている。
でんぢゃらすじーさんの孫と銀魂の志村新八はそれを知り、クルル曹長に怒る。
孫・志村新八「何5歳児を自分の策にはめてんだあああああ!!!」
クルル曹長「クックックックック・・・・悪く思わねえでくれよ・・・俺はアバレキラーに頼まれただけだからねえ。」
さらに明日のナージャのナージャとおジャ魔女どれみのハナちゃんもそれを知り、クルル曹長に怒る。
ナージャ・ハナちゃん「何5歳児を自分の策にはめてるの!!!」
後にガオエレファントとガオライノスとガオマジロとガオディアスはクルル曹長の装置でパワーアップした明日のナージャのナージャとおジャ魔女どれみのハナちゃんとヴァンガードGの明日川タイヨウの3人の手により、取り戻され、その後、ガルシオンとの戦いで邪獣合体ガオエンペラーデビルはリンクジョーカーの力で邪獣合体ガオエンペラーデビルЯにパワーアップする・・・・・。

ガオシャドー

光輝きながら飛びだって来た三日月剣から小さな光が変化して誕生したGパットフォンを使い鬼鴉が変身したガオレンジャー7人目の戦士。武器は三日月剣が変化したガオムーンソードを使う。キャッチフレーズは「月聖の鴉!」
忍たまライダーズとスーパーブレンナイトとカード戦士ヴァンガマンと共に強化兵士ゴールドキャプチャーズと戦う。
強化兵士ゴールドキャプチャーズがエグゼイドの手により、ゴールドキャプチャーズとゴールドサァド達の二つに分かれ、ゴールドサァド達はレオナルド博士の手により、復活し、強化兵士ゴールドキャプチャーズはエグゼイド達とネプテューヌ達やベルメルズや仮面ライダーブレイザー、そしてガオシャドーと忍たまライダーズとスーパーブレンナイトとカード戦士ヴァンガマンにより倒される。
だが、その直後、ばいきんまんの手によって復活したミゼルに操られたガイガンとアクドス・ギルの操縦する決戦機グレートアクドスと超翔竜メガギラスが現れ、襲ってくる。
この戦いの後、しんのすけはガリアンティス帝国皇帝デスロスロードが言っていたネオジェットマンの事が気になり、ゴーカイジャー達に、「ネオジェットマンって誰?」と質問したのは言うまでもない。
その後、しんのすけは他のカスカベ防衛隊と共にカスカベライナーグレートに乗り、絶望の巨人と戦う。
カスカベライナーグレートが絶望の巨人に勝利した後、巨大ヤプールと戦う。

百獣合体ガオエンペラーヘブン

正義に目覚めた鬼鴉がパワーアニマルを合体させ誕生する精霊王。ガオエンペラーデビルと違いこちらは天使を思い浮かばせる顔をしている。
ガオシルバー曰く「あれがガオエンペラーの本当の姿」らしく、元に戻った為。かつて失った精霊剣「ガオカリバー」を再び手にしたのであった。
ばいきんまんの手によって復活したミゼルに操られたガイガンとアクドス・ギルの操縦する決戦機グレートアクドスと超翔竜メガギラスと戦う。
ガイガンとアクドス・ギルの操縦する決戦機グレートアクドスと超翔竜メガギラスを撤退させた後、ドクター・シドの操るギガントイドと戦い、敗れ、撤退する。

暗黒鬼兵ロボット ノハーラロイド

アブレラが野原一家の魂が入っていたブランクの眼魂を使って作り上げたドロイド。全身は赤色でイーガロイドにマンマルバとオーグを+したような外見をしている。
口調は「俺」などしんのすけと異なる所もあるが性格は暗黒連合の首領の時のしんのすけと同じで、野原一家の魂が入っていたブランクの眼魂がコアとして体内に仕組まれている。
物知り爺さんからキレイスがセレブリティ5とダーナ・オシーとドクタケ忍者隊とヴィラン軍団とマガジエンドラと共にさくらニュータウンを制圧に向かっている事を知った正義の集団、ベルメルズとヴィラン軍団のさくらニュータウンでの戦いの中、ベルメルズの前にアブレラと共に現れた。
ベルメルズを圧倒した後、駆けつけたブレイザー(しんのすけ)に襲い掛かる
エージェント・アブレラ「丁度良い所に来たなしんのすけ、こいつはノハーラロイド!かつての貴様自身だ!!」
ブレイザー(しんのすけ)「かつての・・・オラ?」
エージェント・アブレラ「そうさ、こいつは貴様を元に作ったドロイド、暗黒連合の首領をしてた頃の貴様その物だ!さあ、過去の自分に倒されるが良い!!」
ノハーラロイド「テメェを倒して俺が本物の野原しんのすけになっているよ!」
ブレイザー(しんのすけ)「違う・・・オラは以前のオラじゃない・・・お前もオラなんかじゃない!!」
ブレイザー(しんのすけ)はノハーラロイドに挑むも、その圧倒的な力の前に敗北し、重傷を負ってしまう
だが、ゴウ達光人軍団が持ってきたレオナルド博士の装置により、ブレイザー(しんのすけ)の傷は治る。
その後、妖怪人間ベム HUMANOID MONSTER BEMの日向雲英がエスカルゴンの発明した変身ブレスレットを使い、変身した魔法少女日向雲英(大人モード)と共にノハーラロイドを圧倒し、そして、中から野原一家の魂が入っていたブランクの眼魂が飛び出した。
ブレイザー(しんのすけ)「こ、これは!?タケルさんが使っていたオラ達の眼魂!?」
そして、ブランクの眼魂はDr.エッグマンに修復されたノハーラロイドの体に再びコアとして埋め込まれ、ノハーラロイドは復活し、その後、忍たま乱太郎の稗田八方斎とエージェント・アブレラとセレブリティ5にG細胞を注がれるが、G細胞を制御できずに暗黒鬼兵ロボット怪獣 ノハーラロイド・Gに変貌してしまう・・・・・。

