Top > スマブラ個人小説 > 光太郎の小説 > スマブラ・超勇者伝説~ブラックノヴァの大逆襲~Part2~


スマブラ個人小説/光太郎の小説/スマブラ・超勇者伝説~ブラックノヴァの大逆襲~Part2~

Last-modified: 2012-05-23 (水) 19:44:44
目次

続き Edit

第9話「立ち上がるヒーロー達」 Edit

ロム達とカービィ達が太陽系に向かってる中、地球では・・・。
~大利根空港~
ドガアアアアアアアン!
伴野社長「んっ!?なんだ!?」
怪獣軍団「グギャオオオオーーーーーーン!!!」
なんと大利根空港付近に怪獣軍団が!
伴野社長「怪獣軍団!?PATとナオキに知らせないと!」
~PAT基地~
アナウンサー「緊急事態発生!東京近郊で怪獣軍団出現!」
浜田三代目隊長「なんだって!?」
せつ子隊員「なんで怪獣軍団が・・・」
安田 秀彦隊員(元SGM)「隊長!ナオキにこのことを知らせましょう!」
浜田三代目隊長「分かってる!」
一方、立花ナオキは・・・。
立花ナオキ「さて、東京に帰るか」
デモンゴーネとの死闘を終え、ナオキは東京へ帰ろうとしていた・・・。
ゴォォォ・・・
立花ナオキ「ん!?なんだ!?」
ナオキが見たもの、それはバルタン星人の宇宙船だった!
立花ナオキ「あ、あれは一体!?」
すると宇宙船の先っぽから光線が放たれナオキが乗っているジャンセスナを吸収しようとした!
立花ナオキ「うわああああああっ!」
立花ナオキが危ない!
立花ナオキ「クソツ・・・ジャンファイト!」
立花ナオキの掛け声でジャンセスナは、ジャンボーグAに変身した!
説明しよう!ジャンボーグA。それはエメラルド星より贈られた宇宙サイボーグの事である。 立花ナオキの腕時計が光る時、「ジャンファイト!」の掛け声でジャンセスナが変化し、 立花ナオキはジャンボーグAの目の奥で操縦するのである!
立花ナオキ「一体、あの宇宙船はなんなんだ・・・」
バルタン星人の宇宙船の光線から辛くも逃れたジャンボーグA、だがしかし!
ズガァァァーーーン!!!
フライトキング・ウルスレドン・モンスアーガー「グギャォォォーーーーーー!!!」
立花ナオキ「な、なんだこいつらは!?」
フライトキング「グギャォォォーーーーーー!!!」
フライトキングはカノン砲でジャンボーグAを攻撃した!
立花ナオキ「うわぁ!」
ウルスレドン「ピキュグォォォーーーーーーン!!!」
ウルスレドンの突風攻撃!
立花ナオキ「くっ、クソツ・・・」
モンスアーガー「グギャォォォーーーーーー!!!」
モンスアーガーの火炎破壊弾!
立花ナオキ「このまま負けてたまるか!」
ジャンボーグAの反撃だ!
ウルスレドン「ピキュグォォォーーーーーー!!!」
立花ナオキ「フライングキック!」
ジャンボーグAのフライングキックだ!
ウルスレドン「ピキュグォォォーーーーーー!!!」
ジャンボーグAのフライングキックでウルスレドンが吹っ飛んだ!
フライトキング・モンスアーガー「グギャォォォーーーーーー!!!」
立花ナオキ「ビィーム!エメラルドッ!」
フライトキング・ウルスレドン・モンスアーガー「グギャォォォーーーーーー!!!」
ドガァァァァァァーーーーーーン!!!
ジャンボーグAのビーム・エメラルドが三大怪獣に炸裂!
立花ナオキ「やったぜ!」
???「フッフッフ・・・勝ったと思うなよ立花ナオキ!」
立花ナオキ「ん!?誰だ!?」
バルタン星人「フォフォフォフォ・・・」
なんとジャンボーグAの前にバルタン星人が現れた!
バルタン星人「まんまと我々の作戦にはまったなジャンボーグA!」
立花ナオキ「どうゆうことだ!」
バルタン星人「これを見ろ!」
立花ナオキ「こっ、これは!?」
ナオキが見たものそれは東京で怪獣軍団が暴れてる映像だった!
立花ナオキ「貴様!俺がいない隙に東京に怪獣軍団を送り込んだな!」
バルタン星人「そのとおり!あの怪獣軍団はお前を釘付けにするためのおとりだったのだ!」
立花ナオキ「クソツ・・・早く東京に行かないと!」
バルタン星人「フォフォフォフォ・・・できるかな?」
立花ナオキ「お前は一体何を企んでるんだ!」
バルタン星人「我々はダークライ様の命令でお前を抹殺しに来たのだ!」
立花ナオキ「ダークライだと!?」
バルタン星人「とにかく死ねぇぇぇーーーーーー!!!」
???「待て!バルタン星人!」
バルタン星人「んっ!?何者だ!」
ウルトラマン80「シュワ!」
バルタン星人がジャンボーグAを攻撃しようとしたその時!空の彼方から、ウルトラマン80が駆けつけた!
バルタン星人「うっ、ウルトラマン80!」
ウルトラマン80「ティア!」
ウルトラマン80はバルタン星人に立ち向かっていった!
ウルトラマン80「ジャンボーグA!今のうちに!」
立花ナオキ「わかった!」
ジャンボーグAは東京に向かった!
バルタン星人「逃がすか!」
ウルトラマン80「デェア!」
東京へ向かおうとするジャンボーグAを攻撃しようとするバルタン星人をウルトラマン80が阻止した!
バルタン星人「貴様!」
ウルトラマン80「テェア!」
ウルトラマン80はバルタン星人の足をつかむとバルタン星人の宇宙船目掛けて投げつけた!
バルタン星人「グワァァァーーーーーー!!!ダークライ様バンザーイ!」
ドガァァァァァァーーーーーーン!!!
ウルトラマン80「ダークライ・・・一体なんのことだろうか・・・」
一方、東京荒川区では・・・
モグネチュードン「キシャグォォォーーーーーーン!!!(ゴモラの鳴き声)」
ネズバートン・シルドロン「ギィィィーーーン!!!(カマキラスの鳴き声)」
キングジャイグラス・ドギュー・ジュバゴン「グゲェグォォォーーーーーー!!!(バラゴンの流用)」
一般人「かっ、怪獣だぁぁぁぁぁぁーーーーーー!!!」
一般人B「にっ、逃げろぉぉぉぉぉぉーーーーーー!!!」
逃げる一般人達。
ネズバートン「ギィィィーーーン!!!」
ズガァァァーーーン!!!
ビルを次々と壊す怪獣軍団!
熊井隊員「クソ・・・大量に現れやがって!」
浜田三代目隊長「攻撃開始!」
せつ子隊員「了解!」
安田隊員「隊長!怪獣軍団はどうやら東京だけではありません!札幌、成田、横浜、大阪、京都、福岡、那覇市に怪獣軍団が!」
浜田三代目隊長「なんだって!?」
モグネチュードン「キシャォォォーーーーーーン!!!」
モグネチュードンは発火性のガスで町を破壊した!
ネズバートン「ギィィィーーーン!!!」
熊井隊員「コイツ!」
熊井隊員はジェットコンドルでネズバードンを迎え撃った!
ネズバードン「ギィィィーーーン!!!」
せつ子隊員「んっ?隊長!ジャンボーグAです!」
浜田三代目隊長「ジャンボーグA!?」
立花ナオキ「行くぞ!」
ジャンボーグAは怪獣軍団に立ち向かった!だが1対6ではピンチだ!
ネズバードン「ギィィィーーーン!!!」
立花ナオキ「喰らえ!」
ネズバードン「ギィィィーーーン!!!」モグネチュードン「キシャォォォーーーーーーン!!!」
キングジャイグラス・ドギュー・ジュバゴン・シルドロン「キシャグォォォーーーーーー!!!」
立花ナオキ「大勢きやがって!」
怪獣軍団の総攻撃に追い詰められていくジャンボーグA・・・、その時!
ズガァァァーーーン!!!
ネズバードン「ギィィィーーーン!!!」
立花ナオキ「あれは・・・」
ウルトラマンネクサス「シェア!」
ウルトラマンマックス「デェア!」
浜田三代目隊長「ウ・・・、ウルトラマン!?」
なんとウルトラマンネクサスとウルトラマンマックスがジャンボーグAを助けに来た!
せつ子隊員「どうしてウルトラマンがここに・・・?」
熊井隊員「きっとジャンボーグAを助けに来たんだ!」
ネズバードン「ギィィィーーーン!!!」
ウルトラマンマックス「デェヤ!」
ウルトラマンマックスのキックでネズバードンが吹っ飛んだ!
ジュバゴン「グゲェグォォォーーーーーー!!!」
ジュバゴンのブレストバーベキュー!
立花ナオキ「ゴールデンレーザー!」
ジャンボーグAのゴールデンレザーが炸裂!
ジュバゴン「グゲェグォォォーーーーーー!!!」
モグネチュードン「キシャォォォーーーーーー!!!」
ウルトラマンネクサス「シェア!」
ウルトラマンネクサスはアンファンスからジュネッスブルーへ!
モグネチュードン「キシャォォォーーーーーー!!!」
ウルトラマンネクサス・ジュネッスブルー「ゼェア!」
ウルトラマンマックス「ディア!」
ウルトラマンマックスはマグシウムソードを怪獣軍団に目掛け投げつけた!
ズシャズシャ!
ドギュー・シルドロン「ギィィィーーーン!!!」
そして大爆発!
キングジャイグラス・ジュバゴン「グゲェグォォォーーーーーー!!!」
立花ナオキ「ヘッティングキラー!」
ジャンボーグAのヘッティングキラーがキングジャイグラスとジュバゴンに炸裂!
キングジャイグラス・ジュバゴン「ズギャグォォォーーーーーー!!!(ゴルザの鳴き声)」
そして大爆発!
モグネチュードン「キシャォォォーーーーーー!!!」
ネズバードン「ギィィィーーーン!!!」
ウルトラマンネクサス・ジュネッスブルー「ハァァァァ・・・!フンッ!」
ウルトラマンネクサス・ジュネッスブルーのアローレイ・シュトロームがネズバードンとモグネチュードンに炸裂だ!
ウルトラマンネクサス・ジュネッスブルー「ハァァァァ・・・!ヘアッ!」
そしてオーバーアローレイ・シュトローム発射!
モグネチュードン「キシャォォォーーーーーー!!!」
ネズバードン「ギィィィーーーン!!!」
ドガァァァァァァーーーーーーン!!!
浜田三代目隊長「おお!やったぞ!」
ウルトラマンネクサス・ジュネッスブルーのオーバーアローレイ・シュトロームでネズバードンとモグネチュードンが大爆発!
せつ子隊員「ありがとう!ウルトラマン!」
ウルトラマンネクサス・ウルトラマンマックス「ゼェア!」
ウルトラマンネクサスとウルトラマンマックスは宇宙に帰った。
立花ナオキ「ウルトラマン・・・」
かくして東京はジャンボーグAとウルトラマンネクサスとウルトラマンマックスの活躍で救われた。しかし、札幌、横浜、大阪、名古屋、京都、福岡、那覇市が今、怪獣軍団に襲われている。果たしてどうなる!
続く

