Top > 創作細部設定 > スネークの無線創作 > その他のオリジナルアニメ作品


創作細部設定/スネークの無線創作/その他のオリジナルアニメ作品

Last-modified: 2018-11-10 (土) 15:59:13
目次

魔法少女・変身ヒロイン・戦闘美少女アニメ Edit

キュアブラック&キュアホワイト Edit

担当:オタコン
スネーク:「あの派手(?)な衣装を着た二人の少女はまさか、」
オタコン:「そう。彼女達はあの伝説の戦士、『プリキュア』なんだ。今スネークの目の前にいる二人は、プリキュアの原点とも言える、『ふたりはプリキュア』のキュアブラックとキュアホワイトだよ。」
スネーク:「噂には聞いていたが、まさか本当にいたとは。」
オタコン:「プリキュアシリーズは、何年も続いているから、その人数は結構いるよ。今現在彼女達の人数は、30人程にもなるね。」
スネーク:「確かその人数って、今のスマッシュブラザーズに匹敵する程なんじゃないか。」
オタコン:「そうだね。プリキュア達は、これからもどんどん新しい戦士が登場する事もあるからね。」
スネーク:「伝説は、新しい世代に受け継がれながら続いていくのか。」

巴マミ(魔法少女まどか☆マギカ) Edit

担当:メイ・リン
(魔法少女まどか☆マギカのネタバレ少し含みます)
メイ・リン:スネーク、彼女に関して少し悲しい話をしてもいいかしら?
スネーク:ん?なんだ
メイ・リン:スネークが戦っている女の子、巴マミさんは魔法少女。単発式のマスケット銃を召喚しての戦法よ。それは置いといて彼女たちの世界では魔法少女になる時、願いをかなえる。彼女の願いは生き残る事、そして一人で戦い続けた、でもその孤独は払しょくされた。でもその矢先に未来の後輩たちの目の前で命を落としてしまった。二人には本当に大きな衝撃だったわ
スネーク:死んだ・・・?じゃあ何故彼女は、ここで生きて俺と戦っている
メイ・リン:ここはフィギュアの世界だからかもしれない。そしてその魂がここに呼び出されたのかもしれない。凄惨な最期を遂げてまだ生きたいという願いが強かった、だから今ここでスネークと戦っているのかもしれない。考えられる理由はいっぱいあるわね。できれば彼女には頑張ってほしいわ
スネーク:…。だが俺も意志の強さと言う点では負けない、悪いが手加減はできない。

呉キリカ(魔法少女おりこ☆マギカ) Edit

担当:オタコン
オタコン:スネーク、呉キリカと戦っているのかい?
スネーク:あの眼帯女のことか。動きが速くて厄介な奴だ。
それにいきなり愛がどうとか語り出すんだが、あいつの考えにはついて行けそうにない。
オタコン:彼女は、とある魔法少女のことを非常に心酔しているんだ。
その魔法少女のためなら、残忍なことであろうと躊躇いなく実行する。
愛にこだわっているのは、キリカなりの忠誠心の表れじゃないかな。
スネーク:……特定の人物へ尽くすために、あらゆる行動を厭わない、か。
兵士としては優秀だが、厄介な人種だ。気を付けて対処しよう。

その他アニメ Edit

その他のヒーローアニメ Edit

カズマ(スクライド) Edit

秘密結社 鷹の爪 Edit

鷹の爪団 Edit

担当: 鷹の爪団 大家さん

スネーク: あんたらは世界征服を目論んでいる、秘密結社か?
総統: まぁ、悪の秘密結社じゃからな、あなたは軍人かなんかですか?
スネーク: 俺はソリッド・スネーク
吉田くん: パリッとスイーツ?
総統: 違うよ、吉田くんこの人はソリッド・スネークさんじゃよ。
吉田くん: ソリと蛇のおっさんが何のようなんだよ。
スネーク: ソリと蛇だと!?
総統: 失礼じゃよ吉田くん。
吉田くん:ごめんな。ソリと蛇のおっさん。
スネーク:だからソリッド・スネークだ!
総統:それでスネークさんはどうしてここに?
スネーク: あんたらのことを調べているんだよ。その熊は科学者か?
レオナルド博士: 俺は熊じゃねぇ!!
スネーク: ああ、すまないがその男は?
総統: え?ああ、フィリップのことか?
吉田くん: こいつはリモコンで幽霊になれるんだぞ。
スネーク: その紫色の顔の子供は?
総統: 菩薩峠くんのことかな?わしを父親だと思ってるんじゃ。
スネーク: 悪の秘密結社って感じがしないな。
大家さん: あんたら!先月の家賃まだなのかい!?
総統: 大家さん!!待って下さいよ!
スネーク:誰だその人は?
大家さん:あんたもまた世界征服ごっこでもしてるのかい?!
スネーク:俺はそんな事、

ヘボット! Edit

ヘボット&ネジル Edit

スネーク:「こちらスネーク!大佐!この黄色いおならをだすロボットを連れた子供は誰だ?」
ハッカネズミ:「あれはヘボットとネジルのことズミ?」
スネーク:「お前は誰だ!?」
ハッカネズミ&ネジマウス:「チュウ達はハッカネズミとネジマウスチュウw(ワラ)」
ハッカネズミ:「ネジルはネ慈愛溢れた王子だマウス!」
ネジマウス:「ていうかむしろネジバカでちゅw(ワラ)」
ネジマウス:「ヘボットの方は頭にネジを指すとギャグがなるんでマウスw(ワラ)」

海外アニメ Edit

ミッキーマウス Edit

担当:大佐
大佐:スネーク、あのネズミのことは知っておるな
スネーク:もちろんだ、ミッキーマウスだろ
大佐:ミッキーマウスは初登場して以来、世界的に人気を博している
日本でもディズニーランドなどもあって知らない人はほとんどいない、それほどの有名人だ
スネーク:そんな奴と手合わせ願えるとはいい時代になったものだ
大佐:奇跡的な場面だ、存分に腕を振るえ
スネーク:了解だ、任務を続行する

コメント Edit

コメントはありません。 コメント/創作細部設定/スネークの無線創作/その他のオリジナルアニメ作品?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White