Top > 創作シリーズ > 創作キャラクター > その他のMF文庫作品


創作シリーズ/創作キャラクター/その他のMF文庫作品

Last-modified: 2016-08-03 (水) 21:56:35
目次

注意 Edit

ここは、個別ページを設けるには記述量の少ない項目をまとめたページです。
作品名の項目はシリーズを表しており、複数の作品を含んでいる場合があります。

聖剣の刀鍛冶 Edit

セシリー・キャンベル(聖剣の刀鍛冶) Edit

相棒である魔剣アリアをレイピアとして戦闘する、固有の技名が少ないのでスマブラではオリジナル技を使用
アリアは乱闘中は常にレイピアの姿、人の姿は勝利ポーズとフィギュア、登場シーンで見れる。ほとんどの技が風+斬撃属性である

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回可能不可能不可能不可能不可能

B:風の弾丸
魔剣の力で生み出した風を飛ばす
横B:ウィンドダンス
風の力を纏いながら三連続で突く
上B:エアロスライサー
ドルフィンスラッシュの多段ヒットかつ風属性、アカイイトの桂などの「飛翔斬」やアニーのアトリエのハンスなどの「スカイスラスト」よりもヒット回数が多い
下B:ウィンドシールド
アリアの風をバリアーのように展開する
切り札:ウィンドシュート
風の力の波動と共に敵を突きで吹っ飛ばす
勝利セリフ
VS春亮&このは「妖刀…アリアと似て非なるもの…か。残念だが私には合わないな」
VS織部まふゆ「竹でできた剣では本物の剣は破れないぞ」

ルーク・エインズワース(聖剣の刀鍛冶) Edit

原作でも刀を使っていたため、スマブラでもそれで戦う。固有技名はやはり少ないため、スマブラでの技はオリジナルになる、切り札は原作にも登場したもの
なお、参戦の際はルーク・フォン・ファブレとの区別のため、英語表記は「Luke Ainsworth」または「L.Ainsworth」になると思われる。合わせて日本語表記もフルネームとなるだろう

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回可能不可能不可能不可能不可能

B:シールドブレイカー
横B:クロスブレード
上B:スカイスラスト
下B:カウンター
切り札:魔剣精製
助手であるリサを呼び出し、魔刀を生み出し、それで強力な斬撃を与える
勝利台詞
VSレスター・メイクラフト「戦いとはこういうものだ。そして俺の刀とはこういうものだ」
VSアクセラレータ「手ごわい能力だったが勝つことができたか」

ゼロの使い魔 Edit

ルイズ(ゼロの使い魔) Edit

ゼロの使い魔からメインヒロインのルイズが参戦。
因みに本名は「ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール」。
同作は四度に渡ってアニメ化をされるなど各方面にメディア展開をして多大な人気を誇るライトノベル作品だったが、原作者のヤマグチノボルの病死によって絶筆となった。本人の言葉によると後二巻で完結する(はずだった)とのこと。