暗黒鬼兵ロボット怪獣 ノハーラロイド・G

暗黒鬼兵ロボット ノハーラロイドが忍たま乱太郎の稗田八方斎とエージェント・アブレラとセレブリティ5にG細胞を注がれ、その後、G細胞を制御できずに怪獣になってしまった姿。
その姿は暗黒鬼兵ロボット ノハーラロイドだった頃の面影を失い、異形の怪物と化しており、理性も失っている。
オリジナルの野原しんのすけ曰く、「もしもオラがずっと悪の首領のままだったらこんな姿になっていた。」
だが、理性を失ってもアブレラの命令には反応することがあり、アブレラの命令に従うことがある。
仮面ライダーブレイザーをさくらニュータウンのビルに吹っ飛ばした後にベルメルズの乗るガルシオンと戦う。
また、さくらニュータウンのビルに吹っ飛ばされてから立ち上がった仮面ライダーブレイザーと駆け付けたゴエモンインパクトと仮面ライダーカオスと戦うが苦戦を強いられる。
やがて、ガルシオンに倒されそうになるが、ドクトル・ザンガが人工的に作ったプロトドラゴハンターナイトZガシャットを体内に取り込むことで、3つのプロトガシャットの力で胴体をドラルバグスター、右腕をロボルバグスター、左腕をギリルバグスターに変形させながらパワーアップし、暗黒鬼兵バグスターロボット怪獣 バグスターノハーラロイド・Gに変貌する。

暗黒鬼兵バグスターロボット怪獣 バグスターノハーラロイド・G

ノハーラロイド・Gがドクトル・ザンガが人工的に作ったプロトドラゴハンターナイトZガシャットを体内に取り込み、3つのプロトガシャットの力で胴体をドラルバグスター、右腕をロボルバグスター、左腕をギリルバグスターに変形させながら変身した姿。
しんのすけ曰く、「もはやオラであってオラじゃない。」。
ベルメルズがその姿を見て驚く。
ザイラルス「その姿、すでにノハーラロイドではなくなってる!!」
そして、バグスターノハーラロイド・Gが仮面ライダーブレイザー(しんのすけ)を野原一家共々遠くに吹っ飛ばし、その後、ベルメルズの乗るガルシオンや、ゴエモンインパクト、仮面ライダーカオス、正義の集団等に襲いかかる。
やがて仮面ライダーブレイザー(しんのすけ)の手によってシン・マクアムーゲもろとも倒され、眼魂も破壊された後、ネプテューヌ達やプリキュア達と正義の集団ははしんのすけに小さな英雄の称号を与えようとするが、しんのすけは、「オラは皆の世界に迷惑をかけた男の子。今更お姉さんからのご褒美なんていらないし、小さな英雄なんて称号は受け入れられないゾ・・・。 (T-T 」といい、野原一家と一緒に去ってしまった。
勿論、プロトガシャットを回収したエグゼイド達にザイラルスが「何故そのガシャットを回収しなければならないんだ?」と質問され、エグゼイド達がプロトガシャットの秘密を教えたのは言うまでもない。
そして、ベルメルズとネプテューヌ達とプリキュア達と正義の集団は生き残ったアブレラとアブレラの乗るアブトレックスとキレイスとセレブリティ5と妖怪人間ベムのダーナ・オシーとドクタケ忍者隊とヴィラン軍団とマガジエンドラと戦う。
そして、シン・マクアムーゲはばいきんまんの手により、復活する……。

宇宙恐竜魔獣ダークルシフェルザウルス

ダークルシフェルがゴーデラスの怨念とラムレザルの怨念とダーク大魔王の怨念とカオスゴーネの怨念を取り込み、変身した姿。
外見はダークルシフェルの背中に棘が生えて強靭で鋭い尻尾が生え、顎が大口に裂け、両肩にゴーデラスとラムレザルとダーク大魔王とカオスゴーネの頭部が付き、8本の長い触手が生えたような外見をしている。
仮面ライダーブレイザーとアバレキラーがジュエルランドでアクダーマ等を退けた後に出現し、襲いかかる。

シャイニーリンクプリキュア

花園春音、秋原月夜、雪咲冬姫、季ノ宮刹乃、命亜沙莉奈の5人で結成されたプリキュア。メンバーはキュアフルールこと花園春音とキュアリューヌこと秋原月夜とキュアシュネーこと雪咲冬姫とキュアセゾンこと季ノ宮刹乃とキュアレーベンこと命亜沙莉奈の5人で構成されている。
プリキュアオールスターズや、正義の集団、ベルメルズ等に協力する。
また、暗黒鬼兵ロボット ノハーラロイドと戦う。
バグスターノハーラロイド・Gがシン・マクアムーゲ共々仮面ライダーブレイザーに倒された後にベルメルズとネプテューヌ達とプリキュア達と正義の集団と共に生き残ったアブレラとアブレラの乗るアブトレックスとキレイスとセレブリティ5と妖怪人間ベムダーナ・オシーとドクタケ忍者隊とヴィラン軍団とマガジエンドラと戦う。

スーパーゴロリマン

ゴロリがワクワク博士が開発したワクワクスティックを使って、変身したスーパーヒーロー。
正義のマントと5のマークが描かれた赤と青のスーツを着用し、特殊合金で作られたヘルメットを被ったゴロリになっている。また、巨大化可能。
シルバー・サムライと共に改良されたウルトロン軍団と戦う。

キュアウエスト

クレヨンしんちゃんのつばきがエスカルゴンの発明品の変身ブレスレットで変身したオリジナルプリキュア。
カウガールをモチーフにしている。
ウエストガンとウエストロープを使う。
しんのすけと共に獣魔将軍と戦う。
また、仮面ライダーブレイザーと共にDr.エッグマンと戦う。

キュアホップ

HEROMANのリナ・デイヴィスがエスカルゴンの発明品の変身ブレスレットで変身したオリジナルプリキュア。
エネルギー状のポンポンだけじゃなく、北斗神拳の使用も可能。
バーサーカーモードになることで口調が荒くなり、兄のウィルを呼び捨てで呼んだりする。
ヒーローマンや、ジョーイ、ベルメルズ等のピンチを救ったりする。
また、暗黒大将軍と戦う。