第10話「行け!正義の戦士達!」 Edit

~札幌~
ダンガー・マグマゴン・レッドジャック・ゴキノザウルス・エマー星人・モーク星人・ガロボーグ・アルマジゴン・ノースサタン・テラガイヤー「グギャォォォーーーーーー!!!」
市民A「かっ、怪獣だぁぁぁぁーーーーーー!!!」
市民B「逃げろぉぉぉーーーーーー!!!」
札幌でも怪獣軍団が暴れまわっていた!
藤村D「すずむし大変だ!」
大泉洋「なんや藤村Dってすずむして言うな!」
藤村D「そんなことより大変だ!怪獣が現れたんだよ!」
大泉洋「怪獣?」
藤村D「本当だよ!怪獣軍団が町を破壊してるぜ!」
ミスター「もしかすると今日で水曜どうでしょうは終わりか・・・」
藤村D「たぶんそうかも・・・。」
大泉洋「変なこと言うな!」
ゴキノザウルス・モーク星人「グォォォーーーーーー!!!」
大泉洋「うわっ!なんだぁ!?」
藤村D「あれはスペクトルマンのゴキノザウルスにシルバー仮面のモーク星人!?」
ミスター「どっ・・・、どうなんてんだぁ!?みんなヒーローに倒されたはずだろぉ!?」
ゴキノザウルス「キュィィィーーーン(キーラの鳴き声)!!!」
モーク星人「グォォォーーーーーー!!!」
一同「うわぁぁぁぁぁーーーーーー!!!」
するとその時!
???「ゾーンダブルファイト!!!」
一同「!?」
ゾーンファイター「テェーイ!」
なんとゾーンファイターが来た!
藤村D「あっ!あれはゾーンファイターじゃ!?」
ゾーンファイター「タァッ!!流星キィィーック!!!」
モーク星人「グォォォーーーーーー!!!」
ゾーンファイターの流星キックがモーク星人に炸裂!
ゴキノザウルス「キュィィィーーーン!!!」
ゴキノザウルスの額から光弾が発射された!
ゾーンファイター「うぉっ!」
ゴキノザウルスの光弾を受けて吹っ飛ぶゾーンファイター!
藤村D「ゾーンファイター!」
大泉洋「ええい!これでも喰らえ!」
大泉洋は火薬を拾いモーク星人に目掛け投げた!
ドガァァァァァァーーーーーーン!!!
モーク星人「グォォォーーーーーー!!!」
大泉洋の投げた火薬がモーク星人に命中!
大泉洋「どうだ!」
モーク星人「グォォォーーーーーー!!!」
怒ったモーク星人は左腕のムチで大泉洋達を攻撃してきた!
大泉洋「うわぁ!」
エマー星人・ガロボーグ・ノースサタン「ギィィィーーーン!!!」
ゴキノザウルス・テラガイヤー「グギャグォォォーーーーーー!!!」
怪獣軍団が藤村D達を襲う!
大泉洋「もっ、もうだめだぁ・・・」
するとその時!
ドガァァァァァァーーーーーーン!!!
藤村D「なっ、なんだ!?」
ミスター「おおっ!シルバー仮面ジャイアントだ!」
大泉洋「スペクトルマンもいるぞ!」
なんとゾーンファイターの危機にシルバー仮面ジャイアントとスペクトルマンが来た!
スペクトルマン「ネビュラスライサー!」
シルバー仮面ジャイアント「シルバー!」
ゴキノザウルス「キュィィィーーーン!!!」
モーク星人「グォォォーーーーーー!!!」
ドガァァァァァァーーーーーーン!!!
スペクトルマンのネビュラスライサーとシルバー仮面ジャイアントのシルバージャックでゴキノザウルスとモーク星人は大爆発!
大泉洋・ミスター「やったぁ!」
ダンガー・レッドジャック・ノースサタン・エマー星人「グォォォーーーーーー!!!」
ゾーンファイター「流星プロトンビーム!」
ゾーンファイターの流星プロトンビームが怪獣軍団に炸裂!
アルマジゴン「グォォォーーーーーー!!!」
スペクトルマン「ネビュラショット!」
スペクトルマンのネビュラショットがアルマジゴンに命中!
アルマジゴン「グォォォーーーーーー!!!」
マグマゴン「グゲェグォォォーーーーーー!!!」
シルバー仮面ジャイアント「シルバーハンマー!」
シルバー仮面ジャイアントのシルバーハンマーがアルマジゴンに直撃!
アルマジゴン・マグマゴン「グォォォーーーーーー!!!」
シルバー仮面ジャイアント「とどめだ!シルバーリング!」
アルマジゴン・マグマゴン・レッドジャック「グォォォーーーーーー!!!」
シルバー仮面ジャイアントのシルバーリングがアルマジゴンとマグマゴンとレッドジャックを粉砕した!
スペクトルマン「スペクトルサンダー!」
ダンガー・エマー星人・ノースサタン「グギャァァァァーーーーーー!!!」
スペクトルマン「スペクトルフラッシュ!!!」
ガロボーグ・テラガイヤー「グォォォーーーーーー!!!」
ゾーンファイター「流星ミサイルマイト!」
スペクトルマンのスペクトルフラッシュとゾーンファイターの流星ミサイルマイトが怪獣軍団に炸裂!そして!
ドガァァァァァァーーーーーーン!!!
大泉洋・ミスター・藤村D「やったぁ!」
ゾーンファイター「ありがとうスペクトルマン、シルバー仮面ジャイアント」
スペクトルマン「ああ、だが安心はできない。」
シルバー仮面ジャイアント「今、日本各地で怪獣軍団が暴れている・・・」
ゾーンファイター「なんだって!?」
~横浜~
ドガァァァァァァーーーーーーン!!!
ガイラ・ゲスラ・ペスター・ガイロス・タッコング・ザザーン・スピンコブラー・ザリガニンド・カメレオンキング・オイルドリンガー・ガンザ・ダガール・サメクジラ・ドラドーザー・ダロン「グギャォォォォーーーーーー!!!」
市民A「うわあぁぁぁっぁぁっ!かっ、怪獣だぁぁぁぁーーーーーー!!!」
市民B「にっ、逃げろぉぉぉーーーーーー!!!」
海から怪獣軍団が現れた!
スペクトルマンとシルバー仮面ジャイアントの言うとおり、横浜でも怪獣軍団が暴れていた!
唯「かっ、怪獣!?」
律「今度はたくさんいるぞ!」
紬「凄ーい」
澪「のんびりしてる場合か!早く逃げるぞ!」
梓「そうですよ!」
唯・律・紬「ほーい」
放課後ティータイム達は逃げるがしかし!
唯「きゃあ!」
梓「唯先輩!きゃあ!」
ズガシャーーン!
ザイラユニゴン・ジュラスドン・ドジラ「グギャグォォォーーーーーー!!!」
律「また現れた!」
梓「唯先輩!」
ザイラユニゴン「グォォォーーーーーー!!!」
唯「きゃあぁぁぁぁーーーーーー!!!」
その時!
???「アイアーンショック!」
唯「あっ、あれは!?」
なんと放課後ティータイム達の前にアイアンキングが現われた!
弥太郎「君達!早く逃げろ!」
唯「あっ、貴方は・・・」
弥太郎「話は後だ!さあ早く!」
唯「はい!」
弥太郎「アイアンキング!頼むぞ!」
アイアンキング「テェヤ!」
ザイラユニゴン・ドラドーザー「グォォォーーーーーー!!!」
アイアンキングは怪獣軍団に立ち向かっていった!
アイアンキング「アイアーンチョップ!」
ザイラユニゴン「グォォォーーーーーー!!!」
アイアンキングのアイアンチョップがザイラユニゴンに炸裂!
アイアンキング「アイアーンキック!!!」
ドラドーザー「グォォォーーーーーー!!!」
アイアンキングのアイアンキックがドラドーザーをぶっ飛ばした!
ザリガニンド「ギィィィーーーン!!!」
アイアンキングの背後からザリガニンドが襲い掛かる!
弥太郎「アイアンキング!後ろ!」
アイアンキング「!?」
ザリガニンド「ギィィィーーーン!!!」
アイアンキングはザリガニンドのはさみに捕まってしまった!
アイアンキング「うわぁ!」
弥太郎「アイアンキング!」
ザリガニンド「ギィィィーーーン!!!」
ザリガニンドの電流攻撃がアイアンキングを襲う!
弥太郎「このままだとアイアンキングが・・・」
ザイラユニゴン・ドラドーザー「グォォォーーーーーー!!!」
迫り来る怪獣軍団!その時!
???「チェェンジ!」
ドラドーザー「ガウ?」
???「ダ・ガーンマグナム!」
ズガァァァァーーーーン!!!
ドラドーザー「グギャァァァァーーーーーー!!!」
弥太郎「な、なんだ!?」
星史「ダ・ガーン!」
ダ・ガーン「星史!みんな!」
ランドバイソン「ドリルクラァァァァッシュ!」
ジュラスドン・ドジラ「グギャァァァァーーーーーー!!!」
ドガァァァァァァーーーーーーン!!!
ペガサスセイバー「セイバーアロォォォッ!」
ペスター・ガイロス「グォォォーーーーーー!!!」
ドガァァァァァァーーーーーーン!!!
弥太郎「あれは一体・・・」
ガ・オーン「ガ・オーントマホォォォク!」
オイルドリンガー・ガンザ・ダガール「ギェェェェーーーーーー!!!」
ズシャズシャ!ドガァァァァァァーーーーーーン!!!
星史「ダ・ガーン!合体だ!」
ダ・ガーン「了解、星史!」
ダ・ガーンの前にアースファイター、アースライナーが来た!
ダ・ガーン「とうっ!」
アイアンキング「?」
弥太郎「なっ、なんだ・・・」
ダ・ガーンX「合体っ!ダ・ガーンエェェェェックス!」
弥太郎「合体した!?」
ガイラ・ゲスラ・タッコング・ザザーン・スピンコブラー・サメクジラ・ダロン「グォォォーーーーーー!!!」
ダ・ガーンX「行くぞ!」
ダ・ガーンXは怪獣軍団に向かっていった!
アイアンキング「私も行くぞ!アイアーンキック!」
カメレオンキング「キシャァァァーーン!!!」
ザリガニンドのはさみから解放されたアイアンキングのアイアンキックがカメレオンキングに炸裂だ!
ザリガニンド「ギィィィーーーン!!!」
ダ・ガーンX「ダ・ガァァンブレード!!!」
スピンコブラー・ザリガニンド「ギィィィーーーン!!!」
ダ・ガーンXのダ・ガーンブレードがスピンコブラーとザリガニンドを切り裂いた!
ガイラ「キシャォォォーーーーーーン!!!」
ランドバイソン「ラァァァァンドカノンッ!」
ガイラ・ゲスラ・ザザーン・ダロン「グォォォーーーーーー!!!」
ランドバイソンのランドカノンがガイラとゲスラとザザーンとダロンに炸裂!
タッコング「キシャォォォーーーーーー!!!」
ペガサスセイバー「セイバーブレスタァァァ!」
タッコング「キシャァァァーーン!!!」
ペガサスセイバーのセイバーブレスターがタッコングを粉砕した!
ダ・ガーンX「トドメだ!ブレストアァァスバスタァァァァァァァーーーーーー!!!」
アイアンキング「フルパワーアイアンフラァァァッシュ!!!」
ガイラ・ゲスラ・ペスター・ガイロス・タッコング・ザザーン・スピンコブラー・ザリガニンド・カメレオンキング・オイルドリンガー・ガンザ・ダガール・サメクジラ・ドラドーザー・ダロン「グギャォォォォーーーーーー!!!」
ドガァァァァァァーーーーーーン!!!
怪獣軍団は大爆発!
弥太郎「やった!」
アイアンキング「ありがとう、皆のおかげで助かったぞ。」
ダ・ガーンX「貴方のおかげですアイアンキング」
ペガサスセイバー「しかし・・・油断は禁物だ・・・」
続く