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回不可能不可能不可能不可能不可能

その華奢且つ小柄な愛らしい外見からは想像も使いない破壊力を秘めた必殺技の数々を持つキャラクター。
通常ワザは原作で使い魔のサイトを折檻する際に幾度となく披露した鮮やか且つ強力な蹴り技が主軸となっている。小柄のためにリーチは短めだが、どの攻撃も動作速度や攻撃判定に優れており使い勝手は良好。一方で各種必殺ワザも強力な性能を持つ技が多く、総合的な攻撃能力はかなりの高水準を満たしていると言えるだろう。これらの特徴のため、外見とは裏腹に積極的に敵に食らいつくアグレッシブな攻めが可能。
一方でその体格のためか体重は非常に軽い。そのため下手に被弾しているとすぐに撃墜される恐れがあり、慎重な操作が要求される。また、その体重の割に機動力も平均かそれ以下で、通常ワザのリーチの短さから遠距離戦が得意なキャラや機動力の高いキャラに逃げに徹されると辛い戦いを強いられる。高い攻撃能力持つキャラではあるものの、それを活かすには相応の操作技術を要求されるため上級者向けのキャラ。
・B:爆発(エクスプロージョン)
目の前に爆発を起こす。タメ可能。
原作では物語の最初期からサイトへのお仕置きとして何度も使われていた。タメ時間に応じて爆発のダメージとふっ飛ばし力、そして爆発の規模が増して攻撃範囲が広がる。タメ時間が非常に長いのが特徴で最大までタメた場合はそれ相応の驚異的な破壊力を期待できるものの、タメのキャンセルやそれによるタメの維持は不可能なため使いどころは極端に限られる。
・横B:幻影(イリュージョン)
使い魔であるサイトの幻影を生み出して攻撃させる。
生み出されたサイトの幻影は愛用の剣であるデルフリンガーを構えて前方に突撃、敵と近づくと斬りつけて攻撃する。幻影を生成してから攻撃するという性質上、発生が遅めだがサイトが突撃する速度はかなり速い。ダメージとふっ飛ばし力もそこそこで突進距離も長い。そのうえ後隙が極々少ないため、ルイズ本体で連携攻撃を仕掛けるのも容易。
一定距離を移動するか攻撃を終えるかのどちらかを満たすとサイトの幻影はその場から消え去るが、事前に生成したサイトが画面内に残っていると別のサイトを生成することは不可能なため乱用はできない。使い勝手のいい技だが活用場面は選ぼう。
・上B:瞬間移動(テレポーテーション)
スティックで指定した方向に瞬間移動する移動技。
発生が非常に速く、コマンド入力した瞬間から移動を終えるまで完全に無敵となっている。技後はしりもち落下になるものの、その性質から復帰手段としてだけなく乱戦からの脱出や逃げる相手への接近手段など幅広い使い方ができる。
・下B:解呪(ディスペル)
目の前に魔方陣を展開する。
発生が速く後隙も極々小さいが、魔方陣を展開している最中(攻撃中)は動けないため空振りすると非常に危険。この技自体のダメージとふっ飛ばし力はあってないようなものだが、他の攻撃技にはない類を見ない性質を持つ。
この魔方陣に触れたキャラは、その時点でそのキャラにかかっている能力の上昇などが全てキャンセルされる。スーパーキノコを取って大きくなっているキャラは元のサイズになり、スーパースターを取って無敵になっているキャラは無敵が解除される。そのキャラが持つ必殺ワザなどの効果で能力値が上昇していた場合にも適用される。使いどころを間違えなければ非常に強力な技だが、毒キノコなどを取って小さくなっているキャラに当てると元通りになるなどデメリットもキャンセルしてしまう点には注意したい。
・最後の切りふだ:爆発(エクスプロージョン)
長い長い詠唱の後に大規模な爆発を発生させる。
上記の通り、攻撃前に長い詠唱が入るため発生が極端に遅い。詠唱の最中は無敵となっているため攻撃が阻害される心配はない。ダメージとふっ飛ばし力が他のキャラの最後の切りふだと比較しても屈指に高く、攻撃範囲も非常に広い。発生が遅いという欠点を顧みても十分に強力な技といえるだろう。
・登場演出
手にした杖を高く掲げて構える。「ゼロのルイズなんかじゃないんだから!」
・キャラ選択時のボイス
「早く選びなさいよね!」
「(低確率)私で…いいの?」
・アピール
上アピール:画面手前を向いて頬を赤くして声を上げる。「が、頑張りなさいよね!」
横アピール:杖を構えてポーズ。「敵に後ろを見せない者を貴族と呼ぶのよ!」
下アピール:腕を組んでぷいとそっぽを向く。「フン。ちょっとはできるみたいね」
・勝利ポーズ
勝利ポーズ1:両手を腰に当てて得意げにポーズ。「私だってやればできるのよ!」
勝利ポーズ2:涙目のまま画面手前へ両手を振り上げる。「なにするのよ、このバカ犬!」
勝利ポーズ3:片手に本(始祖の祈祷書)を、片手に杖を持ってポーズ。「やるじゃない、見直したわ!」