神谷ホーク優衣

神谷優衣とホークがエスカルゴンの発明品を使い、合体した姿。
外見は神谷優衣の下半身がホークになったのが特徴で、単体で空も飛べる。
つまり、神谷優衣がゴーゴン大公みたいになっている。
兄のユートとワンダのピンチを救い、ドクタケ忍者隊と戦う。

決戦機グレートアクドス

暗黒連合が開発した超高性能巨大ロボット。
アクドス・ギルの顔を模した胸部を持ち、悪趣味な姿をしている。
アクドス・ギルが乗り込み、ワルズ・ギルの乗るグレートワルズと共にしんのすけとしんのすけと和解したクライムファイター達を襲うが、プププダイオーとガルシオンに邪魔され、そのままプププダイオーとガルシオンと戦う。
プププダイオーとガルシオンに倒されそうになるが、逃走し、その後、三輪防人が反暗黒連合の兵士共々ギルガザムネの爆発で死んだ後に再び出現し、再びしんのすけに襲い掛かるが、じーさんと校長に妨害される。

杏(超サイヤ人)

はなまる幼稚園の杏がレオナルド博士の発明品により、大人になり、同時にサイヤ人になり、その力で超サイヤ人に変身した姿。
戦闘力が高くなっている。
ギニュー特戦隊に苦戦する土田直純を助け、ギニュー特戦隊と戦う。
また、土田直純とベルメルズとネプテューヌ達とプリキュア達と正義の集団と共に生き残ったアブレラとアブレラの乗るアブトレックスとキレイスとセレブリティ5と妖怪人間ベムのダーナ・オシーとドクタケ忍者隊とヴィラン軍団とマガジエンドラと戦う。

ドクターヒネロ

元々は人間であったが、人間を憎み、世界征服のために自ら人造人間になった科学者。
亜空軍や、暗黒連合のメンバーとして正義の集団や、ベルメルズ、プププレンジャー等と戦う。
自分が人造人間に改造した藤原あすかを差し向ける。
また、邪心軍ゲイドが壊滅してもまだ生きており、ドクトル・ザンガに勧誘され、ガリアンティス帝国の幹部になり、人造人間ゼロを作り出す。

電流怪人エレキンガー

邪心軍ゲイドが作った怪人だが、優しい心を持っているため失敗作として捨てられる。
その後、正義の集団に味方する。
ギバディアスモンスが倒され、邪心軍ゲイドが壊滅した後は宝石怪人クリスタルロックと共に生き残り、その後は宝石怪人クリスタルロックと共にラーメン屋で働く。

宝石怪人クリスタルロック

エレキンガーと同じ邪心軍ゲイドに作られた怪人。
エレキンガーと同じ失敗作として捨てられる。
その後はエレキンガーと共に正義の集団に味方する。
ギバディアスモンスが倒され、邪心軍ゲイドが壊滅した後は電流怪人エレキンガーと共に生き残り、その後は電流怪人エレキンガーと共にラーメン屋で働く。

邪悪鎧魔神ゴーデラス

かつて、ウルトラマングレートに倒されたゴーデスが宇宙の歪んだエネルギーの影響でゴーデスアーマーとして復活。
ゴーデスアーマーを全身に身にまとった西洋の騎士を彷彿させる謎の魔神。
その正体は幼少期の穂乃果の幼馴染みである沢田光也。
彼の環境破壊を繰り返す人間達の増悪心がゴーデスアーマーを引き寄せ、光也の体を乗っ取り邪悪な魔神ゴーデラスへと変貌してしまった・・・・。
増悪心とゴーデスの邪悪な意思に完全支配されており、容赦なくアニメキャラやクライムファイター達、しんのすけ達を惨殺し、さらにプププレンジャー達を全滅させ、殺意を求む魔神へと化した・・・・。
巨大化も可能であり、ゼロ、ギンガ、ビクトリー、エックスと激しい戦いを繰り広げた。
特に彼の纏っている鎧はウルトラマン超闘士激伝の世界のゴーデスのデータもあってか、ウルトラマングレートの技であるバーニングプラズマの闇堕ち版まで使うことができ、ウルトラマングレートに衝撃を与えた。
だが、自身が全滅させたプププレンジャーは死ぬ寸前にベルメルズに助けられており、その後、エスカルゴンに装置による手当をしてもらったことで復活。
さらにレオナルド博士の召喚マシーンでアニメキャラやクライムファイター達、しんのすけ達は復活。
Яヒルデガーンとラムレザルスと共にゼロ、ギンガ、ビクトリー、エックスとの戦いに加わったオーブだけでなく、ガルシオン、プププダイオー、たこやきダイオー、イグザードバルキリー、メカブトンといった巨大ロボ軍団とも激しい戦いを繰り広げた。
そして、ギンガビクトリー、エクシードXの合体光線を喰らったダメージでマスクの一部が割れた。
ファイター達は彼の素顔を見て驚愕する・・・・。
ヒカル「そっ、そんなバカな!?」
ダイチ「アイツの正体は人間!?」
穂乃果「あの人の顔、まさか・・・・!?」
そして、一緒にいた仮面ライダーカオスも彼の素顔を見て驚愕する・・・・。
ユウト「あの顔は人間!?まさか、穂乃果の幼馴染の沢田光也か!?」

邪悪鎧魔神ゴーデラス(マラドー憑依)

仮面ライダーカオスに沢田光也を引きはがされ、宿主を失った邪悪鎧魔神ゴーデラスがスプラッターハウスの究極邪神みたいなボディを身に着け、復活したゼルダの伝説のマラドーに狙いを定め、ゼルダの伝説のマラドーを取り込み、再び変貌した姿。
ゴーデス第2形態の姿になり、さらにどれみとはづきとあいことおんぷとももことハナちゃんの魔力と暗黒連合の首領になったがんばれゴエモンのアニメのマクアムーゲが放ったリンクジョーカーの力とダークサンダーエナジーを取り込み、Яヒルデガーンとラムレザルスと共にどれみとはづきとあいことおんぷとももことハナちゃんや、正気に戻ったベムとベラとベロ、魔法少女日向雲英(大人モード)、ゼロ、ギンガ、ビクトリー、エックス、オーブだけでなく、ガルシオン、プププダイオー、たこやきダイオー、イグザードバルキリー、メカブトン、グレンナイトといった巨大ロボ軍団とも激しい戦いを繰り広げた。
やがてゴーデスとの戦いの中、ゴーデス細胞の一部がしんのすけのアクションソードに付着し、しんのすけの体力をも攻撃力に変換する呪われた剣、ゴーデスアクションソードへと進化した。
そして、仮面ライダーカオスのケルベロスセイバーがゴーデス細胞の一部に付着されたことで仮面ライダーカオスの体力をも攻撃力に変換する呪われた剣、ゴーデスケルベロスセイバーへと進化した。
その後、ゴーデスはガルシオンのメガブレード・ヴィクトリースラッシュと兆人ショウゲキゴウライガンの衝撃兆真剣とプププダイオーのプププスターソード・グレートプププスラッシュを受け、Яヒルデガーンとラムレザルス共々消滅する。