第11話「SOS名古屋」 Edit

~名古屋~
フィロキセラワーム「行くがいい!怪獣軍団!」
バミュルルルル・・・
バドラ・ペギラ・チャンドラー・ガンダー・ギエロン星獣・テロチルス・エレジア・テララ・ランホ・テレキラー・ドブラ・ギコギラー・ステルガン・ガゾート・ゾイガー・デキサドル「ピキュグォォォーーーーーーン!!!」
フィロキセラワームの命令で怪獣軍団は名古屋を襲撃した!
テロチルス「ピキュグォォォーーーーーー!!!」
市民A「かっ、怪獣だぁぁぁぁーーーーーー!!!」
市民B「逃げろぉぉぉーーーーーー!!!」
次々と空から襲撃してくる怪獣軍団!
ギィィィーーーン!!!
兵士A「目標確認!攻撃開始!」
防衛軍は戦闘機部隊と戦車部隊で怪獣軍団に立ち向かった!
フィロキセラワーム「大勢来ても無駄だ!」
バドラ・ペギラ・チャンドラー・ガンダー・ギエロン星獣・テロチルス・エレジア・テララ・ランホ・テレキラー・ドブラ・ギコギラー・ステルガン・ガゾート・ゾイガー・デキサドル「ピキュグォォォーーーーーーン!!!」
ドガァァァァァァン!
兵士A「戦車部隊退避!」
テロチルス「ピキュグォォォーーーーーー!!!」
テロチルスの突風だ!
ペギラ「グゲェェングォォォーーーーーー!!!」
ペギラの冷凍光線!
兵士達「うわぁ!」
紙吹雪のように舞い上がる戦車部隊!
ギエロン星獣「グゲェェングォォォーーーーーー!!!」
ギエロン星獣の怪光線だ!
戦闘機部隊「うわぁぁぁぁぁーーーーーー!!!」
ドガァァァァァァン!
戦闘機部隊は全滅!
果して名古屋は一体どうなるのか!
子供達「ゴッドマァァ~ン!」
子供達の呼ぶ声を聞いてゴッドマンが駆けつけた!
ゴッドマン「トウッ!ゴッドマ~ン・・・拡・大!!!」
ゴッドマンは巨大化して怪獣に立ち向かっていった!
テロチルス「ピキュグォォォーーーーーー!!!」
ゴッドマン「行くぞ!」
さあ、ゴッドマン対怪獣軍団の戦いの始まりだ!
ペギラ「グゲェェングォォォーーーーーー!!!」
ペギラは冷凍光線をゴッドマン目掛けて発射した!
ゴッドマン「ゴッドバリヤー!」
ゴッドマンは冷凍光線をゴッドバリヤーで防いだ!
フィロキセラワーム「クソ・・・邪魔が入ったか・・・」
テロチルス「ピキュグォォォーーーーーー!!!」
ゴッドマン「ゴッドスパーク!」
テロチルス「ピキュグォォォーーーーーー!!!」
ゴッドマンのゴッドスパークだ!
テロチルス「キュルルルルーーーーーー!!!」
テロチルスの破壊光線!
ゴッドマン「トウッ!ゴッドクラッシュ!」
破壊光線を避けたゴッドマンはゴッドクラッシュで反撃した!
テロチルス「ピキュルルルルーーーーーー!!!」
テロチルスの体当たり攻撃だ!
ゴッドマン「ぐわぁ!」
ギエロン星獣「グゲェェングォォォーーーーーー!!!」
ギエロン星獣の100万ボルトだ!
ゴッドマン「うわぁぁぁぁぁーーーーーー!!!」
ゴッドマン、危うし!
その時!
???「ライブマン!」
フィロキセラワーム「んっ!?貴様らは!?」
レッドファルコン「レッドファルコン!」
ブラックバイソン「ブラックバイソン!」
グリーンサイ「グリーンサイ!」
イエローライオン「イエローライオン!」
ブルードルフィン「ブルードルフィン!」
レッドファルコン「超獣戦隊!」
ライブマン一同「ライブマン!」
フィロキセラワーム「らっ、ライブマンだと!?」
ブォォォーーーーーー!!!(バイク音)
フィロキセラワーム「!?」
仮面ライダースーパー1「トウッ!」
フィロキセラワーム「仮面ライダー!?」
仮面ライダースーパー1「仮面ライダースーパー1!」
ゴッドマンの危機にライブマンと仮面ライダースーパー1が来た!
仮面ライダースーパー1「フィロキセラワーム!これ以上の悪事は許さないぞ!」
フィロキセラワーム「ぬぅぅぅ~黙れ!行けプリム兵!人間モドキ!インベーダー兵士!」
プリム兵・人間モドキ・インベーダー兵士「イィィーーーーーー!!!」
レッドファルコン「行くぞ!」
イエローライオン・ブルードルフィン・グリーンサイ・ブラックバイソン「おう!」
さぁ、戦いだ!
レッドファルコン「ファルコンセイバー!」
プリム兵「イィィーーーーーー!!!」
イエローライオン「ライオンバズーカ!」
人間モドキ「イィィーーーーーー!!!」
イエローライオンのライオンバズーカを喰らった人間モドキはドロドロに溶けた。
ブルードルフィン「ドルフィンアロー!」
インベーダー兵士「イィィーーーーーー!!!」
ブラックバイソン「バイソンカッター!」
グリーンサイ「サイカッター!」
プリム兵・人間モドキ・インベーダー兵士「イィィーーーーーー!!!」
次々と倒されるプリム兵、人間モドキ、インベーダー兵士!
フィロキセラワーム「おのれぇぇぇーーーーーー!!!」
怒ったフィロキセラワームが攻撃を仕掛けてきた!
仮面ライダースーパー1「チェェェンジ!冷熱ハンド!」
フィロキセラワーム「なっ、なにっ!?」
仮面ライダースーパー1「超低温レーザー!」
仮面ライダースーパー1の左手から超低温レーザーが放たれた!
フィロキセラワーム「ぬぉぉ!?あっ、足がぁ!?」
レッドファルコン「よし今だ!バイモーションバスターだ!!!」
5人の指令で必殺武器バイモーションバスターが転送された!
ライブマン「バイモーションバスター!」
仮面ライダースーパー1「トウッ!スーパーライダー旋風キィーーーーック!」
フィロキセラワーム「グワァ!」
仮面ライダースーパー1「トウッ!スーパーライダー月面キィーーーーック!」
スーパー1のスーパーライダー月面キックがフィロキセラワームに炸裂!
そしてバイモーションバスターがフィロキセラワームに炸裂!
フィロキセラワーム「グワァァァァァァーーーーーー!!!」
ドガァァァァァァン!
レッドファルコン「やった!」
ゴッドマン「ゴッドマン!超音波!!!」
怪獣軍団「ギェェェェーーーーーー!!!」
ドガァァァァァァーーーーーーン!!!
ゴッドマンはゴッドマン超音波で怪獣軍団を倒した!
ゴッドマン「!?」
ゾイガー「グルルル・・・」
なんとゾイガーはゴッドマン超音波を耐えた!
ゴォォォーーーーーー!!!
ブルードルフィン「なにかしら!?」
レッドファルコン「あれは宇宙船!?」
アンチゴーネ「合体光線発射!」
説明しよう!合体光線とは倒された怪人を蘇らせ怪獣と合体することによって合体獣が誕生するのだ!
フィロキセラワーム「ぬぅ~ウォォォーーーーーー!!!」
ゾイガー「ピキュグォォォーーーーーー!!!」
ピカァァァーーーーーーン!!!
フィロキセラゾイガー「キシャグォォォォーーーーーーン!!!」
フィロキセラワームはゾイガーと合体して、フィロキセラゾイガーになった!
頭はフィロキセラワームの触角が生え、両腕はハサミになり四枚の羽が生え恐ろしい合体獣である!
ゴッドマン「ゴッドマン超音波!!!」
フィロキセラゾイガー「キシャグォォォォーーーーーー!!!」
カキーン!
フィロキセラゾイガーはバリアでゴッドマン超音波を跳ね返した!そしてその衝撃でビルが大爆発!
ゴッドマン「うわぁ!」
レッドファルコン「マシンバッファロー!」
ブラックバイソン「バイソンライナー!」
グリーンサイ「サイファイヤー!」
レッドファルコン、ブラックバイソン、グリーンサイの掛け声で、マシンバッファロー、バイソンライナー、サイファイヤーが発進した!
仮面ライダースーパー1「おおっ!」
レッドファルコン「ジェットファルコン発進!」
ブルードルフィン「アクアドルフィン発進!」
イエローライオン「ランドライオン発進!」
ランドライオン「ガォォォーーーーーー!!!」
ライブマンの掛け声とともに、ジェットファルコン、ランドライオン、アクアドルフィンが発進した!
フィロキセラゾイガー「キシャグォォォォーーーーーー!!!」
レッドファルコン「合体!ライブディメンション!」
レッドファルコンの掛け声とともに、ジェットファルコン、ランドライオン、アクアドルフィンが合体した!
レッドファルコン「完成!」
ライブマン「ライブロボ!」
ブラックバイソン「合体!ボクサーディメンション!」
ブラックバイソンの掛け声と共に、バイソンライナーとサイファイヤーが合体!
ブラックバイソン「完成!」
ブラックバイソン・グリーンサイ「ライブボクサー!」
フィロキセラゾイガー「キシャグォォォォーーーーーー!!!」
ライブロボとライブボクサーはフィロキセラゾイガーに立ち向かっていった!
レッドファルコン「ライブロボパンチ!」
ライブロボのパンチがフィロキセラゾイガーに炸裂!
フィロキセラゾイガー「キシャグォォォォーーーーーー!!!」
フィロキセラゾイガーの衝撃波攻撃!
ドガァァァァァァーーーーーーン!!!
ライブマン「うわぁ!」
ゴッドマン「ゴッドバリヤー!」
ゴッドマンはゴッドバリヤーで衝撃波を防ぐが!?
ズガァァァーーーーーーン!!!
ゴッドマン「うわぁぁぁぁぁーーーーーー!!!」
フィロキセラゾイガー「キシャグォォォォーーーーーー!!!」
フィロキセラゾイガーはクロックアップ能力を発動させた!
仮面ライダースーパー1「クロックアップだと!?」
フィロキセラゾイガー「キシャグォォォォーーーーーー!!!」
ブラックバイソン「ピストンパンチ!」
ライブボクサーのピストンパンチ!しかし・・・。
フィロキセラゾイガー「キシャグォォォォーーーーーー!!!」
フィロキセラゾイガーはこれをかわし、反撃してきた!
ブラックバイソン「うわぁぁぁぁぁーーーーーー!!!」
グリーンサイ「鉄ちゃん!」
フィロキセラゾイガーの攻撃を受け吹っ飛ぶライブボクサー!
レッドファルコン「ライブボクサー!こうなったら超獣剣!」
レッドファルコンの掛け声で超獣剣が実体化した!
ライブマン「ストロング・クラッシュダウンッ!!!」
ライブロボの必殺技、ストロングクラッシュダウンが炸裂!
仮面ライダースーパー1「やったか!」
しかし!
フィロキセラゾイガー「キシャグォォォォーーーーーー!!!」
レッドファルコン「ストロングクラッシュダウンが効かない!?」
ライブロボのストロングクラッシュダウンを耐える体を持った合体獣フィロキセラゾイガー!果たして彼らに勝ち目はあるのか!
続く!