平賀才人(ゼロの使い魔) Edit

ゼロの使い魔より主人公の平賀 才人(ひらが さいと)が参戦。

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回不可能不可能不可能不可能不可能

デルフリンガーと呼ばれる錆びた長剣を武器として使用する。才人の身には大きすぎる刀身が災いしてか、全体的に技の振りが大きめで至近距離での戦いは苦手。後隙も大きいのも気にかかる。その割に火力と撃墜力が平凡なのも痛い。
しかし、その刀身が生み出すリーチは心強い。武器判定のため相手との競り合いに打ち勝ちやすいのも嬉しい。それ以外の能力はほとんど平均。歩き、ダッシュ、ジャンプ力、体重、どれもそこそこで目立った点はない。
最大の特徴は必殺ワザ「ガンダールヴ」によって自身の強化が可能な点。それを最大限活用し、勝利をもぎ取ろう。
・B:破壊の杖
アメリカ製の携帯式対戦車ロケットランチャー、M72 LAWを取り出して発射、ミサイルを撃ち出して攻撃する飛び道具。原作では土くれのフーケとの闘いの際に使用され、巨大なゴーレムを破壊するのに一役買った。本来は一発撃ちきりの武装だがスマブラではそんなことはないのでご安心を。
発生は遅いものの、射程と弾速は優秀。発射後の隙もそれほど大きくないため、遠距離戦で役に立つ。サムスのスーパーミサイルのような感覚で使っていける。
・横B:連続斬り
前方に走り込みつつデルフリンガーを縦に横にと忙しく振り回す。空中では使用不可。
発生、走り込む速度、共にそこそこ。攻撃中の隙は大きいが後隙は小さめ。乱戦に向かっての特攻に使ってもいいだろう。
・上B:兜割り
ジャンプして急上昇、上空からデルフリンガーを振り下ろして地面に叩きつける。アイクの天空に近い。
発生は速いが攻撃後の隙は大きい。ダメージとふっ飛ばし力が優秀なためフィニッシュに使えるが、リーチは短いためよく狙わなければ当たりにくい。復帰技としても使っていくことになるが、横への移動距離は短いので注意。
・下B:ガンダールヴ
左の手の甲に刻まれたガンダールヴであることを示すルーンが光り輝き、それに合わせてデルフリンガーの刀身が錆びたそれから元の状態へ戻る。同時に才人自身の能力も強化される。
効果は一定時間持続。発動中は移動速度、ジャンプ力、動作速度が強化され、通常時とはうって変わって素早い攻撃でたたみ掛けるような戦い方を可能とする。一度使用して効果が切れると、その後は一度撃墜されるまで再度の使用は不可能。才人の生命線とも言える技なので、使用のタイミングには細心の注意を払おう。
・最後の切りふだ:竜の羽衣
原作に登場した竜の羽衣、所謂旧日本軍が使用していた戦闘機、ゼロ戦が現れ才人がそれに乗り込む。
その後の一定時間ゼロ戦を操縦して戦う事になり、機銃で敵を攻撃できる。移動速度もかなり速く、その攻撃から逃れることは難しい。機銃はダメージも大きいが、ふっ飛ばし力は皆無なため純粋にダメージを与える技と割り切ろう。
・登場演出
定位置で爆発が起こったかと思うと爆風の中から黒焦げの才人が現れる。ネスの登場演出に近い。「ぶはっ!」
(敵にルイズがいる場合)「ご、誤解だ、話せばわかるって!」
・キャラ選択時のボイス
「下げたくねぇ頭は下げられねぇ!」
・アピール
上アピール:デルフリンガーを振り回そうとするが足を滑らせる。「どわっ、っと!…あっぶね」
横アピール:デルフリンガーを構える。「どっからでも来やがれ!」「(デルフ)調子に乗んなよ、相棒!」
下アピール:エクレール・ダムールの花を取り出し、見つめ、しまう。
・勝利ポーズ
勝利ポーズ1:デルフリンガーを背中の鞘に収め、得意気に笑う。「へへっ、やるときゃやるぜ!」or「なんたってガンダールヴだからな!」
勝利ポーズ2:デルフリンガーを構えた後に一振りして笑う。「ルイズは、俺が守る!」
(敵にガンダムX、ガンダムDXがいた場合)「…お前も、そうなのか。大切な人のために、戦ってるんだな」
勝利ポーズ3:デルフリンガーを振り抜こうとするが、勢い余ってコケる。「よっ!…って、うあっち!」
(敵にルイズがいた場合)「だ、だから誤解だって!どわぁ!!」