アーマードバット

自分用に作られたアーマードダークネスを身につけたバット星人。
暗黒連合の首領のマクアムーゲに忠誠を誓い、アーマードダークネスによる圧倒的な力とハイパーゼットンを使い、正義の集団や、ベルメルズ、プププレンジャー等と戦う。

ダーク帝国幹部・ダーマ

ダーク帝国の幹部で年齢は14歳ぐらい。
Яヒルデガーンとラムレザルスとゴーデラスが倒された後に出現。
地球に封印されていたダーク大魔王を復活させるべく5つの石板を集めているらしい。
見た目は美しい少年に見えるが実は女性である。
残り二つの石板を手にし、ダーク大魔王を復活させるため、亜空軍や、暗黒連合、ヴィラン、ザキラ軍、ヒドラ等に協力する。
暗黒光線銃でまる子と友蔵とはまじとブー太郎とたまえととし子、さらにプサディーとリリィを暗黒化させ、暗黒の騎士団にし、自身の部下にするが、でんぢゃらすじーさんにあっさり倒されるほど弱かったため、役に立たなかった。
マリオ「何でじーさんがとどめをさすんだよ・・・・・。」
ダーク大魔王の魔力を封印の水晶の封印から解放したことでダーク大魔王を完全復活させた後はダーク大魔王に用済みとして光線で始末されるが、意識を失っただけなので死ななかった。

ダークロボット兵

ダーク帝国の幹部のロボット兵で決して心は無く、無口で冷酷。
雑魚敵として登場し、正義の集団や、ベルメルズ、プププレンジャー等と戦う。

ダーク大魔王

かつて多くの星を暗黒で囲んで大虐殺を繰り返した冷酷かつ残虐な大魔王。
愛剣のブレッドソードで多くの星の人々の首を斬り裂いた。
自ら地球侵略を企んで人々を利用してから殺すことを目論んだ。
死という紋章の鎧をまとっている。
現在は魔力を封印の水晶により、封じられているが、ダーマが集めた5つの石板により、封印の水晶から魔力を解放され、完全復活する。
完全復活後はダーマを用済みとして光線で始末する(ダーマは意識を失っただけで死ななかったが)。
その後は怒りをあらわにする正義の集団や、ベルメルズ、プププレンジャー等と戦い数時間の死闘を繰り広げる。
その後は巨大化し、ガルシオンとプププダイオーと兆人ショウゲキゴウライガンと死闘を繰り広げる。

ダークギバルス

巨大化したダーク大魔王が追い詰められた時に変身した超獣。
ダーク大魔王が巨大なドラゴンになったような外見をしており、右手はブレッドソードと同化している。
ガルシオン・カオスケルベロスと戦う。

ネジレ超獣ネジレギドラ

ネジレッドが変身したネジファントムとネジブラックが変身したネジヴァルガーとネジブルーが変身したネジビザールとネジイエローが変身したネジソフィアとネジピンクが変身したネジジェラスが「最終極限!ネジレ合体!グオオオオォォォォォォーーーーーーーーー!!!」と言って5体で一斉に合体し、背中に巨大な翼を現して4本足になって変貌したネジレ超獣。
五つの首から破壊ガスと火炎と引力光線を放ち、翼の鋭い棘から光状の触手を放ち、敵を縛り上げ、電流を放って苦しめる。
また、骸骨付き棍棒も武器。
しんのすけと野原一家が合体した野原メンxを倒した後にガルシオンとカオスケルベロスが合体したガルシオン・カオスケルベロスと死闘を繰り広げる。
この時の戦いでしんのすけは再生を繰り返し過ぎたために体に限界が来てしまう。
更には亜空軍に洗脳されたオールプリキュア軍団、ミルキィローズがしんのすけに襲い掛かってきた。
キュアフォーチュンはピーチ姫の強引な説得も聞き入れず、しんのすけに襲い掛かってくる。
しんのすけはプリキュアの一斉攻撃を喰らってしまうが、逆にこれを吸収し、巨大化してプリキュア達のDG細胞を浄化する。
それでもキュアフォーチュンを含めたオールプリキュア軍団とミルキィローズはしんのすけに襲い掛かるが、怒ったしんのすけは「あんた達もオラの罪滅ぼしのために無理やりでも手伝ってもらうぞ!」と言ってプリキュア達を吸い込んで強制合体し、更には野原一家と融合して再び野原メンxに変身し、ヒーロー達とギバディアスとの最終決戦へ向かう。

伝説宇宙深海怪獣シーダ

ゴーデス細胞で復活したシラリーとコダラーがゴーデス細胞の力で合体した怪獣。
ウルトラマン超闘士激伝のシーダのような外見をしている。
全てを破壊する意思によって敵味方関係なく、全てを滅ぼそうとする。
だが、ラムレザルスとなってから倒され、怨念になったラムレザルに憑りつかれ、操られてしまう。