第12話「西日本危機一髪!」 Edit

フィロキセラゾイガー「キシャグォォォォーーーーーー!!!」
ライブロボのストロングクラッシュダウンを跳ね返した怪獣フィロキセラゾイガー!果たして勝ち目はあるのか!
レッドファルコン「くそっ!奴に弱点はないのか!?」
フィロキセラゾイガー「キシャグォォォォーーーーーー!!!」
仮面ライダースーパー1「チェェェンジ!エレキハンド!」
スーパー1の武器、ファイブハンドの一つ、エレキハンドだ!
仮面ライダースーパー1「エレキ光線発射!!!」
説明しよう!スーパー1は元々惑星開発用の改造人間であり、惑星開発の装備としてファイブハンドと呼ばれる。
この腕は、その名の通り五種類の腕を換装し武器として使用する事が可能なのだ。
フィロキセラゾイガー「キシャグォォォォーーーーーー!!!」
スーパー1のエレキ光線が、フィロキセラゾイガーに炸裂!
ゴッドマン「ゴッドマンショット!」
ゴッドマンのゴッドショットがフィロキセラゾイガーに命中!
ライブマン「ライブロボビーム!」
ライブロボビームがフィロキセラゾイガーに炸裂!
フィロキセラゾイガー「キシャグォォォォーーーーーー!!!」
フィロキセラゾイガーのソニッククラッシュ!
ドガァァァァァァーーーーーーン!!!
ゴッドマン・ライブマン・仮面ライダースーパー1「うわぁぁぁぁぁーーーーーー!!!」
フィロキセラゾイガーの圧倒的なパワーに追い詰められていくゴッドマンとライブマンと仮面ライダースーパー1、その時!
???「ミラー・スパーク!!!」
なんとミラーマンが、ゴッドマンとライブマンと仮面ライダースーパー1のピンチに駆けつけた!
フィロキセラゾイガー「キシャグォォォォーーーーーー!!!」
フィロキセラゾイガーの破壊光弾!
ミラーマン「ディフェンスミラー!」
ミラーマンはディフェンスミラーでフィロキセラゾイガーの破壊光弾を跳ね返した!
ズガァァァーーーーーーン!!!
フィロキセラゾイガー「キシャグォォォォーーーーーー!!!」
レッドファルコン「よし!今だ!合体!!スーパーライブディメンション!!」
説明しよう!ライブロボとライブボクサーが一つになるとき、元祖スーパー合体ロボが誕生するのだ!
その名も!
ライブマン「完成!!スーパーラーイブロボッ!!」
フィロキセラゾイガー「キシャグォォォォーーーーーー!!!」
レッドファルコン「行くぞ!フィロキセラゾイガー!」
フィロキセラゾイガー「キシャグォォォォーーーーーー!!!」
フィロキセラゾイガーはハサミがついた尻尾でスーパーライブロボを攻撃しようとした!
ミラーマン「スライサーH!」
ミラーマンのスライサーHがフィロキセラゾイガーの尻尾を切り裂いた!
フィロキセラゾイガー「ギィィィィーーーーーン!!!(悲鳴はエレキング)」
レッドファルコン「よし今だ!」
フィロキセラゾイガー「キシャグォォォォーーーーーー!!!」
ライブマン「スーパービックバースト!!!」
ランドライオン「ガォォォーーーーーー!!!」
見よ!スーパーライブロボの必殺技、スーパービックバーストの威力を!
ゴッドマン「ゴッドマン超音波!!!」
ゴッドマンの必殺技、ゴッドマン超音波だ!
ミラーマン「シルバァァァァクロス!!!」
出たっ!ミラーマンの必殺技、シルバークロス!
ズガァァァーーーーーーン!!!
フィロキセラゾイガー「ギィィィィーーーーーン!!!」
ドガァァァァァァーーーーーーン!!!
フィロキセラゾイガーはスーパーライブロボ、ゴッドマン、ミラーマンの必殺技を受け、大爆発!
レッドファルコン「やった!」
ゴッドマン「ありがとう!ライブマン、ミラーマン、スーパー1!」
ミラーマン「ああ!」
仮面ライダースーパー1「正義は必ず勝つ!」
~大阪~
ズゴゴゴーーーーーー!!!(大地震)
一般人A「じ、地震や!」
ズガァァァーーーーーーン!!!
モグネス・サソギラス・ジギラ・サータン・グロンケン・レッドキラー・レッドスパーク・ジキロ・モグランダ・ザニンガ・ボアレイン・スパイダー・ダブラ・ガビシェール・ズラスイマー「グォォォォーーーーーー!!!」
塚地(ドランクドラゴン)「かっ、怪獣やぁぁぁぁーーーーーー!!!」
鈴木(ドランクドラゴン)「にっ、逃げろォぉぉぉぉぉーーーーーー!!!」
ズラスイマー「グォォォォーーーーーー!!!」
ズラスイマーのムチがドランクドラゴンの二人を襲う!
ドランクドラゴン「うわぁぁぁぁぁーーーーーー!!!」
その時!
???「メガロォォォン!!!」
塚地(ドランクドラゴン)「なっ、なんや!?」
メガロマン「テェヤ!」
なんとドランクドラゴンのピンチにメガロマンが駆けつけた!
ズラスイマー「グォォォォーーーーーー!!!」
メガロマン「メガロォンブレェェェドッ!」
メガロマンのメガロンブレードだ!
ズラスイマー「グォォォォーーーーーー!!!」
ズラスイマーの鞭攻撃!
しかし、メガロマンはメガロンブレードでズラスイマーの鞭を叩き落していく!
ズラスイマー「ギェェェェーーーーーー!!!」
メガロマン「サイクロォンキィィィック!」
ズラスイマー「グォォォォーーーーーー!!!」
サータン「ギシャァァァァーーーン!!!」
サータンは長い鼻を伸ばしてメガロマンを襲う!
メガロマン「ウォッ!」
サータン「ギシャァァァァーーーン!!!」
サータンの長い鼻がメガロマンの首に巻きついた!
塚地(ドランクドラゴン)「メガロマン!」
サータン「ギシャァァァァーーーン!!!」
サータンの電撃だ!
メガロマン「グワァァァァァァァーーーーーー!!!」
ドランクドラゴン「メガロマン!」
メガロマン「くっ!」
ズラスイマー「グォォォォーーーーーー!!!」
するとその時!
???「シュワ!」
鈴木(ドランクドラゴン)「あっ、あれは!?」
ウルトラマンジョーニアス「タアーッ!」
塚地(ドランクドラゴン)「ウ、ウルトラマンジョーニアス!?U40の戦士がどうしてここにいるんや!?」
鈴木(ドランクドラゴン)「分かんねぇよ!」
ウルトラマンジョーニアス「シュワ!」
ウルトラマンジョーニアスはサータンにアストロビームだ!
サータン「ギシャァァァァーーーン!!!」
アストロビームがメガロマンに巻きついているサータンの鼻を焼き切った!
メガロマン「テァア!」
メガロマンはサータンにキックだ!
サータン「ギシャァァァァーーーン!!!」
メガロマンのキックでサータンが吹っ飛んだ!
サソギラス・ジキロ・ボアレイン・ガビシェール「グォォォォーーーーーー!!!」
サソギラスとジキロとボアレインとガビシェールが一斉に襲い掛かってきた!
メガロマン「レーダァァァミサイル!!!」
メガロマンのレーダーミサイル!
サソギラス「グォォォォーーーーーー!!!」
サソギラスは両手のハサミでレーダーミサイルを切り払った!
ウルトラマンジョーニアス「テェア!」
ボアレイン「グォォォォーーーーーー!!!」
ウルトラマンジョーニアスはディフェンスファープを発して、ボアレインが発したレッドスモッグを防ぐ!
ウルトラマンジョーニアス「シュワ!」
ウルトラマンジョーニアスはボアレインにキックだ!
ボアレイン「ギェェェェーーーーーー!!!」
ジョーニアスのキックでボアレインが吹っ飛んだ!
ガビシェール「ギシャァァァァーーーン!!!」
ガビシェールの火炎攻撃だ!
メガロマン「テェア!」
メガロマンはメガロンブレードで口の管と両肩の管を切り裂いた!
ガビシェール「ギェェェェーーーーーー!!!」
ドランクドラゴン「やった!」
するとその時!
???「ウォーッ!!!」
塚地(ドランクドラゴン)「!?」
鈴木(ドランクドラゴン)「な、なんだ!?」
クモ怪人・ヤギ怪人・ノミ怪人・オオワシ怪人・サイ怪人・イワガメ怪人・トカゲ怪人・カメレオン怪人・ツノザメ怪人「グォォォォーーーーーー!!!」
塚地(ドランクドラゴン)「げっ!ゴルゴム怪人!?」
スカル魔スター・ガイナギスガン・キュルキュルテン・デスガロン・トリプロン・ムサラビラサ・ガイナジャグラム・百目婆ァ「グゲゲゲェェェェーーーーーー!!!」
鈴木(ドランクドラゴン)「こっ、こいつらは・・・、クライシス帝国の怪魔戦士!?」
???「その通りだ」
塚地(ドランクドラゴン)「おっ、お前は!?」
ドランクドラゴンの前に現れたのはガテゾーンとゲドリアンだった!
塚地(ドランクドラゴン)「ど・・・どうなってんるや!?クライシス帝国はブラックRXが滅ぼしたはずなのに・・・!?」
アナグマス「ゴルゴムやクライシス帝国だけではない」
ドランクドラゴン「誰だ!?」
アナグマス「わしはアナグマス・・・」
ガテゾーン「アナグマス?」
ゲドリアン「地底帝国チューブの者か?」
アナグマス「そうじゃ。行け、イグアドグラー!」
すると崖から地帝ドグラーが現れ。寄生獣イグアと合体し、イグアドグラーになった!
イグアドグラー「イグアドグラー!!」
ガテゾーン「ちょっと待った!大阪襲撃はこの俺とゲドリアンの役目だろ!」
ゲドリアン「そうだ!勝手に出番を取ってもらっては困る!」
アナグマス「分かってる・・・それより大幹部達による会議がありジャーク将軍が呼んでるぞ」
ガテゾーン「ジャーク将軍が?」
アナグマス「そうだ」
ガテゾーン「わかった!すぐに戻る!行くぞ!ゲドリアン!」
ゲドリアン「おっ、おい!」
シュン
塚地(ドランクドラゴン)「おい、なっ、なんだ貴様は」
ドランクドラゴンの二人はクライシス帝国の怪魔戦士とゴルゴム怪人に囲まれてしまった!
鈴木(ドランクドラゴン)「くそぅ、どうすりゃいいんだよ~!」
アナグマス「クックック・・・メガロマン!ウルトラマンジョーニアス!この二人がどうなってもいいのか!」
メガロマン・ウルトラマンジョーニアス「!?」
塚地(ドランクドラゴン)「俺達人質かよ!」
鈴木(ドランクドラゴン)「冗談じゃない!人質なんてごめんだ!」
その時である!
???「トウッ!」
イグアドグラー・トカゲ怪人「グェ!」
アナグマス「きっ、貴様は!?」
南光太郎「俺は南光太郎!」
アナグマス「南光太郎だと!?」
南光太郎「さぁ、早く!」
ドランクドラゴン「あ、ありがとう。」
アナグマス「貴様!」
南光太郎「いくぞ!変身!」
アナグマス「!?」
南光太郎は仮面ライダーBLACK RXに変身した!
仮面ライダーBLACK RX「俺は太陽の子!仮面ライダーブラァーック、アールエーックス!!」
アナグマス「かっ、仮面ライダーBLACK RXだと!?」
続く