シエスタ Edit

B:ティータイムです。
トレイに乗った熱々の中身が入ったティーカップを持って相手に接近するが、途中で石に躓いて転んで相手にぶっかけてしまうという攻撃。
上B:私だって!
どこからともなく取り出した皿を使って 相手に連続で投げつけて攻撃をおこなう。
下B:秘密の薬箱
薬箱を取り出して、近くにあるアイテムをHP回復アイテムに変えて回復する。
味方チームが自分のそばにいる場合、その味方チームのHPも回復する。
横B:来ないで~!
逃げているのだが転んでしまう。
回避にも使えるし、転んでからビンタをしたら相手の顔面を上手くはたいているためか、攻撃判定もある。
最後の切り札:妄想撃場
イケメンメイドの小説を読みながら歩いていき、相手にぶつかったらこれを見ていたということがばれそうになって顔を真っ赤にし、本で何度もたたいて相手を吹っ飛ばす。

ティファニア【アシスト】 Edit

森で倒れていた才人を助けたハーフエルフの少女。
アシスト技:虚無の力?
忘却魔法の力を発動させようとするも、 相手の頭上にタライが落下して攻撃するだけというもの。
アシスト技2:安らぎのハーブ
ハーブを奏でることによって相手を眠らせる。
スマブラではプリンのうたうと同じ効果。

ルイズ(ねんどろいど) Edit

ねんどろいどとしてのルイズはやはり通常版とは全く仕様が異なる
B:スイングヒット
横B:マジックロッド
上B:ハイジャンプ
下B:エクスプロージョン
通常版では切り札となっているが下必殺技になった。完全な通常版の切り札の超・下位互換でスマブラでは小爆発。
切り札:ゼロの覚醒

まよチキ! Edit

近衛スバル(まよチキ!) Edit

遂にあの執事が参戦。
アニメでも体術に長けていたため、その系統の技を使う
男装しているが女性なので性別ごとに効果の違う技は女性の効果を受ける。
刃物のが苦手と言う設定から斬撃に対し特攻を受けてしまう
B:執事ナックル
スマブラではファルコンパンチと同系統
横B:執事小外刈り
普通に柔道の小外刈りを繰り出す
上B:ハイジャンプ
下B:カウンター
切り札:エンド・オブ・アース
原作設定の必殺技
勝利セリフ
VSハス太「なんだ、この子は…しかも言っていることが恐ろしい。」
VSミミ「…美しく、勇ましい槍術…。」

アブソリュート・デュオ Edit

ユリエ・シグトゥーナ&九重透流 Edit

2015年冬アニメより、主人公とデュオを組む少女ユリエが参戦
その主人公も増援として出てくるが基本的にユリエが双剣を使って戦う。
技は現状ではオリジナル技になっている
(アニメを最新話まで見ていますが原作読者の加筆修正も歓迎します。アニメの最新話に合わせて加筆修正を行う予定です。)
B:ダブルブレイカー
双剣を使った二段式シールドブレイカー
横B:壁走り攻撃
アニメ最新話の描写のように壁を走りながら相手に飛びかかる
上B:天翔颯
原作に登場する技、アニメではまだ登場していない。発生した力場をけって空中移動ができるようになる。
下B:シールド
透流が登場し、シールドで攻撃を防ぐ。
切り札:ミョルニール
再び透流が増援し、拳の一撃で相手を強く吹っ飛ばす。