合体大魔王獣マガジエンドラ

ドクトル・ザンガがグリッドマンに倒された怪獣の一部を寄せ集め、さらに悪霊型戦闘獣ダンテ、悪霊型戦闘獣ズガール、ギャビモスの魂、マガオロチの細胞を組み込んでダークサンダーエナジークリスタルで実体化させた合体大魔王獣。
グリッドマンに倒された怪獣や、グレートマジンガーの戦闘獣で特徴的な部分を集合しており、右首がフレムラー、左首がブリザラー、中心首がマガオロチとダンテが融合した頭部、胸がズガール、右腕がバギラ、左腕がバモラ、右肩がギャビモス、左肩がシノビラー、下半身がギラルス、背中の角はマグネガウス、尻尾はマガオロチとギラルスとギャビモスを融合させた尻尾で構成されている。
また、背中にメカステルガンの翼が付いている。
陰人ザンに操られ、仮面ライダーカラミティと仮面ライダーサリスと共にプリキュアオールスターズ、ネプテューヌ達、リアス達オカルト研究部を襲い、兆人ショウゲキゴウライガンを一度は敗退させる。
また、グリッドマン、グリッドマンシグマ、ウルトラマンオーブとも戦った。
仮面ライダーカラミティ「藤堂武史、これがお前が作るはずだった合体獣の魔王獣バージョンだ!」
また、召喚マシーンの封印を解いたでんぢゃらすじーさんの校長をハイパーマガ迅雷で始末し、ザボック達六鬼衆を捕食する。
ザボック達六鬼衆を捕食したことでザボック達六鬼衆の力が使えるようになった。
仮面ライダーブレイザー(しんのすけ)がシン・マクアムーゲとバグスターノハーラロイド・Gを倒し、野原一家と一緒に去った後にアブレラとアブレラの乗るアブトレックスとキレイスとセレブリティ5と妖怪人間ベムのダーナ・オシーとドクタケ忍者隊とヴィラン軍団と共にベルメルズとネプテューヌ達やプリキュア達と正義の集団と戦う。
一度は妖怪人間ベムのダーナ・オシーとワリオランドシェイクのシェイキングと落第忍者乱太郎のキャプテン達魔鬼共々鬼鴉に倒され、撤退するが、ドクタームダナシの手により、鬼鴉との戦いで負った傷を癒され、復活する。

ちなみにギャビモスは既にガルシオンによって倒されています。

アークヒュドラ

100年前、地球で暴れ回っていた怪物。
5人の天空人により、地上にあるほこらに封印されたが、ガレイガスにより、封印を解かれた。
ドラゴンの首がヤマタノオロチの様に8本あるのが特徴。
ガレイガスに操られ、ガルシオンとゴッドケロンと戦う。

陰人ザン

ガリアンティス帝国の幹部である陰人。
デスロスロードに絶対服従を誓っている。
元々は兆真界に住む光人だが、人間が身勝手なことをしていることに激怒し、陰人になった。
武器は「闇の槍エンザン」。
合体大魔王獣マガジエンドラを操り、戦国BASARAのまつと東方projectの聖白蓮とチームQ4とじーさんと校長と悟空とベジータを襲う。
ドクタームダナシにより、ネガティブエネルギー経験者破壊用ウイルスの力をインストールされる。

ギラギュロス

キレイスの専用ロボ。
グレンラガンのエンキに羽を付け、体色を黒くしたような外見をしている。
プリキュアオールスターズを襲撃し、ケロロ小隊の乗るゴッドケロンを追い詰め、撤退まで追い込む。

Я魔王サイコ

魔王サイコがリンクジョーカーの力を手にし、リバースした姿。
リンクジョーカーの力でパワーアップしており、ガルシオンを圧倒するほど強く、ガルシオンが苦戦を強いられる程である。
ЯチームQ4と共にマリオとルイージとリンクとゼルダとピーチ姫に襲い掛かり、乱太郎達をボコボコにする。
また、DGソルジャ-になったチームQ4と共に襲いかかる。

ななみ&プロソポ(ボス)

亜空軍、ザキラ軍、暗黒連合、ヴィランを裏で操っていた黒幕。
自分を見下す奴等を憎んでおり、プロソポと手を組んで悪の軍団を次々と生み出した。

邪心王ギバディアス

宇宙のどこかにある惑星ネトル星の支配者で、邪心軍ゲイドの首領で、亜空軍、ザキラ軍、暗黒連合、ヴィランを裏で操っていた黒幕のななみ&プロソポをさらに裏で操り、利用していた真の黒幕。
ななみが自分を見下す奴等を憎んでおり、プロソポと手を組んで悪の軍団を次々と生み出したのも彼が地球や、全宇宙を支配するために仕組んだことだった。
ななみ&プロソポが正義の集団や、ベルメルズ、プププレンジャー等に倒された後に邪心軍ゲイドの幹部や、兵士を引き連れ、姿を現す。

邪心魔獣ギバディアスモンス

邪心王ギバディアスが変身した異形の怪物。
セイザーXのダークゲランがドラクエの歴代大魔王とシャガルマガラ等と合体したような外見をしている。
地球や、全宇宙を支配しようとする。