第13話「ヒーロー達よ!力を合わせ!」 Edit

アナグマス「ぬぅ~おのれぇ!」
???「RX!メガロマン!ウルトラマンジョーニアス!我々も協力するぞ!」
アナグマス「その声は!もしや!」
???「オーラマスク!」
レッドマスク「レッドマスク!」
ブラックマスク「ブラックマスク!」
ブルーマスク「ブルーマスク!」
イエローマスク「イエローマスク!」
ピンクマスク「ピンクマスク!」
レッドマスク「光戦隊!」
マスクマン一同「マスクマン!」
アナグマス「ぬぉお!やはり光戦隊マスクマン!」
仮面ライダーBLACK RX「アナグマス!怪獣軍団を使って大阪の町を破壊しようなど・・・俺たちが許せん!」
アナグマス「ぬぅ・・・やれ!怪人軍団!」
怪人軍団「イエッサァァァァァァーーーーーー!!!」
怪人軍団は一斉に仮面ライダーBLACK RXとマスクマン達に襲い掛かってきた!
イグアドグラー・クモ怪人・トカゲ怪人「グェェェェーーーーーー!!!」
仮面ライダーBLACK RX「RX!キィック!」
クモ怪人・サイ怪人・スカル魔スター「ギェェェェーーーーーー!!!」
ウルトラマンジョーニアス「シュワ!」
モグネス・グロンケン・ザニンガ・タブラ「グォォォォーーーーーー!!!」
メガロマン「メガロンファイヤァーッ!!」
ウルトラマンジョーニアス「プラニウム光線!」
怪獣軍団「ギェェェェーーーーーー!!!」
怪獣軍団はジョーニアスとメガロマンの必殺光線を受け、大爆発!
アナグマス「おのれぇぇぇウルトラマンジョーニアス!メガロマン!」
イグアドグラー「グォォォォーーーーーー!!!」
レッドマスク「ジェットカノン!」
レッドマスクの号令でジェットカノンが飛来した!
怪人軍団「グォ!?」
レッドマスク「クロスターゲット!!メディテーション!!」
マスクマンのオーラが、ジェットカノンに集まって行く!
レッドマスク「発射!!」
ビィィィィーーーーーー!!!
怪人軍団「グェェェェーーーーーー!!!」
デスガロン「おのれぇぇぇーーーーーー!!!」
仮面ライダーBLACK RX「リボルケイン!」
RXの変身ベルト、サンライザーからリボルケインが出現した!
仮面ライダーBLACK RX「リボルクラッシュ!!!」
仮面ライダーBLACK RXの必殺技、リボルクラッシュが怪魔ロボット・デスガロンに炸裂!
デスガロン「グワァァァァーーーーーー!!!」
そして大爆発!
アナグマス「くそぅ・・・、よくも怪人軍団を・・・。」
ゴォォォ・・・
アナグマス「んっ?あれは!?」
アンチゴーネ「強化ビーム!」
イグアドグラー・ズラスイマー「ギシャァァグゲェェェーーーーーー!!!」
ウルトラマンジョーニアス・メガロマン・マスクマン・仮面ライダーBLACK RX「!?」
イグアドグラーは巨大化した!
アナグマス「おお・・・、オケラッパを呼ぶまでもなく巨大化するとは・・・。」
イグアドグラー・ズラスイマー「ギシャァァグゲェェェーーーーーー!!!」
レッドマスク「ターボランジャー、発進!」
マスクマンはターボランジャーを呼んだ!
レッドマスク「マスキーファイター、発進!」
ブラックマスク「マスキードリル、発進!」
ブルーマスク「マスキータンク、発進!」
イエローマスク「マスキージェット、発進!」
ピンクマスク「マスキージャイロ、発進!」
マスクマンは五機のメカに乗った!
レッドマスク「合体!ファイブクロス!」
マスクマンの五機のメカが合体して、グレートファイブになった!
マスクマン「完成!グレートファイブ!」
イグアドグラー・ズラスイマー「ギシャァァグゲェェェーーーーーー!!!」
レッドマスク「いくぞ!」
さあ、ウルトラマンジョーニアスとメガロマンとグレートファイブ対イグアドグラーとズラスイマーの戦いの始まりだぁ!
ズラスイマー「ギシャァァグゲェェェーーーーーー!!!」
ズラスイマーのムチ攻撃!
レッドマスク「グレートガン!」
グレートファイブはグレートガンで反撃だ!
ズラスイマー「ギェェェェーーーーーー!!!」
ズラスイマーはグレートガンを受けて吹っ飛んだ!
イグアドグラー「グォォォォーーーーーー!!!」
イグアドグラーの火炎攻撃!
ウルトラマンジョーニアス「シュワ!」
ウルトラスピニングフラッシュがイグアドグラーを襲う!
イグアドグラー「ギェェェェーーーーーー!!!」
イグアドグラーはイグアとドグラーに別れた!
仮面ライダーBLACK RX「なにっ!?分離だと・・・!?」
イグア「グォォォォーーーーーー!!!」
イグアは舌を伸ばしてグレートファイブに巻きつけてきた!
レッドマスク「うわぁ!」
電流攻撃がグレートファイブを苦しめる!
メガロマン「メガロォォン・ブレィド!」
メガロマンはメガロンブレイドでイグアの舌を切り裂いた!
イグア「ギェェェェーーーーーー!!!」
しかし今度はドグラーが電撃を放ってきた!
メガロマン「うわぁ!」
ドグラーの電撃に吹っ飛ぶメガロマン!
ズラスイマー「グゲェェェングォォォーーーーーー!!!」
そしてイグアとドグラーはズラスイマーと合体した!
レッドマスク「!?」
仮面ライダーBLACK RX「なにぃ!?」
イグアドグスイマー「ギシャァァグゲェェェーーーーーー!!!(鳴き声はマグラーとタッコング 初号プリント版の合わせたもの)」
これが、イグアドグラーとズラスイマーが合体したイグアドグスイマーだっ!
ブラックマスク「おいおい!あんなのありかよ!」
イグアドグスイマー「ギシャァァグゲェェェーーーーーー!!!」
メガロマン「サイクロン・キィィック!!!」
メガロマンはサイクロンキックをイグアドグスイマーに炸裂させるが・・・・。
イグアドグスイマー「ギシャァァグゲェェェーーーーーー!!!」
イグアドグスイマーの反撃だ!
メガロマン「うわぁぁぁぁぁーーーーーー!!!」
ドォォォォォォーーーーーーン!!!
レッドマスク「メガロマン!」
ウルトラマンジョーニアス「シュワ!」
仮面ライダーBLACK RX「トウッ!」
ジョーニアスとRXの連携攻撃だ!
イグアドグスイマー「ギシャァァグゲェェェーーーーーー!!!」
イグアドグスイマーは電撃でジョーニアスとRXを弾き飛ばした!
仮面ライダーBLACK RX「うわぁ!」
レッドマスク「ジャイロカッター!」
イグアドグスイマー「ギィィィーーーーン!!!」
イグアドグスイマーはグレートファイブのジャイロカッターを弾き返した!
レッドマスク「なっ、なにぃ!?」
イグアドグスイマー「ギィィィーーーーン!!!」
イグアドグスイマーの反撃だ!
仮面ライダーBLACK RX「RX!バイオライダーッ!」
RXはバイオライダーに変身してイグアドグスイマーの反撃を阻止した!
イグアドグスイマー「ギィィィーーーーン!!!」
イグアドグスイマーの火の玉攻撃がバイオライダーを襲う!
バイオライダー「おわぁ!」
ウルトラマンジョーニアス「バイオライダー!」
レッドマスク「超電子ライザー!」
グレートファイブの必殺剣、超電子ライザーだ!
マスクマン「ファイナルオーラバースト!!!」
グレートファイブのファイナルオーラバースト!だが・・・。
イグアドグスイマー「ギシャァァグゲェェェーーーーーー!!!」
レッドマスク「なにっ!?」
イグアドグスイマー「ギシャァァグゲェェェーーーーーー!!!」
イグアドグスイマーはファイナルオーラバーストをバリアで弾き返し、ムチで反撃してきた!
ズドォォォーーーーーン!!!
マスクマン「うわぁぁぁぁぁーーーーーー!!!」
吹っ飛ぶグレートファイブ!
メガロマン「なんて奴だ!」
レッドマスク「くそっ!奴に弱点はないのか!?」
姿長官「マスクマン!聞こえるか!」
レッドマスク「姿長官!」
説明しよう!マスクマンの長官、姿 三十郎は人体の未知なるパワー、オーラパワーを発見した科学者である!
姿長官「ズラスイマーは近代兵器の力では倒せない強敵だ!」
マスクマン一同「ええっ!?」
レッドマスク「じゃあどうすれば・・・」
姿長官「・・・弱点がある。」
マスクマン一同「!?」
レッドマスク「本当ですか姿長官!」
ピンクマスク「一体どんな弱点ですか!?」
姿長官「奴の弱点は頭の上の蛇だ!」
レッドマスク「頭の上の蛇!?」
説明しよう!ズラスイマーには頭の上に蛇みたいなもう一つの頭があるのだ!
レッドマスク「なぜここが弱点なんですか?」
姿長官「奴は二つの頭脳を持ち一つが頭にありもう一つはその頭にありそのため知能が発揮してる」
ブル-マスク「ということは・・・?」
レッドマスク「そのもう一つの頭の部分を攻撃すればいいんですね!」
姿長官「その通り!ただしギャラクシーロボでいった方がいい!オーラパワーは神の力と同じでグレートファイブだと無理だ!」
レッドマスク「よし!ランドギャラクシー、発進!!」
レッドマスクはランドギャラクシーを呼んだ!
レッドマスク「みんな!ギャラクシーロボは俺一人で操縦する。後は頼んだぞ!」
ブラックマスク・ブルーマスク・イエローマスク・ピンクマスク「おう!」
レッドマスク「ギャラクシーチェンジ!!」
ランドギャラクシーはギャラクシーロボに変形した!
レッドマスク「行くぞ!」
イグアドグスイマー「ギシャァァグゲェェェーーーーーー!!!」
ウルトラマンジョーニアス「我々も行くぞ!メガロマン!」
メガロマン「おうっ!」
ウルトラマンジョーニアスとメガロマンはイグアドグスイマーを押さえた!
ウルトラマンジョーニアス・メガロマン「レッドマスク、今だ!」
レッドマスク「ギャラクシーアロー!!」
ギャラクシーアローが、イグアドグスイマーの頭の上の蛇に直撃した!
イグアドグスイマー「ギェェェェーーーーーー!!!」
イグアドグスイマーは倒れそして大爆発!
レッドマスク「やったぞ!」
アナグマス「ふっ・・・」
アナグマスはどこかに消えた。
塚地(ドランクドラゴン)「ありがとう!ヒーロー達!」
続く