リーリス・ブリストル Edit

武器はライフル。原作登場技があり、そちらを使う。アニメではまだ登場していない
二種類のカウンターが異なるコマンドで用意されている
B:ショット
横B:撃射承・彗
上B:ハイジャンプ
下B:撃射承・郭
切り札:撃射承・榴
アニメには登場していない原作登場技、爆発を起こす銃弾を放つ

洗脳された穂高みやび【ボス】 Edit

アニメ最新話に登場した、敵によって洗脳されたみやびがボスとして登場する。
巨大な槍を振りまわし、攻撃をしてくる。

K【ボス】 Edit

アニメに登場した敵キャラの青年、Kもボスとして登場。
主にナイフで攻撃してくる、そのほかにも踏みつけや部下の呼び出しなど、様々な攻撃をする。
また、アニメの最終回に登場したバージョンも第2形態として登場。エネルギーの刃やレーザーなどの攻撃をしてくる他、飛行能力もある。一部難易度ではこの第2形態との2連戦になる。

学戦都市アスタリスク Edit

2期や放送前から記載されていたものを除くと2015年秋アニメの中では最初の参戦!
(投稿者は一応アニメをチェックしていますが多忙で全話見れていないのと原作未読のため原作読者の加筆修正も歓迎します。アニメの最新話に合わせて加筆修正を行う予定です。)

天霧綾斗 Edit

剣術の使い手の主人公。黒炉の魔剣を使い参戦。
スマブラでの必殺技は原作に登場した技である、中にはアニメでまだ使用していない技もある。
B:九牙太刀
連続斬撃を放ち攻撃
横B:貳蛟龍
アニメでも一話で使用した技
上B:不和轟
下B:矢汰烏
縁を描きその中に入る物を斬り裂く
切り札1:刳輪祓
アニメでも使用した技。
切り札2:夜紋塵
切り札3:刳裡殻

ユリス=アレクシア・フォン・リースフェルト Edit

彼女も原作準拠の技が必殺技、中にはアニメでまだ使用してない技も採用
声優の件でいすずとはかみ合わない
B:六弁の爆焔花(アマリリス)
第一話で使用した技、スマブラでは火球を飛ばし追加入力で爆発させる
横B:鋭槍の白炎花(ロンギフローラム)
炎の矢を放つ第1話登場の必殺技
上B:極楽鳥の燈翼
下B:九輪の舞焔花
切り札:呑竜の咬焔花
炎の龍を放ち攻撃する
切り札2:ラフレシア

刀藤綺凛 Edit

日本刀使いの銀髪少女
現状調べたりアニメで登場した固有技が少ないので暫定オリジナルで補う
B:嘴食み
アニメではまだ使用していない刀を投擲する技
横B:マーベラスコンビネーション
上B:飛翔斬
下B:カウンター
切り札:連鶴

イレーネ・ウルサイス Edit

綾斗ペアと対戦するイレーネが参戦
鎌、グラヴィシーズを使う
原作登場技があるため、それが必殺技
B:単重壊(ウーノ・ファネガ)
重力の球を一つ展開し攻撃
横B:十重壊(ディエス・ファネガ)
10個の重力の球を展開する
上B:ハイジャンプ
下B:重獄葦(オレアガ・ペサード)
重力の檻を展開する
切り札1:万重壊(ディエス・ミル・ファルガ)
100個以上の重力の球を展開し攻撃
切り札2:百葬重列(シエン・グエスティア)
広範囲に重力展開を行う、ダメージ120%以上で発動

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • なぜ彼女はゼロのルイズと呼ばれているんですか? -- 2015-11-16 (月) 14:18:04
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White