ギバディアスモンス戦後、野原メンXは自己崩壊を起こしてしまった。
しんのすけがプリキュア達と強制合体したため、体に無理が来てしまったのだ。
しんのすけ「オラの罪滅ぼしは終わった・・・これでやっと死ねる・・・・。」
なのは「しんちゃん、貴方は世界中の人気者なんでしょ!」
フェイト「あなたが死んじゃったら奈々子お姉さんはどうするの!?」
風間・はまじ・ブー太郎・小杉・大野・杉山・花輪・藤木・長山「しんのすけ!」
マサオ・ネネ・ボーちゃん・まる子・たまえ・城ヶ崎・笹山「しんちゃん!」
はやて「シャマル!しんちゃんとみさえさん達の方は助かるんか?」
シャマル「残念ですが、強制合体のダメージがひどすぎてとても・・・。」
はやて「そんな・・・。」
しんのすけ「何も嘆き悲しむことはないゾ・・・時期にみんなにまた会える日が来る・・・。・オラを操っていた悪は滅んだんだ。ドラゴンボールの復活はもういらない・・・。亜空軍と皆が作った召喚マシーンは封印してくれ・・・。。リアスお姉さん、オラは転生悪魔になる必要はなくなった。オラは父ちゃんや母ちゃん、そしてひまわりやシロと一緒にこのまま安らかな眠りにつきたい・・・。」
リアス・グレモリー「しんちゃん・・・。」
しんのすけ「いつの日か・・・オラ達がみんなの世界を救う完全な正義の味方になる時が来る・・・この世界が・・・平和になる日まで・・・・。」
そしてしんのすけの体はみさえ達と共に灰となった・・・。
号泣する一同。
はやては、しんのすけの完全なる死を見て、初代リインフォースの最後を連想させるのだった・・・。
そしてその灰は、ウルトラヒーローによって運ばれて行き、二体の召喚マシーンもクリム・スタインベルトと同様に地下に封印された。
ウルトラマン「しんのすけくん・・・君はいつか我々と共に戦う日が来るだろう。」
ウルトラの国に保管されるしんのすけ一家の灰。
そして、物語はエンディングを迎える・・・・。
そして、エンディングの後、しんのすけに吹っ飛ばされたDr.エッグマンはとある森で地面にめり込んでいる所を部下のオーボットとキューボットに助けられた後にオーボットとキューボットに怒った。
Dr.エッグマン「ええい!!さっさと助けにこんかい!!全く使えんのお・・・・。」
その後、Dr.エッグマンとオーボットとキューボットはドクタケ忍者隊の本部で稗田八方斎とロキとロケット団の首領、サカキとバグラ軍の皇帝バグラモンがキレイスと名乗る謎の少年と出会う所を目撃する・・・・・・。
キレイス「僕の名はキレイス。ガリアンティス帝国の少年幹部。我々ガリアンティス帝国と手を組み、亜空軍、ザキラ軍、暗黒連合、ヴィラン、ヒドラ、亜空ショッカー等を復活させ、共に世界を再び征服しましょう。」
これが新たな物語が始まるきっかけとなり、新たな戦いが始まるきっかけにもなったのである・・・・・・!!

強化兵士ゴールドキャプチャーズ

仮面ライダーバロン達ショッカーライダー経験者によって倒されたビーシャ達ゴールドサァドの遺体の腕にセットされたバグスターブレスレットにドクトル・ザンガがエグゼイド達の戦闘データを研究して開発した人工ガシャットを挿入することによって変身させられた姿。
そのゴールドユニットは、仮面ライダー邪武のように黒く染まっており、あちこちにゲームの悪役たちのパーツが付いている。
人工ガシャットにはバグスターウイルスが充満しており、これによってゴールドサァド達はべリアルの意のままに操られる。
また、ゲームエリアも発生可能。
当然ながら彼女達全員には意思はない。
ガリアンティス帝国皇帝デスロスロード曰く「くろめにつけこまれて暴走するこいつらなど、所詮はキン肉マンでいうところの五人の邪悪の神々にそそのかされた運命の五王子、ジェットマンでいえば一条総司令の手で生み出されたネオジェットマンそのものだ。」
ちなみに名称の末尾には「GC(ゴールドキャプチャー)」の一語が加わっている。
キレイス「ゲイム業界の女神達の諸君!君達がリアス・グレモリー達オカルト研究部と戦わせている間にゴールドサァド達の遺体を回収しておいたよ。」

  • ビーシャGC
    ガンダムブラックヒストリーのガシャットによって変身させられたビーシャの姿。
    かつてのプレスト仮面としての正義の心は既に無く、全身に悪のガンダムの力を宿している。
    自分をバカにした仮面ライダーバロンや自分を暴走させたうずめを憎み、「負けた方は勝った方の仲間になる」と言う鎧武の約束も拒否して戦う。
  • ケーシャGC
    デッドシューティングのガシャットによって変身されたケーシャの姿。
    手にした銃と服は黒く染まり、ノワールが好きだった心は失われている。
    うずめへの憎しみをむき出しにして戦う姿は、友達になったユニを悲しませた。
  • シーシャGC
    カプコンダークヒーローズのガシャットによって変身されたシーシャの姿。
    ガシャットの力でバグスターウイルスを放出するようになってしまい、歩くウイルス発生装置になってしまった。
    その姿は、かつてネガティブエネルギーの力でモンスターを凶暴化させていた時のシーシャを連想させる。
  • エスーシャGC&イーシャGC
    ソルジャークエストのガシャットで変身させられたエスーシャの姿。
    元々イーシャとは二つで一つの存在だったらしく、仮面ライダーエグゼイド ダブルアクションゲーマーLVXXのように二人に分裂している。
    ゴールドユニット時の翼は悪魔の翼と化し、剣や王冠も黒く染まっている。
    イーシャGCの翼は左に位置する。
    もちろん、二人に分裂したエスーシャをベールが見て驚いたのは言うまでもない。

キレイス

ガリアンティス帝国の尖兵で、少年幹部。
戦闘時には悪魔を思わせる姿の怪人形態になる。
邪心軍ゲイドがギバディアスモンスが倒されたことで壊滅した後にドクタケ忍者隊の本部に出現し、稗田八方斎とロキとロケット団の首領、サカキとバグラ軍の皇帝バグラモンに「我々ガリアンティス帝国と手を組み、亜空軍、ザキラ軍、暗黒連合、ヴィラン、ヒドラ、亜空ショッカー等を復活させ、共に世界を再び征服しましょう。」と勧誘した。
キレイス「僕達がこの世界を再び征服するにはどうしても暴力が嫌いでね。そこで僕らは手を汚さずして世界を手に入れることを考えたんだ。つまり仲間割れさ。幸いそこにはしんのすけのパーツを巡って野原一家と争ったリアス・グレモリー達オカルト研究部がいて、彼女達が上手い具合にヒーロー達や女神達と対立してくれたってわけさ。」
亜空軍の一味「あのレックスって奴がイノベイターとシーカーを戦わせていたのと似ているな・・・・。」
また、自身の専用ロボのギラギュロスに乗り込み、戦うことがある。
また、仮面ライダーエグゼイドと仮面ライダーブレイザーを倒すため、ロックマンエグゼ5のネビュラグレイを自身の手で復活させる。