第14話「古都、燃えゆ」 Edit

~京都~
バイキンマン「ハッヒッフッヘッホーーー!!!京都をぶっ壊してやる!やれぃ!スフィア!怪獣軍団!」
ゴキネズラ・レオゴン・スノーゴン・サタンキング・サラマンダー・ベガロン・キーラゴン・スモークネス・モグラキング・カメレキング・ブロッケン・ガマス・グラスキング・デモンスター・アントロン・カネドラス・カーリー星人・メタン・ザルドン・ザタンシルバー・マグニア「グォォォォーーーーーー!!!」
京都ではバイキンマンがスフィアと怪獣軍団を率いて暴れまわっていた!
ジャイアン「あれはバイキンマンじゃねえか!?」
のび太・ドラえもん・スネ夫・しずか「えっ!?」
ドラえもん「何でアンパンマンのライバルがこんなことを!?」
ズドォォォォーーーーーーン!!!
ドラえもん達「うわぁぁぁぁぁーーーーーー!!!」
のび太「すっ、スフィア!?」
スネ夫「な、なんでだ!?スフィアはウルトラマンダイナがやっつけたはずなのに!?」
バイキンマン「ハッヒッフッヘッホーーー!!!お前達死ねぇぇぇーーーーーー!!!」
ドラえもん達「うわぁぁぁぁぁーーーーーー!!!」
スネ夫「ママぁ~」
バイキンマンはドラえもん達を攻撃しようとしたその時!
アンパンマン「止めるんだ!バイキンマン!」
なんとそこへアンパンマンがやってきた!
ドラえもん達「アンパンマン!」
バイキンマン「出たな!アンパンマン!やれぃ!スフィア!怪獣軍団!」
怪獣軍団「グォォォォーーーーーー!!!」
バイキンマンの号令でスフィアと怪獣軍団がアンパンマンに襲い掛かってきた!
カメレキング・カーリー星人・マグニア「グォォォォーーーーーー!!!」
カメレキングとカーリー星人とマグニアはアンパンマンの顔目掛けて一斉攻撃を行った!
アンパンマン「うわぁ!」
ジャイアン「頑張れアンパンマン!」
ブロッケン・デモンスター「グォォォォーーーーーー!!!」
ブロッケンとデモンスターの連携攻撃!
アンパンマン「アーンパーンチ!!!」
カネドラス「グォォォォーーーーーー!!!」
アンパンマンのアンパンチがカネドラスに炸裂!
のび太「やった!」
ジャイアン「いや、まだだ!」
ベガロン・マグニア「グォォォォーーーーーー!!!」
ベガロンとマグニアがアンパンマンに襲い掛かる!
アンパンマン「うわぁ!」
しずか「アンパンマン!」
アントロン「グォォォォーーーーーー!!!」
アントロンのサーベルがアンパンマンのマントを切り裂いた!
アンパンマン「あっ!マントが!」
バイキンマン「チャーンス!」
マグニア「グォォォォーーーーーー!!!」
マグニアの破壊光線がアンパンマンの顔に直撃!
アンパンマン「うわぁぁぁぁぁーーーーーー!!!」
ドラえもん達「アンパンマン!」
アンパンマン「か、顔がこげて力が出ない~。」
バイキンマン「でかしたぞマグニア!」
マグニア「ギュォォォーーーーーー!!!」
のび太「アンパンマン!」
アンパンマン「早くジャムおじさんに知らせて・・・」
ドラえもん「分かった!どこでもドア!」
のび太「ドラえもん!」
ドラえもん「僕はジャムおじさんのところに行ってくる!」
ドラえもんはどこでもドアでパン工場に行った。
~パン工場~
ジャムおじさん「なんだって!?アンパンマンが!?」
ドラえもん「はい!そうなんです!」
ジャムおじさん「よし!バタ子、新しい顔焼くよ!」
バタ子「はい!」
ジャムおじさん達はアンパンマンの新しい顔を作り始めた。
ジャムおじさん「よし!みんな!行こう!」
バタ子・カレーパンマン・しょくパンマン・メロンパンナ・ドラえもん「はい!」
チーズ「アンアーン!」
ジャムおじさん「アンパンマン号、発進!」
アンパンマン号は急いで京都に向かった。
~京都~
バイキンマン「スフィアよ!瓦礫や岩に取り付くのだ!」
説明しよう!宇宙球体スフィアは他の生物や物質と融合して怪獣化することができるのだ!
これを「スフィア合成獣」と呼ぶ!
ダランビア「ズギュォォォォーーー!!!」
グラレーン「グォォォォーーーーーー!!!」
宇宙球体スフィアは瓦礫や岩に取り付いてダランビアとグラレーンを生み出した!
のび太「また怪獣!?」
ダランビア「グォォォォーーーーーー!!!」
ジャイアン「んっ?あれは!?」
ドラえもん「みんな!」
のび太「アンパンマン号だ!」
バタ子「アンパンマン!新しい顔よ!それ!」
バイキンマン「させるか!」
ダランビア・グラレーン「グォォォォーーーーーー!!!」
バイキンマンはダランビアとグラレーンと共にアンパンマン号を攻撃しようとしたその時!
ズドォォォォーーーーーーン!!!
のび太「あっ、あれは!?」
スネ夫「ガッツイーグルとガッツウィングEX-Jとガッツウィングだ!」
ジャイアン「スーパーGUTSか!?」
バイキンマン「スーパーGUTSだと!?」
ヒビキ・ゴウスケ隊長「各機!アンパンマン号を援護するぞ!」
コウダ副隊長達「ラジャー!」
スーパーGUTSの総攻撃が始まった!
ガマス「グォォォォーーーーーー!!!」
リョウ隊員「喰らえ!」
リョウ隊員の乗るガッツイーグルγのビーム砲(ガイナー)がガマスに命中!
ガマス「ギェェェェグォォォォーーーーーー!!!」
ガマスの手裏剣がガッツイーグルγを襲う!
ムナカタ副隊長「シンジョウ!ガッツイーグルを援護するぞ!」
シンジョウ隊員「ラジャ!!」
ガッツウィングEX-Jは分離した。
シンジョウ隊員「くらえっ!」
ガマス「ギェェェェーーーーーー!!!」
ジャイアン「すっスゲー・・・」
ドラえもん「今のうちに!アンパンマン!新しい顔だよ!それぃ!」
ドラえもんの投げたアンパンマンの新しい顔がアンパンマンを復活させた!
アンパンマン「元気百倍!アンパンマン!」
バイキンマン「なっ、なにぃ!?」
カレーパンマン・しょくパンマン・メロンパンナ「アンパンマン!」
アンパンマン「みんな!行くぞバイキンマン!」
バイキンマン「ええい!やれぃ!怪獣軍団!」
怪獣軍団「グォォォォーーーーーー!!!」
サラマンダー「グォォォォーーーーーー!!!」
カレーパンマン「喰らえ!カレー!」
コウダ副隊長「こっちも行くぜ!」
カレーパンマンとゴウダ副隊長達の乗るガッツイーグルβの連携攻撃だ!
サラマンダー「グォォォォーーーーーー!!!」
レオゴン・スノーゴン「グギャォォォォーーーーーー!!!」
レオゴンとスノーゴンの連携攻撃だ!
シンジョウ隊員「喰らえ!」
シンジョウ隊員の乗るガッツウィング1号のニードルビーム!
レオゴン「ギェェェェーーーーーー!!!」
レオゴンのつたがシンジョウ隊員の乗るガッツウィング1号を捕らえた!
シンジョウ隊員「うわぁ!」
ムナカタ副隊長「シンジョウ!」
シンジョウ隊員危うし!その時!
ピカァァァァーーーン!!!
バイキンマン「うわぁ!」
レオゴン「ギェェェェーーーーーー!!!」
ジャイアン「今度はなんだ!?」
ウルトラマンダイナ「ゼェア!」
ヒビキ・ゴウスケ隊長「ウルトラマンダイナ!」
バイキンマン「ウッ、ウルトラマンダイナだと!?ばかな!?ウルトラマンダイナはブラックホールに吸い込まれて消えたはずなのに!?」
ウルトラマンダイナ「教えてやろうバイキンマン!俺はブラックホールに吸い込まれ別世界に迷い込んだ・・・そこで俺はウルトラの星のウルトラ戦士達と共にウルトラマンベリアルに立ち向かいそして今は宇宙警備隊の一員なんだぜ!」
バイキンマン「なっ、なんと!?」
ウルトラマンダイナ「行くぜ!ゼェア!」
ウルトラマンダイナは怪獣軍団に立ち向かっていった!
レオゴン・スノーゴン・サタンキング・サラマンダー・キーラゴン・カメレキング・カーリー星人・ザルドン・マグニア「グォォォォーーーーーー!!!」
ウルトラマンダイナ「デアッ!」
カーリー星人「グォォォォーーーーーー!!!」
ウルトラマンダイナ「デアッ!」
ウルトラマンダイナのビームスライサーがカーリー星人に命中!
カーリー星人「ギェェェェーーーーーー!!!」
ヒビキ・コウスケ隊長「ウルトラマンダイナを援護するぞ!」
コウダ副隊長達「ラジャー!」
カメレキング・カーリー星人「グォォォォーーーーーー!!!」
ナカジマ隊員「喰らえ!」
ナカジマ隊員の乗るガッツウイング2号のデキサスビームだ!
カーリー星人「ギェェェェーーーーーー!!!」
ドカァァァーーン!!!
のび太「やったぁ!」
ベガロン・キーラゴン・ガマス・カネドラス「グォォォォーーーーーー!!!」
しょくパンマン「行くぞ!しょくパーンチ!」
カレーパンマン「カレーパーンチ!」
アンパンマン「アーンパーンチ!!!」
ベガロン「ギェェェェーーーーーー!!!」
アンパンマンとしょくパンマンとカレーパンマンのトリプルパンチがベガロンに炸裂!
ゴキネズラ・レオゴン・スモークネス・モグラキング「グォォォォーーーーーー!!!」
メロンパンナ「メロンパンナのメロメロパーンチ!!!」
メロンパンナのメロメロパンチだ!
ゴキネズラ・レオゴン・スモークネス・モグラキング「グォォォォ~ン!!!」
説明しよう!メロンパンナのメロメロパンチに当った敵は戦意を喪失してしまいメロメロになるのだ!
バイキンマン「なにやってんだお前達!」
ゴウダ副隊長「よそみすんな!」
ゴウダ副隊長達の乗るガッツイーグルβのボルキャノンがゴキネズラとレオゴンとスモークネスとモグラキングに命中!
ゴキネズラ・レオゴン・スモークネス・モグラキング「ギェェェェーーーーーー!!!」
そして大爆発!
バイキンマン「おっ、おのれ~!」
怪獣軍団「グギャォォォーーーーーー!!!」
ウルトラマンダイナ「ゼェア!」
ウルトラマンダイナのソルジェント光線が怪獣軍団に炸裂!
バイキンマン「かっ、怪獣軍団が・・・」
ダランビア「グォォォォーーーーーー!!!」
ダランビアの破壊光線!
ウルトラマンダイナ「ゼアッ!」
ウルトラマンダイナはバリアーでダランビアの破壊光線をはね返した!
ダランビア「ギェェェェーーーーーー!!!」
するとダランビアは瓦礫を吸収し始めた!
ウルトラマンダイナ「!?」
ネオダランビア「グォォォォーーーーーー!!!」
なんとダランビアは超合成獣ネオダランビアに進化した!
アンパンマン「そっ、そんなぁ・・・」
のび太「パッ、パワーアップしちゃった・・・!」
ネオダランビア「ギャォォォーーー!!!」
ネオダランビアは斧のような右手を触手のように伸ばし、ダイナに締め付けてきた!
ウルトラマンダイナ「ゼアッ!」
のび太「ダイナ!」
アンパンマン「やめるんだ!」
バイキンマン「喰らえ!」
バイキンUFOのマジックジダンダがアンパンマンを襲う!
ゴウダ副隊長「させるか!」
ゴウダ副隊長達の乗るガッツイーグルβのボルキャノンがバイキンUFOのマジックジダンダを破壊した!
バイキンマン「おのれぇぇぇーーーい!!!」
ウルトラマンダイナ「ゼアッ!」
ダイナは、ネオダランビアの触手を振りほどくとビームスライサーで反撃した!
それを亜空間バリアで防ぐネオダランビア!
ネオダランビア「グォォォォーーーーーー!!!」
ネオダランビアの破壊光線!
ズドォォォーーーン!!!
ウルトラマンダイナ「グワァァァ・・・」
ドラえもん「ダイナ!」
ネオダランビア「グギャォォォーーーーーー!!!」
ネオダランビアはドラえもん達に向けて破壊光線を発射した!
ジャイアン「やばい!こっちに来るぞ!」
ドラえもん「よし!ヒラリマント!」
ズドォォォーーーン!!!
ネオダランビア「ギェェェェーーーーーー!!!」
ドラえもんはヒラリマントで、ネオダランビアの破壊光線をはね返した!
ドラえもん「今だ!」
ウルトラマンダイナ「ゼアッ!」
ウルトラマンダイナのソルジェント光線!
ネオダランビア「グォォォォーーーーーー!!!」
ネオダランビアの破壊光線!
そして二つの光線はぶつかり合った!
ウルトラマンダイナ「ゼアッ!」
ウルトラマンダイナのソルジェント光線が、ネオダランビアの破壊光線を押し戻した!
ネオダランビア「ギェェェェーーーーーー!!!」
バイキンマン「ネオダランビア!」
ドガァァァァーーーーーーン!!!
バイキンマン「バイバイキィーーーン!!!」
バイキンマンはネオダランビアの爆風に巻き込まれて吹っ飛んでいった!
のび太「やった!」
ウルトラマンダイナ「ゼアッ!」
ウルトラマンダイナは光の国に帰った。
アンパンマン「ありがとうウルトラマンダイナ・・・」
続く