ドクトル・ザンガ

ガリアンティス帝国の幹部で、天才科学者。
体がサイボーグ化されている。
正義の集団に倒されたはずが、しぶとく生き延びていたドクターヒネロと共にクレヨンを変身させた怪獣ベロドロンを最初に出撃させる。
また、小倉きぬよと菅原正弘と武士隆太郎そっくりのロボットを作り、プリキュアオールスターズと戦わせる。
だが、そのロボットが弱すぎたため、役には立たなかった。
そしてクルル曹長がネガティブエネルギー経験者破壊用ウイルスの正体を知ったとき、自身もそのウイルスの欠点に気づいた。
ドクトル・ザンガ「わかったぞ!あのウイルスがしんのすけ達の体に逆の作用をした原因が!」
キレイス「一体それは!?」
ドクトル・ザンガ「ゴールドサァド達を処刑するためにアズナ=ルブが残していった資料からネガティブエネルギー経験者破壊用のウイルスを作った。じゃがあれは、経験者を直接毒殺するためのウイルスではないんじゃ!」
~ケロロ小隊の基地~
クルル曹長「つまり、もともとはネガティブエネルギーの力でモンスターを凶暴化させていたシーシャを殺すためにアズナ=ルブが用意するはずだったワクチンプログラムに弱い心をくろめに付け込まれた経験者を殺害するためのプログラムを埋め込んだだけ・・・、いわば、ヘルミッショネルズでいえばマスク狩り、キングスカッシャーでいえば守護騎士にかけられた呪いを解くセイントボムみたいなものだ。従って、ただ操られていたり、何の理由もないまま悪に染まっただけのやつにウイルス攻撃をしてしまうと・・・・。」
キュアロゼッタ「それってどうなるのですか?」
ゴウ・ライ・ゲキ・ショウ・ガン「それってどうなるんだ!?」
クルル曹長「そのプログラムの影響でエグゼイド達みたいに・・・レベルアーップ!しちまうんだよ・・・。」
ゴウ・ライ・ゲキ・ショウ・ガン「何!?」
陰人ジン「おかしいと思ったが、しんのすけが仮面ライダーになったのはそういうことだったのか・・・・。」
ゴウ「ちょっと良いか?」
クルル曹長「何だ?」
ゴウ「俺達やアカツキにウイルスが逆の作用した原因は何だ?」
クルル曹長「恐らく、何も悪に染まった事が無い奴も逆の作用の対象になっているからかも知れん」
~ガリアンティス帝国基地~
キレイス「なるほど、それがあのウイルスがしんのすけに逆の作用ですか」
ドクトル・ザンガ「そうじゃ、何とかこの欠点を修復しなければならない・・」
???「それは困りましたね」
ドクトル・ザンガ、キレイス「!?」
キレイス達の前に謎の集団が現れた。
キレイス「誰だ!?」
???「私はドクター・シド、もし私いや、私達をあなたたちの一員にして下さったらそのウイルスの欠点を修復して見せましょう」
これよりガリアンティス帝国が力を蓄えるのであった。
その後、ガリアンティス帝国に雇われた殺し屋でバラーム星人のザバーガとゼーレス以外のガリアンティス帝国の四天王の手により、ガリアンティス帝国がさらに力を蓄えるのであった。

ドクター・シド

20年前、世界最大の科学者と言われているがその凶悪な殺人兵器、猛毒薬を研究を続け国家により超高金属の折に入れられ、小さな無人島追放されたが、脱出し、それ以外行方を晦ませていた。その後8人の犯罪集団リーダーとしてガリアンティス帝国に加わる。
戦闘時は自身のパソコンで様々な事を行い、戦う。
キノコ王国で巨大機械兵ギガントイドを操り、仮面ライダーブレイザー じーさんフォームと戦う。

リキッター・S

ドクター・シドの部下の1人
軽い口調で馴れ馴れしい所とは裏腹に冷酷かつ残忍な性格の持ち主。
その正体はザイラルスこと金斗バルトの兄金斗ゼルトである。
3年前に金斗バルトの友人で神秘的な力を持って少女「天林アルナ」を自身の物にする為に連れ去らい金斗バルトの前に姿を消した過去を持つ。
戦闘時は自身の武器「リキッドガンラッター」を使う、リキッドガンラッターは光線が当たった物は何でもを液体に変えたり、それを吸い込みリキッドボトルに現し、液化した者の液を放ち、その液が元の者になり、リキッドファイターとして液化した者を操る事が出来る。
ミュータントの血を引いていて、生身ので相手を追い込む程の力を持つ。
他のメンバーや上司を馴れ馴れしいしい呼び方をする。(例え:キラリスは「キラちゃん」ドクトル・ザンガは「ザンさん」)
ディメンショルダーと共にザイラルス金斗バルトと天林アルナことミルキリスと戦う。
その後マクロスFのランカ・リーとシェリル・ノームの歌の力に目を付け液化し、攫おうとした。
ベルメルズや、正義の集団が駆けつけた時は「バルちゃん達と対立してから、リキッドファイターにするのに良いのたくさん手に入るようになったよ。これで15人目」と言った。ザイラルス達がその言葉に疑問した時、ディメンショルダーが13本のリキッドボトルを取り出し、リキッドガンラッターでその13本のリキッドボトルを液を吸い込み、それを放つと液が姿を変え、連絡が取れなくなっていたメトロイドプライム3 コラプションとランダスとドラゴンクエストV のビアンカとロックマンのフォルテとFAIRY TAのガジル・レッドフォックスとドラゴンボールの孫悟飯と魔法科高校の劣等生の司波達也とIS 〈インフィニット・ストラトス〉のシャルロット・デュノアと魔法少女まどか☆マギカの鹿目まどかと星獣戦隊ギンガマンの黒騎士ブルブラックと魔法戦隊マジレンジャーのウルザードファイヤーと仮面ライダー電王の仮面ライダーNEW電王と仮面ライダーキバの仮面ライダーサガと•東方Projectの上白沢慧音になった。そう皆リキッター・Sにやられリキッドファイターにされたのだった。

パラゴ

ドクトル・ザンガに作られた怪人。
人間の少年の姿をしているが、戦闘時にはフランケンシュタインのように頭にネジと二本の角が付き、背中に翼を生やした怪人形態になる。
ドクトル・ザンガにより、出撃され、巨大化し、仮面ライダーブレイザー じーさんフォームと戦う。
だが、仮面ライダーブレイザー じーさんフォームに敗れる寸前、ドクトル・ザンガに作られる時に体に埋め込まれた装置が作動したことでゾンビパラゴに変貌してしまう。