第15話「危うし福岡!-原始怪獣デロザウルス登場-」 Edit

~福岡の石油タンクコンビナート工業地帯~
ビシャァァァーーーン!!!(海から水吹き)
作業員「おい、あれはなんだ!?」
怪獣軍団「グギャオオオオーーーーーーン!!!」
作業員「かっ、怪獣!?」
ドリゴン・ドリゴラス・スコラドン・ドランゴ・チラノドン・ラノザウルス・マクノザウルス・パラサ「グォォォォーーーーーー!!!」
作業員「たっ、大変だ!SAFに知らせなくちゃ!」
~SAF基地~
水島 三郎副隊長「隊長!福岡の石油タンクコンビナート工業地帯に怪獣が出現しました!」
海野 軍八隊長「よし!水島、千葉、マリンゴンでただちに現場に向かってくれ」
水島・千葉「了解!」
水島副隊長と千葉隊員はマリンゴンでただちに福岡の石油タンクコンビナート工業地帯に向かった。
~福岡の石油タンクコンビナート工業地帯~
トム「まちやがれこのネズミ!」
ジェリー「わぁ~んっ!?ひゃぁぁぁぁぁぁーーー!!!」
トム「えっ!?」
ドリゴラス「グギャォォォーーーーーー!!!」
ラノザウルス「グォォォォーーーーーー!!!」
ドランゴ「グォォォォーーーーーー!!!」
トム&ジェリー「かっ・・・、怪獣だぁーーーーー!」
ドリゴラス「グォォォォーーーーーー!!!」
ドリゴラスの吐くニトロビームによって周囲は火の海寸前だ!
~マリンゴン~
千葉 太隊員「あれはドリゴラス!?」
水島 三郎副隊長「ど、どういうことだ!?ドリゴラスはファイヤーマンが倒したはずなのに・・・!?」
マクノザウルス「グォォォォーーーーーー!!!」
マクノザウルスの火炎放射がSAFのマリンゴンを襲う!
千葉 太隊員「今度はマクノザウルス!?」
水島 三郎副隊長「ばかな!マクノザウルスはムクムクとファイヤーマンが倒したはず・・・!?」
千葉 太隊員「他にもドリゴン、スコラドン、ドランゴン、チラノドン、ラノザウルスがいますよ!」
水島 三郎副隊長「よし、行くぞ!」
SAFのマリンゴンの攻撃が開始された!
ドリゴラス「グォォォォーーーーーー!!!」
ドリゴン「グギャォォォーーーーーー!!!」
ドリゴンとドリゴラスの攻撃だ!
ドガァァァァーーーーーーン!!!
トム&ジェリー「おわぁぁぁぁーーー!!!」
ドリゴンとドリゴラスのニトロビームがトムとジェリーを襲う!
千葉 太隊員「喰らえ!」
マリンゴンからミサイルが発射された!
ドランゴ「グギャォォォーーーーーー!!!」
ドランゴの火炎放射!
千葉 太隊員「うわぁ!」
パラサ「グォォォォーーーーーー!!!」
千葉 太隊員「んっ!?見知らぬ怪獣がいますよ!」
水島 三郎副隊長「これは・・・、恐竜!?」
千葉 太「恐竜!?」
ピカァァァァーーーン!!!(海面に謎の発光)
水島 三郎副隊長「な、なんだ!?」
ビシャァァァアーーーン!!!(海から水吹き)
デロザウルス「キシャグォォォーーー!!!」
千葉 太隊員「また見知らぬ怪獣が現れました!」
水島 三郎副隊長「んっ?マリンブルだ!」
なんとそこへ葉山 マリ子隊員の乗るマリンブルが応援に駆けつけた!
葉山 マリ子隊員「水島さん、あの怪獣を写真撮って隊長に送ってください」
水島 三郎副隊長「分かった」
~SAF基地~
プー(通信音)
海野 軍八隊長「こちらSAF基地」
水島 三郎副隊長「隊長!福岡の石油タンクコンビナート工業地帯に謎の怪獣が現れました!」
海野 軍八隊長「なにぃ!?」
水島 三郎副隊長「今からそちらに写真を送ります!」
水島隊員はデロザウルスの写真をSAF基地に送った。
海野 軍八隊長「こいつはキングザウルスに似てるな」
水島 三郎副隊長「キングザウルス?」
海野 軍八隊長「キングザウルス三世はMATとウルトラマンジャックと戦った怪獣だ。もしかするとこの怪獣は同種に違いない」
水島 三郎副隊長「なんですって!?」
海野 軍八隊長「念のためバリアに気をつけろ。マリちゃん、付近に人がいないか確認してくれ」
葉山 マリ子隊員「了解!」
マリ子隊長は周囲に人はいないか確認した。
葉山 マリ子隊員「!?」
トム&ジェリー「助けてくれぇぇぇーーーーーー!!!」
ラノザウルス「グギャォォォーーーーーー!!!」
トムとジェリーはラノザウルスに襲われていた!
葉山 マリ子隊員「あっ、危ない!」
葉山 マリ子隊員の乗るマリンブルのミサイル攻撃がラノザウルスに命中!
デロザウルス「グォォォォーーーーーー!!!」
デロザウルスから謎の光が!
葉山 マリ子隊員「!?」
パラサ「グォォォォーーーーーー!!!」
パラサの破壊光線!
葉山 マリ子隊員「きゃあ!」
水島 三郎副隊長「マリちゃん危ない!」
水島 三郎副隊長と千葉 太隊員の乗るマリンゴンのミサイル攻撃!
パラサ「ギェェェェーーーーーー!!!」
デロザウルス「グォォォォーーーーーー!!!」
???「フッハハハハハ!!!」
水島 三郎副隊長「なっ、何者だ!」
キングテレサ「やぁやぁSAF諸君」
千葉 太隊員「なんだ貴様!」
キングテレサ「私の名はキングテレサ!」
水島 三郎副隊長「キングテレサ!?」
説明しよう!キングテレサとは、かつてマリオを幻の屋敷のなかに幽閉した、文字通りテレサ達の王である!
水島 三郎副隊長「貴様の目的はなんだ!答えろ!」
キングテレサ「私の目的か?この原始怪獣達を使って石油タンクコンビナート工業地帯を襲撃し、福岡を火の海にすることだ!」
千葉 太隊員「なんて残虐な奴なんだ!」
キングテレサ「フッフッフ・・・テレサ達よ!恐竜を目覚めさせるのだ!」
テレサ達「イエッサーーーーー!」
テレサ達は海に眠ってる恐竜に取り付いた!
千葉 太隊員「!?」
ステゴ・アルル・モロロ・タルボ・ゴロロ「グォォォォーーーーーー!!!」
キングテレサ「フッハハハハハ!!!驚いたかねSAF諸君!この恐竜はかつてD戦隊に倒された恐竜帝王ウルルの元配下なのだよ。」
水島 三郎副隊長「ばっ、馬鹿な・・・」
デロザウルス「グォォォォーーーーーー!!!」
キングテレサ「そしてこのデロザウルスは宮古島付近の海底洞窟に封印されていたところを我々が復活させたものなのだ!」
千葉 太隊員「なんて奴だ!」
キングテレサ「んっ?あれはトム&ジェリーか・・・そうだ!行け!バックスバニーショーのキャラ達よ!」
ピカァァァーーー!!!(雷鳴音)
トム&ジェリー「!?」
バックスバニーショーのキャラ達「ウォォォーーーーーーッ!!!」
トム&ジェリー「ひゃぁぁぁぁぁぁーーー!!!」
バックスバニー「ウォォォーーーーーー!!!トムとジェリー抹殺!」
千葉 太隊員「おいキングテレサ!こいつらは一体どうしたんだ!?」
キングテレサ「奴らはこのキングテレサ様が操ってるのだ!」
千葉 太隊員「きっ、貴様ぁーーーーー!」
デロザウルス「グォォォォーーーーーー!!!」
デロザウルスのウランウェーブ!
千葉隊員・水島副隊長「うわぁぁぁぁぁーーーーーー!!!」
キングテレサ「フッハハハハハ!!!ファイヤーマンの力も、物体Xの爆発により宇宙に散った今は赤子も当然!」
トム「やっ、やめろ!お前達!」
ダッフィー・ダック「トムとジェリー抹殺!」
ジェリー「駄目だ・・・通じない!」
まさに絶体絶命のその時!
???「ファイヤァァァァーーーーーー!!!」
水島 三郎副隊長「あっ、あれは!?」
キングテレサ「!?」
千葉 太隊員「ファ、ファイヤーマンだ!」
なんと!ピンチのSAF隊員達の前に、ファイヤーマンが現れた!
キングテレサ「どっ、どういうことだ!?ファイヤーマンは物体Xとともに宇宙に散ったはずなのに・・・!?」
ファイヤーマン「私は物体Xとともに宇宙に散りさまよっていたが、ウルトラ戦士達に発見され助けられ復活したのだ!」
キングテレサ「くっ!おのれぇぇぇぇーーー!こうなったら、行け!怪獣軍団!バックスバニーショーのキャラ達も援護攻撃するのだ!」
怪獣軍団「グォォォォーーーーーー!!!」
バックスバニーショーのキャラ達「ファイヤーマン、抹殺!」
トム「気をつけろ!ファイヤーマン!」
ジェリー「彼らはキングテレサっていう奴に操られているんだよ~!」
ファイヤーマン「分かった!行くぞ!」
アルル「グォォォォーーーーーー!!!」
アロサウルス型怪獣アルルの火炎攻撃!
ファイヤーマン「タアッ!」
アルル「ギェェェェーーーーーー!!!」
ステゴ「グォォォォーーーーーー!!!」
ステゴの突進攻撃!
ファイヤーマン「グォッ!」
千葉 太隊員「ファイヤーマン!」
ファイヤーマン大ピンチ!するとその時!
???「ファイヤァァァァジェェェット!!!」
キングテレサ「なっ、なんだ!?」
トム「あっ、あれは!」
ファイバード「チェイィィーーーンジ!!ファァイバーード!!!」
トム「ファイバードだ!」
キングテレサ「ばっ、馬鹿な!?ファイバードはドライアスとの戦いで相打ちになり死んだはずでは!?」
ファイバード「私は死んだのではない!」
キングテレサ「なにぃ!?」
ジェリー「ど、どうしてぇ!?」
ファイバード「貴様達の悪の企みを知り復活したんだ!再びファイバードとして!」
キングテレサ「くっ!くそぉぉぉーーー!」
デロザウルス「グォォォォーーーーーー!!!」
バックスバニーショーのキャラ達「ファイヤーマンとファイバード、抹殺!」
ファイバード「さぁ、行くぞ!」
続く

第16話「燃えろ!炎の力!」 Edit

ファイバード「喰らえ!ダイナバスター!」
ファイヤーマン「ファイヤー・ショット!」
デロザウルス「グォォォォーーーーーー!!!」
怪獣軍団「グゲェグォォォーーーーーー!!!」
ファイバードとファイヤーマンの技がデロザウルスと怪獣軍団に炸裂!
トム「あっ!バックスバニーショーのキャラ達に何かついてる!」
バックスバニーショーのキャラ達に付いてたのは小型アンテナだった!
ジェリー「あれだ!あのアンテナがバックスバニーショーのキャラ達を操っているんだ!」
トム「なるほど!」
ジェリー「あれさえ壊せばバックスバニーショーのキャラ達はもとに戻るかもしれない!」
トム「よーし行くぞ!」
トムとジェリーはバックスバニーショーのキャラ達についてある小型アンテナを破壊開始した!
デロザウルス「グォォォォーーーーーー!!!」
ファイバード「フレアミサイル!」
ファイバードのフレアミサイル!
デロザウルス「グォォォォーーーーーー!!!」
デロザウルスの火炎放射!
ファイバード「うわぁ!」
ファイヤーマン「ファイバード!」
キングテレサ「フッハハハハハ!!!いい気味だな!」
テレサA「キングテレサ様!大変です!」
キングテレサ「ん?どうした?」
テレサA「トムとジェリーがバックスバニーショーのキャラ達についてある小型アンテナに気づきそれを破壊してます!」
キングテレサ「なにぃ!?」
テレサB「あれを!」
キングテレサ「!?」
トム&ジェリー「それっ!それっ!」
トムとジェリーはバックスバニーショーのキャラ達についてある小型アンテナを破壊していた!
キングテレサ「きっ、貴様ぁーーー!余計なことを!デロザウルス!奴を攻撃せよ!」
デロザウルス「グォォォォーーーーーー!!!」
怪獣軍団「グゲェグォォォーーーーーー!!!」
トム&ジェリー「わぁーーーーー!」
するとその時!
???「待ちやがれ怪獣軍団!」
怪獣軍団「ガウ?」
ファイバード「おおっ!あれはガードチーム!」
ファイヤーマン「ガードチーム!?」
ガードウィング「バトルアァァーップ!!チェェンジ!ガァァードウィング!」
ガードレスキュー「バトルアァァーップ!!チェーンジ!ガードレスキュー!」
ガードファイヤー「バトルアァァーップ!!チェインジ!ガードファイヤァー!」
ガードスター「バトルアァァーップ!!チェエンジ!ガードスター!」
エースバロン「チェェーンジ!!!エースバロン!」
ファイバード「バロンチーム!」
キングテレサ「貴様達は一体!」
ガードファイヤー「俺達もファイバードと同じように貴様達の悪の企みを知り復活した!再び宇宙警備隊としてな!」
キングテレサ「クソ!おのれぇぇぇーーーーーーい!!!」
バックスバニー「お前だな!俺達を操ってたのは!」
キングテレサ「なっ、なんだと!?」
ダッフィー・ダック「この俺様をおもちゃにしやがって!」
テレサC「ど、どうやらバックスバニーショーのキャラ達についてあるコントロール装置が破壊されてしまったみたいです・・・。」
キングテレサ「ええーい!怪獣軍団!奴らを血祭りにしてやれ!」
怪獣軍団「グォォォォーーーーーー!!!」
ファイバード「そうはさせるか!フレィームブレスター!」
水島 三郎副隊長「んっ!?あれはなんだ!」
ファイバードはフレイムブレスターを呼んだ!
ファイバード「フォーーーームアァァァァァップ!武装合体!ファイバァード!」
ガードスター「こっちも合体だ!行くぞ!」
ガードウィング・ガードレスキュー・ガードファイヤー「おう!」
ガードチームはスーパーガーディオンに合体し始めた!
ガードスター「ガードチーム、フォームアップ!」
エースバロン「こっちもバロンチーム、フォームアップ!」
説明しよう!
エースバロンは、ドリルバロン、ロードバロン、アクアバロン、スカイバロンと五体合体することでパワータイプの勇者ロボ、サンダーバロンになるのだ!
サンダーバロン「五体合体っ、サンダーバロンッ!!」
ガードチーム一同「4体合体!」
スーパーガーディオン「スーパァーガァーディオン!」
ラノザウルス「グォォォォーーーーーー!!!」
マクノザウルス「グォォォォーーーーーー!!!」
スーパーガーディオン「行くぞ!サンダーバロン!」
サンダーバロン「おう!」
キングテレサ「くっ!デロザウルス!スーパーガーディオンとサンダーバロンを破壊してしまえ!」
デロザウルス「グォォォォーーーーーー!!!」
ファイヤーマン「タアッ!」
ファイヤーマンはファイヤーナイフを取り出した!
ファイヤーマン「ファイヤー!ナイフ!」
デロザウルス「グォォォォーーーーーー!!!」
キングテレサ「デッ、デロザウルス!」
怪獣軍団「グォォォォーーーーーー!!!」
スーパーガーディオン「ガァァァド!フラァァァッシュ!」
サンダーバロン「サンダァァァ!クラァァァッシュ!」
ファイヤーマン「ファイヤー!フラァァァッシュ!」
武装ファイバード「フレイィィィムソォッード!!!チャージアップ!!!」
見よ!ヒーロー達の必殺技を!
怪獣軍団「グォォォォーーーーーー!!!」
キングテレサ&テレサ達「グワアアアアアア!ダークライ様、バンザァァァァァァイ!」
トム&ジェリー・バックスバニーショー達「やったぁぁぁぁぁぁぁーーーーーー!!!」
ファイヤーマンとファイバード達宇宙警備隊の勝利だ!
ファイヤーマン「ありがとう!宇宙警備隊!」
武装ファイバード「しかし、キングテレサはダークライ様と言っていた・・・。」
ファイヤーマン「ダークライ・・・なんの意味だろうか・・・」
~???~
ダークライ「キングテレサめ、しくじったか・・・。」
ムスカ大佐「ダークライ様、今度はこの私が」
ダークライ「ムスカ大佐か・・・。」
ムスカ大佐「はい」
ムスカ大佐・・・。シータと同様のラピュタ王家の末裔である。だが彼はラピュタの力を手中に収めてラピュタの王として世界に君臨することに野心を燃やしていた・・・。
しかし、その野望も、シータとパズーによって打ち砕かれ、彼は崩壊するラピュタとともに海に落ちたのである・・・。
彼はダークライに救われ配下になっていた。
ダークライ「では、お前に指令を与えよう。」
ムスカ大佐「といいますと?」
ダークライ「来いメカフリーザ、メタルクウラ」
メカフリーザ・メタルクウラ「ハッ!」
ムスカ大佐「ほぉぅ・・・フリーザにクウラか・・・」
フリーザとクウラ・・・。
この二人は悟空と戦った強敵である。
ダークライ「彼らと共に行け」
ムスカ大佐「はっ!」
ムスカはメタルフリーザとメタルクウラを連れ侵略怪獣ザタンシルバー二号に乗って沖縄に向かった。
~沖縄~
ザタンシルバー二号・ガンダー・アイスロン・フブキララ・フリーザーキラー・ブリザード・マーゴドン・ウェポナイザー・レイキュバス・グランゴン・ラゴラス「グォォォォーーーーーー!!!」
一般人A「かっ、怪獣だぁーーーーーーー!!!」
ムスカ大佐「沖縄を氷河に変えてやる!やれぃ!」
怪獣軍団「グォォォォーーーーーー!!!」
怪獣軍団の冷凍光線(ザタンシルバー二号・ウェポナイザー・グランゴンを除く)だ!
ムスカ大佐「フッハハハハハ!!!」
そして沖縄は氷河地帯になってしまった!あっ!ジンベエザメもイリオモテヤマネコも氷になった!
続く

第17話「出動せよ!獣戦機隊!~あっ!ジンベエザメもイリオモテヤマネコも氷になった!~」 Edit

~ブレイブポリス署~
勇太「えっ!?沖縄が!?」
沖縄が氷河地帯になるという事件は、ブレイブポリスに届いた!
デッカード「沖縄が氷河になるなんてありえん・・・」
冴島十三「きっと何者かが沖縄を襲い、そして氷河地帯にしてしまったかもしれん。」
ドリルボーイ「きっと寒そうだな・・・」
シャドウ丸「一体犯人は誰なんだ?」
牙島十三「今、それを見せよう」
牙島十三がデッカード達に見せたのは・・・!
勇太「あっ!」
マクレーン「沖縄が・・・氷河地帯に・・・」
パワージョー「ほんとに氷付けになっちまってる・・・!」
ダンプソン「おい!あれを!」
勇太「えっ!?」
ガンダー・アイスロン・フブキララ・フリーザーキラー・ブリザード・マーゴドン・レイキュバス・ラゴラス「グォォォォーー!!」
ザタンシルバー二号・ウェポナイザー・グランゴン「グォォォォーー!!」
勇太「こっ・・・、この怪獣たちは!?」
牙島十三「もしかすると沖縄を氷河地帯に変えたのはこの怪獣軍団の仕業に違いない・・・」
勇太「よし!ブレイブポリス、出動だ!」
デッカード達「了解!」
~沖縄~
ムスカ大佐「はっははははは!!素晴らしい!沖縄が氷河地帯になるとは!」
メタルフリーザ・メタルクウラ「ホッーホッホッホ!」
デッカード「待て!」
ムスカ「んっ!?なんだ貴様達は!?」
デッカード「ホールドアップ!ブレイブポリスだ!」
ムスカ「ブレイブポリスだと!?」
ブレイブポリス・・・。
それは、ロボットを使用した凶悪犯罪やバイオ怪物の出現といった新しいタイプの事件を生み、これまで考えられなかった災害などの事件に対して結成された人工知能「超AI」を搭載したロボット刑事チームのことである!
勇太・マクレーン達「デッカード!」
デッカード「ボス!みんな!」
パワージョー「お前達か!沖縄を氷河地帯に変えたのは!」
ムスカ大佐「いかにも!私はダークライ様の忠実なしもべ、ムスカ大佐!」
メタルクウラ「同じくメタルクウラ!」
メタルフリーザ「そしてメタルフリーザ!」
勇太「ダークライ!?」
ムスカ大佐「そうだ。ダークライ様の邪魔をする奴は倒す!」
メタルフリーザ「ホッーホッホッホ!!!」
メタルクウラ「我々に勝てるかな・・・」
デッカード達「ボス!命令を!」
勇太「ようし、ブレイブアッープ!!!」
ブレイブアップ・・・。
ブレイブポリスの勇者達が巨大ロボに合体するシステムである。
ジェイデッカー「ジェイデッカー!」
デュークファイヤー「デュークファイヤー!」
スーパービルドタイガー「スゥーパァービルドッ、タイガァーーッ!」
ガンマックスアーマー「チェインジッ!ガンマックスアーマー!」
ジェイデッカー「行くぞ!」
怪獣軍団「グォォォォーー!!」
孫悟空「オラ達も力を貸すぜ!」
メタルフリーザ「むむっ!サイヤ人!」
そこにドラゴンボールの孫悟空、孫悟飯、孫悟天、ベジータ、トランクス、クリリンが駆け付けに来た!。
ムスカ大佐「知っているのかね?フリーザ。」
メタルフリーザ「コイツらは私の邪魔をし倒した奴だ!」
メタルクウラ「そしてこの俺もな!」
トランクス「フリーザ・・・、あいつは僕がこの手で一刀両断にしたはずなのに・・・!」
メタルフリーザ「俺はダークライ様によって復活し改造され配下になったのだ!」
メタルクウラ「同じくこの俺もな!」
勇太「改造された!?」
ジェイデッカー「とにかく行くぞ!」
怪獣軍団「グォォォォーー!!」
ムスカ大佐「フッハハハハハ!我々の力を思い知るがいい!」
ジェイデッカー「喰らえ!ジェイバスター!」
ジェイデッカーのジェイバスターがザタンシルバー二号に炸裂!しかし・・・。
ムスカ大佐「バリア!」
勇太「!?」
ザタンシルバー二号「グォォォォーー!!」
ザタンシルバー二号の触角レーザーだ!
ジェイデッカー「うわぁ!」
デュークファイヤー「ジェイデッカー!」
グランゴン「グォォォォーー!!」
デュークファイヤー「ぬぉ!」
勇太「デュークファイヤー!」
ガンダー・アイスロン・フブキララ・フリーザーキラー・ブリザード・マーゴドン・レイキュバス・ラゴラス「グォォォォーー!!」
ジェイデッカー「皆!気をつけろ!冷凍攻撃をしてくるぞ!」
一同「!?」
マーゴドン「グォォォォーー!!」
ガンマックスアーマー「喰らえ!」
ガンマックスアーマーのショットガンだ!
だがしかし!
マーゴドン「グォォォォーー!!」
マーゴドンの冷凍ガス!
ガンマックスアーマー「うわぁ!」
勇太「ガンマックスアーマー!」
マーゴドンの冷凍ガスでガンマックスアーマーが凍ってしまった!
ガンマックスアーマー「くっ、クソ・・・」
メタルフリーザ「フッハハハハ!これでは動けまい!」
スーパービルドタイガー「タイガァァァァキャノン!!」
孫悟飯「魔閃光ぉぉぉぉぉっ!!」
マーゴドン「グォォォォーー!!」
スーパービルドタイガーのタイガーキャノンと孫悟飯の魔閃光がマーゴドンに命中!
マーゴドン「グォォォォーー!!」
マーゴドンはスーパービルドタイガーは孫悟飯にむけて冷凍ガスを吹き付けてきた!
勇太「スーパービルドタイガー!孫悟飯さん!」
孫悟空「させるかぁ!」
マーゴドン「グォォォォーー!!」
ジェイデッカー「悟空!」
孫悟空「うわあっ!」
ブレイブポリス達大ピンチ!まさにその時!
藤原忍「そこまでだぁぁぁぁぁぁーーーーーー!!!」
ジェイデッカー「あっ、あれは!?」
獣戦機隊の藤原忍が乗るイーグルファイターだ!
メタルクウラ「死ねぇぇぇーーーーーー!!!」
藤原忍「うるせぇぇぇぇぇーーーーーー!!!」
ズドォォォーーーーーーン!!!
メタルクウラ「ギャァァァァァーーーーーー!!!」
イーグルファイターの体当たりで吹っ飛ぶメタルクウラ!
ムスカ「メタルクウラ!」
メタルフリーザ「おのれ、くらえぇぇぇぇ!」
ズドォォォーーーーーーン!!!
メタルフリーザ「ギャァァァァァーーーーーー!!!」
ムスカ「!?」
シャドウ丸「な、なんだ!?」
なんと向こうからランドクーガーとランドライガーが!
ムスカ大佐「な、何だあの戦車は!?」
結城沙羅「行くわよ雅人!」
式部雅人「おうっ!」
怪獣軍団「グォォォォーー!!」
勇太「戦車だ!」
デュークファイヤー「!?」
結城沙羅「喰らいなさい!」
ガンダー・アイスロン・フブキララ・フリーザーキラー・ブリザード・マーゴドン・レイキュバス・ラゴラス「グォォォォーー!!」
雅人「喰らえ!」
フブキララ「ギェェェェーーーーーー!!!」
ムスカ大佐「くっ!余計な真似を!」
司馬亮「余計な真似をしてるのはお前の方だ!」
ムスカ「!?」
司馬亮「もらったぁ!」
ビッグモスの攻撃だ!
ザタンシルバー二号「ギェェェェーーーーーー!!!」
勇太「デッカード、あれはひょっとして・・・。」
ジェイデッカー「もしかすると・・・獣戦機隊!?」
孫悟天「獣戦機隊・・・ってなに?」
獣戦機隊・・・。
それは、藤原忍、結城沙羅、司馬亮、式部雅人の4人で構成された対ムゲ・ゾルバドス帝国用の戦闘チームだ。
彼らが乗るヴァリアブルマシンはイーグルファイター、ランドクーガー、ランドライガー、ビッグモスの四機だ。
ムスカ大佐「ばかな・・・!?獣戦機隊は解散したはずだが・・・?」
司馬亮「お前達の悪事を知り再び集結したのさ!」
藤原忍「そういうことだよ!ムスカのおっさん!」
ムスカ「おっ、おじさんだと~カァーッ!悔しい!私のことをおじさんて言うとは生きて帰れるとでも思うなよ!」
ザタンシルバー二号「グォォォォーー!!」
ジェイデッカー「喰らえ!」
ジェイデッカー・デュークファイヤー「ダブルジェイバスター!」
ダブルジェイバスター・・・。
ジェイデッカーのジェイバスターとデュークファイヤーのファイヤーバスターを合わせた合体技だ
ムスカ「ばかめ!そんなのがこのザタンシルバー2号に通用するとでも思っているのか?」
ズドォォォーーーーーーン!!!
ムスカ「ぬぉ!?」
ジェイデッカーとデュークファイヤーのダブルジェイバスターがザタンシルバー二号の装甲を破壊した!
デュークファイヤー「!?ジェイデッカー!見ろ!」
ジェイデッカー「なにっ!?」
ザタンシルバー二号の装甲から機械の一部が!
勇太「ロ、ロボット!?」
説明しよう!ザタンシルバーは実はロボットである!
ザタンシルバーのボディは銀色の体表を持ち、ほとんどの攻撃を弾き返してしまう強度を誇るが、一転集中攻撃に弱く、何回か攻撃を受けると装甲がはがれてしまうのだ!
ムスカ「くう~おのれぇぇぇーーーーーーい!」
果たして沖縄の運命は!
続く