ゾンビパラゴ

パラゴがドクトル・ザンガに作られる時に体に埋め込まれた装置で変貌を遂げた姿。
パラゴだった頃の面影などなく、骨と肉が剥き出しのグロテクスなゾンビそのもののような姿をしている。
この姿になってからは等身大に戻る事も言葉を話す事もなくなる。
仮面ライダーブレイザー じーさんフォームを倒し(致命傷までは至らなかったが)、ガルシオンと戦う。
恐竜戦隊ジュウレンジャー達はこの姿のパラゴを見て、ドーラフランケが変貌を遂げた姿であるゾンビフランケを思い出してしまった。

ボルグス

ガリアンティス帝国の幹部で、キレイスの上司。
戦闘時には悪魔を思わせる姿の怪人形態になる。
キレイスを部下として認める一方、自分のミス等でキレイスからも怒られることが多い。
ドラゴノザウルスを召喚マシーンで復活させ、ネプテューヌ達や、たこやきマントマン等と戦う。

ゼーレス

ガリアンティス帝国の四天王の一人である男性。
自身専用の巨大戦艦、ダイザドガスと自身の専用ロボで、グレンラガンのビャコウのような外見のロボのギャゴウを持っている。
仮面ライダー5号を使い、ゴウとライとゲキとショウとガンの乗る兆人ショウゲキゴウライガンと戦う。

ガレイガス

ガリアンティス帝国の大幹部で、総司令官。
真マジンガーの暗黒大将軍のような外見をしている。
巨大な姿をしている。
暗黒大将軍や、稗田八方斎、伝説のスタフィーのイーブルとは馬が合う。

アレイクス

元ガリアンティス帝国の幹部
帝国の卑劣なやり方に反意を懐き、ザベル星の姫ルルーナ・リリースと共に地球に逃亡した。
外見は騎士のような鎧を着ている。
正義の集団や、ベルメルズ等に協力する。
福富しんべヱの鼻水攻撃に呆れている。
ガレイガスの操るギルギルガンと戦う。

マレイア

元ガリアンティス帝国の幹部で、アレイクスの双子の妹。
帝国の卑劣なやり方に反意を懐き、ザベル星の王で、ルルーナ・リリースの父、バラム・リリースとザベル星の女王でルルーナ・リリースの母、ララム・リリースと共に地球に逃亡した。
外見は騎士のような鎧を着ている。
正義の集団や、ベルメルズ等に協力する。
彼女も福富しんべヱの鼻水攻撃に呆れている。
ガレイガスの操るピクドロンと戦う。

バラム・リリース

惑星ザベル星の王で、ルルーナ・リリースの父。
ガリアンティス帝国の侵略でザベル星を支配され、ザベル星の女王で妻のララム・リリース共々囚われの身になっていたが、アレイクスの双子の妹、マレイアによりララム・リリース共々解放されマレイアとララム・リリースと共に地球に逃亡した。
戦闘には優れているが、時々ぎっくり腰になってしまう。
ポケモンのオーキド博士、戦国BASARAの前田利家など正義の集団の一部とは意気投合する。

ララム・リリース

惑星ザベル星の女王でルルーナ・リリースの母。
ガリアンティス帝国の侵略でザベル星を支配され、惑星ザベル星の王で、夫のバラム・リリース共々囚われの身になっていたが、アレイクスの双子の妹、マレイアによりバラム・リリース共々解放されマレイアとバラム・リリースと共に地球に逃亡した。
彼女も戦闘には優れている。
戦国BASARAのまつ、東方projectの聖白蓮などの正義の集団の一部とは意気投合する。

ルルーナ・リリース

惑星ザベル星の姫。
ガリアンティス帝国の侵略でザベル星を支配され囚われの身になっていたが、アレイクスにより解放され共に地球に逃亡した。
杖を持ち、星形のペンダントを首に付けている。
母星を救いたいという思いは誰よりも強く心優しい性格だが、天然でうっかりな所がある。
戦闘時は魔法を使って戦う。
ゴモラ(怪獣娘)、ネプテューヌ、ルフィなどの正義の集団の一部とは色々と意気投合することがある。

オルザデル

ガリアンティス帝国四天王候補生として知られる仮面の剣士。
だがその正体はバラム・リリースとララム・リリースの息子でルルーナ・リリースの兄にして惑星ザベルの王子、ガルディー・リリースである。
デスロスロードに「侵略を手伝う代わりに母星を返す」と言う条件で従っている。両親と妹は反意を抱いてガリアンティス帝国と戦っているのにそれが出来ていない自分にコンプレックスを感じている。
外見は緑色の鎧を着ていてマントと仮面を付けている。素顔はかなりイケメンである。
ゲベとカービィに敗れ、その後、ゲベとカービィとエスカルゴンに両親と妹は反意を抱いてガリアンティス帝国と戦っているのにそれが出来ていない自分にコンプレックスを感じていることを話し、その後、エスカルゴンに両親と妹は反意を抱いてガリアンティス帝国と戦っているのにそれが出来ていない自分にコンプレックスを感じていることを直してもらい、その後、バラム・リリースとララム・リリースとルルーナ・リリースと再会し、その後は正義の集団や、ベルメルズ等に協力する仲間になる。

ガリアンティス帝国皇帝デスロスロード

ガリアンティス帝国の皇帝。
惑星ザベル星の支配者で、そこに本拠地である巨大な宮殿を持っている。
邪心軍ゲイドがしんのすけ一家の犠牲とヒーロー達によってギバディアスモンスが倒されたことで壊滅した後に地球や、全宇宙を征服すべく、幹部達や、大幹部達と共に動き出し、亜空軍、ザキラ軍、暗黒連合、ヴィラン、ヒドラ、べリアル軍、亜空ショッカー等を復活させ、それらを全てガリアンティス帝国の下部組織にする。
また、キレイスや、ドクトル・ザンガ等の幹部や、大幹部で総司令官のガレイガス、その他の幹部にモニターから命令を下すこともある。